あなたに伝えたい
日本の「おと」の美しさ

篠笛・和太鼓演奏家

鎌田 等 
hitoshi kamada

篠笛・和太鼓歴22年
どんどん和太鼓プロジェクト 代表
太鼓衆 紫峰(しほう)

茨城県を拠点に演奏,指導,普及,講演活動を行う。小学校の時に「下館若囃太鼓」で和太鼓を始め、県内外の演奏,コンクールに参加。10年間の団体活動を経て独立。2012年に和太鼓を通して元気と笑顔を届ける「どんどん和太鼓プロジェクト」を立ち上げる。 太鼓衆紫峰(しほう)のメンバーとして,枠を超えた表現活動を目指して活動している。

 ○(財)日本太鼓連盟公認技術認定員一級
 ○命名言霊学協会認定・ことだま師®
 ○​日本メンタルヘルス協会基礎心理カウンセラー

心に響く「おと」

篠笛・和太鼓の演奏

『心に響く、和みのおと』をテーマに、地域のイベント、祭礼など様々な場面で篠笛や和太鼓の演奏を行っています。

(主な演奏経歴)

●いばらき若者塾海外研修文化交流会 (韓国)

●震災復興チャリティードリプラ福島正伸氏&栗城史多氏講演会(水戸市)

●いばらきドリームプラン・プレゼンテーション2011(水戸市)

●東日本大震災復興応援『春ひろば』~サクラ咲け東北~(東京都)

●ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会2012(東京都)

●茨城県青年団体連盟賀詞交換会(水戸市)

●大好きいばらきWAON2013年度寄付金贈呈式(水戸市)

●第38回名勝「桜川」の桜まつり(桜川市)

●茨城県立歴史館いちょうまつり(水戸市)

思い出に残る「おと」

和太鼓体験

『思い出に残るおと』をテーマに、和太鼓や篠笛などの和楽器に触れる体験の機会を提供しています。

(小学校)
筑西市立大田小学校、筑西市立養蚕小学校、筑西市立川島小学校、筑西市立五所小学校、筑西市立関城東小学校、筑西市立新治小学校、筑西市立小栗小学校、筑西市立古里小学校、筑西市立協和中学校、筑西市立長讃小学校、筑西市立大村小学校、筑西市立村田小学校、筑西市立鳥羽小学校、桜川市立紫尾小学校、桜川市立雨引小学校、桜川市立大国小学校、桜川市立岩瀬小学校、桜川市立羽黒小学校、つくば市立菅間小学校、守谷市立黒内小学校、守谷市立郷州小学校、坂東市立弓馬田小学校

(特別支援学校)
茨城県立協和特別支援学校、茨城県立下妻特別支援学校、茨城県立結城特別支援学校

~メディア掲載~

(茨城新聞 2015年(平成27年)6月8日)

(茨城新聞 2014年(平成26年)1月24日)

(常陽リビング 2013年(平成25年)11月23日)

(広報筑西ピープル No.153)

(茨城新聞 2014年(平成26年)10月25日)

(広報筑西ピープル No.152)

(広報筑西ピープル No.144)

(旬刊ボランティーナ&ボランティーノ)

「おと」が繋ぐ共演者

『人と人を繋ぐおと」をテーマにジャンルを超えて様々なアーティストと繋がり共演しています。

和太鼓奏者 寺門勝さん

ダンサー YUMIEさん

大切なことは目には見えない

コツコツではありますが
20年以上の篠笛や和太鼓の活動を続けきました。

和楽器を通して様々な方との出会いに恵まれて
現在も多様な経験をさせていただいてます。

そんな中で感じていることがあります。

大切なのは奏者が「おと」にどんな気持ちを込めているかということ

昨今では、見えることばかり意識が向いて、
見えないことへの意識が薄れているように感じます。


春のおと、夏のおと、秋のおと、冬のおと
季節によって聴こえる「おと」は見えないけれど違います。

名前は同じでも、名前に込められている両親の想いは一人ひとり違います。

何気なく過ごしている日常の中で、何気なく話している言葉、
聴こえてくる「おと」は毎日違っています。

サンテグジュペリ の「星の王子様」の中に、
【本当に大切は物は目に見えない】
と言う一節がありますが、僕もそうだと思っています。


心に響く和みの「おと」
思い出に残る「おと」
人と人をつなぐ「おと」
名前に込められている「おと」

「おと」は見えないけれど、不思議な力(エネルギー)が宿っているように感じます。


ご縁があって出会う方に日本に元々ある「おと」の素晴らしさを伝える活動をしていきます。

鎌田 等


あなたの日常は、
素敵な「おと」に溢れている