お住まいのリフォーム情報

お住まいのリフォーム情報では皆様のご自宅が長く住まわれるようお役にたてる情報をご案内しています
ご自宅の状態はいかがですか?

屋  根

瓦屋根
・築10年経過
・漆喰が剥がれている
・瓦がズレている/軒先が腐っている
・雨漏りしている
スレート屋根
・新築または塗替えから7年ほど経過
・コケ(緑)が生えている
・棟(トタン)の浮きや錆がある
・雨漏りしている
スレート屋根
・新築または塗替えから7年ほど経過
・コケ(緑)が生えている
・棟(トタン)の浮きや錆がある
・雨漏りしている


トタン屋根
・新築または塗替えから5年ほど経過
・色艶がなくなってきた
・ペンキの剥がれや錆がある
・雨漏りしている

外  壁

モルタル
・コケ(緑)やカビ(黒)が生えている
・細いヒビ割れ(ヘアークラック)がある
・艶がなく、触ると白い粉がつく
・モルタルが欠落している
窯業サイディング
・目地(つなぎ部分)に亀裂がある
・釘が浮いている
・艶がなく、触ると白い粉がつく
・ボードに亀裂やゆがみがある
A L C
・塗料の艶がなくなってきた
・コケ(緑)やカビ(黒)が生えている
・艶がなく、触ると白い粉がつく
・ボードに亀裂やゆがみがある
窯業サイディング
・目地(つなぎ部分)に亀裂がある
・釘が浮いている
・艶がなく、触ると白い粉がつく
・ボードに亀裂やゆがみがある

どちらを優先するか?

お住まいの屋根リフォーム
屋根工事をお考えの方へ

屋根工事は雨漏れが始まったら工事をすればいいや、、、。
なんてお考えの方が多いようです。普通に考えて雨漏りなんかする
わけないと思っている人が大半なんですがこの考えは間違っています。

もし、雨漏れが始まったとして考えてください。
まずどうなるかと、、、。
水の侵入を防ぐことを考えてどこから侵入したかを追求しなければ
なんりませんがこれを探すことはとても大変です。また、その箇所が
分かったとしても雨漏れの程度がどんなものかその箇所を修復しても
完全に止まるか?

いろいろな角度から見てチェック項目が多くもし、その箇所が発見
できて工事に入るとしてどの規模でどこまで工事をするかまた、
費用は、工期はどれくらいだろ?、、、。
お住まいの外壁リフォーム
外壁塗装をお考えの方へ

はじめに、外壁は天候によって様々な過酷の状況下に置かれて
雨・風・熱・光と刻々と変化に耐えています。
その為、経年劣化の影響が大きく時期尚早にメンテナンスが必要に
なったりします。

一概に建ててから何年たったからと決まりはありません。
それは地域などの建っているロケーションなどでも耐久性が違って
きます。

以前までは建物の外壁は防水性や耐火性を追求されていたのですが
近年の状況として気象変動ならびに震災などから安全性を必要と
されてきました。


お住まいの外壁リフォーム
外壁塗装をお考えの方へ

はじめに、外壁は天候によって様々な過酷の状況下に置かれて
雨・風・熱・光と刻々と変化に耐えています。
その為、経年劣化の影響が大きく時期尚早にメンテナンスが必要に
なったりします。

一概に建ててから何年たったからと決まりはありません。
それは地域などの建っているロケーションなどでも耐久性が違って
きます。

以前までは建物の外壁は防水性や耐火性を追求されていたのですが
近年の状況として気象変動ならびに震災などから安全性を必要と
されてきました。


Step
1
外壁の塗り替えが必要になる目安と症状
・壁のひび割れや剥離
・雨染みの浸透
・金属からのシミや錆の浸食
・チョーキングやコケ、藻の付着
・貼り付け材質の浮き、反りまたは欠損
・貼り付け材質との合わせのコーキング材の劣化
・外窓の建具廻りのコーキング材の劣化
Step
2
屋根工事を始める目安は、、、。
雨漏れがひどく緊急性がありはじめた。
屋根材の老朽化がひどくなり屋根材に破損や剥離が目立ち始めた。
近年の自然災害が予測されるようになった。
屋根素材が不良だったので工事をした。
屋根の色が建てたときと違い変色しコケなどの付着物があった。
いつ、リフォームをすればいいのだろう?
明けても暮れてもリフォーム営業で培った出来事をお伝えし快適なお住いの暮らしができることを願ってます。 尚、このHPは工事の請負業務などではありません。お役にたてる参考情報としてご覧くださてい。 私のブログ、リアルタイムで更新中です。 ↓ ↓ ↓

こんな質問がよせられてます。

  • Q
    リフォームの進め方はどうすればいいのですか?
    A
    一生でそう何度もあることではありません。長く住まわれ住環境を考えてここは慎重に事を
    進めたいものです。そんじょそこらで野菜を買う金額ではないしリフォームに関して何百万は
    普通に掛かる金額もあります。ぜひ、間違いのない計画をたててください。

    また、近年では悪徳業者は幾分にも減少したのですが会社選びもしっかりとした情報収集をして
    リフォームを始めるとよいでしょう。
    リフォームは事前の準備で「いつ」、「何を」、「どうするか?」を理解してスムーズに始めて
    満足できる完成でリフォームしてよかったと思える住空間にしていきましょう。
    それにはリフォームの流れを知っておくことが大切です。
    ご参考のご案内はこちら
  • Q
    リフォームには自治体の補助金・助成金はあるのですか?
    A
    リフォームするときに是非、知ってほしいのが国や地方自治体で進めている補助を工事の一部に
    利用できるか調べておくのも良いかと思います。
    特に工事費面では各金融機関で有利なリフォームローンが利用できるのです。
    ある一定の条件を満たしていれば借りられるので問い合わせをしてみてください。
    また、リフォームすると税金が戻ったり工事費が軽減する場合もあるので各種制度を利用して
    お得にリフォームしましょう。
    ご参考のご案内こちら
  • Q
    リフォームには自治体の補助金・助成金はあるのですか?
    A
    リフォームするときに是非、知ってほしいのが国や地方自治体で進めている補助を工事の一部に
    利用できるか調べておくのも良いかと思います。
    特に工事費面では各金融機関で有利なリフォームローンが利用できるのです。
    ある一定の条件を満たしていれば借りられるので問い合わせをしてみてください。
    また、リフォームすると税金が戻ったり工事費が軽減する場合もあるので各種制度を利用して
    お得にリフォームしましょう。
    ご参考のご案内こちら