私たちはヒトを人間にするプロジェクトです

このたびは、本プロジェクトに関心をもっていただき誠にありがとうございます。私どもは福岡県の粕屋町という地域で、未来を担う子どもたちの健全な心の成長のために講演会やリーフレットなどの作成などの活動をおこなっている 「ヒトを人間にするプロジェクト」と申します。

私たちは、子どもの心を育てるという考え方や子育てに関する大切な事を分りやすくまとめた『こころのあゆみ 心の子育てブック』を出版し、日本全国の方と「子どものこころの育て方」について一緒に考えてゆきたいと思っています。この『こころのあゆみ 心の子育てブック』を読んでの「気づき」や「実践」で子育てに対する考え方が変化することで、さまざまな課題が解決する糸口になると思っています。

お子様の子育ての悩みはありませんか?

  • どのように子育てすればいいかわからない
  • 情報が多くて何が正しいかわかりにくい
  • 相談する相手があまりいない
  • どんなとき誉めるといいの?どんなときしかるといいの? などなど
  • 情報が多くて何が正しいかわかりにくい

そんな皆様に
『こころのあゆみ 心の子育てブック』
をお届けします!

『こころのあゆみ 子育てブック』とは・・

生まれたての赤ちゃんは人間ではなく「ヒト」です。生物としての「ヒト」であり、まだこころがかよった人間ではありません。赤ちゃんの体は自然に授かりますが、脳(こころ)は人間がつくっていくものです。『温・凛・厳(おん・りん・げん)の躾(しつけ)』(大きなあたたかい愛のもと凛とした親の心構えによる時に厳しいしつけ)で人間になります。そして、脳がある程度できあがってゆく10歳くらいまでに、「これはいい、これは悪い」をしっかり教えていきましょう。この『こころのあゆみ 心の子育てブック』では、まずその基盤となる3歳までの「脳とこころ」の仕組みの秘密をしることができます。

『こころのあゆみ 子育てブック』
井口潔博士の子育て理論の超入門編です!

類人猿の体に巨大脳を付けた生物「ヒト」が人間直近の生物である、「ヒト」は生後10年 の「人間教育の営み」によって「人間」に育つのです。 古来の伝統的「自己抑制型教育の子育て」は1970年頃のアメリカ流「子ども中心育児法」 にいとも簡単に教化されて、いわゆる「すぐキレる子」に育ち、人間になれない「未熟な大人」が現れ、反社会的、非社会的行為で社会を驚かせることが稀ではなくなりました。 心的エネルギーの源は自己抑制にあることを教えないからです。 人間のすべての営みは天賦の大脳の働きの結果です。大脳は古い脳(感性脳)と新しい 脳(知性能)から成り立っています。親の深い愛情の下の「温・凛・厳・畏」の躾が赤ん坊を 感性化して、ヒトは人間に育つのです。

(医学・理学博士 井口 潔)

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

『こころのあゆみ 心の子育てブック』ご注文はこちら

☆ お子様も手に取りやすい絵本仕様
☆ 心の育て方が科学的にわかる
☆ 医学博士・理学博士のお墨付き

1冊1500円(税込)

10冊以上は送料無料

20冊以上10%off
30冊以上20%off

大量注文は別途お見積り致します。

『こころのあゆみ 子育てブック』お申込み

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

ヒトを人間にするプロジェクト

『こころのあゆみ 心の子育てブック』や「ヒトを人間にするプロジェクト」に関するお問い合わせは、上記メールアドレスよりお願いします。