火の鳥 プロジェクト
にっぽんきとかみ(野田) TEL. 090-3586-9007
平成28年熊本地震の被災者のみなさまに
お見舞い申し上げます。

熊本・大分
できるだけ直接支援が届くよう
自治体口座や活動中の団体の
募金窓口に募金を呼びかけています

《活動報告》
ただいま準備中です


《募金報告》
活動後にご報告します

現地活動≪未定≫

今は余震が続いています。
22日以降は現地で受け入れするとの
報道も流れておりますが
ボランティアは原則、自己完結。

水・食料・移動手段・宿泊場所
すべて自分で確保できる人。
最悪、余震でケガをしても自力で
被災地を脱出できなければ
現地の負担を増やす事にもなります。

ボランティアバスの派遣など
今後の活動もあると思いますので
志のある方は、無理せず準備して
その日に備えておいてください。
中長期的な支援活動
中長期的な支援活動
具体的な活動をしている団体へ直接募金いただければ
無駄が少なく義援金・支援金が届きます

直接募金のススメ

熊本県

名義: 熊本地震義援金

  熊本県知事  蒲島 郁夫(4/15~6/30)
要:振込手数料

肥後銀行 県庁支店 
     普通預金  1639261

熊本銀行 県庁支店
     普通預金  3012170 

ゆうちょ銀行 ※窓口振込手数料無料
口座記号番号:00940-0-174320
名義:熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

地方自治体への寄付・募金
地方自治体への募金は
個人でも確定申告時に寄付金控除が
受けられる場合もありますので
振込み時の半券は保管しておくといいです
寄付金控除のためには領収書保管
地方自治体への募金は
個人でも確定申告時に寄付金控除が
受けられる場合もありますので
振込み時の半券は保管しておくといいです
寄付金控除のためには領収書保管
平成28年熊本地震 被災者支援をする理由

名古屋に20年近く暮らしていますが、両親はともに熊本・阿蘇の生まれ。
現在、叔父叔母、従姉弟たちが熊本市内~阿蘇で被災しております。 度重なる地震のために今は身内でもうかつに立ち入ることがはばかられています。 しかし現地で活動してくれている、そして今後活動してくれる支援団体が複数ありますので、そんな被災地を支援いただく団体を支援したいと思いました。


両親ともに阿蘇生まれ。父は大分県との県境に近い産山で幼少期を過ごしました。(余震の震源地にもなっていますがマスコミがいまだ入っていないらしく様子が伝わってこず心配です)

今は熊本市内で飲食店を営んでいる叔父叔母たちは避難所にいるそうです。お店は地震発生時、TV中継されていたアーケード街にありましたが、営業はできない状況です。

本震・震源地の隣町に住む従姉一家は住宅は無事ながらも、夜中の地震が怖くて車中泊が続いているとか...
健康が心配です。



熊本人は泣き言を言いません。強いです。
でもそれは甘えたり頼ったりするのが下手な不器用さでもあります。


どうぞ熊本を、九州を助けてください!


TVで呼びかけている支援は、TV局の手数料や募金先の手数料など、経由先が多いほどに減額していき、せっかくの募金も思っていた通りの活躍ができない事が数多くあるそうです。

どうぞ皆さんが、活動内容や活動報告を知って、自分の送りたい支援を実現してくれるところへ募金してください。
入金の「ひと手間」をかけることによってよりお金が活躍できると思います。

今はどんなにお金があっても、物資があっても現地の状況をすぐには変えられません(>_<)
でも、膨大なお金と物資が必要になる時が来ます。

どうぞ、できれば地方自治体に直接ご支援ください。
(国の支援金は東北の事例を見ると、なかなか自由につかわせてもらえないらしいですから。。。)


よろしくお願いします。

2016年4月20日 のだようこ

私達の活動にご賛同いただける方はぜひ一緒に
まずはお気軽にお問い合わせください