「お金儲けをする」ではなく、「理想の人生をデザインする」という考え方にご賛同いただける方へ。 
from オカダヒロ
こんにちは。
オカダヒロと申します。
あなたの人生をよりよくする方法として、
私の話がベストかどうかはわかりませんが、
ここでお話しさせていただくことから、
必ず少しは何かヒントを得ていただけるのではないかと思います。
改めまして、こんにちは。
オカダヒロと申します。

この度は私のページをご覧いただき、ありがとうございます。

私は京都大学法学部を卒業後、ごく普通に民間企業で働きながら、より充実した人生をデザインするために、様々な取り組みをおこなっています。

日々の仕事、読書や旅行といった趣味の活動など、このページをご覧になっているあなたときっと同様に、様々なことをしながら暮らしています。

私は自分の趣味(旅行と音楽とお笑いがとくに好きです)をひとに押し付ける気はまったくありませんが、副収入(とくに「権利所得」)を得るための方法を広めることは、多くの方にとってきっとプラスになることだと思います。

こちらのページでは、私が実践している権利所得構築方法、つまり、私が仕事を休んでも金銭的に困らず、旅に出ながら充実した毎日を過ごせている理由を、包み隠さずお伝えさせていただきます。

少し長くなると思いますので、お気に入りのドリンクでも飲みながら、ぜひリラックスして期待しつつ読み進めていただけましたら幸いです。
ちょっと待ってよオカダさん。そんな方法を教えて、あんたにどんなメリットがあるのさ?
隠すことではないので言ってしまうと、一年目から年収2,000万円を現実的に獲得できる方法です。

それをなぜあなたに教えるのか。

それは、告白するのは恥ずかしいのですが、私が「寂しくて友人が欲しいから」です(笑)

経済的に豊かになり、時間にも余裕ができるようになると、それまでの友人とは世界観が合わなくなります。

とくに、私の周りの友人は世間一般でいうところの「高学歴」で、大企業の重要ポストに就いていることも多く、時間的自由がありません。
思いついたときにフラッと旅に出る、という付き合いができる友人ではないです。
(私も企業人ですが、幸いなことにかなり自由にスケジュールを調整できる仕事をしています)

―「時間的自由」と「経済的自由」。この二つの自由を高い水準で獲得している友人が欲しい―

―このページを見ていただいているあなたは、私に共感して、同じ方向を向いて豊かな権利所得を獲得し、生涯を通して一緒に旅行に行ったり美味しいものを食べたりする友人となっていただけるような人物ではないだろうか―

そんなことを考えて、どんな人が読んでくれているのだろうかと、ドキドキしながらこれを書いています。

以上が、私があなたにお話しさせていただいている理由です。

ちょっと待ってよオカダさん。そんな方法を教えて、あんたにどんなメリットがあるのさ?
隠すことではないので言ってしまうと、一年目から年収2,000万円を現実的に獲得できる方法です。

それをなぜあなたに教えるのか。

それは、告白するのは恥ずかしいのですが、私が「寂しくて友人が欲しいから」です(笑)

経済的に豊かになり、時間にも余裕ができるようになると、それまでの友人とは世界観が合わなくなります。

とくに、私の周りの友人は世間一般でいうところの「高学歴」で、大企業の重要ポストに就いていることも多く、時間的自由がありません。
思いついたときにフラッと旅に出る、という付き合いができる友人ではないです。
(私も企業人ですが、幸いなことにかなり自由にスケジュールを調整できる仕事をしています)

―「時間的自由」と「経済的自由」。この二つの自由を高い水準で獲得している友人が欲しい―

―このページを見ていただいているあなたは、私に共感して、同じ方向を向いて豊かな権利所得を獲得し、生涯を通して一緒に旅行に行ったり美味しいものを食べたりする友人となっていただけるような人物ではないだろうか―

そんなことを考えて、どんな人が読んでくれているのだろうかと、ドキドキしながらこれを書いています。

以上が、私があなたにお話しさせていただいている理由です。

早速方法を知りたいあなたに

私が実践している権利所得構築方法について、詳細に説明しているページへのリンクを用意しました。
下のボタンからとんでいただけます。

ただし、もしまだこのページに留まっていただける余裕があるならば、さらに下の内容も読み進めていただけると幸いです。
なぜ副収入を
つくる必要が
あるのか?
「京大法学部出てたら、それなりの仕事についてるでしょ?その仕事がんばってたらいいじゃん」ということをよく言われます。

たしかに、私にはいま会社員としての顔もあります。プライバシーの関係で、どんな業界のどの企業かは伏せさせていただきたいと思いますが、ごく普通の会社員として、大手といわれる企業で働き、収入を得ています。

会社員として日々取り組んでいる仕事は好きですし、やりがいも大いにあります。これはとてもラッキーなことだと思うのですが、体が動く限り、頭が働く限り、会社が潰れない限り、ずっと続けたいと思える仕事につけています。

しかし、あくまで、「体が動く限り、頭が働く限り、会社が潰れない限り」という、自分ではコントロールできない条件が満たされていることが大前提なのです。

それならば、「自分でコントロールできる収入源も持っておこう」という発想は、リスクマネジメントの観点からも至極当然の発想だと思います。

また、体が元気なときに働かずして入ってくる収入があれば、私のように仕事を休んで旅を満喫することができます。

私はいまの会社での仕事が好きなので辞めませんが、望むのであれば会社を辞めて完全な自由人として暮らしていくことももちろん可能です。

それが、「権利所得」なのです。

それではまず、権利所得の意義を正しく理解するためにとても大事なことですので、ご存知の方にはたいへん恐縮なのですが、「キャッシュフローのクワドラント」の話をはじめにさせていただきます。
キャッシュフローのクワドラント 


この言葉、お聞きになったことはあるでしょうか。

ロバート・キヨサキ氏の著書で非常に有名になった考え方です。一部、悪質なネットワーカーさんに集客のためのツールとして利用されているものでもあるので、もしかしたらこのキャッシュフローのクワドラントという言葉に対して良くないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この考え方自体は非常に的を射た、現代に生きる全員が全員ぜひ知っておくべきことだと、個人的には考えています。

キャッシュフローのクワドラントでは、収入を得る方法によって、仕事を4つのグループに分けます。

E:従業員
いわゆるサラリーマン、アルバイトやパートなど

S:自営業者
個人店経営者や弁護士・税理士・開業医など

B:ビジネスオーナー
会社経営者や、印税を得るアーティストや執筆家など

I:投資家
株や債券などの金融商品から収益を得るひとたち

E(従業員)とS(自営業者)は、現在の労働への対価として収入を得ています。
身体的・精神的・環境的に労働することが困難になってしまえば、収入は途絶えます。

それに対してB(ビジネスオーナー)とI(投資家)は、過去につくった仕組みや権利から収入を得ています。
仮に自分が現場で直接労働をしなくても、収入が入ってくる仕組みを持っています。

たとえばSに関して言えば、イチロー選手や錦織圭選手など、超一流といわれるスポーツ選手であっても、働き続けなければ収入はありません。

時間の自由を獲得し、理想の人生をデザインするためには、BやIのように、権利所得型の収入をつくる必要があるのです。

だから、スポーツ選手でも本を書いたり、そのほかの権利所得を獲得するようなお仕事をされている方が多いのです。


以上が、キャッシュフローのクワドラントです。
では、次のステップです。
権利所得をつくる
資金がない一般人でも、権利所得をつくれるのか?

はい。つくれます。

権利所得というのは、「“過去につくりあげた仕組みや権利”への対価」として得られる所得です。
時給制のアルバイトやパート、月給制のサラリーマンが得ている、「労働への対価」としての所得とは対極にあるものです。

ひと昔前までは、圧倒的な資産家たちや、サラリーマンだとしても大きな蓄えがあるひとたちが、その資産の一部(といっても莫大な金額)を、失うかもしれない大きなリスクにさらして投資活動等をおこなうことで権利所得を得ていました。

そしてそのもっと縮小版として、一般人でもできるアパート経営などがあります。

しかしそれにしてもやはりある程度の資金が必要になります。

かくいう私も実はアパート経営をしています。

銀行から約1億9千万円を事業性ローンで借入れし、10戸のアパートを1棟、大阪で経営しています。

家賃収入が毎月約100万円、そこから銀行への返済が約60万円、手残りが約40万円という内容です。

アパートの管理や入居者の募集もすべて業者に任せているので、いわゆる「不労所得」です。

毎月40万円収入があればある程度不自由なく生活できますが、それ以上ははじけません。

もっともっと大きなキャッシュフローを、「安定して」、しかも「長期的に」、生み出す仕組みはつくれないものか・・・。

また、アパート経営にしてもなんにしても、事業開始のためにはまとまった資金が必要です。
資金がない場合には銀行から融資を受ければよいのですが、それにしても大きな融資を受けるためには高い経済的信用力が必要になってしまいます。

一般のサラリーマンやフリーターや専業主婦には、権利所得はつくれないのか・・・。

ご期待ください。実はつくれます。

なぜか。
昨今の”インターネット”の普及のおかげです。

ヒカキンさんやセイキンさん、はじめしゃちょーさんなどに代表される”You Tuber”と呼ばれるひとたちがその最たる例だと思います。
(ちなみに、本当に余談ですが、私も彼らの大ファンで、毎日のように動画をむさぼり見ていた時期があります。)

しかしYou Tubeで収入をつくるにしても、ある種秀でた才能が必要ですし(私にはとてもできそうにありません・・・)、そもそもこまめに動画の作成とアップロードをし続けるという膨大な作業量が必要になります。
とても副業片手間でできるものではありません。
彼らYou Tuberはやはり素晴らしい「プロ」ビジネスオーナーなのです。

また、「顔出し」にどうしても抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

できれば「匿名的に」収入を得られないものか・・・?

***********************************

さて、ここまでつらつらとしゃべってきましたが、お疲れではありませんか?

人間の集中力は数分間しかもたないと、メンタリストのDaiGoさんもおっしゃっています。
(またまた余談ですが、私はDaiGoさんの大ファンでもあり、講演にも何度もお邪魔させていただいています。)

DaiGoさんに教えていただいたことなのですが、ナッツをポリポリつまむと、ナッツに含まれる油が脳にいい影響を与えて、学習や仕事の効率をあげられるそうです。
太らないように、油や食塩で調理されていないナッツにしてくださいね。

・・・また脱線してしまいました。

それでは、ここまで見てきた「権利所得構築のための障壁」を整理してみましょう。

【障壁1】資金がなくてはできないのか?
【障壁2】大きなキャッシュフローは生み出せないのか?
【障壁3】匿名的にはおこなえないのか?

これらが皆さんの足を止めている障壁です。

さあ、もう隠しません。
これらの障壁をすべて乗り越えるようにデザインされたアイデアがあります。
つまり、「誰もが権利所得を構築できる方法」です。

***********************************

「私も権利所得をつくりたい」「どんなアイデアなのかきいてみたい」と思っていただけた方は、下のボタンから、より詳しい説明ページをご覧いただけます。

リンク先のページは、私の非常に尊敬する大切な友人が作ってくれたものです。

彼は、大阪大学という一流大学に入学しておきながら、在学中に世界を旅するなかで「自分のやりたいことは自由に世界を旅しながら暮らすことだ」と気付き、せっかくの大阪大学をサラッと中退してしまったという、非常に面白い魅力ある人物です。

そんな彼が、彼の人生計画通りに世界中を旅しながら自由に暮らすことができている理由にもなっている今回の権利所得構築方法について、わかりやすく語ってくれています。

非常に面白い、エキサイティングな内容です。
驚きもあるでしょう。きっと楽しんでいただけると思います。

ここまで読んでくださったあなたになら、きっと役立てていただける内容だと確信しています。

長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
もう少しだけ
集中できる
あなたへ

権利所得を
つくるのは
もはや義務
先進諸国のB(ビジネスオーナー)やI(投資家)の間では、「E(従業員)やS(自営業者)の仕事を減らしていこう」という共通認識があります。
たとえばですが、人工知能を使った自動運転や、医療用ロボットがもっと広まれば、いまその仕事で収入を得ているドライバーさんやお医者さんの働き口はどうなるのか、ということです。

さらに先進国においては、外国人労働者の流入の増加も忘れてはいけない点です。

今後、労働収入型のビジネスはどんどんどんどん縮小傾向にあることを考えると、権利所得型のビジネスの柱を1本でも持っておくことは、もはや「義務」だと言ってよいと、個人的には考えています。
私が実践している
権利所得構築方法

経費と収入
イメージ
(控え目な例)

はじめのうちはある程度経費をかけつつしっかりと準備をして、数か月後には収入が指数関数的に一気に増えていく、それと同時に経費もほとんどかからなくなる、という特徴があります。

初期投資が数万円で済むというのは、個人で始められる権利所得構築方法としては、破格だと思います。

正直なところ、アルバイト生活をしている大学生でも始められるレベルだと思います。

こんな権利所得のつくりかたの全貌を詳細に説明しているページに、下のボタンからとんでいただけます。

よくあるご質問

結局は高額塾やスクールの販売ですか?
違います。
私のもとにはさまざまなビジネス情報が集まってきますので、もしあなたが希望されるのであれば、さまざまなビジネスや投資の塾をご紹介することもできます。
しかし、このページでお伝えしているアイデアは、塾やスクールに入っていただくものではありません。
転売などの物販系ビジネスですか?
違います。
物販はやり方さえ間違えなければ、たしかに再現性の高いビジネス手法だと私も認識していますし、実は私は物販にも実際に取り組んでいます。
しかし、物販は大きな収益を出すためには元となる資本が大きく必要になります。利益率が仮に30%(物販ビジネスの中では高利益率)だとしても、たった3万円資産を増やすために10万円必要になってしまいます。
今回お伝えしているのは物販ではありません。
FXやバイナリーなどの投資手法ですか?
違います。
実はFXやバイナリーについても、私のほうでいま検証中の手法があるにはあります。
しかし、再現性の点で物販に劣り、それこそ「消えてもいいお金」がある方でないと初心者のうちは取り組むべきでない、というのが現時点での私の見解です。今回お伝えしているのは、FXやバイナリーではありません。
最近流行りの暗号通貨(仮想通貨)ですか?
残念ながら暗号通貨を使った手法でもありません。
実際に私もビットコインだけは少し保有していますが、「永続性」「安定性」の点では若干クエスチョンマークがつくかな、というのが現時点での私の見解です。
今回お伝えしているのは、暗号通貨は関係ありません。
アフィリエイト系のノウハウですか?
違います。
アフィリエイトに関しても、現在私のほうで検証中のノウハウがあるのですが、まだ責任をもってひとに提案できるレベルにまでは至っていません。
今回お伝えしているものは、アフィリエイトでもありません。
興味はある・・・でも初期投資に回せる資金がありません。
ご興味がおありなら、LINEでぜひ一度ご相談ください。
数万円なら1か月か2か月で得ていただける方法もご紹介できます。
それに、もっとはっきり言ってしまえば、数万円程度なら、1か月だけ頑張ってアルバイトやパートを増やすことですぐに用意できる額だとも思います。たしかにその1か月は苦しいと思いますが、今回の企画はそれだけ頑張って参加するに十分値するものです。ご不安なら、一度ご相談ください。友人の相談に乗るのは人として当たり前のことですから。

FXやバイナリーなどの投資手法ですか?
違います。
実はFXやバイナリーについても、私のほうでいま検証中の手法があるにはあります。
しかし、再現性の点で物販に劣り、それこそ「消えてもいいお金」がある方でないと初心者のうちは取り組むべきでない、というのが現時点での私の見解です。今回お伝えしているのは、FXやバイナリーではありません。
その他
ご質問があれば
お気軽にLINEで
きいてください。
オカダヒロと
LINEで
つながる