2022年2月 民間ユースセンターオープンを目指します

このサイトはユースセンター作りに関わりたい人のバーチャルステーションです

全国は多くのユースセンターがあるけど岡山には・・?

文京区青少年プラザb-lab京都市青少年活動センター尼崎市ユース交流センターをはじめ、全国には多くの公的なユースセンターがあります。しかし岡山市にはありません。その設置が検討されたことすらありません。2017年、「岡山市まち・ひと・しごと創生市民会議」の場でユース支援とその拠点となるユースセンターの必要性を訴えましたが、岡山市政策局の見解は「ユース支援について、優先度は低い」というもの。その理由として「岡山市では若者支援として大学生チャレンジ事業を行っている」と回答しました。その後4年経過しても状況は変わっていません。このことから岡山市役所としてユース支援を公費で行うという考えは今のところ無いと見てよいでしょう。

そもそもユースセンターとは?

  • ユース(中高生世代)の家庭での学校でもない「第3の居場所」

  • 休みの日や放課後を過ごすことができる
  • ユースセンターに大切な視点
    ①中高生が主体的に行動できる場であるか
    ②地域の大人の「ゆるい」見守りがあるか
    ③関わる全ての人が「楽しく」参画できるか

  • 休みの日や放課後を過ごすことができる

「居場所」の3つの機能

【まったりスペース】
おしゃべりしたりマンガ読んだりスマホさわったり昼寝したりするスペース
【しずかにスペース】
一人で読書したり勉強教えてもらったり、しっかり集中するためのスペース
【みんなでわいわいスペース】
ワークショップしたり相談しあったり、コミュニケーションの場のためのスペース
【みんなでわいわいスペース】
ワークショップしたり相談しあったり、コミュニケーションの場のためのスペース

奉還町の空き物件をユースセンターにしよう

岡山市北区奉還町はJR岡山駅から徒歩圏内の便利な場所。エキチカなのに気取らずレトロな「生活感」ある環境。交通の便が良いのに誰でも立ち寄りやすい奉還町商店街の空き物件をリノベーションして「ユースセンター」を作りましょう。完成予想図は関わる人たちのアイデア次第!!

ユースセンター創りの「初期メンバー」になりませんか?

奉還町ユースセンターは、学生・学校・企業・商店街・行政など多様な主体がそれぞれの想いを持ち寄って創る場です。こんなことしたい、こんなことできる、がっつりスタッフになってみたい、それぞれの関わり方で仲間になりましょう!
計画段階から初期メンバーとしてコミットしてみませんか??
11月13日(土) 現地説明会を予定しています。詳細は決まり次第公開!!

ユースセンター開設までのスケジュール案

【1期工事(2021.11~2022.2)】
全体計画の策定、コンテンツ募集(1次)、1階部分の整備、部分オープン
【2期工事(2022.3~2022.8)】
2階部分の整備、コンテンツ募集(2次)グランドオープン

ユースセンター設立に必要な資金
開設費(1期工事)
必要な金額
敷金・礼金・仲介手数料・改装費(1階)・備品費
広告宣伝費など
約145万円
調達方法
自己資金・補助金・協賛金・寄付金
145万円以上
開設費(2期工事)
必要な金額
改装費(2階)・備品費・広告宣伝費など

約600万円
調達方法
自己資金・補助金・協賛金・寄付金
600万円以上
運営費
必要な金額
家賃・光熱費・人件費・通信費・印刷製本費・消耗品費など

年間約310万円~
調達方法
助成金・事業収入
年間310万円以上

奉還町ユースセンター構想発表(2021.9.25))

オンライン・対面合わせて30名以上にご参加いただきました。高校生、大学生、中学校・高校・大学の先生、経営者、奉還町愛に溢れる人・・・多様な人が集まり「理想のユースセンター」について語り合いました。
次回、ミニ説明会は10月17日に開催予定です。