平屋が得意なハウスメーカーランキング!
ローコストでおすすめはどこ?

最近は集合住宅が多く、平屋が少なくなっています。

しかし、平屋は高齢者にも子供にも住みやすい住宅なので、子供が独り立ちした後の高齢者が生活するのにも、子育てを行っている夫婦にも再び注目されているのです(参照:理想の住まいに関する調査)。

しかし、平屋は間取りで失敗するケースも多いので、平屋を建てるときは経験が豊富なハウスメーカーを知っておくと安心できますよ。

そこで平屋住宅が得意なハウスメーカーをランキングで紹介するほか、平屋のメリット・デメリットなどをまとめています。

おしゃれな平屋を建てたい方からローコストな平屋を建てたい方まで参考にしてください!

平屋が得意なハウスメーカーランキング10社!2021年人気はどこ?

平屋が得意なハウスメーカー10社の特徴と価格、坪単価などをランキングで紹介していきます。

積水ハウス

積水ハウスでは、平屋でも木造建築と鉄骨住宅があります。鉄骨住宅はHIRAYAの季という商品がメインになっており、木造住宅は里楽という商品がメインになっているのです。バリアフリーの住宅がメインになっているので、高齢者にも優しいと言えるでしょう。坪単価は60万円前後です。

セキスイハイム

セキスイハイムでは、大きく分けると子育て向きの育ての家、どのような人でも安心して住めるスタンダードなたのしみの家、高齢者向けの楽の家、この3種類が主力商品になっています。壁や柱が少ないのに、しっかりと耐震強度を保てる家が売りだと言えるでしょう。平屋の平均価格は2000万円前後になっています。

パナソニックホームズ

パナソニックホームズの坪単価は、大体50万円前後になっています。耐震性や耐久性に優れているのが特徴で、環境に配慮されている家づくりをモットーとしている業者です。周りの景色に溶け込みやすい住宅を作ることが多くなっています。

一条工務店

平屋にもメリットとデメリットがありますが、一条工務店ではメリットを活かして、デメリットを改善するような住宅づくりが特徴だと言えるでしょう。地震にも強く、メンテナンスがしやすくなっています。坪単価は60万円ぐらいなので、大体平均的な価格です。

ヤマダホームズ

ヤマダホームズの主力商品は、フェリディア平屋になっています。もちろん他の商品も人気があります。仕切りを少なくしてコミュニケーションが取りやすくすることや、木のぬくもりを感じられる家になっています。坪単価は60万円弱です。

ダイワハウス

バリアフリーで日差しがたっぷりと降り注ぐ家が特徴だと言えるでしょう。風通しがよくて快適な平家が多くなっています。鉄骨ではジーヴォシグマ、木造ではジーヴォグランウッドが人気の商品です。大体30坪で1600万円ぐらいになることが多いでしょう。

住友林業

住友林業は木造の平屋が人気で、グランドライフという商品が主力となっています。リビングダイニングを特に広くしておき、隣の部屋まで目が届きやすいのが特徴です。坪単価は少々高めになっており、70万円から80万円ぐらいになります。

三井ホーム

三井ホームの主力商品になっているモアストーリーは、夫婦で生活をするのに適している平屋になっています。もちろん子供が生まれてからも、快適に生活できる家であることは言うまでもありません。坪単価は平均的な60万円となっています。

トヨタホーム

部屋の数を少なくして、ダイニングリビングを広く取っている間取りが特徴です。夫婦での生活に適しており、家の中全体が見通しのよい空間となっています。これがトヨタホームの人気商品になっているシンセピアーナです。料金は2700万円前後です。

ヘーベルハウス

シニア向けの和風住宅が人気となっているヘーベルハウスは、夏は涼しく快適に生活で来て、冬は暖かくて安心できる平屋住宅になっています。坪単価が少々高くなっていて、70万円前後になります。バリアフリーの住宅が多いのも特徴でしょう。

平屋住宅のローコストメーカーのおすすめ5社!

1000万円台の平屋を建てたい!そんな方におすすめのローコストな平屋が建てられるハウスメーカーを紹介していきます。

タマホーム

タマホームで人気の平屋商品と言えば、大安心の家でしょう。タマホームのベストセラーとも呼ばれており、重厚感のある外観が特徴です。坪単価が安いことでも知られており、大体30万円から40万円ぐらいと言われています。そのため、1000万円台で家を建てることも不可能ではありません。

アイフルホーム

よく間違えられるのが、消費者金融のアイフルですが、全く関係はありません。平屋住宅で人気の商品はアヤになっています。コストをしっかりと抑えていますが、住みやすくて安心の住宅が建設できます。坪単価は40万円前後ですが、商品によっても多少異なります。

ウィザースホーム

平屋の平均坪単価が40万円から50万円になっており、風通しと日当たりを意識した商品が多くなっています。しかも夏の強い日差しはさえぎられるような構造になっているのですが、冬の弱い日差しは家の中に取り込めるようになっているので、快適な生活が送れるでしょう。

クレバリーホーム

ローコスト住宅であっても、比較的平屋は坪単価が高くなっているのが特徴です。それでもクレバリーホームであれば、40万円から50万円ぐらいになっているので、比較的安価だと言えるでしょう。人気の商品はそのままの名前で平屋になっています。

住友不動産

平屋の間取りは大体3LDKになっていることが多いのですが、住友不動産では一般的な広さの3LDKで、2500万円前後で購入することが可能です。もちろん地域や面積によって価格も変わってきます。坪単価にすると60万円ぐらいになるので、ローコスト住宅というよりも、一般的な価格のハウスメーカーです。

【無料】ハウスメーカーの平屋カタログをおまとめ取り寄せ

ハウスメーカーの平屋住宅を情報を収集・比較するならまずはカタログ集めから!

家づくりを成功させて人の約7割以上が10社以上の建築業者の資料を取り寄せ、比較・検討しています。

当サイトから平屋を建てる建築業者のカタログを無料一括取り寄せできます。

スマホ、パソコンどちらかでも利用可能!

平屋のメリットを6つ!人気のワケ

平屋は子育てを終えたシニア世代はもちろんですが、最近では子育て世帯からも人気を集めつつあります。そんな平屋のメリットを6つ紹介していきます。
バリアフリー
平屋住宅というのは、バリアフリーにしやすい構造になっています。以前はバリアフリーではなかったけれど、リフォームした際にはバリアフリーにするということも可能です。

近年は少子高齢化の時代なので、車椅子でも家に出入りしやすいというのは、かなりのメリットだと言えるでしょう。介護もしやすくなっているので、注目されているのもわかる気がします。
子育てしやすい
平屋住宅の特徴として、柱や壁が少ないというのが挙げられます。昔の平屋住宅であっても、ふすまを開ければ大広間のようになる家が多かったので、家の隅まで見通すことができます。このような家というのは、子供にも目が届きやすいので、子育てしやすくなっていると言えるでしょう。
地震に強い
最近は日本全国で強い地震が発生しています。強い地震が発生すれば家が倒壊することもあるので、近年では耐震強度を気にすることが多いでしょう。

平屋住宅というのは、耐震強度にも優れているのです。なぜなら平屋住宅には2階がないので、上に重さがかかることがありません。

さらに長方形の住宅が多いのも平屋の特徴なのですが、この長方形という形も地震に強い理由の1つだと言えるでしょう。
地震に強い
最近は日本全国で強い地震が発生しています。強い地震が発生すれば家が倒壊することもあるので、近年では耐震強度を気にすることが多いでしょう。

平屋住宅というのは、耐震強度にも優れているのです。なぜなら平屋住宅には2階がないので、上に重さがかかることがありません。

さらに長方形の住宅が多いのも平屋の特徴なのですが、この長方形という形も地震に強い理由の1つだと言えるでしょう。
移動がしやすい
バリアフリーで部屋が広く、仕切りも少ない平屋は、一般的な住宅に比べて移動がしやすくなっています。普通に歩いて移動するのも楽なのですが、足が不自由な人が車椅子や松葉杖を用いて移動する場合にも楽になっているのです。移動が楽になるということは、生活がしやすいということを意味しています。
メンテナンス費用が安い
家も人が作った物なので、年月が経過すればどんどん劣化していきます。劣化のスピードを遅らせるためには、定期的にメンテナンスをする必要があるのですが、このメンテナンス費用も平屋の方が安くなっているのです。なぜなら1つの部屋が大きいので、細かいメンテナンスが少なくて済むからです。
光熱費が安い
よく平屋の方が、光熱費が安くて済むという話を聞くことがあるでしょう。光熱費というのは電気代や水道代、ガス代などを指すのですが、この場合にはどれだけ使用するのかが重要なので、あまり平屋とか2階建て住宅だとかいうのは関係ないように思えます。

しかし、2階がなければ2階のエアコンを付けることもできません。使い方にもよりますが、どちらかというと平屋の方が節約できる傾向にあるのです。
光熱費が安い
よく平屋の方が、光熱費が安くて済むという話を聞くことがあるでしょう。光熱費というのは電気代や水道代、ガス代などを指すのですが、この場合にはどれだけ使用するのかが重要なので、あまり平屋とか2階建て住宅だとかいうのは関係ないように思えます。

しかし、2階がなければ2階のエアコンを付けることもできません。使い方にもよりますが、どちらかというと平屋の方が節約できる傾向にあるのです。

平屋のデメリットを6つ!注意すべきこと

平屋はメリットばかりではありません。もちろんデメリットも存在します。平屋を建てる際に知っておきたい注意点6つを紹介していきます。
坪単価は高くなる
平屋住宅にもメリットがあればデメリットも存在しています。その1つとして坪単価が高くなる傾向にあると言えるでしょう。なぜなら平屋の方が面積が広いからです。

一般的な2階建て住宅の場合には、1階と2階に部屋を分けて建設しますが、平屋の場合には1階部分に全ての部屋を建築するので、単純に面積が広くなってしまいます。その結果坪単価が高くなるのです。
広い敷地が必要
坪単価が高くなる理由として、面積が広いからという理由があるのですが、面積の広い家を建設するということは、その分広い敷地が必要になります。

近年の日本は、狭い敷地に縦長の住宅を建設することが多くなっています。地方ならともかく、都心部では広い土地が確保できないので、平屋を建設することが難しくなっているのです。
防犯面、侵入されやすい
最近は政治家の悪政で生活が悪化しており、さらに移民が大量に日本へ入国していることによって、世界一治安がよいと言われている日本の治安も悪化しています。そのため、防犯面を強化する人も多いのですが、平屋住宅では十分な防犯対策を行うのが難しいのです。

しかも1階部分が広くなっているので、空き巣や強盗に侵入されやすい作りだと言えるでしょう。これも平屋住宅のデメリットです。
防犯面、侵入されやすい
最近は政治家の悪政で生活が悪化しており、さらに移民が大量に日本へ入国していることによって、世界一治安がよいと言われている日本の治安も悪化しています。そのため、防犯面を強化する人も多いのですが、平屋住宅では十分な防犯対策を行うのが難しいのです。

しかも1階部分が広くなっているので、空き巣や強盗に侵入されやすい作りだと言えるでしょう。これも平屋住宅のデメリットです。
収納スペースが不足しやすい
平屋の場合には家全体が広く感じるため、たくさん物を購入してしまうことが多い傾向にあります。特に昔の家は、不要な物でも捨てられないという人が多いので、そのまま捨てないで保管しておくこともあるでしょう。

そうすると収納スペースが不足してしまいますが、新築であれば収納スペースを多く取る、不要な物が多ければ整理をすることで防げるデメリットです。
家事動線、日当たりなど間取りの難易度が高い
一般的な2階建て住宅の場合には、比較的間取りの作成が楽になります。面積が狭いので、日当たりなどを考えるのもそれほど大変ではありません。

しかし、1階の面積が広い平屋の場合には、日当たりや家事動線などの間取りを作成するのが難しくなるのです。いくらプロに頼むとは言っても、ある程度は自分で考える必要があるので、この点はデメリットだと言えるでしょう。
プライバシーがない
最近は家族同士であってもプライバシーを大切にしたいと考える家庭が多くなっています。そのため、部屋に鍵を付ける家もあるぐらいなのですが、平屋住宅ではそうはいきません。

家族同士なのだから、プライバシーなんか関係ないという考えの人にとってはデメリットではありませんが、プライバシーを大切にしたいと考えている人にとってはデメリットになるのです。
プライバシーがない
最近は家族同士であってもプライバシーを大切にしたいと考える家庭が多くなっています。そのため、部屋に鍵を付ける家もあるぐらいなのですが、平屋住宅ではそうはいきません。

家族同士なのだから、プライバシーなんか関係ないという考えの人にとってはデメリットではありませんが、プライバシーを大切にしたいと考えている人にとってはデメリットになるのです。

後悔しない平屋を建てるなら業者選びが肝心!

後悔しない平屋を建設するために重要なことはいくつかありますが、最も重要なのは業者選びでしょう。業者選びに失敗してしまうと、その時点で自分の思い通りの家を建てることがほぼ不可能になります。

酷くなると耐久性や耐震性に欠ける家や、生活しにくい家になってしまうこともあるでしょう。そうならないためには、平屋の建設が得意で、信頼できるハウスメーカーを探す必要があるのです。

設計や実績、費用や信頼性など、気になる点はしっかりと比較を行い、問題ないと判断できたら次に問い合わせを行います。問い合わせを行ったときの受け答えなどでもある程度業者の良し悪しは判断できるでしょう。

体験談や口コミも調べられる範囲で調べておき、よく内容を確認しておくことが重要です。このように比較や情報収集をしっかりと行うことで、後悔しない家づくりを行うことが可能になるでしょう。

下のボタンから無料資料請求すると、平屋が得意な住宅メーカーのみから間取りプラン・見積もり・カタログなど濃い資料をもらうことができます。