世田谷区で空き家の解体するなら「豊栄開発」にお任せ!
ご相談・お問い合わせも無料で承ります。
安心・安全の価格・解体工事をします!

世田谷区のエリアで所有する空き家の解体の件で悩まれていませんか?
どの解体業者に問合せすればいいかわからない方、
「豊栄開発」は世田谷区にある解体業者で、関東圏内の解体を得意としています。
長年培ってきた経験と実績がある当社に、ご相談して頂けますと幸いです。
※世田谷区、関東エリア以外の遠隔地の建物の場合もご相談ください。

part.1 放置空き家の引き起こす問題

⚠放置空き家が「負の遺産」
になるのをご存知でしたか?

2014年に「空き家対策特別措置法」の制定後、勧告を受けた空き家は「固定資産税の優遇」を受けられなくなりました。つまり、適切な管理を行わずに放置するとデメリットしかなくなったのです。もちろん関東エリア・世田谷区の空き家もその影響を受けるようになります。

⚠「空き家対策特別処置法」とは!?

・「空き家対策特別措置法」とは平成26年に2月に行政が施行を開始した法律です。

・主な目的は行政の空き家の実態把握と、所有者に対しての空き家抱える課題に対に対する行動の促進など。

・施行の背景には現在社会問題となって話題が絶えない空き家問題がある。

・具体例として、老朽化に伴う倒壊の危険性などの問題を指摘される空き家戸数の増加があげられる。

・所有者の空き家が「特定空き家」だと勧告をなされた時点で、その空き家は「固定資産税の優遇措置」を受けられず、税金が6倍になる。

・勧告対象の空き家の管理を怠り、放置し続けると行政による強制処分が成される。

※特定空き家の基準
①放置し続けると、倒壊の危険性がある
②周辺の衛生状況に害を及ぼす恐れがあり、かつ適切な処置が行われず、景観を損なう要因になっている
上記の項目が著しく問題観されると勧告対象になるので、その前に対策が必要になる!

行政も空き家の課題解決を促進させる「支援制度」を充実化している

【理由】
空き家放置には老朽化に伴う倒壊の恐れなど、その他にも多数の難題を含む。
加えて現状の空き家問題が社会問題としてはとても深刻なため。


【行政の具体的な動き】
現在行政が行っている施策は、空き家問題の解決のためにネット上での空き家バンクの構築や、助成金による支援を強化することで空き家所有者や不動産会社の空き家問題に対する適切な管理・改善行動を促すことに努めている。


【空き家問題の原因】
・平成25年の空き家戸数は820万戸あり空き家率が13.5%で、減少や停滞もする事がなく右肩上の状態で増え続けている。
・新設戸数は年々増加し、滅失戸数は減らない。さらに人口の減少により住宅需要の低下している。
・晩婚化や少子化も増加傾向が止まらず、人口減少を避けることは難しい等々



そんな「負の遺産」になりかねない空き家、、、
解体して更地にした土地を有効活用することで
「プラスの財産」に
転じさせることもできます

空き家解体後、更地にして有効活用するメリット

  • 遊休地の有効活用として手頃
  • 小予算で経営が可能
  • 経営がそれほど難しくない
  • 安定した現金収入がある
  • 相続対策に有効
  • 転用が比較的容易
  • 遊休地の有効活用として手頃
POINT

1

【まとめ】
“ 不要な ”空き家も有効活用が可能です。
適切な「対策・管理」でプラスの遺産にできるかもしれません。

空き家対策特別措置法の制定により、所有をする物件が負の財産として経済的に大きな重荷になる可能性が高まっています。空き家の調査には時間を有します。そのため、「特定空き家」に指定される恐れがある不動産をお持ちの場合、勧告が来る前に早めの対処をしておくことが安全でしょう。
負の財産も適切な対処をすれば有効活用ができ、価値ある財産に転じさせる事もできます。

例えば現在では、空き家の解体を行い、コインパーキング・駐車場・コインランドリー・トランクルームや他物件への投資など、様々な有効活用で利益を生み出す所有者のかたがいるのも事実です。

まずは専門家に相談し、今所有している空き家について適切なアドバイスを受け有効活用を試みてみたり、具体的な対応をされていくと良いでしょう。

part.2 空き家の解体業者に相談

刻印

世田谷区の空き家の解体工事 のことは豊栄開発へ!

所有の空き家を更地にしたり有効活用して現金化したいというときに、必要な解体。決して安くない解体の依頼を少しでも安く、安心して依頼したいのが当然のことかと思います。解体の見積もりを依頼する上では、相談を開始してから現場の調査などが必要で手間も時間もかかるものです。少しでも手間を省くためには適切な業者をスムーズに選ぶ必要です。

解体の相談するか否か悩まれていませんか?

高額な費用もかかり解体の依頼をしようかどうか悩まれるかと思いますが、お見積りなら無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せされることを勧めたいと思います。

物件の所有者様は、土地付きで老朽化した中古物件や空き屋などの現在所有している物件に頭を悩まされているのではないでしょうか?建て替えが必要である建物や、土地として売却して現金化をするために更地にする場合は「解体」という作業が必要になってきます。近年では「空き屋対策特別措置法」などの法律が制定されたりなど、所有する建物の放置にも気を遣わなければいけなくなってきました。

オーナー様にとっては、建物の放置は余分な課税の対象になり、負の財産になる危険性がありますので、解体を検討される必要があるかもしれません。

 


解体業者を選ぶための3つの基準

豊栄開発は下記の3つを満たしています。

適正費用の提示

商談が進むにつれて提示金額が初期に想定していた金額とちがっているケースが多々ありトラブルになります。適正価格の提示をしているか見極めが必要です。

解体の認可がある

当然のようですが、例外ももちろんあり得ます。認可がないというケースでは後々起こる必要のないトラブルを招きますので注意が必要です。

トラブル回避に努

法令をきちんと守り、近隣との発生しうるトラブルの事前回避に努めていき、予期せぬクレーム等も最小限にできます。
❶当社は無料で見積もりを行い、きちんとした
適正価格のご提示を致します。
❷❸世田谷区の空き家解体をはじめ関東エリアでの数多くの解体実績を持つ当社、豊栄開発は誠実さと丁寧な対応でトラブル回避に努め、最後まで責任をもって業務遂行を果たします。

解体でよくあるトラブル事例

解体・建設現場ではよくあることで、解体現場付近を通りかかると、ドリルでコンクリートを砕く音、コンプレッサーの音などで声がかき消されてしまう程の騒音がします。

依頼者としては、その解体を依頼した物件が自分の住んでいる地域ではないために、他人ごとのように感じるかもしれません。しかし近隣に住んでいる人はそうではありません。
例えば、隣の家の住宅の解体が突然始まった…。とか、自分の家を取り壊したり、今住んではないけれど田舎の生家を取り壊すことになりそうだ、など。単純に壊せばいいだけでなく、必ずといっていいほど周りには人がいます。そこで、実際に起こりうる3つの解体のトラブル事例を下記まとめてみます。
※備考:民法716条……民法によると、原則として工事の発注者は責任を負わないとされています。(解体工事で生じた隣地建物の被害の責任は、工事の発注者でなくて、実際に工事にあたる請負業者にある)しかし、例外もあり発注者が責任を問われるケースもあります。解体工事を依頼するその注文の内容・指図に過失があった場合、責任を負うことになります。例えば、費用を安く済ませたいために、無理な工程、無理な方法で工事発注した場合、適切な指示や注文をしなかったこと自体が過失となります。こういった事例も稀に起きる可能性があり注文者に責任があると認められることもあるため、きちんと解体業者との近隣への配慮を徹底することが肝要です。

解体の3つの主なトラブル

ホコリ・騒音

細心の注意を払っても、ホコリや騒音などは出てしまいます。結果地元近隣にお住まいの方や通行人にご迷惑をかけてしまいます。
あらかじめ想定出来る事であるため、事前の近隣挨拶が重要です。
解体屋さんによっては、事前に近隣にお住まいの方へ施工内容や工期の説明とともに挨拶をしてくれる・してくれないなど対応は様々なので注意が必要です。
・解体屋さんと一緒に挨拶に回る
・施主さんご自身で挨拶に回る
・解体屋さんに任せる 等
ご近所付き合いなどによっても変わるので状況に応じて挨拶の仕方を決めていきましょう。

不当な追加請求

昨今、見積査定サイトが流行っておr、インターネットなどで容易に見積もりの比較ができるようになり、不当に高額な契約をしてしまうリスクは減りましたが、そのような手段を知らないご年配の方などの被害は後を絶ちません。
また、よくある事故として解体屋さんが見積もり競争に勝つため、安い見積もりで契約をして、後から理由をつけて初期の見積金額とはかけ離れた金額を提示することもあります。
このようなことがないように、契約の際に追加でかかる可能性があるものを確認しましょう。
しかしながら、見積もりの時には分かりえない、地中に埋まっている物(「地中障害物」、「地中埋設物」)が出てきた場合、追加施工が必要になります。このケースで常識的な解体屋さんの場合、撤去する前にご家族への報告と確認があるはずです。

認識違いで生じるトラブル

ご家族と解体業者の間での確認不足による認識違いも大きなトラブルの原因になります。
「この庭木は残して欲しかったのに・・・」
「ええっ?!物置も壊しちゃったの?!」
このような事にならないように、解体業者さんと事前の打ち合わせはしっかりとしましょう。

解体業者にきちんと確認すべきこと

  • 解体をする際は、物件の構造によって費用が異なるので確認が必要です。一般的に木造・鉄骨・RCといった構造があります。
  • 業者によっては解体の総額費用は外構工事を含んでおらず、実際の総費用が見積もり価格と乖離するトラブルがおこる事例もありますので事前に確認しておきましょう。
  • 細かいところですが、解体に必須な手続きとして、市役所の建築課での建築物除去届の提出がなければ解体は認められません。きちんと手続きを申請しているかどうかを確認しましょう。
  • 見積もり、近隣への配慮や、クレーム処理、スケジュール管理などは業者によって質が様々ですので、注意しなければいけません。予め業者に聞いてみるとよいでしょう。
  • 解体をする際は、物件の構造によって費用が異なるので確認が必要です。一般的に木造・鉄骨・RCといった構造があります。

STEP

1

安心して、お問い合わせください

まずは専門家にご相談ください。当社のスタッフが適切なアドバイスをさせて頂きます。
※関東エリア・世田谷区以外の物件の場合もまずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

※事前準備
・家屋の図面、敷地図を用意…通常、家屋の図面は設計事務所もしくは設計図の確認申請を出した人が保管しています。敷地図は法務局で入手できます。地との境界位置などを明確にしておくために準備しておきましょう。

・ライフラインの停止申請
電気・ガス・水道・NTT 各業者に解体を行う旨を伝え事前相談をしておく。水道や電気は解体に使用する場合もある為、解体業者にも確認しておきましょう。



STEP

2

現場の調査

お見積もりや、解体を実施する上で実際に現場の調査の必要があります。

STEP

3

お見積もりのご提示

無料で見積もりを致しますので、ご安心ください。

STEP

4

ご契約

建物によって必要になってくる解体の届け出の作成・提出を行います。

STEP

5

解体前の近隣への事前配慮

解体後に発生する厄介な近隣との事前トラブルを回避のため、挨拶回りを行います。

STEP

6

解体開始

スケジューリング・トラブル回避に努めて誠実に対応致しております。

STEP

1

安心して、お問い合わせください

まずは専門家にご相談ください。当社のスタッフが適切なアドバイスをさせて頂きます。
※関東エリア・世田谷区以外の物件の場合もまずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

※事前準備
・家屋の図面、敷地図を用意…通常、家屋の図面は設計事務所もしくは設計図の確認申請を出した人が保管しています。敷地図は法務局で入手できます。地との境界位置などを明確にしておくために準備しておきましょう。

・ライフラインの停止申請
電気・ガス・水道・NTT 各業者に解体を行う旨を伝え事前相談をしておく。水道や電気は解体に使用する場合もある為、解体業者にも確認しておきましょう。



STEP

1

安心して、お問い合わせください

まずは専門家にご相談ください。当社のスタッフが適切なアドバイスをさせて頂きます。
※関東エリア・世田谷区以外の物件の場合もまずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

※事前準備
・家屋の図面、敷地図を用意…通常、家屋の図面は設計事務所もしくは設計図の確認申請を出した人が保管しています。敷地図は法務局で入手できます。地との境界位置などを明確にしておくために準備しておきましょう。

・ライフラインの停止申請
電気・ガス・水道・NTT 各業者に解体を行う旨を伝え事前相談をしておく。水道や電気は解体に使用する場合もある為、解体業者にも確認しておきましょう。



刻印

空き家の解体の補助金制度について

地域によっては解体の際の補助金制度があるので、業者に問合せてみるといいでしょう。
東京都の各地域ごとにも補助金を設けている場合も多いのでチェックしてみましょう。
※補助金の制度は地域によって異なるようです。北九州市などの場合では老朽家屋の解体費用に対して最大50万円まで補助金を受け取ることができます。



・補助金申請を行う場合
事前お問合せや、申請期間、申請に必要な書類や写真の準備する期間を考慮すると最低でも1〜2ヶ月前には行動しましょう。
※補助金申請は無期限で受けられるものではなく、申請期間や締め切りがあります。補助金の申請をご検討されている方は、前期・後期の受付開始日を定期的に調べ受付開始前までに事前相談をすませておきましょう。※受付開始日に関しては市役所の担当部署に確認しても「凡そ何月頃の予定」という情報しか教えてもらえません。

※ホームページや電話問い合わせでこまめにチェックしましょう。

ご相談・お見積りは無料で承っております。
※関東エリア・世田谷区以外の遠隔地の場合は要相談。
下記のフォームより、メールでのお問い合わせも受けたまっております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

part.3  当社について

関東エリア・世田谷区での空き家解体工事は「豊栄開発」にお任せ!

  • 写真
  • 豊栄開発は東京世田谷区の解体業者です。スタッフも数多くの現場で経験を積んできた経験豊富の作業員が対応します。今までの経験を元にどうすれば依頼者の方々が満足をしてもらえるかを熟知しておりますので、安心して解体をご依頼してください。トラブル対処もきちんとおこないます。

    私どもはオーナー様の持つ空き家を貴重な財産として、適切な解体ができるようにいつでも誠実さを忘れずに取り組んでおります。ご相談・お見積もりも無料にて承りますのでどうぞご安心ください。空き家の解体と一言に言っても、様々な複雑で厄介な事柄があります。

    ご相談者様がよりスムーズに安心して依頼ができるように誠心誠意を尽くしますので、関東エリア・世田谷区の空き家解体のことなら、豊栄開発をご利用ください!

会社概要

    • 豊栄開発株式会社は、「土地の有効活用と新しい都市機能の創造」という企業理念のもと、1999年創業いたしました。
      土地の有効活用として近年、時間貸し駐車場のニーズが高まっているなかで、それに付随する建物解体から始まり、外構工事、時間貸し駐車場、月極駐車場設置までの幅広いインフラサービス業務を基本とし、日夜がんばっております。
      私自身過去大手建設業務に携わっていた経験を駆使し、よりよいものをお客様の喜ぶ安価にて自社商品の提供を行ってまいりました。この厳しい状況の中にこそ、本当の価値を見出すため努力いたす覚悟でがんばりますので、社員共々ご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

      代表取締役 増尾 豊平

       

社名 豊栄開発株式会社
設立 1999年5月20日
代表者 増尾 豊平
所在地 〒156-0054 東京都世田谷区桜丘3-5-3
電話番号/FAX 03-6413-9410 / 03-6413-9412
事業 建物解体業/外構工事業/土木工事業/時間貸駐車場設置工事業/月極駐車場工事業/産業廃棄物収集運搬業/特別管理産業廃棄物収集運搬業
関連リンク HP: http://www.hoei-k.biz/
主要取引先 民間
アドレスナビ(株)
(株) アーバンビジョン
(株)アマノ
(株)R&Cコスモス
(株)エスケーホーム
(株)オリエンタルガードリサーチ
興和住販(株)
三栄建商(株)
サンワホームズ(株)
(株)ジェイエスプラス
JFEコンフォーム株式会社
(株)シティープランニング
(株)第三空間
(株)匠建築
(株)ディープラスエフ
東京都市開発株式会社
東洋地所株式会社
(株)NIPPOコーポレーション
(株)パークジャパン
(株)パートナ
(株)ホームファクトリィ
前田道路株式会社
ミサワホームイング東京株式会社
株式会社ユーロJスペース
株式会社リードリアルエステート
株式会社魯山コーポレーション

公共
世田谷区
東京都下水道局
東京都再開発事務所
東京都中央卸売市場
東京都東部住宅建設事務所
施工対応
可能エリア
主要対応エリア:世田谷区・関東圏
※遠隔地の場合もお問い合わせください
事業 建物解体業/外構工事業/土木工事業/時間貸駐車場設置工事業/月極駐車場工事業/産業廃棄物収集運搬業/特別管理産業廃棄物収集運搬業

私ども豊栄開発株式会社は、「土地の有効活用と新しい都市機能の創造」という企業理念のもと、1999年創業いたしました。

1999年5月 東京都世田谷区南烏山に本社設立
2000年2月 一般建設業許可取得(東京都知事(搬-11)第112656号)
2001年9月 産業廃棄物収集運搬業許可取得(東京都第13-00-079741号)
2002年11月 東京都世田谷区上祖師谷に本社移転
2002年11月 産業廃棄物収集運搬業許可取得(千葉市第55-00-079741号)
2002年12月 産業廃棄物収集運搬業許可取得(千葉県第12-00-079741号)
2002年12月 特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得(東京都第13-58-079741号)
2002年11月 東京都世田谷区上祖師谷に本社移転