紅豆杉の特徴や
期待されている効能について

健康意識が高い人であれば「紅豆杉」という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。紅豆杉にはさまざまな効能があると言われています。今回は、どんな効能が期待されているのかを紅豆杉の特徴と合わせて診ていきましょう。

紅豆杉の特徴

紅豆杉と言っても「どんな風に凄いの?」と疑問視する人も多いでしょう。こちらでは、紅豆杉がどのような特徴を持っているのか見ていきます。

 ・生命力に富んでいる

紅豆杉は本来育たないはずの高山に生息している樹木です。氷河期を生き延びたという説もあり、自ら抗酸化物質を産生する薬効成分の高い樹木として知られています。

 ・幻の漢方飛躍

紅豆杉は最近使われ始めたものではありません。中国では2200年以上前から「幻の漢方飛躍」として活用されていたのです。不老不死を願っていた始皇帝も「紅豆杉」を不老の仙薬のひとつと考えられていました。

 ・売買禁止

今では浸透している紅豆杉ですが、売買禁止期間が50年ほどありました。売買禁止されていたことで活発な研究も行われていませんでしたが、1998年から輸入開始されてさまざまな研究が行われています。現在でもさまざまな期間が代替医療や臨床観察を行い、学会発表に至っているのです。

紅豆杉に期待されている効能

確実に効果があるとは言えませんが、紅豆杉にはいくつかの期待されている効能があります。こちらでは、どのような効能が期待されているかを見ていきましょう。

 ・抗がん効果

1956年にアメリカの科学者によって、6種類の抗がん物質が発見されていました。そのため、近年もがん治療のために紅豆杉は研究されています。紅豆杉にはがん細胞の増殖を抑える効果があると言われているようです。

 ・免疫効果

免疫は間違った命令が出されてしまうと、自分自身の細胞などを攻撃してしまいます。免疫疾患のひとつであるリウマチは間違った命令を出すサイトカインが原因と言われています。紅豆杉はサイトカインを正常化する働きがあると言われているのです。

 ・血糖値

紅豆杉は生きる万能薬とうたわれています。紅豆杉の成分のひとつに血流を良くする効果があると言われているのです。血流を良くすることによって、血糖値が下がる効果が期待されています。ドロドロの血流をサラサラにすることで動脈硬化などを防ぐ効果も期待されているのではないでしょうか。

紅豆杉の副作用

どんなものでも、副作用などを考えると気軽に使用できないという人もいるでしょう。こちらでは、紅豆杉の副作用について見ていきましょう。

 ・副作用はあるのか?

基本的に紅豆杉に副作用報告はされていません。始皇帝の時代から飲み続けられてきたことこそが、確かな安全性を実証してくれていると考えられているのです。

 ・服用して悪影響が出ることもある?

紅豆杉を服用し続けることによって、発熱や湿疹、疲労などを感じる人もいます。しかし、これは副作用ではなく「好転反応」と考えましょう。好転反応は身体を元気な状態にもふぉすために必要な過程です。

 ・好転反応は人によって重さが異なる

人によって感じる好転反応の重さは異なります。我慢できるほどであれば、そのままで構いませんが症状が重くつらい日が続くならば紅豆杉の量を減らすなど工夫をしましょう。

紅豆杉の取り入れ方とは?

紅豆杉にはさまざまなタイプがあります。そのため、自分に合う取り入れ方をすることができるのです。こちらでは、どんな取り入れ方があるのかを見ていきましょう。

 ・サプリメント

一般的な取り入れ方として、サプリメントがあります。サプリメントであれば外出先でも気軽に服用することができるので手軽な摂取方法と言ってもいいでしょう。サプリメントに有効成分がギュッと凝縮されているのでしっかり摂取したい人におすすめです。

 ・お茶

紅豆杉は化学合成物質を一切使用していない天然漢方茶タイプもあります。自宅などで紅豆杉の成分を摂取したい人におすすめです。外出先でも服用できないわけではありませんが、お茶タイプは自宅の方が気軽に行えるかもしれません。

 ・両方を上手く活用する

サプリメントとお茶、どちらかに分ける必要はありません。外出先ではサプリメント、自宅ではお茶というやり方を行っている人もいるからです。自分のライフスタイルに合わせた服用方法を見つけましょう。

紅豆杉について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

年齢を重ねるごとによって病気リスクなどは高まっていきます。
だからこそ、普段から健康に気を遣わなければいけないのです。
ただ、紅豆杉を摂取する際に他のサプリメントなどを服用している人、
病気で薬を服用している人は医師に紅豆杉を服用しても大丈夫かを聞いておきましょう。
サプリメントなども過剰に摂取すると身体に悪影響になる場合もあるのです。
薬についても、薬の効果に影響をもたらす場合があるので気をつけましょう。