おうちに、かえろう。

いいな いいな にんげんっていいな
おいしいごはんに ぽかぽかおふろ
あったかいふとんで ねむるんだろな
ぼくはかえろう おうちへかえろう
でんでん でんぐりがえしで ばいばいばい
どんなに厳しい帰路だとしても。


俺、無事に故郷に帰れたら…

結婚するんだ…。

どんなに長い帰路でも

帰らなきゃ。

家族が待つ

暖かい自宅へ。

たとえ未来を失うことになったとしても。
絶対帰宅至上主義
全人類の生活の基盤ともなる、自宅。
万民の心の支えたる自宅を離れることは、拷問と同じであり、許されざる悪であると私たちは考えています。
日々の帰宅が現代社会をいかに支え、人々に心の安寧を与え、世界平和に貢献しているのか…。
私たちはこの尊い思想を伝え広める使命があるのです。
早く、そして何度でも帰宅する
正解というのはやってみないとわからないものです。 挑戦を恐れることが一番のリスクです。
長い歴史の中で、帰宅が一回の外出につき一度きりになってしまったのはどうしてでしょう?
帰宅文化は進化の可能性があり、上限などないはずです。
出来るだけ早く、そして何度でも帰宅をし、自宅滞在時間を延ばすことに我々は挑戦します。
帰宅は現代人の心の薬である
グローバル化をはじめとする様々な環境変化の影響で、上昇志向こそが正義という常識がまかりとおる現代社会。
帰宅が困難になる世の中など、あってはなりません。
在宅だけが本当の休養であり、最高のパフォーマンスを引き出すためには休息が必要不可欠です。
命を賭して帰宅する、情熱
私達は、帰宅することに心臓を捧げます。
たとえそれで単位を落とそうとも、社会不適合者と差別をされようとも。
我々の情熱をかけたこの行動が、社会に革命を起こすと信じています。
命を賭して帰宅する、情熱
私達は、帰宅することに心臓を捧げます。
たとえそれで単位を落とそうとも、社会不適合者と差別をされようとも。
我々の情熱をかけたこの行動が、社会に革命を起こすと信じています。
帰宅部経験者の声
帰宅は大切な文化です!
私は帰宅することで勉強時間も増えましたし、趣味の時間もしっかりとれて、教養だって身に付きました。
この活動で社会に貢献できていると思うと、私も幸せだし、WinWinの関係って感じ!
僕は人付き合いのわずらわしさから、帰宅部に転身しました。
帰宅部に入って思ったのは、自分の自由な時間が段違いに増えること。
それに在宅中は他人の目が気にならなくなって、心を病むことがなくなってハッピーです!
最初はとっても楽しかったんです。
でもなんだか、皆が楽しそうにしている写真とか…見てるとむなしくなって…こんな自分が嫌で…
そのうちSNSが見れなくなって…大学にも居場所がなくなっちゃって私…
アッ…人…シャベルのひさ、ひひさしぶりで…

・・・・・・・・。

ア、アノッひひ、ひちゅ、筆談でも、アッ、いいですか…?
アッ…人…シャベルのひさ、ひひさしぶりで…

・・・・・・・・。

ア、アノッひひ、ひちゅ、筆談でも、アッ、いいですか…?
帰宅に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
どうか悔いのないキャンパスライフを。