マンション建築の基礎知識や
おすすめの業者について

収益のためにマンション建築を検討する人もいるのではないでしょうか。今回はマンション建築の基礎知識やおすすめの業者について紹介していきましょう。業者の選び方などもあわせて見ていきます。

マンション建築の基礎知識

こちらでは、投資目的でマンション建築を検討している人が覚えておきたい知識を見ていきましょう。

 ・ワンルームが良い

賃貸マンションの場合は収益性の高さだけで見ると、ワンルームがおすすめです。ファミリータイプは上層階に配置した方がいいと言われています。ワンルームのみのマンションは認められず上層階にファミリータイプを設置しなければいけない条例がある市区町村もあります。

 ・店舗の誘致

賃貸マンションの場合、1階は賃料が低いだけではなく防犯面から貸しにくいと言われています。そのため、都心部などではマンションの1階部分に店舗の誘致を行うのです。入居者よりも店舗の方が賃料が高いのでオーナーとしても問題はありません。入居者と異なり、店舗は1階の方が都合が良いので利害が一致していると言ってもいいでしょう。

 ・賃床面積を大きくする

マンションの場合、貸せない部分を共有部分と呼びます。共有部分が広すぎると賃床面積が少なくなってしまいます。なるべく賃床面積を大きくするように設計パターンをいくつか書いてもらいましょう。

高収入が期待できるマンション建築会社の選び方とは?

マンション建築の場合、建築会社の選び方次第で成功と失敗が大きく分かれます。こちらでは、高収入が期待できるマンション建築会社の選び方について見ていきましょう。

 ・管理コストを見極める

マンション経営をするにあたって、管理会社に委託する業務内容をしっかり見極めましょう。特に一括借り上げにかかるコストに関しても考えておかないといけません。

 ・実績を確認する

どれだけの実績を持っている会社なのか、どのような評判を持っているのかなども注目するべきです。実績の有無が不透明になっていると、本当に任せて大丈夫なのかという不安が出てくるからです。施工実績などが確認できれば、なおよしと言っていいでしょう。

 ・建物の性能を確認する

オーナーとして重要視するべきは、マンションの性能です。どのような性能があるのかをチェックしておかないと、安易な建て方をされると負の財産にしかなりません。入居したくなるような性能があるかどうか、自分が入居する側の立場になって考えましょう。

マンション建築のローンについて

マンション建築をする場合、桁違いの費用がかかるので一括支払いが出来る人はいません。こちらでは、マンション建築の際のローンについて見ていきましょう。

 ・住宅ローンは使えない

賃貸住宅となるマンション建築の場合、住宅ローンは活用できません。これは「住むために建てる」わけではないからです。マンション建築は「貸すために建てる」ので、住宅ローンの融資対象に当てはまりません。

 ・アパートローンを活用する

マンション建築などの場合、アパートローンを利用することになります。マンション建築の場合、桁違いの費用がかかるので金利差によって巨額な負担となります。そのため、アパートローンを組む際は、さまざまな部分と比較して決めるようにしましょう。

 ・金融機関はしっかり見極める

都銀や地銀、信金、さまざまな金融機関でアパートローンを組むことができます。金融機関によって金利差などがあるので見極めをしっかりしないと支払いの負担が増えてしまいます。

おすすめのマンション建築業者とは?

マンション建築業者と言っても、さまざまな業者があります。こちらでは、実際に利用した人からの評判が良い業者について見ていきましょう。

 ・クラスト

35年以上の歴史を持つ業者であり、ローコスト・ハイクオリティマンションをコンセプトにしています。関東での入居率は96%を超えているので、高収益が期待できる業者として高い知名度を誇っています。

 ・住友不動産

不動産会社の中では最大手と言っても過言ではないほどの知名度の高い業者です。ブランド力などがあり、不動産に関することのエキスパートなのでさまざまな相談ができます。

 ・セキスイハイム

ロングバリュー賃貸経営というキャッチフレーズを持つ業者です。チーム体制によるサポートをしてくれるので、建てた後でもしっかりと対応してくれます。長期間付き合える業者として高い評価を集めているのも魅力のひとつです。

マンション建築について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

マンション建築は費用が高額です。
だからこそ、業者選びは慎重に行わないといけません。
後悔することにならないよう、信頼できる業者に任せましょう。
機能性や費用だけではなく、その後のフォロー体制についても注目するようにしてください。
建物は建てて終わりではないので、アフターフォローに関しても考えておかないといけません。