みんなで作る!みんなが使う!

日野菜しんぶん紙エコバッグ
プロジェクト
https://youtu.be/pm7ceQrWWNg

一緒に作りましょう!ワークショップのお知らせ

9月22日(水)12:00~

福祉作業所からのエコバッグ寄贈式

 

9月22日(水)12:00から日野市役所1階ロビー(日野市神明1-12-1)の農産物販売所にて市内の福祉作業所で作られたエコバッグ540枚が七ツ塚ファーマーズセンターに渡されます!
この日に農産物を購入された方にはもれなく1枚をプレゼントします。英字新聞のおしゃれなエコバッグを何度でも使ってみてください。

9月29日
日野市三沢中学校
ちょこっとボランティア 

三沢中学校で放課後の「ちょこっとボランティア」の時間に訪問します!中学生さん12人がお申込みいただいています。

10月6日(水)
日野市かわせみハウス
10時~11時半
予約不要 

 

カワセミハウス主催「オクトーバーフェスト」が10月2日から16日まで分散開催されています。その一環として、集会室内で講習会を行います。道具は不要です。お申込みは不要ですが、会場の人数によってはお待ちいただくことがあります。

10月7日(木)


グリーンコープ日野
集会所
自治会員様対象 

グリーンコープ日野自治会様より講習会のお申込みをいただいています。
材料や道具をお持ちし、日野菜ママが一緒に作ります。

10月23日(土)
13時~16時
イオンモール多摩平の森2階
イベントスペース
予約不要

 

日野の市民活動について知り、体験できる「まちづくり市民フェア2021」が10月4日~31日までの期間、分散開催されます。会場の一つであるイオンモールたまだいの森2階で講習会を開きます。お買い物のついでに立ち寄り、バッグを作っていきませんか?
材料、道具は不要です。

9月22日(水)12:00~

福祉作業所からのエコバッグ寄贈式

 

9月22日(水)12:00から日野市役所1階ロビー(日野市神明1-12-1)の農産物販売所にて市内の福祉作業所で作られたエコバッグ540枚が七ツ塚ファーマーズセンターに渡されます!
この日に農産物を購入された方にはもれなく1枚をプレゼントします。英字新聞のおしゃれなエコバッグを何度でも使ってみてください。

エコバッグ動画を見て作って、送ってくださったみなさんへ感謝!

動画を見て作った方から
どんどん送っていただいています!

日野菜ママによるしんぶん紙エコバッグの作り方の動画が見られます↓
https://www.youtube.com/watch?v=remoMltMxw4&t=505s

日野菜ママが分かりやすくガイドする、エコバッグの動画です。

どこにも行けない夏休み…何か外の世界とつながることはないかな~
夏休みにボランティア活動する宿題がある…
と思って、動画を見て作ってくださった小、中、高校生、大学生からも10枚、20枚とエコバッグが届いています。ありがとうございます!!
8月はオリンピックの記事が満載のエコバッグが世田谷区の中学生から届きました「普段読んだら捨てていた新聞が素敵な作品に代わっていくのが感動でした」というお手紙も添えられていました。

その他の皆さんからのエコバッグ、今週も届いております

埼玉県草加市の沖さんからもオリンピック柄などたくさん送っていただきました。皆さん、送料もかけていただき、恐れ入ります

ジョンソンエンドジョンソンからは、 メディカルカンパニーIT部門の皆さまがボランティア活動の一貫として作ってくださったエコバッグを箱詰めでお送りいただきました

ジョンソンエンドジョンソンからは、 メディカルカンパニーIT部門の皆さまがボランティア活動の一貫として作ってくださったエコバッグを箱詰めでお送りいただきました

七ツ塚ファーマーズセンター寄贈式の報告  1月22日(金)

見出し

寄贈したバッグは400枚!
10月から市内11か所での体験会でのべ141人の参加者が作ってくれたバッグ、そして作業所やリハビリのグループ、障害を持ったお子さんたちのデイケアなど様々な施設、あるいは個人で作成された計400枚のエコバッグが寄贈されました。6年生の総合学習の時間に取り組んでくれた日野市立第3小学校やデイケアとリモートで結んで式が行われました。
エコアラちゃん活躍
エコバッグのプレゼンテーターは日野市の環境保全のシンボル、エコアラちゃん。会場が密になるのを避けてエコアラちゃんが代表してファーマーズセンターの山本さんにプレゼントしました。寄贈されたエコバッグは日野の野菜を販売する際に、センター「みのり處」や日野市役所1階で木曜日昼に販売する際に無料で配布されます。
 野菜の持ち運びのほか、野菜を包んでそのまま冷蔵庫で保存すれば水分が保たれてフレッシュ!最後は紙ごみの袋になど何度でもお役立ちなのは新聞紙のいいところ!

一緒に作りましょう!
体験会にお申込みください

 

みなさんもこのエコバッグ作りに参加しませんか?
 お家に居ながら、身近な素材でSDGsに貢献できます。
作り方は簡単、日野市内、近辺であれば日野菜ママといっしょにお出かけして作り方のコツなどをお伝えします。地域の老人会やサークルなどから体験会のお申込みが来ています。個人で参加されたい方はこのHPでお知らせしていきます。
お問合せ 042-583-1528 NPO法人市民サポートセンター日野事務局まで

一緒に作りましょう!
体験会にお申込みください

 

みなさんもこのエコバッグ作りに参加しませんか?
 お家に居ながら、身近な素材でSDGsに貢献できます。
作り方は簡単、日野市内、近辺であれば日野菜ママといっしょにお出かけして作り方のコツなどをお伝えします。地域の老人会やサークルなどから体験会のお申込みが来ています。個人で参加されたい方はこのHPでお知らせしていきます。
お問合せ 042-583-1528 NPO法人市民サポートセンター日野事務局まで

企画趣旨 

コロナ禍を経て、膨張した消費や、経済に対しての反省から地元志向も含むSDGsの波が広がってきつつあります。
地元の野菜をテーマに地域の子育て支援、子ども、子育て世代を育む地域の醸成に着目してきたNPO法人市民サポートセンター日野・日野菜キッチンカフェ事業は、コロナ後のいま、日野で暮らすエシカルライフに着目し、SDGs未来都市である日野市での身近なSDGs普及を図ります。


写真はワークショップで制作されたバッグとボランティアに提供する日野菜で作ったケークサレ

企画概要

日野菜ママを中心に、古新聞でバッグを作るワークショップを市内で開催します。ワークショップでは参加した方に新聞紙で作るエコバッグ作りに挑戦していただき、作ったバッグの一部を寄付していただきます。寄付されたものは1月末から七ツ塚ファーマーズセンターの野菜販売時に無料で配布します。

 参加者みんなが手作業で作ったバッグが日野の野菜とともに誰かの手に渡ります。
「自分が作ったものが誰かのためになり、そのことで持続可能な社会のためになる」という活動を通して、SDGs未来都市日野市の一員としての自覚を育み、未来を担う子どもをはぐくむエシカルな暮らしの提案となります。

連携先

日野市七ツ塚ファーマーズセンターNPO法人めぐみ(新聞紙バッグ配布)
日野市立中央図書館日野市立第3小学校
特定非営利活動法人ゆめのめデイケアルーム「フローラ」(重度心身障害児対象の発達支援、放課後等デイサービス 

日野市社会福祉協議会ボランティアセンター 
ひの市民活動ネットワーク(市民フェア2020ムービーカタログ掲載)
日野市中央公民館
日野市カワセミハウス

やまぼうし
こみっと&アルテ
光の家
たんぽぽ

日野市産業スポーツ部都市農業振興課 企画部地域協働課、企画部企画経営課地域戦略係 健康福祉部障害福祉課、環境共生部環境保全課

ワークショップの様子

エコバッグについて

四国四万十川流域で「しまんと新聞バッグ」を展開しているNPO法人RIVER事務局のレシピを参考に、日野菜ママがアレンジ。ママたちが作ったオリジナルスタンプで世界に一つだけのデザインに。

バッグは1枚の新聞紙とのりで作ります。野菜2キロを入れても十分な耐久性があります。基本の形のほか、大根やネギなど冬野菜用のバッグも作りました!

NPO法人市民サポートセンター日野 日野菜キッチンカフェ係
土日祝日休み