【自動車保険のおすすめ】一括見積でカンタン比較
もすうぐ自動車保険が更新という方は
どこかもっと良い自動車保険会社がないものかと探しているはずです。
そこで、自動車保険のおすすめをズバっとご紹介しちゃいます。


みんなが気になる自動車保険に関することは

1.保険料が安いところを知りたい

2.事故対応がきちんとしてなきゃダメ

3.自分が乗ってる車のランキングが知りたい


こういった内容を気にして自動車保険を考えているはずです。

一番安い自動車保険会社ってどこなの!?

実は安い保険会社を探すのはカンタンです。
それは、自動車保険の一括見積を利用すれば良いだけなのです。

一括見積サービスを展開している会社が複数あるので
それらの会社の自動車保険見積サービスを利用すれば
あなたの条件で一度に10社前後の保険会社へ見積もり依頼できます。

見積もり結果はメール・郵送で届くので
それを見れば一目瞭然です。


コレを使えば自分が乗ってる車だと、
そこが一番安い保険会社なのか一発でわかります。


注意点としては、保険会社によって見積もりできる条件が微妙に違うことです。
100%完璧に同じ条件で見積もりできない会社もあるため
そのあたりを自分で判断しなくちゃなりません。

たとえば、車両保険の免責

車両保険に入る場合であるのが
車両保険を使うときの免責金額の設定です。


ある保険会社では1回目から免責を20万円に設定できるところもあれば
1回目は15万円がマックスのところもあったりします。

その他の見積条件が全く同じだとしたら、
前者の保険会社のほうが保険料は安くなるのが通常です。


このように一括見積もりをすれば
完璧に同じ条件で一番安い会社が見つかるのではないことを認識しておきましょう!

その上で見積もり内容を比較して自分にとってベストな保険会社を探すようにしましょう。

事故対応は「+アルファのサービス」で比較しよう!

保険会社の役目は事故時にきちんと補償・対応してくれることです。
まさか今のご時勢まともに補償しない会社なんてありませんし、
対応だって競って満足度調査しているため、どこの保険会社もサービス向上に躍起です。

つまり、事故対応はダイレクト型を選んでも心配する必要はありません。


では、事故対応で比較すべきポイントですが、
もしもの事故時に他社にないサービスがあるかどうかを確認してみるのがポイントです。


たとえば、「おとなの自動車保険」だとALSOKと提携しており、もしものときに事故現場へかけつけてくれる「現場急行サービス」を実施しています。


ちなみに「おとなの自動車保険」は40代~50代にターゲットを絞っているためこの年代の人が契約者となるなら、「おとなの自動車保険」も検討対象としてみるのが良いでしょう。

すぐに見積もり取りたいなら「個別見積もり」がおすすめ


自動車保険の一括見積もりサービスは一度の入力で複数の保険会社へ見積もり依頼できるため大変便利ですが、多少のタイムラグが生じます。

直接保険会社へ情報を送るわけではなく、どこかしらの代理店を経由しての見積もりとなるからです。今すぐ見積もり結果を知りたいなら個別見積もりがオススメです。


ちなみに、「一括見積もり」を利用した場合と「保険会社での個別見積もり」では、保険料やサービス条件などに影響はありません。

人気ランキングで上位3社へ狙いを絞って見積もり

個別見積もりで大事なのは、狙いを3社程度へ絞って見積もりを取ることです。
すべての会社へ見積もり依頼していては時間がかかるし、大変な手間となりまう。

そこで人気な自動車保険会社を3社前後に絞って見積もりを取りましょう。



ダイレクト型自動車保険が人気だ

おすすめの自動車保険ということで保険会社を挙げるとしたら
間違いなくダイレクト型自動車保険会社になります。

なんと言っても保険料が安いというメリットがあるため
ネットで比較して自動車保険を探す人は、ダイレクト型を選ぶ人がほとんどです。


なかでもオススメなのが以下の3社です。

ダイレクト型を選ぶならこの3社は絶対に外せません。
一括見積もりするにしても個別に見積もりを取るにしても
以下の3社の見積もりは最低限取ることをオススメします。

1、ソニー損保

ダイレクト型自動車保険のなかでも圧倒的知名度によって人気の保険会社です。
テレビのCMも積極的に展開していることからもわかるように
ダイレクト型の中で一番選ばれてる自動車保険会社です。

2、三井ダイレクト損保

ダイレクト型の中でも保険料が安いということで有名な保険会社です。
見積もり条件にもよりますが他社より安い傾向があるため検討すべき1社です。

3、SBI損保

ここ数年で伸びてるダイレクト型自動車保険会社です。
某有名な比較サイトでも保険料満足度ランキングで1位になってるため
これから安い会社を探したいと考えてるなら比較すべき1社となっています。

人気ランキングってバラバラ、結局どこが良いのかわからない

ぶっちゃけ、自動車保険の人気ランキングって統計データを取ってるところによって
順位が異なるため、一番人気なところを探すことは物理的に難しいです。

そもそも前提条件として自動車保険は加入者の条件によって保険料が異なるため
全員が必ず最安値になる保険会社は存在しません。

各社強みのある分野が異なるため、40代に強い会社もあれば、SUVや高級車が比較的安い会社もあります。

だから、各種ランキングは参考程度に捉えるようにしましょう。

法人名義でもダイレクト型自動車保険に入れる!?

残念ながらほとんどのダイレクト型自動車保険会社は法人名義の車は取扱していません。
一部のダイレクト型では入ることできますが、ネット見積もりの対象外であったり通常の個人契約の特典を受けられないなど、ダイレクト型本来のメリットを享受できないケースが多くなっています。


法人名義でも引き受けしてくれるダイレクト型保険会社でおすすめなのは「セコム損保」です。セコム損保の法人サービス窓口なら通販で法人名義の自動車保険を扱いしています。

比較的保険料も安いため法人名義の人で通販契約したいならおすすめです。