人探しの頼み方と人探しのリスク
人探しのをどうやってするか、そのリスクについて
いろんな事情から、行方がわかない人を探している方、その人探しで行き詰まってしまっている方がいると思います。

人探しでは、必ずしも相手を見つけることができるとは限りません。個人で家族や友人を探している人は、探し方にも限界があり、行方不明の人が見つからず、警察に捜索願を出しても、半ばあきらめかけている人もいると思います。

また、昔の友人を見付けたいという人は、警察に頼ることもできないため、自分で友人を探すか、探偵事務所に人探し調査を依頼することになると思います。

探偵事務所や興信所に人探し調査を依頼する場合に、どのようなリスクがあり、自分で人探しをするのと、方法がどのように違うのか、人探しの方法や依頼のやり方について事前に調べておくことが大事です。
探偵が人探しをする方法とはどのようなものか?
自分の家族や愛する恋人が突然あなたの目の前から姿を消してしまったとしたらどんなに悲しいことでしょう。しかし、そのようなときに頼りになるのが探偵です。今日は人探しのプロである探偵が人探しをする際に用いる方法について記したいと思います。

まず探偵が用いる調査方法は主に2種類に分けることができます。一つは自分の足を使って調査するものです。もう一つはネットを活用して情報を収集するというものです。

例えば、自分の足で調査するというのはどのようなことをするのでしょうか。それは失踪した人が住んでいた職場やアパートなどに直接出向いてその周辺を調べるということです。この中には実際に周辺の人へ聞き込みを行うということも含まれます。さらには、失踪した人の友人たち、同級生などにも聞き込みを行います。このような調査方法は時間と労力が必要になります。

では、ネットを活用する方法は具体的に何をするのでしょうか。それはネットを使って失踪した人に関する情報を調べることです。それにはSNSなどを調べて何か手がかりになりそうなことがないかを検索します。この作業はパソコンでできるのですが、時間がかかります。

このように探偵が行う方法は何か近道があるわけではなく、地道な調査を重ねることなのです。

相手の行動から居場所を突き止めたり、聞き込みで居場所を特定したりといったことを個人で行うのはなかなか難しいです。探偵に人探しを依頼して、行方不明者を探すときの参考になるサイトがあるのでこちらも確認してみるといいでしょう。
参照:行方不明・家出人、人探しを自分でする方法
人探しの際に探偵に頼むメリットとデメリットとは?
自分の家族や恋人が突然失踪した場合に行うのが人探しです。この点で多くの人は探偵に人探しを依頼します。では、人探しを探偵に依頼するメリットとデメリットは何でしょうか。

探偵に依頼するメリットはその調査力です。人探しをする上で重要な要素はどれだけ調査できるかという点です。この点で探偵はプロですので、より効果的に調査を行う方法とポイントを知っています。さらに、そのための労力も惜しみません。ですので、失踪した人に関する情報をあらゆるネットワークを使って集めることができるのです。人探しを確実に行いたいのであれば、探偵を利用するなら大きなメリットがあります。

また探偵にお願いすると自分自身が時間とエネルギーを使って探す必要がなくなるというのも大きなメリットです。実際に調査は数週間かかる場合があります。その間、仕事などを休んでずっと人探しすることはまずできません。

一方でどのようなデメリットがあるのでしょうか。それは費用がかかるということです。特に失踪した人に関する情報が少なかった場合には探偵であっても調査には時間がかかるものです。当然、時間がかかるということはそれだけ費用も高くなってしまいます。そして、必ず見つかるとも限りません。
自分で人探しをする際にできる3つの方法とは?
人探しを自分で行う際にできる方法とは何でしょうか。今日は誰にでもできる3つの方法を記します。

まず最初の方法はネットを活用することです。今はSNSなど様々な方法で情報を得ることができます。それで、そうしたSNSを活用して広く情報を求めてみましょう。もちろん、ネットを活用する際にはプライバシーも気をつけたいところです。それで、まずは広く情報提供を求めるのではなく、友人たちの範囲で情報提供を求めるようにしましょう。

次にできる方法は住んでいた場所や職場へ調査に行くということです。実際に現地に足を運ぶことによってたくさんのてがかりをつかむことができます。それで、住んでいたアパートの周辺を実際に歩いてみること、さらには職場に行ってみるなど足を使って調査してみましょう。

最後にできる3つ目の方法は聞き込みです。周辺の人に聞き込みをすることでこれまでには知らなかった事実や情報を得ることができます。例えば、住んでいたアパートの周辺の人への聞き込みや職場の同僚、さらには仲の良かった友人たちに聞き込みを行ってみましょう。

このように人探しをする際には自分でもできる方法がいくつかあります。何か探偵にお願いする前に自分でもできるかもしれません。
人探しについて注意する事と探偵のイメージ
日々生活している中で、人探しはあまり馴染みのない言葉だと思います。人探しは、家出や失踪により行方が分からない人物の居場所を見つけるための調査です。

人探しの調査は2種類あります。一つは恋愛相手や恩師や旧友など居場所を隠しているわけではない場合です。もう一つは、家出や失踪、悪質債務者などわざと居場所を隠して逃げている場合です。人探しの調査を依頼する場合は、探している相手の基本情報を出来るだけ多く準備する事が肝要です。

スムーズに調査を行うためには、時間の経過や対象者の情報を伝える事が大事です。人探しの料金は、一般的に10万円から50万円とされています。情報量や情報の古さ、依頼によって調査方法も異なるので変動します。
依頼をする際は、確認して相談をしながらお願いする事が肝要です。

人探しは主に探偵が行います。探偵と聞くとイメージと現実のギャップがかけ離れた職業で、推理小説や難事件を解決するイメージを持つ方が多いと思いますが、探偵は基本的に刑事事件に繋がるような調査はしていけないと法律で定められています。探偵に依頼しても出来ない仕事もあるので注意が必要です。

人探しを依頼する上では探偵と内容についてディスカッションした上で決める事が大事です。