★佐渡ヶ島日本酒会★
北雪酒造の会
羽豆大専務取締役を迎えて

in 佐渡の酒と肴 だっちゃ@浅草

お申し込みフォームへ

佐渡で一番大きな酒蔵、北雪酒造。
跡取り息子で社長修行中の羽豆大専務取締役をお招きして、その魅力をご紹介します。


日時:2018年11月25日(日)18時00分~21時00分 
受付開始:17時00分より(イベント時間外は通常注文によるご飲食が可能です)
場所:佐渡の酒と肴 だっちゃ 東京都台東区西浅草2-27-1 伊東ビル 1F
内容:佐渡の食材のおつまみと北雪さんのお酒(8種類程度を予定)
会費:6990円(税込み)
定員:最大25名

東京メトロ銀座線田原町駅 徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅 徒歩1分

ページ下部のボタンよりお申込みください

見出し

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

ゲスト 羽豆 大(はず・ひろし) 氏

株式会社北雪酒造 専務取締役

1987年2月8日生まれ。「社長も定年制だ。息子に家督を譲る」と明言したお父上のもと、社長修行と営業と、新体制での会社運営準備に大忙しの毎日です。
<店主より>
みなさまお顔がよく似ていることで定評のある羽豆一族。初めて会ったときは細身の青年だった大くんも、専務になってから風貌がお父上の羽豆社長に似てきました。
夏に父上にお会いしましたが、専務としての仕事に全力投球中の今、父からの電話でも「忙しい」とあんまり喋ってくれないって寂しがってましたよー。

北雪酒造ホームページ

北雪酒造について

■明治五年創業。北雪は、小さな漁港を望む、小さな酒蔵だった
はじまりは、佐渡赤泊。
小さな港の海辺にある、 温和な佇まいの酒蔵として酒づくりをはじめた北雪酒造。
明治、大正、昭和と時代を歩み、昭和二十三年、有限会社羽豆酒造場を設立。
平成五年より株式会社北雪酒造に社名を変更し、現在に至ります。

創業以来、守り受け継がれてきた熟練の技を守りつつ、一方ではよりよい酒造りのための投資を惜しまず、音楽演奏や超音波振動、遠心分離機など、「新たな“一手”」を次々に取り入れて、 日本酒づくりの時代を切り開くイノベーティブな酒づくりを行っています。


ワールドワイドで30店舗以上を展開する創作和食高級レストラン「NOBU」との独占契約をはじめ、海外展開も盛んで、明治5(1872)年に創業した個人商店は、現在では石高4千を超える、佐渡で一番大きな蔵になりました。
(とはいえ、全国的にはぜんぜん小さな酒蔵です。ちなみに、海外展開のきっかけを作ったのは矢沢永吉だって知ってました?)


フラッグシップ銘柄となる「北雪 大吟醸 YK35」は、もともとはYK35という製法が広島の酒造で開発された「黄金のメソッド」であったにもかかわらず、今や不動の地位を確立。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」の大吟醸部門で最高金賞、全米日本酒鑑評会2013 大吟醸A(精米歩合40%以下)で金賞受賞、インターナショナル・サケ・チャレンジでもトロフィーを獲得する実力です。
また、地元で愛される普通酒「創業の酒 北雪 金星」も、スローフードジャパンが主催する「燗酒コンテスト」のぬる燗部門で最高金賞の栄誉に輝いています。

今回は、おおらかで闊達な羽豆史郎社長のあとを継ぐため鋭意修行中の跡取り息子、羽豆大専務取締役をお招きして、北雪のお酒をじっくり味わっていただきます。

会場

佐渡の酒と肴 だっちゃ

東京メトロ銀座線田原町駅 徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅 徒歩1分
創業2011年。日本で唯一の佐渡ヶ島専門居酒屋です。
佐渡6蔵の清酒とどぶろく、佐渡の食材を女性店主がご紹介しています。

お店のサイトはこちら

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」とは?

佐渡出身の女性店主が切り盛りする、
日本で唯一の佐渡ヶ島専門居酒屋です。

東京にある「リトル佐渡ヶ島」。
地酒は蔵元直送、食材もできる限りの産直を徹底した「佐渡ヶ島120%」の居酒屋です。佐渡市長や県職員のみなさま、佐渡にご縁のある方、新潟にご縁のある方に多数ご来店いただいております。
これから佐渡へ旅行に行かれる方の下見や情報収集にもおすすめです。
皆様のご来店お待ちしております。


食べログも見てみる

店主プロフィール

きたむら さやか(新潟県佐渡市出身/酒匠/利酒師/日本酒学講師)

10歳の時に母が他界するも、釣り好きの父やご近所の皆様に魚の捌き方や田舎の家庭料理を学び、家事をこなしながら育つ。1994年佐渡高校卒業。日本大学文理学部心理学科を経て、アントレプレナー大賞を受賞した社長に憧れてベンチャー企業に就職。チェーン店のスーパーバイザーとして勤務しながらチェーンオペレーションのノウハウやマネジメントを学ぶ。

その後、商売のゼネラリストを目指して他分野を学ぶべく、編集プロダクションに転職。企業プロモーションや社内広報に従事。

縁あって法人向け教育コンサルティング会社に移籍することとなり、店舗の現場のわかる教育企画者としてマニュアル構築・制作、研修企画に従事。

2009年、10年間のサラリーマン生活を卒業。リーマン・ショックの最中、都内にふるさと・佐渡を歌う飲食店がほぼないことに着目し、産直立ち飲み居酒屋「佐渡の酒と肴 だっちゃ」を開業。以来、「佐渡の私設アンテナショップ」の経営に専念。2013年に移転し現在に至る。
SSI認定:酒匠/日本酒学講師(日本酒・焼酎・泡盛)/利き酒師(日本酒)、プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)、産業カウンセラー、キャリアカウンセラー他。

ホームページも見てみる