なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

車楽から新商品!
プロテクションフィルム
カッティングシステム!

ヘッドライトや、ドアミラー、モール(窓枠)などに貼る透明の保護フィルムが「プロテクションフィルム」です。
車楽でも貼られる方が増えてきたので、「コンピューターカッティングシステム」を導入しました。

「プロテクション・フィルム」の特徴

①塗装・本体を守る
イメージは、携帯電話の保護フィルムみたいなものです。無色透明で見た目は気付きませんが、150ミクロン(下敷きくらい)の厚みがあるので、飛び石防止になり、ボディーの塗装や、ヘッドライト、モール本体を守ります。
【料金】目安です(車種によって異なります)
ドアノブ: 2箇所 7,500
ドアエッジ:2箇所 7,500
ヘッドライト:片側15,000〜
ボンネット:50,000〜
②傷が消える機能付き
車楽が使用しているフィルムは、特殊なフィルムで、例えば、金ブラシで傷をつけても、晴れた太陽の下に置いておくと、自然にその傷が消えるのです。
キズ復元機能が付いている、特殊なフィルムなのです。
また、プロテクションフィルムの上から、ガラスコーティングを施工する事も出来ます。
③耐候性は3年以上
安いメーカーのフィルムでは、1年位で黄ばんできたり、数年経ってはがす時に、糊が残ったり、塗装をはがしてしまう場合もあります。

車楽が使用しているフィルムは、耐候性と透明感に優れており、3年間耐久タイプです。

車庫保管であれば、もっと持ちますが、屋外保管の場合は、こまめな洗車やメンテナンスが大切です。

念願のコンピューターシステム導入!

車楽代表 横井康真
ヘッドライトや、ドアミラー、モール(窓枠)などに貼る透明の保護フィルムが
「プロテクションフィルム」です。
最近、車楽でも貼られる方が増えてきたので、「コンピューターカッティングシステム」
を導入しました。

特に、ヨーロッパ車(ベンツ、BMW、アウディ、ボルボなど)のドアモール(窓枠)は
ほとんどの車が、数年後にはシミだらけになって、カッコ悪くなります。

新車のうちに、無色透明の保護フィルム「プロテクション・フィルム」を貼る事をお勧めします。

一度、劣化してしまったモールには、カラーバリエーションが豊富な
「ラッピングフィルム」がお勧めです。

施工は時間がかかるため、一度お車を店舗で見せてください。
コーティング施工と同時の施工がお勧めです。事前の予約が必要です。

プロテクションフィルム施工
ライブ動画↓

車楽 松山店・西条店・新居浜店
【営業時間】9:00 〜 18:00 
【定休日】火曜日(新居浜店・松山店)
火曜日・水曜日(西条店)