ITで会社を変える、中小企業の総合病院。


北海道で中小企業のIT活用を積極的に支援している企業・士業が、「中小企業のIT活用により企業利益の最大化を支援する」という理念の下に結集し、2018年12月、「一般社団法人 北海道ITソリューション協会」を設立しました。

当協会設立の背景

少子高齢化による生産年齢人口の減少、働き方改革による労働時間規制等により、企業の人手不足の解消は急務となっています。その解決策として企業内のIT化を進めると共に、AI(人工知能)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)も活用することで、「働き方」を「生産性向上」の良い機会とし、更なる成長を目指す企業が大企業を中心に増えています。

しかし、道内中小企業において、ITの専門知識を持った人材を確保するのは容易でなく、ITのためだけに人材を雇用できないのも実情です。また、IT化は生産性向上の手段であるとともに、その過程で得られるデータをどのように活用するかは、経営改善や業績向上を考えた上でも非常に重要です。

当協会は、道内中小企業のIT化推進と、企業利益の最大化に向けた支援を目的として設立した団体です。中小企業のあらゆるIT化の悩みを企業の総合病院のような存在としてワンストップサービスで解決していきます。

具体的活動内容



現況ヒアリング お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
まずは、お電話にて現況をお伺いさせていただきます。
現地確認、課題抽出 ヒアリングを基に、実際の業務体制を確認させて頂きます。
その上で現状の問題点や不効率な部分を抽出いたします。
改善策の提案 抽出された課題に基づき、IT化による改善策をご提案いたします。
併せて導入に関する御見積を提示させて頂きます。
導入・運用開始 提案及び御見積にご納得頂きましたら、クラウドを中心としたITシステムの導入を行い、運用開始します。
使用状況確認、問題点改善 導入後の運営状況及び問題点を見直し、改善を行います。
経営への活用提案、継続サポート 業務効率化とともに、データの活用方法のご提案、継続利用サポートを行います。
現地確認、課題抽出 ヒアリングを基に、実際の業務体制を確認させて頂きます。
その上で現状の問題点や不効率な部分を抽出いたします。

事前相談受付中!お申し込みは下記のボタンから
事前に問診票のご記入をお願いいたします。

RPA研究会について


当協会では、各種クラウドソフト等の活用による業務効率化を推進しておりますが、その一環として、事務作業の自動化を進めております。
自動化には、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の技術を活用しており、人間がマウスやキーボードを駆使して数十分かけて行っていた作業が、ロボットに作業を覚えさせることによりものの数秒や数分で作業を終える事が可能となります。

また、ロボットは、労働時間の制限がなく、一日24時間フル稼働する事が可能です。
大量のデータ抽出をするなど、繰り返しを要する作業、事務作業で固定的な作業について、今後RPAによる自動化が進んでいくのは間違いありません。

当協会としても、既にRPAの実装に取り組んでおります。
下記は一例ではありますが、紹介動画がございますのでご覧ください。(※操作はすべてRPAが行っています。)


協会役員の紹介


代表理事 平野龍一

株式会社マネーフォワード北海道支社 支社長

理事 岡本洋人

理事 飛田春陽

税理士法人North Brain 
社員税理士

理事 友村太郎

株式会社向上計画総合研究所 代表取締役
中小企業診断士・MBA

理事 山埼記敬

株式会社HARP 取締役
中小企業診断士

理事 齋藤栄

ラジカルブリッジ 代表
クラウドおじさん

理事 遠藤哲也

Financial quality 代表
資産運用・形成・保全アドバイザー

セミナー開催情報

メディア掲載情報

  • 2019/03/28(木) 法務会計プラザにて弊社代表平野のインタビューが掲載されました。
  • 2019/01/12(土) 日本経済新聞(北海道経済面)に掲載頂きました。
  • 2019/01/15(火) 財界さっぽろ(2月号)に掲載頂きました。
  • 2019/03/25(月) 札幌商工会議所「さっぽろ経済 3月号」に掲載頂きました。
  • 2019/09/18(水) 当社理事の「主治医のような社労士法人」の岡本代表がTACNEWS 2019年9月号に当社の記事が掲載されました。
  • 2019/03/28(木) 法務会計プラザにて弊社代表平野のインタビューが掲載されました。