なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

女医が中絶手術対応してくれる
クリニックとは?

中絶手術を考えている人の中には「女医がいるクリニック」を求める人が多くいます。今回は、女医がいることでどんなメリットがあるのか女医が対応してくれるクリニックと合わせて紹介していきましょう。

女医がいるクリニックのメリット

こちらでは、女医がいるクリニックを選ぶメリットについて見ていきましょう。医師の性別にこだわりがない人もどんなメリットがあるのかを知ることで女医がいるクリニックを選びたくなるかもしれませんね。

 ・相談しやすい

同じ女性であれば身体の異変などに関することを相談しやすいという意見が多いです。男性医師でも相談できる人は多いですが、女医の場合は「同じ女性」という部分に安心感を得る人が少なからず存在します。

 ・女性ならではのアドバイスを受けられる

クリニックによっては女医だからこそできるアドバイスをしてくれるところもあるようです。中絶ということに抵抗があり、術後に落ち込む人も少なくありません。女医だからこそ、女性視点で患者に言葉を投げかけられるのです。

 ・メンタルケアを受けられる

女医が在籍しているクリニックの多くが術後メンタルケアを行ってくれます。先述したように女性だからこそ気づける細やかなケアを行ってもらえるのです。


中絶手術に関する基礎知識

こちらでは、中絶手術をする前に覚えておきたいことについて見ていきましょう。費用などに不安がある人は相場などをしっかりチェックしておいてください。

 ・中絶手術の費用相場

妊娠11週までは15万円前後が相場となっています。ただし、12週から21週までは50万円前後の費用がかかることを覚えておきましょう。12週以降は費用が高くなるだけではなく、母体にも負担がかかってしまうのでなるべく11週までに決めることをおすすめします。

 ・同意書

中絶手術には同意書が必要です。女性の同意書だけではなく、パートナーの同意書も必要です。妊娠したのが未成年の場合は保護者の同意書も必要になるので注意しましょう。

 ・中絶手術が可能な期間

中絶手術が可能なのは21週と6日までとなっています。これは母体保護法という法律で決まっています。そのためうっかりで過ぎてしまったなどの理由で覆ることはないので注意しましょう。

中絶手術後のメンタルケアが必要な理由

中絶手術後にメンタルケアを行うクリニックが増えています。こちらでは、中絶手術後のメンタルケアを必要とする理由について見ていきましょう。

 ・PTSDを発症する人がいる

やむをえない事情があったとしても、中絶手術は女性の心身に傷を残します。産んであげられなかった、という傷が心をえぐり、自分自身を追い詰めてしまう人がいるのです。メンタルケアをすることでPTSDの発症を緩和できる部分があります。

 ・子供の供養を指導できる

メンタルケアをした後、子供の供養を指導することができます。どこで供養すればいいのかなどをアドバイスしてくれるクリニックもあるようです。女性のメンタルケアをした後、気持ちが落ち着いてから子供を供養することでしっかり前を向いて歩くことができるのです。

 ・中絶を繰り返させない

メンタルケアをすることで、女性に中絶に関する重要さをアドバイスすることができます。中絶を繰り返さないためにも避妊の仕方などを積極的に指導するクリニックも増えています。

東京で中絶の相談に乗ってくれるクリニック

こちらでは、中絶を検討している人におすすめしたいクリニックについて見ていきましょう。女医が在籍しているクリニックばかりなので安心して通うことができます。

 ・せいこレディースクリニック銀座

スタッフすべてが女性というクリニックです。医師もすべて女性なので安心して通うことができます。女医4名が交代で診察しているクリニックです。

 ・池ノ上産婦人科

女医2名と男性医師1名で診察をしているクリニックです。口コミによると女医を指名することも出来ると言われています。ただ、すべての患者が指名できるかどうかは明らかではないので断られる可能性も考えておきましょう。

 ・虎ノ門ウィメンズクリニック

女医2名が対応してくれるクリニックです。院内がピンクを基調としていて落ち着いた雰囲気を味わわせてくれます。待合室もリラックスできるような内装にされているのが特徴的なクリニックです。

女医が中絶対応をしてくれるクリニックについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

すべてが女性スタッフというクリニックは決して珍しくありません。
男性医師がいたといても、女医が在籍しているので相談をすることも可能でしょう。
クリニックによって特徴が異なってくるのでしっかり比較した上で決めるようにしてください。
それと、クリニックによって対応週数なども変わってくるので
自分が対応週数であるかもチェックしておかないといけません。