親子で参加できる
ワクワク多言語ワークショップ
会場&オンライン

2021
2.3.4月
WS開催

参加無料

\坂戸・鶴ヶ島市での活動紹介ムービー/


こんなお悩みありませんか?

  • 英語が必要だとは思うんだけど、うちの子勉強苦手
  • 英語は好きなんだけど、アウトプットするところがなくて
  • 世界の文化を知りたい、触れたいけれどチャンスがない
  • コミュニケーション力を高めるのって難しい
  • 多様性の時代にどう対応したらよいかわからない
  • 感染症問題で気持ちがふさぐ
  • 感染症問題で気持ちがふさぐ

そのお悩みを解決します!

このワークショップでは、子育て中の家族の皆さんが世界のことばや文化に楽しく触れながら、楽しく体験できます。音楽に合わせて遊んだり、ゲームをしたり初めての方も安心してご参加下さい。また、ことばを身につけるということに、環境からアプローチするというユニークなやり方は目からうろこ間違いなし!!
制限の多い今だからこそ、人との繋がりを大切に、
未来に可能性を開いていこう!

こんな方が対象です

  • 英語はもちろん!世界のことばを楽しく話したい方
  • 世界にお友達をつくたい。
  • 世界の文化に触れてみたい方
  • 海外ホームステイ交流や留学に行ってみたい方
  • 家族で一緒に楽しいことを始めたい方
  • 大人も子どもも人との出会いで視野を広げたい方
  • 0才から家族で参加できます。
  • 海外ホームステイ交流や留学に行ってみたい方

私たちの思い

こんにちは!坂戸・鶴ヶ島・毛呂山町近隣在住の皆さんへ

「国際化」を誰もが実感する時代、そして外国語=英語ではない新しい状況が生まれていますね。韓国語や中国語などのアジアのことばも、スペイン語やフランス語を話す方と街でお会いすることも多くなったのではないでしょうか?もしかしたら学校や幼稚園や保育園、児童館などでのお友達にいらっしゃるかもしれませんね。
 グローバル化といわれる時代、どんなことばにもどんな人にも垣根なく親しむことが出来たらと感じているのではないでしょうか?

 これまで外国語は難しいと思ってしまっていたとしたら(私もそうでした)、ぜひこのワークショップに参加してことばの面白さ、多言語の面白さを体験してみて下さい。

私たちヒッポファミリークラブの40年にわたる活動から、赤ちゃんが自然にことばを習得するプロセスに着目した、「人間のことば」について、一緒に楽しく体験したり、一緒に考える機会になって欲しいと思い企画しました。
 また子育て中の皆さんの安心して集まれる交流の場になれたら嬉しく思います。

感染症対策をして皆さんの参加お待ちしています!!皆さんにもご協力よろしくお願いします!!

言語交流研究所ヒッポファミリークラブとは

言語交流研究所・ヒッポファミリークラブとは

これからの時代を伸びやかに生きていくために、ことばの違いを超えて、何語を話す人をも受入らる豊かな心とことばを育てていきたい。そのような想いから1981年にヒッポファミリークラブは誕生し、40周年を迎えます。ヒッポには「先生」はいません。赤ちゃんが母語を獲得するのと同じ方法で、環境の中で多言語を自然に身につけていきます。多言語を学ぶことで世界を体験しながら、多様性を認め、寛容の心も育まれます。今ではアメリカ、メキシコ、韓国などにも活動が広がり、家族で参加できるオンラインのプログラムも充実してきています。

当日のプログラム

Step
1
多言語活動してるヒッポってなぁに?
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

参加者の嬉しい声

サンプル 太郎

始めは緊張していましたが、ゲームの時には楽しみながら参加が出来ました。いろいろなことばを話す時間も新鮮でした。貴重な体験ありがとうございました。
サンプル 花子
坂戸市在住 0才、2才母
参加させていただきありがとうございました。多言語が 溢れる環境作りの皆様の工夫や実体験に基づく多言語と生活との関わり方、母としての自分の位置に対しての
多言語がもたらす良い影響や成長、家族としての関わり方など、大変勉強になりました。
サンプル 花子
鶴ヶ島市在住 4才、2才の母
多言語での色探しやいないいないばぁの歌などは、娘たちも喜んで参加していました。マレーシアの歌は口ずさむようになってびっくりしました。
サンプル 花子
株式会社xxxx 代表取締役
これから始める人にとってわかりやすく丁寧に教えていきます。これから始める人にとってわかりやすく丁寧に教えていきます。
サンプル 花子
坂戸市在住 0才、2才母
参加させていただきありがとうございました。多言語が 溢れる環境作りの皆様の工夫や実体験に基づく多言語と生活との関わり方、母としての自分の位置に対しての
多言語がもたらす良い影響や成長、家族としての関わり方など、大変勉強になりました。
表示したいテキスト

見出し

開催概要(会場)

会場開催

坂戸・鶴ヶ島市(埼玉県)
日 時・会場
2021年

(1)2月6日(土)10:00-11:30
 坂戸市文化施設オルモ
 →オンライン開催好評終了!!
   

(2)2月11日(木・祝)10:00-11:30
 坂戸市入西地域交流センター
 →オンライン開催好評終了!!
   


(3)2月14日(日)10:00-11:30
 鶴ヶ島市農業交流センターのんのん
 →感染対策して会場にて好評終了!!


(4)4月2日(金)10:00-11:30
 坂戸市文化施設オルモ

*感染症予防対策をとっての開催を予定しています。人数確認のため事前にお申込み下さい。当日は自宅での検温、マスク着用での参加をお願いします。感染拡大の状況により会場での実施からオンラインに切り替える場合もあります。
備考
備考

オンライン開催

オンライン開催
日 時
2021年
*各回先着5組となります。
少しずつお申込みありますが、まだどの会もお申込みいただけます。

①2月24日(水)10:00-10:40
②2月24日(水)19:00-19:40

③3月7日(日)10:00-10:40
④3月7日(日)15:00-15:40

⑤3月27日(土)10:00-10:40
⑥3月27日(土)15:00-15:40


*Zoomにて開催します。
お申込み後、ZoomIDなどご連絡いたします。
事前にソフトウエアのインストールをお願いします。スマホ、タブレット、パソコンどちらからでも参加できます。
初めての方、事前に接続の確認などお手伝いいたしますのでご安心下さい。

お問合わせ 0120-557-761(受付時間:平日9:00-17:30)
sakatsuru.hippo@gmail.com
お問合わせ 0120-557-761(受付時間:平日9:00-17:30)
sakatsuru.hippo@gmail.com

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
sakatsuru.hippo@gmail.com

0120-557-761

(受付時間:平日9:00-17:30)

当日のプログラム

・オンライン操作説明
・多言語活動してるヒッポってなぁに?
・世界の音楽でダンスやゲーム
・世界のことばをいってみよう
・多言語ママのお話しを聞いてみようetc

★一緒に仲良く遊ぼう!
日本語しか話せない(><)な人も
安心して参加してね!
★オンライン中お子さんが泣き出したりしても、ミュート(消音)にすれば安心で参加できるよ!!

・オンライン操作説明
・多言語活動してるヒッポってなぁに?
・世界の音楽でダンスやゲーム
・世界のことばをいってみよう
・多言語ママのお話しを聞いてみようetc

★一緒に仲良く遊ぼう!
日本語しか話せない(><)な人も
安心して参加してね!
★オンライン中お子さんが泣き出したりしても、ミュート(消音)にすれば安心で参加できるよ!!


ワークショップの講師紹介

多言語ママ1
2/6に体験を話します。

言語交流研究所研究員 西澤美智子
埼玉県川越市在住
 
夫と3人の息子5人家族。子どもが、6才4才1才の時にヒッポに出会い、以来多言語のある暮らしを始めて30年。
我が子がいつの間にか日本語を話せるようになっていることの不思議に気付き、自分自身も他のことばで同じようにできたら!とワクワクしたのが昨日のことのようです。
今では、日本以外の国々に息子や娘同様の子や孫までもできて幸せなのはもちろん、これからの出会いも楽しみです。自分の世界は体験によって広がると実感しています。
当日は、「難しい外国語」から「話してみたいことば」へ大きく方向転換していただけたらと思います。

多言語ママ2
2/11に体験を話します。

言語交流研究所研究員 井上 望
埼玉県日高市在住
 夫と4人の子供(9才、7才、4才、2才)と家族でこの活動を楽しみ始めて6年目です。
子供達の言葉や振る舞いが成長していく様子が面白くてノートにつけること3冊目。
大人の自分も、子供と同じ様にどんなことばも嬉しく言葉ができて行く様子を体験を交えてお話します。

多言語ママ3
2/14に体験を話します。

言語交流研究所研究員 広瀬朋子・遥(大学生)
埼玉県さいたま市在住
 夫と長男、双子の娘たちが幼少の頃からヒッポファミリークラブの活動に参加して18年。多言語、多世代、多様性の環境のお陰で子供たちは逞しく育っています。
日常の活動やホームステイなどたくさんの人との出会いを通じて、ことばを獲得するプロセスがますます面白いと感じています。当日は子育てと多言語活動からみつけた人間のことばの魅力について親子でお話しします。


坂戸・鶴ヶ島・毛呂山から世界へ

今回のワークショップは坂戸・鶴ヶ島市を中心に多言語の環境作りをして世界を拡げている仲間たちで企画し皆さんんにお会い出来ることを楽しみにしています。みんながことばが得意だったわけではありませんが、仲間と環境を作りながら少しずつ自分たちの世界を拡げてきました。
誰にでもどんなことばが話せる芽があることを実感しています。ワークショップで一緒に楽しみましょう!

私たちはこんな人!!

坂戸・鶴ヶ島市での活動の様子

▼最新の様子はこちらからチェック

▼ワークショップに関するご質問やご相談ある方は、こちらのLINEアカウントからお気軽にお問合せ下さい↓

多言語と出会って

鶴ヶ島市在住 (ママの声)
 ヒッポファミリークラブの主催するワークショップに参加し、価値観が変わりました。子どもに英語をさせたいと思っていたのが、英語だけじゃもったいない、多言語で色んな世界を知りたいと思うようになりました。
 いろいろな音を浴びたり人と出会う環境を作ることで、子どもは遊んでいるようで、音を聞いて歌って、どんどん吸収していきます。それを、親の私達だけでなく、一緒に活動しているみんなが気付いて褒めてくれて、そんな温かい場になっています。
 今は私たち家族も多言語環境を一緒に作る作り手となり、親の私達も遊びながら多言語に触れてどんどん世界が広がっています。
 初めはことばに自信がなかったけれど、「自然なやり方なら前進あるのみ!」と知り、もう大人だけど小さな子どもと同じように、最近は力を抜いて楽しめるようになりました。

 色んな年齢層の方が居るので、留学の話や、ホームステイ受入の話や、最近起こった事、気になる事、そんな事をファミリー(毎週の活動の場)で話しながら様々な刺激を受けています。

 そして、今まで見た事が無かった言語のドラマを見たり、音楽を聴いたり、言葉を発したり凄いスピードで見える世界が変化していってます。
 子どもだけが参加、または親だけが参加という形であれば成し得ない経験、共有がここにはあると感じます。家族で参加出来るからこそ、楽しく続けられる、成長をみんなで感じれるというのが魅力の一つです。
鶴ヶ島市在住 (パパの声)
 ヒッポに入って、子どもが遊びながら自ら外国語を使いたいと言ってくれているのがすごいと思いました。
 以前、4歳の娘は言葉がどんどん分かってくるにつれて、映画を英語で流そうとすると「これって英語?分からないから日本語にして!」と言うようになっていました。

親としては世界に通用する人間にとまではいかなくても、世界とつながるきっかけを持って欲しいと思っていたところ、子どもが楽しく遊びながら世界の言葉に触れられる雰囲気を気に入り、ヒッポファミリークラブに加わることにしました。

今、娘はヒッポの遊びで「色鬼」にはまっています。ルールは普通ですが、普通の色鬼と違うのは様々な国の言葉で色を言うことです。
娘は鬼になるのが好きで、最初の頃は自分でも分かる英語の色を言っていたけど、それでは足りず、日本語と英語以外の色を教えてと泣きついてきます(笑)
娘は自分が発する言葉が何語だかは分かっていません。ですが、日本語が良いと言っていたはずが、行ったこともない国の言葉を話したいと言ってくれるようになりました。

自分の喋れる言葉が何語なのかが分かるのは先かもしれませんが、遊びながら自分の中に音として身についてくれてるのが何よりと思っています。

新型コロナによる自粛中も
家族で楽しい!!

坂戸市在住 (ママの声)
 
 ヒッポファミリークラブを始めて1年半、我が家の中で起こった変化は楽しいものばかり。
7歳の息子と4歳の娘がジャンケンをする時は「カイバイボ」韓国語の掛け声が普通に。これは毎週金曜の坂戸文化施設オルモでの集まりの場の中で、いつも遊んでいることが生活の中に入ってきたもの。
 ヒッポファミリークラブでは外国語の単語の意味を日本語で1つ1つ学ぶのではなく、その言葉が使われているシチュエーションで理解していく。ある日4歳の娘が、幼稚園からの帰り、お友達に「サイチェン」と中国語の挨拶を言った時はびっくり。「サイチェンってどういう時に使うの?」と聞いたら、「バイバイする時」と理解している娘。
 コロナで自粛期間中は、いつも仲間と一緒に世界の音楽に合わせて遊んでいたダンスを、家族で夕食後に楽しんでいたことも。パパもママも子ども達もみんなが知っているダンスなだけに、家族みんなで楽しめるのがヒッポの魅力の1つです。
 最近ではお風呂で10秒数えてから出ようという時、子ども達の口から「ウノ、ドス、トレス、クワトロ、何だっけ?」と言いながら子ども達がスペイン語の数の数え方に興味を持っているのを感じています。 

 変化は子どもだけでなく私自身にもありました。家で多言語ストーリーを聞いている時、日本語が流れてきて何気なく聞いていたら、突然同じ場面のスペイン語のフレーズが頭の中に響いたのです!これはとても嬉しかったです。いつも聞き流していて真剣に聞いているわけではないのに、ちゃんと耳に言葉が残っているという実感を体験できたのです。

受付時間 9:00 - 17:30(平日)
0120-557-761
一般財団法人言語交流研究所
ヒッポファミリークラブ