ドイツ GOM社製
ATOS  3Dスキャナー

ただ金型化するのではなく、半世紀にわたり培われてきた、弊社の“有形無形の金型製作技術との融合“これにより初めて、高品位で高精度の”お客様の価値創造と利益を生み出す金型“に生まれ変わらせる事が出来ます。

ドイツTebis社製
リバースエンジニアリング

弊社は過去半世紀にわたり、外観意匠が重要視されるアルミ鋳物製品の金型を設計製作した経験から、言うなれば「スキャニングすれば得られるSTLデータをお客様の利益を生み出す高品位金型に生まれ変わらせる」これが出来る会社になります。

「誉のものづくり丸投げサービス」に

ATOS Core300 3Dスキャナーと
ドイツTebis社製
最新リバースエンジニアリングシステム
が加わったことによる

お客様のメリット

メリット
1
ドイツGom社製ATOS Core300・3Dスキャナーによる高精度スキャニング技術。これによって得られる高品位STLデータ。しかし、ただそれだけでは、その真価を発揮することはできません。「図面もデータもないアルミ鋳物を引き続き生産したいが、鋳物の現品だけで金型の設計製作は可能か」というお話を数多くいただく中で、3Dスキャナーによって得られた鋳物製品のSTLデータは、ドイツTebis社製 最新リバースエンジニアリングシステムと弊社の「外観意匠モデリング技術」の融合により初めて、お客様にとっての”価値”を生み出すことが実現可能となりえます。

ただ金型化するのではなく、弊社の“有形無形の技術との融合“これにより初めて、高品位で高精度の”お客様の利益を生み出す金型“に生まれ変わらせる事が出来るとは、まさにこのことであります。

メリット
2
このところ多くの問い合わせをいただきますのが、「図面もデータもないアルミ鋳物を引き続き生産したいが、アルミ鋳物の現品だけで金型の設計製作は可能か」「今迄お願いしていた鋳物メーカーが廃業してしまったが、どこか鋳造してくれるメーカーはないか」「生産数の減少のための転鋳を考えている」などです。
弊社はこのようなお客様のご要望にお応えすべく、万全の態勢を整え、また、既存金型の修理・改修によりコストを抑えた金型の転鋳などのご要望においても、群馬県の優秀な鋳造メーカーとアライアンスを構築し、金型の設計製作・修理・改修から、鋳造・納品まですべてを“丸投げ”していただくことが可能です。
メリット
3
弊社で設計・製作された金型や金型製作のためのマスター電極の「電極検定」「金型そのものの寸法測定」はもちろんのこと、他社製の金型や電極の寸法検定にも対応いたします。また、出張による計測やアルミ鋳物製品を弊社宛にお送りいただいての測定も行っております。もちろん「ものづくり丸投げサービス」において製造されたアルミ鋳物の寸法検査と寸法保障も行います。

お客様の中には「3次元測定器での寸法保障がないと、さらにその上のお客様に納入できない」という会社様もいらっしゃいます。「誉のものづくり丸投げサービス」はこの点においても万全の態勢を整えております。

メリット
2
このところ多くの問い合わせをいただきますのが、「図面もデータもないアルミ鋳物を引き続き生産したいが、アルミ鋳物の現品だけで金型の設計製作は可能か」「今迄お願いしていた鋳物メーカーが廃業してしまったが、どこか鋳造してくれるメーカーはないか」「生産数の減少のための転鋳を考えている」などです。
弊社はこのようなお客様のご要望にお応えすべく、万全の態勢を整え、また、既存金型の修理・改修によりコストを抑えた金型の転鋳などのご要望においても、群馬県の優秀な鋳造メーカーとアライアンスを構築し、金型の設計製作・修理・改修から、鋳造・納品まですべてを“丸投げ”していただくことが可能です。

「ものづくり丸投げサービス」掲げる弊社の大きな目的の一つに

「図面もデータもないアルミ鋳物製品を金型化すること」

があります。


一口に“金型化する”と言っても3Dスキャナーから得られるSTLデータを“金型化する”には、取り込まれたデータと現物のアルミ鋳物形状とを比較・分析し、どこにどのような面をはるか、こことここのフィレットはどちらを先に貼るのがより滑らかな面になるか。など、様々な技術的要素や経験値を総合的に働かせ初めて実現可能となるものです。

3Dスキャナー導入への想い

3Dスキャナーとリバースエンジニアリングシステム・お客様への想い

美しいモデルは人の手で

ここからが「誉工業所の長年の外観部品モデリング手法、意匠形状モデリング技術」の出番です。弊社のこの技術(サーフェスの張替え)と最新の3Dスキャナ+Tebisのリバースエンジニアリングシステムが融合して初めて、お客様にご満足いただける金型が完成します。つまり、どんなにデジタル機器が高度に発展しても、最終的な”美的モデリング”は人の手による。と言う事なのです。

ものづくりに貢献する

多くの小規模鋳物業者が廃業していく中、まだ世の中にそれら素形材が使用され、需要があるにもかかわらず「多品種、小ロット、モデルも図面もない」などのアルミ鋳物は、大手では、なかなか引き受けてはくれないものです。それら手間暇のかかる、しかし困っている鋳物メーカーが存在します。そういったお客様を助ける事こそ誉の仕事であると考えております。

単なる計測メーカーでは出来ない事がある

「誉工業所の長年の外観部品モデリング手法、意匠形状モデリング技術」を応用して、リバースエンジニアリングに取り組むことにより、今迄は、ともすると値段不相応の「粗悪なサーフェスモデル」に甘んじて、金型を製作せざる負えなかった鋳造メーカーや鋳物業者の方々に、本設備導入と弊社の既存技術力の融合により、更に設計力を高め、高品質の金型を安価に提供することが可能となりました。

ものづくりの将来へ

本設備導入により得ることのできる高品位金型データを、丸ごと「デジタルデータ化」し、データベースとして残し、後々の事業継承がスムーズに行えるようにすることにおいても、大いに意義のある事と考えます。

弊社の長年の外観・意匠形状モデリング技術力

そして

ATOS 3Dスキャナ+Tebisのリバースエンジニアリングシステム

この二つが融合し初めて、お客様にご満足いただける金型が完成

どんなにデジタル機器が高度に発展しても、最終的な

”美的モデリング”は人の手によります

図面もデータもなく悩んでいるお客様へ

3Dスキャナーを所有する他社との違いとは

金型測定からアルミ鋳物の寸法保証まで、お任せ下さい

誉工業所 代表取締役社長 坂戸昭之

社員紹介

会社概要

会社名 誉工業所
住所 長野県上田市御所133-1
電話番号 0268-22-7826
代表者 坂戸昭之
資本金 300万円
設立 1967年
設立 1967年