Reopened on March 18th, 2019

ひさのラボ

(久野真矢 研究室)



Welcome to our new website !! 

 Hisano-lab

(Hisano Shinya Laboratory Website)




リニューアルしたWebsite
「ひさのラボ(久野真矢 研究室)」
へようこそ!!

ひさのラボ&ひさのゼミの情報を
これまで同様、たま~に更新していきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

(最後までご覧くださった方には豪華特典がついてくるかも!?)

講演・セミナー、研究・臨床実践のアドバイス、
「認知レベルと対応したADL/IADL評価スケール(ADL/IADL-COG ver2.2)」評価用紙のご依頼は
「問い合わせ」からお願いいたします。


~Info~

2019/10/01
平賀論文がDisability and Rehabilitationにacceptされました(祝)!!

Yuki Hiraga, Shinya Hisano , Aya Mizunoe, Katuhiro Nomiyama. The mediating effect of psychological factors on the relationship between pain intensity and wrist joint function: a longitudinal study with mediation analysis.



2019/05/21

平賀論文が公開されました(祝)!!

Yuki Hiraga, Shinya Hisano, Katsuhiro Nomiyama, Yoshiyuki Hirakawa:
Effects of using activity diary for goal setting in occupational therapy on reducing pain and improving psychological and physical performance
in patients after total knee arthroplasty: A non-randomised controlled study.
Hong Kong Journal of Occupational Therapy
DOI: 10.1177/1569186119849117
↓↓
ここをクリックして論文を見る

2019/04/15
平賀論文が学術誌「作業療法」に掲載されました(祝)!!
平賀勇貴,久野真矢,許山勝弘,平川善之:
人工膝関節置換術後患者に対する『活動日記』を併用した
作業療法実践の非ランダム化比較試験による検証.
作業療法38(2):178-186,2019.
↓↓
ここをクリックして論文を見る


2019/03/18
Website リニューアルオープン!!

(本日、一粒万倍日+寅の日の吉日なもので)


~Office~

〒723-0053 三原市学園町1-1
県立広島大学 三原キャンパス 4号館4528研究室
hisanpan@gmail.com

メンバー紹介

~Profile~

メンバーを紹介します。

イケメン揃いです!!

(類は友を呼んでいるのか!? なんてね)

平賀 勇貴

(HIRAGA, Yuki)

賞を総ナメする元オラオラ系イケメン


■所属
・福岡リハビリテーション病院
・九州大学大学院医療経営・管理学専攻修士課程
 (OTと大学院生の二足の草鞋をはいてパパは頑張っています
■researchmap
https://researchmap.jp/hiraga/(←クリック!!)
■資格
・作業療法士
・福祉住環境コーディネーター2級
・AMPS認定評価者
・認知神経リハビリテーション学会-マスターコース終了-
■経歴

1986年:福岡県生まれ
2009年:リハビリテーションカレッジ島根作業療法学科卒業
2009年:作業療法士免許取得
2009年:医療法人豊栄会福岡豊栄会病院
2012年:医療法人博仁会福岡リハビリテーション病院(~現在)
2018年:九州大学大学院医療経営・管理学専攻修士課程(~現在)
■所属学会
・日本作業療法士協会
  (学術誌「作業療法」第2査読者日本作業療法学会第4期演題審査委員
・福岡県作業療法士協会
日本ペインリハビリテーション学会代議員
・日本認知神経リハビリテーション学会
■研究テーマ
運動器分野における疼痛患者を対象とした認知的側面・情動的側面の要因分析を行っています.
また,それらの要因に対する,作業療法の有用性に関する臨床研究を行い,運動器分野における作業療法の確立に向けた取り組みを実施しています.
・疼痛に対する作業療法の要因分析に関する研究
・疼痛に対する作業療法の実践に関する研究
・疼痛に対する患者教育の有用性に関する研究
・複合性局所疼痛症候群(CRPS)に関する研究
■Keywords:
活動日記
・人工膝関節置換術(TKA)
・鏡視下腱板修復術(ARCR)
・人工股関節置換術(THA)
・複合性局所疼痛症候群(CRPS)
・疼痛
・破局的思考
・運動恐怖感
・不安
・患者教育
■受賞
日本作業療法士協会 最優秀論文賞(学術誌「作業療法」2017年)
第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 最優秀賞
第19回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 最優秀賞
■主要著書・論文
1)平賀勇貴(分担執筆):作業療法マニュアルNo.61 大腿骨頚部/転子部骨折の作業療法 第2版.日本作業療法士協会・編
2)平賀勇貴,他:人工膝関節置換術後患者における患者教育を取り入れた作業療法実践が疼痛と心理的要因および活動量に与える影響.作業療法36:491-498,2017.

★Facebookいいね!,メール問い合わせは下のアイコンをポチってください.
★連絡先✉E-mail: nokopata_nokopata@yahoo.co.jp

長城 晃一

(NAGAKI, Koichi)

元DJとは思えない爽やか系イケメン


■所属
・北九州市小倉北区役所(お役人さんです
・福岡大学大学院医学研究科神経内科学教室博士課程  
  (いずれは医学博士お役人と大学院生の二足の草鞋をはいて頑張っています
■researchmap
https://researchmap.jp/k.nagaki/(←クリック!!)
■学位・資格
・修士(保健学)
・作業療法士
・認定作業療法士
・LSVT-Global認定 LSVT-BIGセラピスト
・AMPS認定評価者
・A-ONE認定評価者
■略歴
1984年:福岡県生まれ
2006年:北九州リハビリテーション学院作業療法学科卒業
2006年:作業療法士免許取得
2006年:東福岡和仁会病院 作業療法士 
2009年:福岡鳥飼病院 作業療法士  
2011年:北九州リハビリテーション学院作業療法学科専任教員
2014年:広島大学大学院医歯薬保健学研究科博士課程前期修了 修士(保健学)
2016年:福岡大学大学院医学研究科神経内科学教室博士課程(~現在)
2018年:北九州市小倉北区役所保健福祉課(~現在)
■所属学会
・日本作業療法士協会
  (学術誌「作業療法」第2査読者生涯教育制度推進委員第一回九州作業療法学会副運営局長
・International Parkinson and Movement Disorder Society
・日本老年医学会
・日本公衆衛生学会
・日本神経学会
・日本運動疫学会
■研究分野・テーマ
パーキンソン病をもつ方を対象とした研究をしています.
また,高齢者の環境的側面から捉えた虚弱(介護)予防に関する研究も行っています.
・パーキンソン病患者の活動量に焦点を当てた支援に関する研究
・高齢者の環境や生活習慣の観点からの虚弱促進因子に関する研究
・リハビリテーション教育に関する研究
■Keywords
・高齢者
・パーキンソン病
・身体活動
・非運動症状
・リハビリテーション
・ICT
■主要論文
1)長城晃一,他:パーキンソン病患者における日中身体活動量の活動強度別の特徴および歩数との関連性.作業療法37:137-144,2018.
2)長城晃一,他:地域在住高齢者におけるフレイルと社会的環境要因の関連-パイロットスタディ-.作業療法36:397-404,2017.

★連絡先✉E-mail: nagaki.fukuoka.university@gmail.com
  (下のアイコンからもOKで~す)

元廣 惇

(MOTOHIRO, Atsushi)

ソフトな斎藤工系イケメン

■所属
・島根リハビリテーション学院作業療法学科 学科長
  (お若いのにもう管理職
・島根大学大学院医学系研究科博士課程後期
  (いずれは医学博士・こちらも管理職と大学院生の二足の草鞋を履いてパパは頑張っています

■学位・資格
・修士(医学)
・作業療法士
・福祉住環境コーディネーター2級
・コアコンディショニングベーシックインストラクー 
・ボバース基礎講習会修了
・認知神経リハビリテーションベーシックコース修了 
・救急医学会認定ICLSアシスタントインストラクター 
■略歴
1987年:島根県生まれ
2009年:リハビリテーションカレッジ島根作業療法学科卒業
2009年:作業療法士免許取得
2009年:松江生協リハビリテーション病院
2016年:島根リハビリテーション学院作業療法学科 専任教員
2018年:島根大学大学院医学系研究科博士課程前期終了 修士
2018年:島根大学大学院医学系研究科博士課程後期(~現在)
2018年:島根リハビリテーション学院作業療法学科 学科長(~現在)
■所属学会
・日本作業療法士協会
島根県作業療法士協会理事生涯教育部副部長
・日本高次脳機能障害学会
日本ボバース研究会島根県代表
活動分析研究会島根県代表
・松江市民活動団体N-reha 代表世話人
・理学療法科学学会
■研究分野・テーマ
リハビリテーション科学,教育工学に関する研究全般に従事しています.
また,リハビリテーション分野が地域や産業界とどの様に連携していくのか,実践を通じて成果を発表しています.
・高次脳機能障害に関する基礎的研究(手続き記憶に言語教示が与える影響)
・上肢機能,ADLに関する研究
・リハビリテーション教育に関する研究
・地域医療教育に関する研究
■Keywords
・リハビリテーション
・作業療法
・上肢機能
・ADL
・手続き記憶
・リハビリテーション教育
・地域医療教育
■主要論文
1)元廣 惇,他:運動イメージの想起促進が知覚-運動系列学習に与える影響. 島根大学大学院修士論文, 2018.
2)元廣 惇,他:ボツリヌス療法によるリハビリテーションと麻痺側上肢への介入. 臨床作業療法14(4):297-302,2017.

★Facebookいいね!,メール問い合わせは下のアイコンをポチってください.
★連絡先✉E-mail: motohiro@shima-reha.jp

久野 真矢

(HISANO, Shinya)

イケメンが3人続いて期待させたところを

”おっさん”ですみません。

自称ダンディー系スイーツ中年

■所属
・県立広島大学 大学院総合学術研究科教授・保健福祉学部作業療法学科教授
■researchmap
https://researchmap.jp/hisanpan (←クリック!!)
■学位・資格
・博士(保健学)
・作業療法士
・認定作業療法士
・専門作業療法士(認知症)
・福祉住環境コーディネーター2級
・A-ONE認定評価者

■略歴
1968年:熊本県生まれ(ニュータイプの肥後もっこすです
1989年:熊本リハビリテーション学院作業療法学科卒業
1989年:作業療法士免許取得
1998年:佛教大学社会学部社会福祉学科卒業
2002年:広島大学大学院医学系研究科博士課程前期修了 修士(保健学)
2005年:広島大学大学院保健学研究科博士課程後期修了 博士(保健学)
2011年:九州栄養福祉大学リハビリテーション学部作業療法学科 教授
2012年:九州栄養福祉大学大学院健康科学研究科 教授
2015年:帝京大学福岡医療技術学部作業療法学科 教授
2018年:県立広島大学保健福祉学部作業療法学科 教授(~現在)
2019年:県立広島大学大学院総合学術研究科 教授(~現在)
■所属学会
・日本作業療法士協会(学術誌「作業療法」副編集長)
・広島県作業療法士会
・日本A-ONE研究会(何もしてませんが一応,世話人)
・理学療法科学学会
・日本作業科学研究会
■研究分野・テーマ                  
・高齢者・認知症の認知機能と生活機能の関連に関する研究
・高齢者・認知症のQOLに関する研究
・高齢者施設の住環境デザインに関する研究
・統合失調症の認知機能障害に関する研究
・リハビリテーション教育に関する研究
・開運・幸運と行動・環境の関連に関する研究
 (現在,最も力を入れている裏研究テーマです
■keywords              
・高齢者
・認知症
・統合失調症
・認知機能(神経認知機能,社会的認知)
・高次脳機能障害
・QOL
・ADL/IADL
・高齢者施設
・住環境
・教育
運命/風水/吉方位
   #ねこ #スイーツ #赤ワイン
■主要著書・論文
1)久野真矢(分担執筆):高次脳機能障害.服部リハビリテーション技術全書第3版,医学書院,2014.
2)久野真矢:認知レベルと対応したADL/IADLスケールversion.2.0(ADL/IADL-COG ver.2.0)の妥当性・信頼性の検討.作業療法ジャーナル51(1):88-92,2017.

★Twitter ID:@hisanpan 
★Instagram username:shinyahisano (いいね!フォローお待ちしております)

★連絡先✉E-mail: hisanpan@gmail.com
Facebook,Twitter,E-mailは下のアイコンをポチってくださいませ.

ひさのゼミ

卒業研究(2019-20)

武内将起 自記式作業遂行指標(SOPI)に特性的自己効力感,楽観主義が及ぼす影響
喜友名茉由 自尊感情は作業遂行,作業機能と関連があるのか
濵口はるな 作業機能障害と楽観主義,自己効力感の関連性研究
濵口はるな 作業機能障害と楽観主義,自己効力感の関連性研究

卒業研究(2018-19)

遠藤那菜 価値ある活動への参加状況(作業遂行)と特性的自己効力感は関連があるのか
大岸千紗 楽観主義と作業機能障害は関連があるのか
小川晃奈 楽観主義と価値ある活動への参加状況は関連があるのか
佐野菜緒子 特性的自己効力感と作業機能障害の種類と評価(CAOD)の関連
小川晃奈 楽観主義と価値ある活動への参加状況は関連があるのか

名場面

和気藹々

(とある研修会にて)

平賀勇貴、最優秀論文賞受賞!!

(日本作業療法士協会学術誌「作業療法」2017年)

そして、祝賀会

平賀勇貴また受賞

第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会最優秀賞

平賀勇貴(とある学会にて)

待ち受けにすると幸運が舞い降りるかも!?
(何といってもタイトルコレクターですから




真面目にお話し中(とある研修会にて)

懐かしい~髪の毛が黒い(笑)

研究法や研究テーマに関する最新情報をお届けする

とっても有意義なセミナーを行っています。

これまた懐かしい~髪まだ黒い(笑)

セミナー・研修会講師のお問い合わせをお待ちしております。

真面目にお話し中(とある研修会にて)

白髪が少し増えてる(笑)

平賀論文掲載されました。

(やる時にはやる男でございます)

ちょっと一服

スイーツはいかがですか?

一服してくださいませ。

研究者情報 / 教育研究業績




ここから先はいたって

真面目~な

アカデミックな情報です。

(でも何かがあるかも? そういえば特典は?)

researchmap

久野真矢の研究者情報はこちらからもどうぞ ⇒ researchmap久野真矢

平賀勇貴の研究者情報はこちらからもどうぞ ⇒ researchmap平賀勇貴

長城晃一の研究者情報はこちらからもどうぞ ⇒ researchmap長城晃一 

2018-19

平賀勇貴(2018-19)

【研究論文】

平賀勇貴,久野真矢,問田純一,平川善之,熊野貴史:鏡視下腱板修復術後の複合性局所疼痛症候群に対する知覚識別課題とMirror Therapyを併用した作業療法実践は2点識別覚と運動イメージおよび疼痛を改善させる:予備的検討.作業療法ジャーナル 52,1087-1093,2018.
平賀勇貴,久野真矢,許山勝弘,平川善之:人工膝関節置換術後患者に対する『活動日記』を使用した作業療法実践の前後比較試験による効果検証.Pain Rehabilitation(印刷中)
平賀勇貴,久野真矢,水之江彩,許山勝弘,平川善之:橈骨遠位端骨折後患者における疼痛と機能的要因および心理的要因の関連性.作業療法・福岡(印刷中)
平賀勇貴,久野真矢,許山勝弘,平川善之:人工膝関節置換術後患者に対する『活動日記』を併用した作業療法実践の非ランダム化比較試験による検証.作業療法(印刷中)

【学会発表】
平賀勇貴,他:人工膝関節置換術後患者に対する『活動日記』を併用した作業療法実践の検証.第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会,2018(福岡)
平賀勇貴,他:橈骨遠位端骨折患者における疼痛と機能的要因および心理的要因の関連性.第52回日本作業療法学会,2018(名古屋)

【社会活動】
・モチベーションシェア主催研修会 講師「運動器疼痛への評価・アプローチ」(2018年6月24日)
・脳梗塞リハビリステーション福岡 講師「疼痛に対するニューロリハビリテーション」(2018年9月14日)
・北九州総合病院リハビリテーション研究会 講師「疼痛に対するリハビリテーション(下肢)」(2018年9月28日)
・福岡県作業療法協会現職者共通研修 講師「事例報告と事例研究」(2018年10月21日)
・MNSホールディングスセミナー 講師「運動器疼痛患者に対する認知行動療法に基づいた評価・実践~目標設定,患者教育,対処方略,ペース配分の重要性~」(2019年1月20日)

元廣 惇(2018-19)


【研究論文】
元廣惇,山本真理子,宇都宮賢一,石倉健一,金弦敬子,土屋景子,鈴木哲:達成目標、学習方略の違いが定期試験成績に与える影響.リハビリテーション教育研究25:2019
■土屋景子,金弦敬子,元廣惇,宇都宮賢一,平岡千昭,石倉健一:本学学生の学習動機づけと自己効力感の関係について.リハビリテーション教育研究25:2019
■金弦敬子,土屋景子,橋村康二,平岡千昭,石倉健一,宇都宮賢一,元廣惇:成人キャリア成熟尺度と就職満足度の関係について.リハビリテーション教育研究25:2019

【学会発表】
元廣惇,宇都宮賢一,土屋景子,金弦敬子,稲垣杏太:達成目標、学習方略の違いが定期試験成績に与える影響. 全国リハビリテーション学校協会第31回教育研究大会・教員研修会 (札幌) 
■土屋景子,宇都宮賢一,石倉健一,金弦敬子,稲垣杏太,元廣惇,平岡千昭:本学学生の学習動機付けと自己効力感の関係について.全国リハビリテーション学校協会第31回教育研究大会・教員研修会 (札幌)
■宇都宮賢一,石倉健一,金弦敬子,稲垣杏太,元廣惇,土屋景子,平岡千昭:医療系専門学生の授業欠席要因に関する研究.全国リハビリテーション学校協会第31回教育研究大会・教員研修会 (札幌)
■金弦敬子,宇都宮賢一,石倉健一,稲垣杏太,元廣惇,土屋景子,平岡千昭,橋村康二:成人キャリア成熟度(ACMS)と就職満足度の関係について.全国リハビリテーション学校協会第31回教育研究大会・教員研修会 (札幌)
元廣惇,稲垣杏太,宇都宮賢一,石倉健一,鈴木哲:大人のそろばん教室の効果検証.第52回日本作業療法学会(愛知)
■稲垣杏太,元廣惇,宇都宮賢一,石倉健一:互助活動を促進させる因子の検討〜アンケートによる予備調査〜.第52回日本作業療法学会(愛知)
■石倉健一,宇都宮賢一,金弦敬子,稲垣杏太,元廣惇,土屋景子,平岡千昭:生活行為向上マネジメントを用いた臨床教育の効果の検討.第52回日本作業療法学会(愛知)
■田和考一朗,曾田陽介,元廣惇:屋外歩行の躓きが改善した症例〜バランスボールを蹴る課題を通じて〜.第17回島根県理学療法学会

【座長】
■第30回活動分析研究大会一般演題 座長
■平成30年度活動分析研究会総会・準備会ケーススタディ 座長
■島根県作業療法士会主催現職者共通研修「事例報告」座長
■第12回島根県作業療法学会一般演題 座長
■第12回島根県作業療法学会パネルディスカッション 座長

【講師活動】
■島根活動分析研究会セミナー講師「なぜ?人の行為が変わるわけ」(松江市)
■合同会社Laugh主催セミナー講師「上肢機能に対する多角的アプローチ」(広島市)
■県立出雲商業高等学校授業講師「商業計算」(出雲市)
■私立開星高等学校授業講師「生活教養」(松江市)
■第4回島根活動分析研究大会教育講演「Science&Art〜活動分析の視点から〜」(出雲市)

【社会活動】
■島根県作業療法士会 理事・生涯教育部副部長
■島根県作業療法士会事例査読委員
■ボバース研究会 島根県代表
■活動分析研究会 島根県代表
■松江市民活動団体N-reha 代表世話人
■大韓民国、乙支大学(Uruch University)との包括的教育連携協定の締結
■観光協会、宿泊地と連携したスマートライフステイ(宿泊型保健指導)のシステム構築
■雲南市まちづくり協議会、(株)Community Careと連携した地域自主組織へのセラピスト介入、まちづくりのシステム構築(CBRプロジェクト)
■(株)Community Careリハビリテーション部門 臨床指導

【報道等】
■産経新聞 2018年8月30日付記事「CBRプロジェクト」
■朝日新聞 2018年10月3日付記事「CBRプロジェクト地域報告会」
■雲南夢ネット 2018年10月17日放映「三刀屋町のまちづくり発表会」 


長城晃一(2018-19)


【研究論文】
長城晃一,池永昌弘,藤岡伸助,坪井義夫:パーキンソン病患者における日中身体活動量の活動強度別の特徴および歩数との関連性.作業療法37:137-144,2018.
■木下亮平,長城晃一:本学作業療法学生の現行臨床実習における一連過程の理解度の特徴について―身体障害分野と精神障害分野の特徴を踏まえて―.リハビリテーション教育研究24:2018.
■木下亮平,長城晃一,石附智奈美,宮口英樹:作業療法学生における高齢者に対する知識とエイジズムの特徴―属性比較による検証―.作業療法・福岡16:39-43,2018.
■木下亮平,長城晃一,山本達也,石附智奈美,宮口英樹:地域在住高齢者におけるストレス対処能力と価値のある活動の参加状況との関連.作業療法・福岡(印刷中)

【学会発表】
■木下亮平,長城晃一,他:地域健康高齢者の主観的幸福感と活動の参加状況の実態調査-年齢階級比較による検討-.第52回日本作業療法学会,2018(名古屋)
■木下亮平,長城晃一,他:地域在住高齢者(75歳以上)を対象とした「日本版加齢に伴う適応尺度(ATAS-J)」の作成の試み.第33回日本老年精神医学会,2018(福島)
■木下亮平,長城晃一,他:地域在住高齢者の人生に対する満足度と活動の参加状況の特徴~年齢階級比較による検討~.第22回福岡県作業療法学会,2018(飯塚)
 (優秀演題賞
■木下亮平,長城晃一:地域在住高齢者における年齢階級別の主観的幸福感と作業参加の関連.第1回九州作業療法学会,2019(北九州)(優秀演題賞

【社会活動】
■第11回北九州パーキンソン病リハビリテーション研究会 座長(2018年9月28日)
■福岡県作業療法協会現職者共通研修 講師「実践のための作業療法研究」(2018年10月21日)
■第21回七隈ADPD研究会 演者「パーキンソン病患者の身体活動量の低下の特徴」(2019年4月13日)
■北九州パーキンソン・カフェ 運営サポート(2016年~)

 久野真矢(2018-19)

【研究論文】
Hisano S: Relationship between Frontal Assessment Battery scores and activities of daily living /instrumental activities of daily living ability in older adults. The Journal of Physical Therapy Science 30 (10):1237-1240, 2018.DOI: https://doi.org/10.1589/jpts.30.123
■平賀勇貴,久野真矢,許山勝弘,平川善之:人工膝関節置換術後患者に対する『活動日記』を併用した作業療法実践の非ランダム化比較試験による検証.作業療法」(印刷中)
■平賀勇貴,久野真矢,問田純一,平川善之:鏡視下腱板修復術後の複合性局所疼痛症候群(CRPS)に対する知覚識別課題とMirror Therapyを併用した作業療法実践は2点識別覚と運動イメージおよび疼痛を軽減させる:予備的検討.作業療法ジャーナル52(9):1087-1093,2018.
■檀 拓真,中山 仁,久野真矢:地域在住高齢者の主観的健康感と主観的生活満足度の関係性について.作業療法・福岡16:35-38,2018.
■手島智康,久野真矢:リハビリテーションカウンセリングとノート記録の併用により,ADLおよび自己効力感が向上した通所介護を利用する要介護高齢者の一例.作業療法・福岡16:64-67,2018.
■平賀勇貴,久野真矢,問田純一,許山勝弘,平川善之:知覚識別課題と運動観察療法を併用した実践により症状の軽減が認められたCRPSの事例.作業療法・福岡16:58-63,2018.

【寄稿文】
久野真矢:巻頭言 知彼知己,百戦不殆.作業療法37(5):479,2018.

【学会発表】
久野真矢:「花に水やり」課題を使用した認知症スクリーニングテストの開発.第52回日本作業療法学会(名古屋)2018年9月
■檀 拓真,久野真矢,中山 仁:通所介護施設を利用する高齢者の作業機能障害とIADL,主観的QOLの関連.第52回日本作業療法学会(名古屋)2018年9月
■平賀勇貴,久野真矢,許山勝弘,平川善之:人工膝関節置換術後患者に対する『活動日記』を併用した作業療法の検証.第23回日本ペインリハビリテーション学会(福岡)2018年9月
■田中創,中林紘二,久野真矢:若年者のロコモティブシンドローム・サルコペニアの実態.第5回日本予防理学療法学術大会(福岡)2018年10月
■檀 拓真,久野真矢,中山 仁:通所介護施設を利用する高齢者の握力とADL,IADLの関連について.九州理学療法士・作業療法士合同学会(沖縄)2018年10月
■秋永洋平,中山 仁,檀 拓真,久野真矢:高負荷の筋力トレーニングが記憶の固定に及ぼす影響.九州理学療法士・作業療法士合同学会(沖縄)2018年10月
■手島智康,檀 拓真,久野真矢:作業療法学生の手工芸作業分析に対する質的研究~作業学実習のレポート分析を通して~.九州理学療法士・作業療法士合同学会(沖縄)2018年10月
■本荘康太郎,久野真矢:認知レベルの対応したアクティビティの適応により,認知機能,ADL改善を認めた在宅認知症高齢者の一事例.九州理学療法士・作業療法士合同学会(沖縄)2018年10月

【社会活動】
■日本作業療法士協会学術誌「作業療法」編集委員・副編集長
■日本作業療法学会第4期演題審査委員
■日本作業療法学会事例登録制度審査委員
■広島県作業療法士会主催平成30年度現職者共通研修(身体障害領域) 講師「生活期・終末期の作業療法」(2018年12月2日)(広島県三原市)
■第52回日本作業療法学会 座長・高齢期5口述(名古屋)2018年9月7日

2017-18

平賀勇貴(2017-18)

【著書】
平賀勇貴(執筆協力):作業療法マニュアルNo.61 大腿骨頚部/転子部骨折の作業療法 第2版.日本作業療法協会・編.

【研究論文】
平賀勇貴,久野真矢,平川善之,許山勝弘:人工骨頭置換術後の事例に対する活動量向上を目的とした作業療法実践-活動の自己管理を促す「活動日記」を活用した事例-.作業療法・福岡15:59-63,2017.
平賀勇貴,許山勝弘,舩原千寛,水之江彩,中野宏治,小川貴恵,平川善之,久野真矢:人工膝関節置換術後患者における生活目標と疼痛および疼痛に対する心理的要因の関連性.Pain Rehabilitation7:42-50,2017.
平賀勇貴,久野真矢,平川善之,許山勝弘:活動日記を用いた作業療法実践により自己効力感の向上が認められた人工膝関節置換術後の事例.作業療法36:327-333,2017.
平賀勇貴,久野真矢,平川善之,許山勝弘:人工膝関節置換術後患者における患者教育を取り入れた作業療法実践が疼痛と心理的要因および活動量に与える影響.作業療法36:491-498,2017.
平賀勇貴,久野真矢,問田純一,許山勝弘,平川善之:身体知覚障害の軽減が認められたCRPSの事例-知覚識別課題と運動観察療法を併用した作業療法実践-:作業療法・福岡16:58-63,2018.
平賀勇貴,久野真矢,問田純一,平川善之,熊野貴史:鏡視下腱板修復術後の複合性局所疼痛症候群に対する知覚識別課題とMirror Therapyを併用した作業療法実践は2点識別覚と運動イメージおよび疼痛を改善させる:予備的検討.作業療法ジャーナル(印刷中)

【学会発表】
平賀勇貴,他:人工膝関節置換術後患者における『活動日記』を併用した作業療法実践が疼痛と疼痛の心理的要因および活動量に与える影響.第51回日本作業療法学会,2017(東京)
平賀勇貴,他:高位脛骨骨切り術後に痛みの対処方略を用いた作業療法実践にて疼痛と心理的要因および活動量の改善が認められた事例.第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会,2017(神戸)
平賀勇貴,他:知覚識別課題と運動観察療法を併用した実践により症状の軽減が認められたCRPSの事例.第22回福岡県作業療法学会,2017(福岡)
Hiraga Y, et al:Correlations among Goal Attainment, Psychological Factors, and Pain in Patients Recovering from Total Knee Arthroplasty. The 16th World Congress on Pain (IASP). (Yokohama, JAPAN )

【社会活動】
■日本作業療法学会第4期演題審査委員
■第22回福岡県作業療法学会演題査読(協力)
■第67回日田リハビリテーション病院リハビリテーションセンター勉強会 講師「痛みに対する作業療法」(2017年6月10日)
■第6回さっぽろ肩・肘ビデオミーティング 講師「CRPSの予防と治療の工夫」(2017年7月15日)
■モチベーションシェア主催研修会 講師「上肢疼痛に対するニューロリハビリテーション」(2017年8月6日)
■第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 シンポジスト「骨・関節痛に対する作業療法」(2017年9月30日)
■福岡県作業療法協会 現職者共通研修 講師「事例報告と事例研究」(2017年10月21日)
■モチベーションシェア主催研修会 講師「膝関節のリハビリテーション実践 PTとOTのそれぞれの視点」(2017年10月22日)
■第1回初学者のための研究法と統計学の入門実践講座 講師「2群間の差の検定」(2017年12月3日)
■モチベーションシェア主催研修会 講師「上肢疼痛に対するニューロリハビリテーション」(2018年1月14日)
■福岡県作業療法士協会第2回北九州ブロック全体研修会 講師「痛みに対する作業療法」(2018年1月28日)
■川崎病院研修会 講師「疼痛に対するニューロリハビリテーション」(2018年3月9日)
■健和会大手町病院研修会 講師「痛みに対する作業療法」(2018年3月18日)

長城晃一(2017-18)

【研究論文】
長城晃一,池永昌弘,藤岡伸助,坪井義夫:パーキンソン病患者における日中身体活動量の活動強度別の特徴および歩数との関連性.作業療法.(印刷中)
長城晃一,久野真矢,木下亮平,樋口道子,中畑万里子:地域在住高齢者におけるフレイルと社会的環境要因の関連:パイロットスタディ.作業療法36(4):397-404, 2017.
長城晃一,木下亮平,久野真矢:作業療法学生が抱く地域リハビリテーション分野に対する作業療法実践・役割のイメージ:テキストマイニング手法による検討.リハビリテーション教育研究22:80-81,2017.
■木下亮平,長城晃一,石附智奈美,宮口英樹:作業療法学生における高齢者に対する知識とエイジズムの特徴―属性比較による検証―.作業療法福岡16:39-43,2018.

【学会発表】
Nagaki K, Ikenaga M, Fujioka S, Tsuboi Y: Relationship between Insulin-like Growth Factor-1 and characteristics of physical activity in patients with Parkinson's disease. 21th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders (Vancouver, CANADA)
■木下亮平,長城晃一,石附智奈美,宮口英樹:作業療法学生における高齢者に対する知識とエイジズムの特徴―属性比較による検証―.第51回日本作業療法学会.2017(東京)
■木下亮平,長城晃一,石附智奈美,宮口英樹:地域在住高齢者の人生に対する満足度と活動の参加状況の特徴~年齢階級比較による検討~.第22回福岡県作業療法学会,2018(福岡)

元廣 惇(2017-18)

【研究論文】
元廣惇,小野田慶一,川越敏和,山口修平:運動イメージの想起促進が知覚-運動系列学習に与える影響. 島根大学大学院修士論文, 2018.
元廣惇,稲垣杏太,宇都宮賢一,石倉健一,橋村康二,堀江貴文,木村愛子,内田芙美佳,鈴木哲:理学療法士及び作業療法士の養成校における学業成績に関連する因子の検討.リハビリテーション教育研究24:92-93,2017.
■鈴木哲,元廣惇,木村愛子,内田芙美佳,堀江貴文,橋本広徳:理学療法士の養成校の学生における職業アイデンティティとキャリア成熟度にGritが与える影響.理学療法科学32(4):569-572,2017.
■橋本広徳,元廣惇,鈴木哲:サイドステップ動作時における体幹の筋活動について.理学療法科学32(6):773-776,2017.
■内田芙美佳,木村愛子,堀江貴文,元廣惇,稲垣杏太,鈴木 哲:理学療法士のキャリア発達とメンターとの関係.理学療法科学32(6):905-909,2017.
■堀江貴文,元廣惇,内田芙美佳,橋本広徳,稲垣杏太,木村愛子:臨床実習における臨床実習指導者のロールモデルの特性と学生のキャリア成熟度との関係.リハビリテーション教育研究24:148-149,2017.
■橋村康二,木村愛子,内田芙美佳,堀江貴文,元廣惇,稲垣杏太,宇都宮賢一,石倉健一,鈴木哲:学校不適応と学生が教員に臨む関係形態との関連.リハビリテーション教育研究24:48-49,2017.
■鈴木哲,木村愛子,内田芙美佳,堀江貴文,稲垣杏太,元廣惇:理学療法士の養成校の学生におけるGritと職業アイデンティティおよびキャリア成熟度との関係.リハビリテーション教育研究24:34-35,2017.
■宇都宮賢一,石倉健一, 元廣惇,稲垣杏太,金弦敬子, 木村愛子:国家試験学習時の心理的ストレス反応と課題価値の関係性.リハビリテーション教育研究24:220-221,2017.
■石倉健一, 宇都宮賢一,金弦敬子,稲垣杏太,元廣惇, 平岡千昭:臨床実習指導における生活行為向上マネジメントの活用と効果.リハビリテーション教育研究24:192-193,2017.
■稲垣杏太,元廣惇,宇都宮賢一,橋村康二,堀江貴文,内田芙美佳,木村愛子,鈴木 哲:職業的アイデンティティが学習動機づけ要因に与える効果の検討.リハビリテーション教育研究24:26-27,2017.
■内田芙美佳,元廣惇,木村愛子,堀江貴文,橋本広徳,鈴木哲:職業的アイデンティティおよび達成目標と長期臨床実習における学生の精神的健康との関係.リハビリテーション教育研究24:200-201,2017.

【寄稿文】
元廣惇,稲垣杏太,木村愛子,内田芙美佳,鈴木哲,酒井康生:ボツリヌス療法によるリハビリテーションと麻痺側上肢への介入. 臨床作業療法14(4):297-302,2017.

【学会発表】
元廣惇,小野田慶一,川越敏和,山口修平:明示的知識が知覚−運動系列学習に与える影響.第51回日本作業療法学会(東京)
元廣惇,稲垣杏太,宇都宮賢一,石倉健一,木村愛子,鈴木哲:理学療法士及び作業療法士の養成校における学業成績に関連する因子の検討.全国リハビリテーション学校協会  第30回教育研究大会・教員研修会(新潟)
元廣惇,小野田慶一,川越敏和,山口修平:明示的知識が知覚−運動系列学習に与える影響.第51回日本作業療法学会(東京)
■堀江貴文,元廣惇,内田芙美佳,橋本広徳,稲垣杏太,木村愛子:臨床実習における臨床実習指導者のロールモデルの特性と学生のキャリア成熟度との関係.全国リハビリテーション学校協会 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟)
■内田芙美佳,元廣惇,木村愛子,堀江貴文,橋本広徳,鈴木哲:職業的アイデンティティおよび達成目標と長期臨床実習における学生の精神的健康との関係.全国リハビリテーション学校協会 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟)
■石倉健一, 宇都宮賢一,金弦敬子,稲垣杏太,元廣惇,平岡千昭:臨床実習指導における生活行為向上マネジメントの活用と効果.全国リハビリテーション学校協会 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟)
■稲垣杏太,元廣惇,宇都宮賢一,石倉健一,橋本広徳:職業的アイデンティティが学習動機づけ要因に与える効果の検討.全国リハビリテーション学校協会 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟)
■宇都宮賢一,石倉健一, 元廣惇,稲垣杏太,金弦敬子, 木村愛子:国家試験学習時の心理的ストレス反応と課題価値の関係性.全国リハビリテーション学校協会 第30回教育研究大会・教員研修会(新潟)
■石倉健一, 宇都宮賢一,金弦敬子,元廣惇, 平岡千昭:生活行為向上マネジメントに基づく臨床実習が情意領域に与える影響の検討~学生の自己効力感と職業的アイデンティティの変化から~.第51回日本作業療法学会(東京)

【社会活動】
■島根県作業療法士会 理事 生涯教育部副部長 
■島根県作業療法士会 事例査読委員 
■ボバース研究会 島根県代表 
■活動分析研究会 島根県代表
■松江市民活動団体N-reha 代表世話人
■大人の算盤教室医学的サポート検証報告(島根県地域創生加速化交付金事業)
■県立横田高等学校 授業講師「奥出雲学」(平成29年5月20日)
■松江市立女子高等学校 授業講師「作業療法学」(平成29年10月3日)
■奥出雲塾主催講演会 講師「高齢者の元気な冬の過ごし方」(平成29年11月28日)
■島根リハビリテーション学院企画研修会 講師「上肢のクリニカルリーズニング」(平成29年4月16日)
■奥出雲町介護予防事業における短期集中リハビリテーションの開設
■(株)Community Careリハビリテーション部門 臨床指導(平成29年4月〜)

久野真矢(2017-18)

【研究論文】
久野真矢:認知レベルと対応したADL/IADLスケールversion.2.0(ADL/IADL-COG ver.2.0)の妥当性・信頼性の検討.作業療法ジャーナル51(1):88-92,2017.
久野真矢,武内 淳,平澤美土里,堀 希,中島正博:認知症高齢者に対する統合失調症認知評価尺度日本語版(Schizophrenia Cognition Rating Scale-Japanese version:SCoRS-J)の適用可能性:予備研究.作業療法・福岡15:41-47,2017.
■檀 拓真,中山 仁,久野真矢:地域在住高齢者の主観的健康感と主観的生活満足度の関係性について.作業療法・福岡16:35-38,2018.
■手島智康,久野真矢:リハビリテーションカウンセリングとノート記録の併用により,ADLおよび自己効力感が向上した通所介護を利用する要介護高齢者の一例.作業療法・福岡16:64-67,2018.
■平賀勇貴,久野真矢,問田純一,許山勝弘,平川善之:知覚識別課題と運動観察療法を併用した実践により症状の軽減が認められたCRPSの事例.作業療法・福岡16:58-63,2018.
■平賀勇貴,久野真矢,平川善之,許山勝弘:活動日記を用いた作業療法実践により自己効力感の向上が認められた人工膝関節置換術後の事例.作業療法36(3):327-333,2017.
■平賀勇貴,久野真矢,平川善之,許山勝弘:人工膝関節置換術後患者における患者教育を取り入れた作業療法実践が疼痛と心理的要因および活動量に与える影響.作業療法36(5):491-498,2017.
■長城晃一,久野真矢,木下亮平,樋口道子,中畑万里子:地域在住高齢者におけるフレイルと社会的環境要因の関連:パイロットスタディ.作業療法36(4):397-404,2017.
■平賀勇貴,許山勝弘,舩原千寛,水之江 彩,中野宏治,小川貴恵,平川善之,久野真矢:人工膝関節置換術後患者における生活目標と疼痛および疼痛に対する心理的要因の関連性.Pain Rehabilitation 7:42-50,2017.
■青山克実,久野真矢:統合失調症者の作業遂行技能と認知機能の関係について~予備的研究~.作業療法・福岡15:25-30,2017.
■安永正則,久野真矢:地域の年長児における子どもの特性と作業遂行との関係―SDQとSchool AMPSを用いた検討―.作業療法・福岡15:31-35,2017.
■長城晃一,木下亮平,久野真矢:作業療法学生が抱く地域リハビリテーション分野に対する作業療法実践・役割のイメージ:テキストマイニング手法による検討.リハビリテーション教育研究22:80-81,2017.
■平賀勇貴,久野真矢,平川善之,許山勝弘:人工骨頭置換術後の事例に対する活動量向上を目的とした作業療法実践-活動の自己管理を促す「活動日記」を活用した事例-.作業療法・福岡15:59-63,2017.

【寄稿文】
■久野真矢:2006年から2015年の『作業療法』掲載論文の分析と考察―老年期領域―.作業療法36(6):567-575,2017.

【学会発表】
Hisano S:Model of activity care corresponding to cognitive level.32nd International Conference of Alzheimer's Disease International (Kyoto,JAPAN)
Hisano S:Relationship between Japanese Version of Montreal Cognitive Assessment(MoCA-J)and ADL/IADL ability : A pilot study. 11th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM) World Congress (Buenos Aires, Argentina)
久野真矢:統合失調症認知評価尺度日本語版(SCoRS-J)の高齢者に対する転用可能性.第51回日本作業療法学会(東京)
■手島智康,内納洋輔,久野真矢:通所介護利用からCBTと居宅訪問での生活行動確認を繰り返し,常時臥床状態から能動的行動へ移行し,自己効力感も変化した一例.第3回認知作業療法学会(東京)

【社会活動】
■日本作業療法士協会学術誌「作業療法」編集委員・副編集長
■日本作業療法学会第4期演題審査委員
■日本作業療法学会事例登録制度審査委員
■福岡県作業療法協会学術誌「作業療法・福岡」査読委員
■福岡県作業療法協会平成28年度現職者研修 講師「実践のための作業療法研究」(2017年2月18日)(福岡県粕屋郡新宮町)       
■健康リハビリテーション内田病院院内勉強会 講師「認知症のQOL概念と治療的・予防的介入法方略」(2017年4月20日)(福岡県嘉麻市) 
■福岡県作業療法協会北九州ブロック研修会 講師「認知症の作業療法~QOL概念と治療的・予防的介入方略」(2017年6月16日)(福岡県北九州市)
■島根県作業療法士会主催県民普及事業作業療法フェスタ2017 講師「認知症を地域で支える」(2017年9月9日)(島根県出雲市)
■福岡県作業療法協会平成29年度現職者共通研修 講師「実践のための作業療法研究」(2017年10月21日)(福岡県福岡市)

ひさのメモ

(裏研究テーマの実績報告)

裏研究テーマ「開運・幸運と行動・環境の関連」についての情報(思い出)を少しばかり。

2019風水学研究~高千穂の旅~

天岩戸神社
(東本宮)

天岩戸神社には岩戸川を隔てて西本宮と東本宮がありますが、今回は東本宮へ。西本宮とは違って静寂に包まれた空間でした。御祭神は天照大御神。

荒立神社

芸能人もお忍びで訪れる荒立(あらたて)神社へ。芸能と縁結びにご利益があるそうで。芸能界デビューを勧めているのか、カラフルなお天道様が撮影できました。

くしふる神社

高千穂を代表する聖地であり、パワースポットと言われていますが、参拝客はほんの少し。厳かな雰囲気でした。神社周辺を散策して高天原遙拝所(天孫降臨後、八百万の神々が集まり高天原を遙拝した場所と言われる)をバックに撮影。

ぼのぼの

知人の紹介で、レトロモダンな”ぼのぼの”でご飯をいただきました。店内は昭和を感じさせる懐かしさ。右の写真にあるように、お洒落で美味なイタリア料理店です。高千穂に来られた際には是非!!

ぼのぼのピザ

まいう~なピザでした。

ぼのぼのスイーツ

まいう~なスイーツでした。

2018風水学研究~壱岐の旅~

月読神社

天照大御神の弟である月読命(ツクヨミノミコト)が祀られる壱岐・月読神社を探索.
(一応,歴史研究の部類でしょうか)

月読神社

神主さんのお話によると古事記にも記述されており,ここ壱岐の月読神社が全国の中でも最も古いそうで,まさにルーツ.
今回の新発見”月読命は占いの神様でもある”
(フィールドワークの産物です)
しかも,お空には本物のお月さん!!

月読神社の
パワースポット

今回のガイドをしてくれた友人に案内され,神社の裏へ.そこにはごっつい岩が.
パワースポットだそうで.もちろん,energy chargeいたしました.

猿岩と夕日を眺める二人の中年

メインの研究課題は無事,達成できましたので壱岐の観光名所『猿岩』へ.
夕日を眺める中年の背中に哀愁を感じます.

平山旅館

今回のお宿はガイドご推薦の『平山旅館』なんでも,矢沢永吉,福山雅治などなど有名人がお忍びで来られるお宿だとか.なかなか風情のある食事も温泉も五つ星の旅館です(壱岐のグッさん,ちゃんと宣伝してますよ)

気になる背後の達磨さん

平山旅館での御食事風景.私よりも後ろで異常な存在感を示すイエローゴールドな達磨さんの方に視線が行ってしまいます(笑)もちろん,室内空間・インテリア,お食事ともに最高でした.

未公開カット

(公開してますけど)

人生のミーティング♪

気のせいでしょうか?なんか私の顔がいつもと違う

目がパッチリ美顔系中年になってる(笑)


やっぱり上と下では顔が違うような(笑)

人生のミーティング♪with 九栄大1期生(2018年の暮れ、小倉)

皆さん、作業療法士として頑張ってます~

そして締めは

メンバーのキメ顔三連発♪

超~気合い入ってます。



MOTOHIRO,Atsushi

HIRAGA, Yuki

NAGAKI, Koichi



でも本当の素顔は、



最後までwebsiteをご覧くださってありがとうございました。


そんなあなたに、













人生のミーティング~特別無料招待券~


をプレゼントさせていただきます。

「プレゼントを受け取る」をクリックしてください。

多分誰もいらない(笑)

ひさのラボ(久野真矢 研究室)


セミナー・講演、研究・臨床活動アドバイスなど、

いつでもお気軽にお問合せください。

お問合せはこちらへ ⇒ hisanpan@gmail.com