3月2日〜6月27日
東京0期
英語プレゼンスクール
「HITREX」


~ あなたの想いを、英語で世界に伝えられる人になろう ~

あなたがもし

英語の単語や文法の「知識」はそれなりにあるけれど、「会話」になると、途端に自信がない

その一方で


● ホントウは、世界に伝えたい、広めたいアイデアがある

● 「自分を変えたい!」という強い想いがある

● 英語のプレゼンスキルを上げて、世界を舞台に活動したい



といった気持ちをお持ちなら

ぜひ、最後までこのページを読んでください。

 
あなたの「夢」を「現実」に変える

最高のチャンスかもしれませんよ。

 


「世界」に向けて、「自分のホントウの想い」を「英語で表現」する

ところで、最初にこのスクールの名前を見た時に、こう思われたのではないでしょうか?

『HITREX』って、いったい何だ?」と。

 

「HITREX」は、ある言葉の頭文字をとって並べたものです。

 

その言葉とは


Highest & Truest Expression of yourself

 

『最高』の『ホントウ』のあなたを表現すること

 

です。



つまり

「世界」に向けて

「自分のホントウの想い」を

「英語で表現」する



それが

英語プレゼンスクール

「HITREX(ハイトレックス)」


なのです。

 


【東京0期】
3月2日(土) 開講  

【プレゼン本番】
6月27日(木)夜7~9時 @ 東京ウィメンズプラザホール

「一番ラクに、英語をしゃべれるようになる方法」講演会の風景

「そもそも普通の英会話もうまくできないのに、『プレゼン』なんて・・・」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 でも、大丈夫です。安心してください。

  

実は、この「HITREX」には、あなたが英語をしゃべれるようになるための

2つのおおきな「ある仕掛け」が施してあるんです。

 
それをこれから紹介します。

あなたの「快感」を書き換える

まず1つ目。

これは、今、私が全国に広めている「エレメント式」というアプローチがあるのですが

それをフルに活用しています。

 

「エレメント式」とは何かというと、
人が元々持って生まれた「気質」を活かす(レバレッジする)ことで、自分が望むものを一番ラクに、楽しく、効果的に手に入れられるようにする
というアプローチです。

  

このヒントはどこから来たかというと、あの有名な世界No.1コーチのアンソニー・ロビンズが、クライアントの悩みを解消したり、願望をかなえたりするための手法として活用している「Neuro-Associative Conditioning」(神経連動型条件付け)です。

 

これは、端的に言えば、「人は、快楽を感じることをやり、苦痛を感じることはやらない」という、そのシンプルな仕組みを逆手にとって、人の行動を変える、というものです。

  

例えばあなたが「英語」をしゃべれるようになりたいけれど、しゃべれない、という場合、そのために必要な「行動」を起こしていないからなワケですが

 

その「行動」を起こさない理由は、その「行動」そのものに「苦痛」を感じているか、英語をしゃべれるようになることそのものが「苦痛」をもたらすと思っているか、どちらか、なのです。

 

 

であれば、あなたにとって「英語をしゃべること」および「英語をしゃべれるようになること」が、いわゆる「快感」としてあなたの中で認識されるようになればいいワケですが

 


その「快感」の最上級レベルのものは、何だと思いますか?

  

それは

 

「ホントウの自分を表現して、それが受け入れられる感覚を得ること」

 

なのです。

もう、見えてきましたでしょうか?


そう、ステージで、「ホントウのあなたが思うこと」を「英語」で表現する。

それが、観客の皆さんに拍手で受け入れられた時

 あなたの脳内では、「英語をしゃべる」という行為と、「ホントウのあなたを表現して受け入れられる」という最上級の「快感」が、神経レベルで連動し、条件付けされる

 

つまり

 

「英語をしゃべることって、なんて快感なんだ!」

 

という新しい「脳内回路」が誕生するのです。

 

この回路さえできてしまえば、あなたの「英会話人生」はもう完全に、これまでとは180度違ったものになるのです。 

人は「なりたい自分」になれるのではない。「これが自分」だと思う自分になれるのだ。
(アンソニー・ロビンズ)

常識の落とし穴

そして、2つ目の仕掛けです。

  

たしかに、普通に考えたら

「日常会話がしゃべれるようなレベル」になってから、「英語でプレゼンテーションをする」というのが、世間一般的な常識ですよね?

 

でも、ここに「常識の落とし穴」があります。


実は、冷静に考えてみると

「英語で日常会話ができるようになること」よりも

「英語でプレゼンができるようになること」の方が

圧倒的にカンタン

 

なのです。

 


なぜか?

 

それは、楽器演奏で例えるなら

前者は、すべてアドリブ

後者は、短い決まった曲を1曲演奏するだけ

 だからです。

 

もちろん、日本語であるならば、雑談する(アドリブ)だけの方が、決まったプレゼンをするよりも技術的にはラクに「感じられる」でしょう。

 

でも、英語に関して言えば、それは全く当てはまりません。なぜなら、実は「雑談をする」ことこそ、ものすごい「知識」と「経験」と「反射神経」と「慣れ」が問われるものだからです。 

 

そして、その「決まったセリフを言うだけ」のトレーニングの中にこそ

 

あなたが英会話に対する強烈な「自信」と「スキル」を身につけさせてくれる秘密があるのです。

 


その仕組みを次に説明します。

 

プレゼンスクールのステップ

以下の非常にシンプルなステップで進めていきます。

step. 1
伝えたい内容を日本語で書く
1~2週間。適宜相談可
・台本を作成します。
step. 2
日本語の台本を英語に翻訳する
1~2週間
・私が徹底的にサポートします。
step. 3
英語でしゃべれるように発音の訓練をする
2ヶ月半
・私と専門トレーナーで徹底的にサポートします。
step. 4
実際に人前でしゃべる練習をする
2週間に1回
・計6回+1回リハーサル
step. 5
本番で、練習してきたとおりにプレゼンをする
1人あたり約5~10分

・練習してきた自分を信じて、全てを出し切る!

 

 

たった、これだけです。シンプルですよね?


では、なぜこれが、それほどパワフルなのでしょうか?

 

その理由は3つあります。

step. 3
英語でしゃべれるように発音の訓練をする
2ヶ月半
・私と専門トレーナーで徹底的にサポートします。
① 英語に変換する「シンプルなコツ」を体感できる

私のサポートを受けて、日本語の台本を英語に直すプロセスで、英語で表現することのシンプルさを「肌感で」理解することができます。

英会話が得意な人は、「日本語→英語」という「直訳」ということをほぼしません。

「要するに、言いたいことはなんだろう」という観点から、英語の表現に変換していくので、その作業を間近で体験することで、「英語で伝える」ということがどのようなことなのかということがハラ落ちするでしょう。

② 大事なのは「発音だ」と実感できる 

日常レベルの英会話には、難しい単語や文法は滅多に登場しません。ですが、聞き取れなかったり、しゃべれないという理由は、単に「発音」ができないからです。この事実を理解できている日本人は非常に少ないです。

台本が決まっているとはいえ、5分~10分間の英語のセリフ(500~1000語)の発音を理解して何度も練習していくうちに、あなたの「英語の発音力」は信じられないレベルで上達することになります。

それによって、あなたは大きな自信を手に入れるとともに、聞き取り力や会話力が格段にアップしていることに気づくことになるでしょう。

③ 大きな達成感=自信が手に入る

単なる「ハロー」とか「サンキュー」レベルではなく、自分がホントウに伝えたい想いやアイデアを、英語で言えたという達成感を味わえることは、非常に大きいです。

心理学で言うところの、いわゆる「セルフイメージ」(自信)が格段にアップします。その感覚を持つことは、それ以降、英語をしゃべれるようなメンタルを身につける上で、とても重要なことです。

 

 


これら3つについて、
単に「知識」として表面的に理解するのではなく、
「大ホールでプレゼンをする」という「感情が最も大きく動くイベント」を経験することによって、深いところで「自分のものになる」のが、
他の英会話学習では決して得られないことなのです。


このような方が対象です
  • 世界に広めたいアイデアがある
  • 自分を変えたい!という強い想いがある
  • 英語のプレゼンスキルを上げて世界を舞台に活動したい

これをご覧になっている方の中には

「自分のレベルで果たして申し込んでもいいのだろうか?」

と思っている方もいるかもしれません。

 

それに対する私の答えは

「中学3年生までの英単語と文法を理解していれば、問題ありません」

です。

 

私自身の個人的な想いは

日本における英語に対する「特別扱い」の風潮をぶっ壊し、みんながどんどん英語を『失敗しながら上達』できる風潮を作りたい

 
なのです。

  

日本が、いつまでも「失敗」に対して目くじらを立てる文化である限り、日本人はいつまでたっても「英会話」は上達できません。

 

そのことを、英語のことを極めた人間だからこそ、その説得力と影響力を使って、日本に「英語は失敗することで上達する」という文化を浸透させていきたいのです。

 

なので、このプレゼンスクールも、「英語ができる人だけの場所」にする気はサラサラありません。

 

それよりも大事なことは

● 「英語をしゃべれるようになりたい」という想い

● 「チャレンジすることで自分を変えたい」という想い

● 「世界に伝えたいことがある」という想い

 あなたの「想い」

これを一番大事にしたいのです。

僕は、この「HITREX」プレゼンスクールが

英語のうまい下手ではなく

その人が「想い」を伝えることに「挑戦する姿」を評価する

そんな場所にしていきたいと思いますし

 

その風潮を浸透させていくことが

実際に、あなたが、そして全ての日本人が

自信をもって英語をしゃべれるようになって

世界と対等に渡り合えるようになるための

最高の方法だと思っています。

スタート→本番までの流れ
① イントロダクション まずは参加メンバーで集まり、当日までの流れ、英語でプレゼンできるようになるために必要なこと(技術面+メンタル面)など、これから3か月半を過ごす上で重要なことを説明します。終了後は、一緒に食事をしながらお互いの懇親も深めます。
② 日本語台本作成 次に、プレゼンで使う台本の日本語部分を作成していただきます。これは、あなたが世界に表現したい「あなたのホントウ」です。その内容は、あなたにとっての真実でさえあれば、どんな内容でも構いません。作成に関してヘルプが必要であれば随時サポートします。(1~2週間)
③ 英語台本作成 出来上がった英語の台本を、今度は「発音」レベルにブレークダウンします。そして、その「発音練習」を本番まで徹底的に行っていただきます。(「アメリカ式発音改善法」の認定トレーナーがサポートします)
⑤ プレゼン練習 2週間に1度、メンバー全員で会議室に集まってプレゼン練習を行います(合計6回)。
⑥ フォローアップ

残りの期間(約2か月半)、④と⑤をひたすら繰り返します。2週間に1回はメンバー全員でオンラインで集まり、互いの状況を確認しながら必要なフォローアップ(主にメンタルと発音部分)を行います。
参加できなかった場合も、録画を見れます。個別のフォローアップも必要に応じて対応します。

⑦ リハーサル

本番の約2週間前には、30人ほどの観衆(知人・その他)を集めた会議室で、本番を想定したリハーサルプレゼンを行います。


⑧ プレゼン本番!

万全の状態で本番を迎えます。後は「ホントウの自分」を「最高のエネルギー」で表現するだけ!


⑥ フォローアップ

残りの期間(約2か月半)、④と⑤をひたすら繰り返します。2週間に1回はメンバー全員でオンラインで集まり、互いの状況を確認しながら必要なフォローアップ(主にメンタルと発音部分)を行います。
参加できなかった場合も、録画を見れます。個別のフォローアップも必要に応じて対応します。


今なら「3大特典」をプレゼント!

1:エレメント式英会話上達法

「エレメント式」(=あなたの本質を活かした能力開花法)による、あなたに最もふさわしい英会話上達法を、個人セッションにてアドバイスします。(3万円相当)

2:目からウロコの 「アメリカ式」 発音改善法 DVD

本場アメリカでアナウンサーや俳優を目指す人が学ぶ正しい英語の発音法を、日本人向けにわかりやすくシンプルに改良したものです。まさしく「目からウロコ」のアプローチですよ。(2万円相当)

3:質問メール無制限

受講期間は、英語プレゼンに関しての質問であれば、無制限でメールで質問することができます。

気になる金額をお伝えします

私がこのスクールを開講するに当たって比較したのは、自分自身の「留学」です。

300万円以上を費やしたアメリカへの留学でしたが

その経験を通じて私が得られた効果はもはや金額には代えられないレベルのものでした。


敢えて直すのであれば、3億円くらいでしょうか。


英語をしゃべれるようになることで得られるメリットは

端的に言えば
「精神的にも、物理的にも、自分が楽しめる世界が圧倒的に広がる」
ということです。


それは、日本語をしゃべる人口が1億人ほどで、英語をしゃべる人口が約18億人(世界の人口の約4人に1人)であることを考えても、わかると思います。


私が留学することで得られた「圧倒的な英会話力」は 

このプレゼンスクールでもご提供する「英語脳」+「発音力」+「自信」の3つから成り立っています。 


それらをあなたが、最も効率よく短期間で手にすることができるということは 

私が300万円以上をかけて得られたメリット(3億円相当)と同じような価値を 

これからの人生において得ることができるということです。



そう考えると、正直100万円でも高くはないと感じますが 

今回はそれを HITREXスクールの記念すべき0期開講記念ということもあり 

22万円(税込)でご提供することにしました。 


このチャンスはホントに逃す手はないと思いますよ。


過去セミナー参加者の声
字幕なし映画を見ていて抵抗がなくなりました。意味は理解できなくても字幕なしで入ってくる英語をストレスなく受け入れられている不思議な感覚です。いい感じ^^。ある時を境にフッと変化を感じられました。実感はなかったけれど少しずつ成長してたみたいです。今は絶対ペラペラになる自信があります。
Y.T さま
頑張らなくてもペラペラになって、世界が広がる。今までの他のセミナーとは全く違うので、是非受けて欲しい。英語だけでなく、人生の考え方も変わるYo!
A.O さま
本当に人生が変わると思います。 衝撃・発見・気付きの連続!!!受講したらよりHappyな人生の1歩をふみ出せるはず。
A.M さま
今までは安心な場所、英語ができなければできないでそれが一番ラク、という場所にいたけれど、人生がまた広がりそうです。やる気をもらいました。
英語の学びに対して嫌悪感をもっている人にこそおすすめです。
英語ペラペラになるための行動力をもらえます。
J.S さま
最後に
「英語」で自分の想いを
「自信」を持ってしゃべれるようになる
 
その「願望」を「現実」にしたいなら

迷わずこの「HITREX」に
飛び込んできてください。
 
あなたは必ずできます。
 
でも、そのためには

ステップアップできる「舞台」がなければ
あなたはずっと変わらないままでしょう。
 

僕も22歳で「アメリカ留学」の話が来た時
一度は断りました。


もう勉強なんかしたくない、と。

でも、最終的に「挑戦する」と決めたこと。
怖いけど、やってみようと決めたこと。

それが、僕の人生を

根底から変えてくれました。


僕がアメリカ留学で得た
「神様からのギフト」を

今度はあなたにも
受け取ってほしいのです。


本番に向けての3か月半と
本番当日の舞台上での経験は

これまでのどんな「英会話上達」のための
体験よりも
強烈に、でも確実に

あなたの人生を変えることになるでしょう。


これから始まる

最もエキサイティングな3か月半を

あなたと一緒に駆け抜けるのを
楽しみにしてます。


 英語プレゼンスクール
「HITREX」東京0期 詳細 

< 対象レベル > 

中学3年生までの単語文法が理解できているレベル

 

< 日程 > 

【第1回】
3月2日(土)12~17時 @東京 

イントロダクション 
懇親会(20時まで)

【第2回】
3月16日(土)10~12時 @オンライン
フォローアップ

【第3回】
3月30日(土)12~17時 @東京
プレゼン練習 #1  

【第4回】
4月13日(土)10~12時 @オンライン
フォローアップ

【第5回】 
4月20日(土)12~17時 @東京
プレゼン練習 #2 
会場見学 

【第6回】
5月5日(日)10~12時 @オンライン
フォローアップ

【第7回】
5月11日(土)12~17時 @東京
プレゼン練習 #3

【第8回】 
5月18日(土)10~12時 @オンライン
フォローアップ

【第9回】 
5月25日(土)12~17時 @東京
プレゼン練習  #4

【第10回】
6月1日(土)10~12時 @オンライン
フォローアップ

【第12回】
6月8日(土)12~17時 @東京 
プレゼン練習  #5 + リハーサル

【第13回】
6月15日(土)10~12時 @オンライン 
フォローアップ

【第14回】
6月22日(土)12~17時 @東京
最終プレゼン練習  #6

【本番当日】
6月27日(木)19時~21時 @東京




< 募集人数 > 

6名 ※増席はありません


< 価格 > 

22万円(税込)(0期特別価格)

※ 銀行振込の場合は一括払いのみ。分割払いはクレジットカードで2回・4回・6回まで対応(5%の手数料がかかります)


英語プレゼンスクール
HITREX 東京0期
2019年3月2日(土)〜 2019年6月27日(木)

220,000円(税込)
※ 銀行振込の場合は一括払いのみ。分割払いはクレジットカードで2回・4回・6回まで対応(5%の手数料がかかります)

プロフィール

岩瀬 晃(アキラ)

株式会社サンシャイン・レイ 代表取締役社長

すべての人が持って生まれた「天才」を活かし、自分らしい幸せな人生を実現する独自のメソッド「エレメント式」を考案。自身もその元となったアプローチによってTOEIC満点(990点)を取得した実績を持つ。

個人・法人問わず、これまで2,000人以上に「天才を引き出す」をテーマにしたセミナー・講演会を実施。これまでの著書はすべてAmazonランキングで第1位を獲得 (『自分を操る英語勉強法』(英語学習カテゴリ)、『Mr.エレメント』(Kindle無料本総合))
 
----------------------------------------------

横浜国立大学経済学部およびMetropolitan State University of Denver(米国)Speech Communication学部卒業。米大卒業後に受験した初めてのTOEICでいきなり990点(満点)を獲得。1998年大手外資系IT企業に入社。

8年間、個人向け製品マーケティング担当として従事するも、母の死をきっかけに、いわゆる「燃え尽き症候群」で自主退社。2008年再び大手外資系IT企業に入社。6年目にはマーケティング総責任者兼執行役員(当時最年少)に、7年目には個人向け事業の日本総責任者に就任。

一見輝かしい経歴にも関わらず、ずっと中学生時代から「ホントウの自分を出せない」「自分を殺して周りに合わせすぎて精神的につぶれてしまう」という心の悩みを抱えてきました。しかし、それが2013年の春、心理カウンセリング(心屋塾・NLP)との出会いによって解消されたことを受け、心理カウンセラーとして独立することを決意し、同社を2014年末に退職。

その後、個人で活動を始めるが、ある時、自身の「英会話力」が単なる才能ではなく、「心」や「脳」の仕組みをうまく活用できていた結果であることに気づき、「アキラ式英会話セミナー」を2015年7月に考案し実施。3万円を超える単価にも関わらず募集開始からわずか1分で満席になるほどの超人気セミナーとなる。

翌年(2016年7月)には初の著書を出版し、その翌年(2017年7月)には大ホールでの単独講演会を開催するなど、華々しいスタートを切ったものの、その後ビジネスは低迷していき、金銭的にとても苦しい状況を味わうことに。その原因が、まだ「ホントウの意味」での「自分らしさ」を受け入れてなかったことにあることを、「心理占星術」との出会いで気づき、そこから一気に状況が改善される。

その後、この「心理占星術」のエッセンスこそが、あらゆる人の「天才を開花させる=自分らしく輝いた人生を送る」カギを握っていると確信。
 
現在は、「心理占星術」をベースに独自に考案した、あらゆる人の天才を開花させる「エレメント式」メソッドを全国に広める活動をしています。
 
 
---------------

【関連資格】
・TOEIC満点(990)
・全米/日本NLP協会認定 NLPプラクティショナー
・心屋流リセットカウンセリングマスター
・米国ラーニングストラテジーズ社認定フォトリーダー

【著書】
「自分を操る英語勉強法」(総合法令出版)
「Mr.エレメント」(電子書籍)