2020年春
  動画で、
世界を変える

秘密結社、立ち上げます

あなたの常識は、非常識に!
5G元年、2020年は劇的変化の年

 2020年。今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されるメモリアルイヤーですが、
実は私たちを取り巻く環境が一気に変わる年でもあります。

それが、

   5G


5Gとは、いったいなんでしょうか?

「5G」とは第五世代移動通信システムの略称で、携帯電話などの通信に用いられる次世代通信規格のひとつです。Gとは「Generation」の頭文字をとったものであり、5世代目であることを表しています。
                                                  <KDDI HPより>

車の自動運転や不審者の遠隔管理、スポーツの多角視点での観戦など、できることはたくさんあるのですが、
通信速度に限って言えば、今の4Gの1000倍のスピードになるのです。

5Gが普及すれば、今のビジネスに変化を及ぼすことは容易に想像できます。
つまり、動画ビジネスを1日も早くマスターしておく必要があるのです。

動画ビジネスが必須の理由

  • 5Gスタートが目前に迫っている
  • 瞬時の判断・情報量が求められる
  • クオリティに差がつきやすくなる
  • オートメーション化が進む
  • ストーリーテリングしやすい
  • 老若男女幅広い層にリーチできる
  • 時間や距離の壁を越えられる
  • 副業・働き方改革にマッチしたビジネス展開ができる
  • 今からはじめれば、圧勝できる
  • 圧倒的な人材不足・爆発的な重要増が見込まれる
  • 瞬時の判断・情報量が求められる

動画革命、進行中!
これからのビジネスは動画が動かす!

これは、ある有名経済紙に掲載された
キャッチコピーです。
 
これを見て、ピンと来たあなた!
  
   
そうです!
 
そうです!!
    
そうなんです!!!

   
  
  
実はこれ、今から6年前、
2014年の東洋経済の記事のタイトルです。
 

えー!!!!!
そうですよね。これが、今のものだとしても、
全く違和感を感じません。

ではこの6年間、動画革命は全く進行しなかったのか。
答えは・・・

 !!

新たな資格を取るくらいなら、
動画を学べ!

こちらをご覧ください。

総務省が発表している、最新の情報通信白書
(令和元年版)です。

2014年から2018年の5年間で、

●定額制の動画配信の売上高は5.4倍
●動画配信契約数は、5.9倍
 
に伸びています。
 
つまり、動画革命は、確実に進行中です。
  

この勢いは、サブスクリプション化とあわせて、更に加速していくと予想されます。新たな資格をとるよりも、動画を武器にすることがチャンスにつながるのです。

スマホを制するものが、
ビジネスを制す!

SNSや動画の情勢を知るためには、その収益源となっている広告に注目することが必要不可欠です。
 
オンラインビデオ総研のデータによると、動画広告のうち、スマホが占める割合は、

2018年で84.8%

です。

この傾向は更に顕著で、今年

2020年は94.1%

がスマホ経由の動画広告になると予測されています。
 
いかに動画が手のひら(スマホ)で見られているのか、
分かっていただけたと思います。


一般的に、動画の情報量は、テキスト(文章)の5000倍、<写真の情報量は、テキストの7倍> 1分間の動画の情報量は、WEBページ3600枚分(文字情報180万字分)に相当すると言われています。

    
   
今までは、動画をダウンロードすると、
データの容量が、とか、
通信速度が、といった声がありました。
  
   
しかし、それらの問題は5Gで大幅に改善されるので、よりスマホへの依存度が高くなり、ビジネスチャンスも大きくなっていきます。

極めて優秀!!な動画マーケティング

動画マーケティングのメリットは、
主に以下の5つです。

メリット1.
充分な情報量を伝えることができる

1分間の動画が伝える情報量は、180万語、3,600のWebページ分に匹敵するともいわれています。その情報量は単純にテキスト、写真だけの場合の5,000倍とも言われています。

短時間で多くの情報を伝えることができますので、動画のあるWebサイトはそうでないWebサイトと比べ圧倒的にユーザーの記憶に残りやすく、人の心を動かすこともできます。

メリット2.
商品への理解度が高まる

動画を利用することでそのプロダクトへの理解が74%高まる、また、動画を視聴した後の方が商品購入率が64%高まる、といった結果が出ています。お店や病院のWebサイトでは店長・院長の挨拶など、人を紹介するコンテンツがありますが、ここに動画を配置するとテキストと写真のみの場合と比べ、印象が大きく変わります。

文字だけでは伝わりづらい、商品のイメージやコンセプトも、動画を使えば簡単に伝えることができます。

メリット3.
検索するユーザーの求めている情報と一致すれば、SEO評価も上がる

情報を検索するユーザーの求めている情報と一致した動画をサイトに設置すると、ユーザーにとって役立つ情報を効率よく分かりやすく伝えられている場合に、検索結果で上位表示されやすくなる傾向があります。

Googleは上位表示のルールとして、コンテンツの質を重視していますので、この点を評価してくれているのです。

メリット4.
コンバージョン率がアップする

静止画より動画のあるページの方が、コンバージョン率がアップする、という調査結果があります。動画は視覚と聴覚の両方から情報が入りますので、購買意欲を促進させるのに非常に役立ちます。

メリット5.
SNSでの拡散が期待できる

動画コンテンツは、内容がタイムリーであったり、おもしろいと判断されれば、バズりやすい(拡散されやすい)のです。バズることによって、自分のマーケットとは離れた、新規のマーケットにあなたの情報を伝えることができ、新規顧客の獲得にもつながります。一気に情報が拡散されるので、爆発力があります。

メリット2.
商品への理解度が高まる

動画を利用することでそのプロダクトへの理解が74%高まる、また、動画を視聴した後の方が商品購入率が64%高まる、といった結果が出ています。お店や病院のWebサイトでは店長・院長の挨拶など、人を紹介するコンテンツがありますが、ここに動画を配置するとテキストと写真のみの場合と比べ、印象が大きく変わります。

文字だけでは伝わりづらい、商品のイメージやコンセプトも、動画を使えば簡単に伝えることができます。

これらを見ても、動画を活用することで得られるメリットは、あまりにも大きい、いや、大きすぎるのです。

そんなのわかってるよ!!!
やりたくても、できないの(怒)

そんな声も聞こえてきそうですね。
わかります。よくわかります。


海外のマーケティング会社が、2019年、
動画を活用していない会社を対象にその理由を訪ねたところ、こんな結果になりました。

第1位 時間がない!(23%)

第2位 どこからはじめて良いのか分からない!(21%)

第3位 動画の費用対効果が不明確!(14%)


このデータから見えるのは、動画は重要だと分かっていても、

●動画が面倒くさい!

●何をして良いのか分からない!

●お金がべらぼうにかかりそう!


という 無知と誤解 なのです。
 

つまり動画が、

得られるもの
(結果)が明確で、
かつ、簡単で、
安価でできる



と分かれば、動画をやらない理由は、何もないのです。

ゼロからのスタート!
初心者は、次の3つで、
絶対に手を抜くな!!

という鉄則があるんです。知りたいですか?

それは・・・

①撮影の環境づくり

②動画のつかみ

③更新の頻度

です。例えば、撮影の環境づくり。

私の知り合いで、音声配信をしている人がいるのですが、彼の家は線路沿いにあるので、雑音が入らないようにと、いつも音声を収録する際、毛布をかぶって収録するそうです。

冬場は良いのですが、夏場は最悪。汗ダラダラで倒れそうになったことが何度もあるそうです。でも、それは、彼の制作にかける熱意でもあります。音声を聞いてもらう人に、できるだけ雑音のない音源を届けようとする思いです。

もちろん、防音の効いたスタジオのような部屋を借りて、収録すると言う方法もありますが、それではお金がかかると考えた、彼のアイディアです。


動画のつかみに、1.7秒ルールというものがあるのをご存知でしょうか。
 
あなたが持っているスマートフォンも、1画面が平均1.7秒でスクロールされているのです。ということは、スクロールされる手を止めるためには、素早いカットを大きく変化させたり、インパクトのある文字を使って惹きつけるように、サムネイルをつくるなどの方法が有効です。

同時に、最初の3秒を視聴してもらえれば、そのうちのおよそ65パーセントが10秒以上動画を視聴するというデータもあります。ちなみに、3秒で認識できる文字は、13.5字程度。これは、Yahoo!ニュースのタイトルの文字数と全く一緒なのです。こんなことも知っているだけで、それらを知らない大多数の人に、差をつけることができます。


3つ目の更新の頻度。だいたいの人は、はじめに2,3本動画を作って、すぐに更新することをやめてしまったり、更新までの間隔がバラバラで、大きく空いてしまったりします。これではファンや応援団はつきません。

テレビ番組も、毎週予告のCMがあって、同じ時間に放送するのは、生活の一部として取り入れてもらうためです。最初の段階ではこれがとても重要です。ここに来れば、決まった時間に新しい情報が得られる、と認識してもらうのです。そのために、更新頻度を決めます。

例えば、YouTubeの場合、高い頻度で更新されているチャンネルは、関連動画やYouTubeのチャンネル検索に表示されやすくなるというメリットがあります。最初のうちは、(理想は毎日ですが)3日に1回程度で良いので、リズムを作る投稿をしていくことをオススメします。
 
ただし、投稿数にこだわるあまり、内容で手を抜くのは、絶対にNGです。

 


以上、3つが鉄則です。
 

よく、編集にツールは何を使えば良いですか?とか、動画は縦型横型正方形のどれが良いですか?そもそも編集はどうすればよいですか?という質問を受けますが、必要以上にこだわらなくて良いものがたくさんあります。それがあなたのやる気をそぐ原因にもなりかねないので、捨てる勇気も必要です。

私は、必要のないものは、その理由も含めてお伝えするようにしているので、あまり動画を難しく考えないでください。まずは、楽しみながらやってみることが重要です。

そして、やっているうちに、たくさん学びたいことや、手をつけたいことが出てくると思いますので、そのときにプラスアルファのスキルとして学んでください。クオリティを上げることで、制作業務を請け負った場合、単価を上げることも可能です。

もちろん、あなたの目的や用途、アップ先やアップするタイミング(去年はこの方法が良かったけど、今は使えない)などによって変わる部分もありますので、状況にあわせて個別に考えていく必要があります。

機械オンチでもできますか?

大丈夫です!
以上!!(笑笑)


これ、圧倒的に多い質問なんです。
大丈夫です!

なぜなら、そもそもの話を思い出してください。
機械オンチだからと言って、スマホを使うのをあきらめた人、いますか?

いないですよね。


あと、年齢です。

みなさん誤解しているのですが、
そもそも、YouTubeを利用している年齢層で、
一番多い年代ってご存知ですか?



こちらの表にもあるように、最もYouTubeを利用しているのは、40代、続いて50代となっています。

特に注目すべきデータは60代。実に1100万人以上が利用しているのです。
 
YouTubeを若者のメディアと決めつけていないでしょうか。
YouTubeは、世代を問わず、愛されているメディアなのです。
 
そして、これは単にYouTubeというひとつのツールにとどまらず、
動画を使ったビジネスや、コミュニケーションが今後もますます加速していくことを示しています。
 

つまり、動画こそが、最も簡単に自分の想いを伝えることができる方法であり、
これから主流になっていく「手段」なのです。

なぜ、動画を学ぶのに、
「秘密結社」なの?

秘密結社

秘密結社(ひみつけっしゃ)とは、結社の一形態。一般に団体結社の存在や、組織内の活動などを外部の人間に対して秘匿しているクラブや団体、会を指す。政府などの組織によって組織される機関は含まれない。

ー出典: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)よりー
YouTubeをはじめましょう。
YouTubeSEOのノウハウを手に入れましょう。
YouTubeを活用した動画マーケティングを学びましょう。
目指せ!ビジネスYouTuber・・・
 
今年になって、特にYouTubeを題材にした塾や講座を目にする機会が増えました。
しかし、本当にYouTubeだけやっていれば、すべてがうまくいくのでしょうか。
 
YouTubeは、Googleが提供しているツールのひとつです。
 
Googleが仕様を変えれば、
今までの条件で使えなくなってしまうことがあります。
 
例えば、YouTubeの規約変更。

YouTubeはおととし2018年2月にパートナープログラム(広告で収入を得るためのプログラム)への参加条件を変更しています。

それまでの参加条件を、
「チャンネルの動画総再生回数が全期間で1万回以上」というものから、

①動画総再生回数が過去12カ月で4000時間以上
②チャンネル登録者数が1000人以上

というように基準を上げています。


また、今年の1月からは、子ども向け動画の広告の一部が制限され、子ども向け動画、ネットでの閲覧や利用履歴を収集し趣味嗜好に合わせた広告(パーソナライズド広告)を出す事が禁止され、子ども向け動画を多く投稿しているクリエイターは収益の面でかなり影響を受けるようになりました。

これらの規約変更はごく一部で、企業側の論理で実行されます。
 
以前と比べ、Facebook Liveの効果が非常に低くなり、ビジネス用途で使いにくくなっているのも、同じ理由です。

つまり、ひとつのツールに頼りきるのは非常に危険な行為です。
 

また、一方で、動画を性質や目的、用途に応じて使い分けることはとても重要です。

例えば、YouTubeやTik tokは、短い時間の中にどれだけの容量を詰め込めるか、
言ってしまえば「密度勝負」です。

同じ動画を使っていても、TV番組は、
いかに余裕を持たせ、ゆったりとまわすか、
ある意味「余韻勝負」です。
 
このように、目的によって、動画のつくり方が、ちがうのです。
 
しかし、これらを包括的に教えている塾や教材は、
実はほとんどありません。
 
動画の使い分けかた、
メディア別の勝ちパターンを知ることで、
単なるツールごとの動画を活用したり、
ツールのプロデューサーになるよりも、
活躍の場が何倍にも広がるのです。
 
ただ、その知識を経験するためには、
正しい使いかたをしてくれる方、
リーダーとして世の中を導いてくれる方
など、想いを共有してくれる方であってほしいと思っています。
 
なので、私たちが
動画の可能性を信じ、強い絆をもって共に励ましあい、
支えあい、活動できる、

秘密結社

のメンバーである必要があると考えたのです。





ところで、秘密結社の名前は?

トレンド
シューター
Trend Shooter
トレンドシューターとは・・・

流行(Trend)と撮影者(Movie Shooter)を合わせてつくった言葉です。

秘密結社のメンバーが、流行(トレンド)をつかみ、それを映像におさえて欲しい、あくまで時代のトップランナーであって欲しい。そんな想いを込めて命名しました。

秘密結社 Trend Shooter
ファウンダー

Yu Ouchi
大内 優
メディア活用研究所 代表
大学卒業後、福島テレビ株式会社(フジテレビ系列)で報道記者として勤務。以降、個人事業主や企業の経営力強化やPRのためにメディアを最大限に活用するためのプロデュース会社、メディア活用研究所を立ち上げる。

これまでに目を通したプレスリリース(取材企画書)は40000通以上、「売れる動画研究」のため、毎日8時間以上のテレビ視聴と、2時間以上のYouTubeチェックなど、1日の半分は動画に接する生活を送っている。
これまでの実績
  • 福島テレビ(フジテレビ系列)報道記者として、特ダネ・スクープを連発したほか、マサイ族や冬山遭難事故取材など、実際に業務カメラを回した経験を持つ
  • 日本テレビ番組「エイキョーさん2」で自身の人生が再現ドラマで放送される。「人気モデル鈴木奈々さんのガムシャラな姿で、借金地獄・・・会社全焼を乗り越えたエイキョーさん」として、400万人近い人が視聴
  • フリーになってから、関西の情報番組のプロデューサーなどを務めたほか、経済・FP・流行などのテーマで全国のテレビ番組にコメンテーターとして出演、現在は、教養番組「あすバナ」(テレ玉 毎週木曜25時-25時30分)のメインMCとして出演中
  • 著書に「小さなお店・会社・フリーランスのためのテレビ活用7つの成功ルール」(同文舘出版)、「キャラがすべて」(きずな出版)
  • 講演・セミナーなどで全国を行脚、講演回数は2017、2018、2019年の3年間で500回を超え、聴講人数ものべ30000人を超える。1度で5000人を前に話すこともある
  • 現在も主催するオンラインサロンが2つ、プロデュース中のオンラインサロンが3つ、現在5つのオンラインサロンの運営に関わる。立ち上げて譲渡したサロンなども含めると、これまでにローンチしたサロンは10を超える
  • 年間を通じて、マーケティングやセールス手法などを教え、プロデュースする塾、「Red Hat Project」を主催。メンバーが自発的にコンテンツ作りやセミナー開催、YouTubeの取り組み、クラウドファンディングなどを実施している
  • 日本テレビ番組「エイキョーさん2」で自身の人生が再現ドラマで放送される。「人気モデル鈴木奈々さんのガムシャラな姿で、借金地獄・・・会社全焼を乗り越えたエイキョーさん」として、400万人近い人が視聴
報道記者時代
エイキョーさん2
5000人講演
あすバナ
エイキョーさん2

秘密結社 Trend Shooterで提供する7つのコンテンツ


Contents.1
5G動画ビジネス最前線 動画
【見放題】
メンバーは、見たいときにいつでも視聴可能!毎月複数追加されます!! <30万円相当>
これから動画をはじめる人から、動画で自分のコンテンツの集客や販売をしたい人、さらには今後、動画広告やプロデュースで収益をあげたい人まで、基本から応用までスキルアップ・レベルアップできる動画を、秘密結社会員だけに提供します。動画はいつでも、どこでも見放題です。参加されたメンバーの状況や、メンバーからの声をしっかり聴きながら、動画はどんどん追加していきます。1本1本の動画は観てもらいやすいように、短い時間で作っていきます。ですので、必ず視聴後は、実践をすることを意識してみてください。中でも特に重要な内容については、ライブ勉強会・質問会で取り上げ、掘り下げていきます。

現在、考えている動画のラインナップの一部は以下の通りです。

メンバーにのみ提供される動画項目
<現段階で予定している一部を紹介>

  • 記録映像としかけ映像の違い
  • 動画視聴者の特性と心理を知る
  • 15秒ルールと90秒ルールで動画を組み立てる
  • 動画のキーワードは、「1メイン3サブ」
  • 動画は「調べて学ぶもの」だと心得よ
  • はじめに、ゴールとターゲットを明確にする
  • CTAを明確にしないと、視聴者に逃げられる
  • YouTubeの決め手は、タグ
  • YouTubeはアーカイブ化して使う
  • 視聴スパイラルをつくる方法
  • SNSマーケットと増え続ける視聴人口
  • 今、情報発信力をつける意味
  • 動画制作に必要なマインドとは?
  • 動画制作に必要なテクニック(撮影編)
  • 動画制作に必要なテクニック(動画加工編)
  • 動画制作に必要なテクニック(テロップ編)
  • 「内輪ウケ」動画は、一般には受け入れられない
  • 印象を劇的に変える自撮りの方法
  • 自撮り棒を使って俯瞰を撮影する方法
  • あおり撮影に効果を発揮する!あの100均グッズ!!
  • 動画制作をプロに上手に依頼するテクニック
  • 一生困らない!動画ネタのつくり方
  • アクセス数が伸びるストーリーのつくり方
  • 補足コメントを上手に活用して、拡散につなげる方法
  • プロもうなる、カット割とカメラの構図
  • カットごとの最適な長さは?
  • 効果的なセリフ・ナレーションの入れかたは?
  • 音楽の挿入タイミングと時間の決め方
  • 動画の前後に余韻は必要か?
  • 映像を邪魔しない、資料やテロップの入れ方
  • 絵心は必要なし!絵コンテの書きかたとコツ
  • 画面サイズのつくり方(セミナー構図とニュース構図)
  • 【基本】カメラの3つの高さ<①目高 ②俯瞰 ③あおり>
  • 【基本】4種類のカメラワーク<①フィックス ②パン ③ティルト ④ズーム>
  • 映像を切り替えることの是非
  • 人物撮影の常識、180度ルール
  • カット数と使いやすいカットとは?
  • 知っておきたい、3秒ルールと7秒ルール
  • それぞれのショットの持つ意味(ロングショット・フルショット・ニーショット・ウェストショット・クローズアップショット・ディテールショットなど)
  • ホワイトバランスとは?
  • 【応用】横から照明を当てる場合の効果の違い(5種類)
  • 【応用】縦から照明を当てる場合の効果の違い(4種類)
  • 撮影するカメラ機材の選び方
  • 録音するマイク機材の選び方
  • ミキサーはどのようなときに必要なのか?
  • 動画を引き立てるバックミュージック(BGM)の選び方
  • 三脚・一脚・スタビライザーの選び方
  • なぜ動画撮影にICレコーダーを使うのか?
  • 【基本】三分割法の構図とグリッド線
  • 被写体の左右の振り分けが持つ意味
  • 水平の取りかたで構図が変わる
  • あおりと俯瞰の撮れかたの違い
  • 魅力的に見える「ブツ撮り」の方法
  • テレビショッピングの撮影方法は、「BAB」
  • 商品の撮影にあえて人物を入れる意味は?
  • 動画で「東京ドーム〇個分」を表現する方法
  • 【応用】フォローで魅せる撮影手法
  • 【応用】フィックスで魅せる撮影手法
  • 【応用】あえてガチャガチャ感を出す撮影手法
  • 【応用】あえて手ブレ感を出す撮影方法
  • 単調にならないハウツー動画の撮りかた
  • 繰り返し使えるオンラインセミナーの撮りかた
  • パソコン画面を映しながら撮影する方法
  • スライドショーで動画をつくる方法
  • 写真を使ったストーリー構成の手法
  • ロケハンをやってみよう
  • レベル別・動画編集ソフトの選びかた
  • 【応用】カットパターンとクレショフ効果
  • カットの組み立て方(肩越しショット・リアクションカット・インサートカット・視覚カット・・・)
  • テロップの種類(マウステロップ・説明テロップ・強調テロップ・・・)
  • テロップは短く! 文字と段数の基本ルール
  • テロップの表示は7秒以上が目安!
  • シーンを要約したテロップが効果的
  • パワーポイントを画像化して埋め込む方法
  • 【応用】セミナー動画にアニメーションつきのパワーポイントを埋め込む方法
  • オープニングで視聴者を一気にひきつける方法
  • タイトルとあいさつで、つかむ
  • 映像で、つかむ
  • 音楽でイメージを操作する技法
  • ループ・ジングル・サウンドロゴのつかい方
  • エンディング画面のつくり方
  • 音楽選びのポイントは、テンポとジャンル
  • 背景音の大きさに注意!
  • 音源の探し方
  • 映像のデータ形式は、「何に使うか」「どう残すか」で決める
  • スマホ動画を保存する方法
  • YouTubeのクリエイターアカデミーを活用する方法
  • YouTubeチャンネルをデザインする
  • 【YouTube】チャンネル管理を複数人で行う方法
  • 【YouTube】紹介動画と注目コンテンツの設定
  • 【YouTube】チャンネルアイコンとチャンネルアートはどう使う?
  • アプリ「fotor」を活用して動画を彩る
  • 【YouTube】チャンネル説明・詳細・URLリンクの設定
  • YouTubeチャンネルの認証方法
  • 動画でブランディング・キャラをつくる
  • 【YouTube】チャンネル登録100人で、カスタムURLを取得する
  • スマホから動画をYouTubeにアップする
  • PCから動画をYouTubeにアップする
  • 動画タイトルをつける際の基本ルール(時間・場所・トレンド)
  • 【YouTube】動画タグ付けの方法と個数(10個が目安)
  • 【YouTube】公開・限定公開・非公開・公開予約の使い分けは?
  • 「動画加工ツール」の活用方法
  • 公開前に、動画のココを再確認!
  • モザイクの正しい使いかた
  • 翻訳ツールを活用して動画をつくる
  • YouTubeアナリティクスの活用方法<①収益レポート ②総再生時間レポート ③インタラクションレポート>

  • 動画をSNSでシェアさせる方法
  • 動画+YouTubeのミックス戦略
  • 動画をInstagram用に変換して活用する方法
  • 動画をWebサイトに埋め込む方法
  • 動画をgoogleアドワーズで拡散する方法
  • YouTubeパートナープログラムへの参加条件と活用法
  • 動画を収益化する場合の注意点
  • 動画で「五感を代行」する
  • ダイジェスト動画を活用して、導線を作る
  • ダイジェスト動画は、テンポとリズムが命!
  • 動画はFE→BEの導線と心得る
  • ザイアンス効果を活用した動画
  • 限定公開で顧客をリスト化する方法
  • 動画視聴に、登録フォームを作成する
  • パスワードで視聴制限を強化する
  • YouTubeチャンネルをハブにする
  • QRコードを作成して、視聴者を増やす
  • 自身に合った運用法を考える
  • 視聴者目線で考える、動画のチェックポイント

  • 生配信に向いている人、向いていない人
  • 「Turn off the Lights for YouTube」というアプリ
  • イメージ動画と説明動画の違い
  • 映像の「7つの要素」とは
  • 味や香りなしで、おいしさを表現する「シズル感」
  • そそる言葉、まとめてみた
  • そそるビジュアル、考えてみた
  • 動画の企画 3つの型<①バス型 ②ユーティリティ型 ③エンタメ型>

  • 画面にあわせた制作方法を考える
  • ドローン動画で広がる可能性
  • ウェアラブルカメラで伝える臨場感
  • AI・アプリを使った顔出しナシの情報配信
  • 動画を活用した「5G・副業メソッド大全」
  • 動画視聴者の特性と心理を知る
これらは、現在考えている配信動画の項目の一部です。参加メンバーの希望や、タイムリーな話題、質問いただいたことで、これは絶対に取り上げておいたほうが良い!というものについては、どんどん追加で動画配信をしていきます。
Contents.2
秘密結社定例密会<月1回 zoom>
勉強会&質問・懇親会をオンライン会議システムzoomで開催 <毎月5万円×12か月=60万円相当>

秘密結社会員のみが参加できる密会(定例会)を、毎月1回開催いたします。こちらの密会は、1時間の勉強会と、その後1時間のWeb懇親会(質問会)で構成されています。毎月1時間、タイムリーでかつメンバーにとってメリットのある情報を学んでいただいたあとで、1時間は、みなさんからの質問を受けつけたり、懇親を深める時間にします。前半は手を動かして勉強していただいて、後半は画面を見ながら、お酒や飲み物片手に懇親を深めていただければと思います。

この密会は、zoomというオンライン会議システムを使います。
パソコンやスマホから、zoomにアクセスすれば、どこにいても、セミナーやミーティングにオンラインで参加することができます。また、外部の人は参加できないシークレットの会議も参加できるため、全国各地に活躍するメンバーがいる秘密結社には、うってつけのシステムです。また、都合が悪くて参加できない人も、動画がアーカイブで残りますので、こちらの動画を後日好きな時間に見ていただくことも可能です。

毎月、決まった時間に集中して学んでいただくことで、動画についての知識と実力が、メキメキとついてきます。

zoomを使ったことがない人も、サポートしますので、安心してください。
また、今後、セミナーやコンサル、デジタルコンテンツでビジネスをしていきたいと考えている人は、是非、zoomを使いこなせるようになると、活動の幅が大きく広がります。(よく、Skypeとzoomの違いを聞かれますが、Skypeはテレビ電話システム、zoomはオンラインセミナーやオンラインミーティングのシステムで、できることが大きく違うと認識いただければと思います。)

動画のすべてが
学べる!7つのSTEP

Step
1

「人を動かす動画」を制作するための情報収集術を学ぶ(1か月目)

動画は、人を動かすアイディアを映像で表現したものです。
 
「正しい動画」と「楽しい動画」には、決定的な違いがあります。
  
例えば、市役所に行ったときに流れている市政ニュースや、夜のニュースの後に流れるワイプ映像の天気予報、地方に行くと見られる画面が動かないCMなどは、長い間受け継がれてきた、フォーマットにのっとった「正しい動画」です。
  
しかし、動画を見てわくわくすることは、正直ほとんどないでしょう。それは、「正しく情報を伝えること」を目的としているからです。一方、たとえ文章や画面に出てくるテロップの文字に多少の誤植があったとしても、画面が多少乱れたとしても、人気YouTuberの動画などは、見ていてワクワクします。こちらの動画は、「楽しく情報を伝えること」を目的としているのです。
   
  
前者は間違えない行動をしてもらうための動画、後者は次にまた動画を見てもらうための動画。どちらも、目的を果たしているのです。
  
人を動かす動画は、状況に応じてつくりかたを変える必要があるのです。
  
  
では、ここで言う状況とは、何を指すのでしょうか。それは、主に次の3つを差します。

  

自分がどんなキャラクターやイメージで、
   
顧客がどんなキャラクターやイメージで
   
何をして欲しいのか

   

ということです。これらの条件を徹底的に絞り込んで考えていきます。この絞り込みが足りないと、せっかく時間と労力を費やして一生懸命動画をつくったとしても、思った通りの結果が得られません。そうならないためにも、情報を取材によって集めていくことが大切です。これらの情報を集めることは、ある程度の条件や制約を伴うことになります。しかし、それらの条件や制約があったほうが、アイディアは生み出しやすくなります。
  
  
これらの方法について、一緒に考えていきます。

Step
2
情報を整理し、分類・分析を行い、「何を撮るか」を導く(2か月目)

動画の基本は、「何を言うか」と、「どう言うか」、そして「誰が言うか」です。

一見、「何を言うか」のコンテンツにばかり目がいきがちですが、動画においては、「どう言うか」と「誰が言うか」も同じぐらい重要です。では、それぞれにおいて、何が必要なのでしょうか。

 

何を言うか:どんなコンテンツ・ジャンルで勝負するかどう言うか:動画の撮影場所やカメラワーク、全体の構成、編集の有無など誰が言うか:専門家としてのブランディング、登場人物・ゲストなど

 

これらを考えて、動画の方向性を明確にします。そのためには、まず情報を集めることが大切です。これをやらないと、動画の内容に偏りができてしまいます。ここまで精査することができれば、自ずと撮影する動画が決まってきます。

Step
3
効果的に撮影する方法を学ぶ(3・4か月目)
前のステップでは、動画を撮る前に情報を整理するための考えかたについて、解説しました。
このステップでは、それを基にして、動画を撮影する方法を学びます。
  
  
撮影も、編集の有無や、生配信、特定のプラットフォームにアップして視聴してもらうための動画など、目的と用途によっても変わってきます。
  
テレビマンが撮影した動画がすべてのメディアで高い評価を受けるものではありません。人気YouTuberの感覚で撮影したものが、誰にでも受け入れられるわけではありません。それぞれの勝ちパターンがあります。また、それと同時にこれらの撮影手法は、決して一部の天才だけができる、というものではありません。
  
  
秘密結社では、実際に考え、手を動かし、実践的な演習を重ねることで、その勝ちパターンを身につけ、人を動かす動画を誰でも生み出せる方法を学んでいきます。
Step
4
撮影した動画に100%以上のパフォーマンスを発揮させるためのノウハウを学ぶ(5・6か月目)

「誰が言うか」「何を言うか」「どう言うか」にこだわり、撮影した後に気をつけるべきは、しっかりと意図が伝わる形に「表現を整える」ということです。この表現を整える作業が、編集です。
   
   
例えば、話の内容が分かるように文字で補足情報を入れたり、画面に映る商品が見やすいようにインサート映像を入れたり、高揚感や緊迫感を出すためにBGMを入れたりという作業です。これらによって、動画のクオリティも大きく変わります。
  
   
この秘密結社では、インパクトをもって視聴者に伝えるために、動画を磨き上げるルールをお伝えします。

Step
5
動画を公開して、分析する効果測定の方法を学ぶ(7・8か月目)

繰り返しになりますが、動画はマーケティングにおいて有効な手段のひとつですが、動画が完成すると、それに満足してしまい、「動画制作がゴール」という状態になることがよくあります。
  
動画の大きな価値のひとつは、リアルタイムで効果を把握し、すぐに改善策につなげられるという点です。近年は、YouTubeなどのアナリティクスツールも、随時機能を強化していて、無料でたくさんの有益なデータを得られる環境が整っています。
  
    
企業の動画マーケティング担当者は、次の基本的な4つの指標を押さえて効果測定をしています。
  

●再生回数:どれだけ動画が視聴されたか
    
●クリック再生率: ページ内で動画表示された回数に対し、視聴者が自らクリックしてその動画を再生した回数の割合
   
●視聴維持率(滞在時間):◯秒地点でどれ位の人が視聴継続していたかを表したもの
   
●コンバージョン率: 動画を視聴したのうち、どれ位の人がコンバージョン(商品の購入や申込み)をしたのかを表す指標

  
    

これらは、業種やプラットフォームによっても変わりますが、継続的に、かつ競合他社と比較して分析を続けると、改善するポイントが見えてきます。
  
例えば、クリックしたくなるようなサムネイル画像を設定すれば、クリック再生率はアップしますし、アナリティクスを用いて離脱ポイントを把握し、動画を再編集すれば、視聴維持率は改善されます。まさしく、「データは宝」です。
  
  
秘密結社では、単なる動画のつくり方だけではなく、効果的な分析手法についても情報提供していきます。
  
これ以外にも、応用の指標としては、ターゲット含有率、相対的な視聴者維持率などがありますが、これらについても説明していきます。

Step
6
メディアミックスの方法を学ぶ(9・10か月目)

メディアミックスは、複数のメディアを組み合わせて、それぞれの相乗効果を狙うというものです。メディアは日々、多様化しているものの、それぞれに強みと弱みがあります。メディアミックスを取り入れることで、弱みを補い合い、露出効果を高めることができます。
  

また、ひとりが複数回、動画の内容に触れることになり、ザイアンス効果も期待できます。テレビCMを想像してみれば分かると思いますが、1回見たことがあるだけのCMは記憶に残りませんが、何回も繰り返し見ることによって、知らず知らずのうちに、そのCMで流れる音楽のメロディーを無意識のうちに口ずさむようになるのです。接触回数が多くなれば、記憶にものこり、好感を抱かれやすくなるのです。
  

ただ、メディアミックスだからといって、「できるだけ多くのメディアを活用すればいい」ということではありません。商品を販売する目的であれば、やみくもにリーチを増やすよりも、潜在顧客を狙って、購入してくれそうな層に接触する機会を増やす計画を立てる方が効果的です。
  
また、活用するメディアを考える際には、それぞれのメディアの長所・短所をしっかり研究する必要があります。ターゲット層の行動を考え、接触回数を高められる組み合わせを選択しなくてはなりません。
  
  
今が、何と何が親和性があるのか、使い勝手の良いメディアは何か、そんな題材も秘密結社メンバーで共有していきます。

Step
7
スキルアップと修正を繰り返しながら、繰り返し実践していく(11か月目~2年目以降)

上記、STEP.1からSTEP.6までの内容を学び、実際に行動することで、どんどんスキルアップしていきます。
  
それと同時に、自身の課題や方向性も見えてきます。その間に、動画を見た人たちからの反応やデータも集まってきますので、それに基づき、クオリティの高い動画をつくっていってください。
  
  
また、このステップまで来れば、あなたは、他の人のプロデュースや制作代行を請け負うこともできます。また、これらの動画ビジネスには、副業にも適していますので、実際に勤めながら収入を得ることも可能です。
  
動画に関わる業務は、一定以上のクオリティを要求されますが、その人材はまだまだ不足しているため、今後も安定した収入を長期的に得ることが可能です。

Step
2
情報を整理し、分類・分析を行い、「何を撮るか」を導く(2か月目)

動画の基本は、「何を言うか」と、「どう言うか」、そして「誰が言うか」です。

一見、「何を言うか」のコンテンツにばかり目がいきがちですが、動画においては、「どう言うか」と「誰が言うか」も同じぐらい重要です。では、それぞれにおいて、何が必要なのでしょうか。

 

何を言うか:どんなコンテンツ・ジャンルで勝負するかどう言うか:動画の撮影場所やカメラワーク、全体の構成、編集の有無など誰が言うか:専門家としてのブランディング、登場人物・ゲストなど

 

これらを考えて、動画の方向性を明確にします。そのためには、まず情報を集めることが大切です。これをやらないと、動画の内容に偏りができてしまいます。ここまで精査することができれば、自ずと撮影する動画が決まってきます。

Contents.3
メンバー限定Facebookグループページにご招待
情報提供・課題のチェックなどで活用するメンバー限定ページに参加できます<12万円相当>
秘密結社は、メンバー同士のつながりと情報共有が必要不可欠です。
   
メンバーからあがってきた質問で、すぐにでも知らせたいものや、共有したいこと、実際に活動しているなかで沸き起こった質問や、こうやってみたらうまくいったという成果、そして、毎月の勉強会やゲリラライブで出される課題などをアップしてもらう場として、メンバー限定のFacebookグループページにご招待します。ここで新たな知識の収集をしていただきます。
  
質問のコーナーも設けますので、わからないことは、質問していただくことが可能です。
  
また、他のメンバーからも質問がアップされますので、自分が気が付かなかったポイントに気付くことができます。
Contents.4
メンバー限定SNSメッセージグループにご招待
LINEもしくはmessengerグループに参加、メンバー間で交流していただきます<12万円相当>
先ほどのFacebookグループページのところにも書きましたが、何かに取り組む際に必要なのが、メンバー同士のつながりや情報共有です。
   
私も、他のコンサルティング塾を主催していますが、そちらでもメンバー同士の交流が盛んに行われ、実際に自分主催のセミナーに他のメンバーを呼んだり、人脈をつないだり、コラボでライブ配信を行ったりしています。
   
   
例えば、Facebookグループページなどは、資料を添付したり、課題を提出してもらったりする場合には重宝するのですが、即時に、軽い情報交換や交流をしたい場合は、「秘密結社専用」SNSメッセージグループでの交流もほうが効果的です。
  
ほかに、「今●●近辺にいるのですが、コラボで動画撮影をしませんか?」というような呼びかけや、課題の××が分からないのですが、知っている人は教えてくださいなど・・・。
  
秘密結社は、メンバーのために助け合うことも大事です。是非、積極的に活用してください。
Contents.5
秘密結社 リアル密会<不定期>
メンバー同士で、リアルに顔をあわせる機会をつくろう!<10-100万円相当>
実際に、SNS上で仲良くなると、直接会って話してみたい、と思うこともよくあります。会って話したほうが、悩みの細部を共有できたり、コラボレーションなどの実現可能性も高まるからです。
   
その場合、この秘密結社では「リアル密会」を開催します。リアル密会については、私が主催となるのではなく、メンバーからの申し出によって開催するスタンスがよいと考えています。
  
例えば、動画撮影の撮影会を開催したり、集まったメンバーで1日動画編集を行うワークショップ型作業会、メンバー各自が講師になって行う合宿、ロケのための旅行・・・もちろんメンバーからの申し出があれば、私も協力しますし、駆けつけます。
 
もちろん、親睦を深めるための飲み会などを全国持ち回りで開催するなど企画をしてもおもしろいかもしれません。
 
以前プロデュースした、全国にメンバーがいるオンラインサロンでは、3か月に1度、東京・大阪・名古屋・札幌で交流会をしていました。
   
秘密結社を積極的に活用して、長く付き合える仲間をたくさん作ってください。
Contents.6
実際の動画制作現場の見学会<不定期>
百聞は一見に如かず!実際の動画制作の現場を見学して、雰囲気や空気を感じ取ることができます<20万円相当>
動画を活用するにあたって、実際の現場ではどのような人たちが、どのような準備をして、どのような機材を使い、どのような空気で撮影をしているのか、誰もが興味があると思います。
  
秘密結社のメンバーには、それをご自身の目で見ていただく機会をつくります。
  
テレビや生放送の収録に携わる人が何を考え、どう行動しているのか、直接見て、聞いて、感じて、自身の動画制作に活かしてください。
Contents.7
動画制作・編集に関するビジネスの紹介<希望者>
せっかく手に入れた知識を誰かのために提供することで稼ぎたいと言う人に、ビジネスを紹介します<50-300万円相当>
動画を学んでいくと、動画で表現できる方法がたくさんあること、動画を活用すれば、ビジネスで解決できる問題が数多くあることがわかります。

しかし、その有用性に気付いていながら、実際にカタチにできずに悩んでいる人がたくさんいます。その人たちは、動画制作代行や編集業務、プロデュースの仕事ができる人を求めています。
   
その人材は、まだまだ圧倒的に不足しています。そのようなビジネス案件の相談が、私のところに直接来ることもあります。
 
その場合の仕事を、秘密結社のメンバーに紹介したいと考えています。もちろん、誰でも良いというわけではなく、一緒に学んでいく中で、クライアントに満足いただける水準のクオリティを身につけている人という条件はありますが、是非、そのような案件を担当していただければと思います。
  
また、これらのビジネスは、顔出しナシでもできるものがほとんどで、会社にお勤めの方などでも、副業でできるものがほとんどです。是非、動画をビジネスにできるよう、しっかりと知識を身につけてください。
Contents.3
メンバー限定Facebookグループページにご招待
情報提供・課題のチェックなどで活用するメンバー限定ページに参加できます<12万円相当>
秘密結社は、メンバー同士のつながりと情報共有が必要不可欠です。
   
メンバーからあがってきた質問で、すぐにでも知らせたいものや、共有したいこと、実際に活動しているなかで沸き起こった質問や、こうやってみたらうまくいったという成果、そして、毎月の勉強会やゲリラライブで出される課題などをアップしてもらう場として、メンバー限定のFacebookグループページにご招待します。ここで新たな知識の収集をしていただきます。
  
質問のコーナーも設けますので、わからないことは、質問していただくことが可能です。
  
また、他のメンバーからも質問がアップされますので、自分が気が付かなかったポイントに気付くことができます。

秘密結社なんて、怪しい・・・
そう思ったあなたへ。

そうですね。

確かに「秘密結社」という響きには、
ちょっとあやしいイメージも伴いますよね。

歴史を紐解いてみても、
政治的もしくは宗教的なものがたくさんあります。

ただし、この秘密結社には、そのような思想的な縛りは全くありません。
  
  
===============================   
特定の職人同士や、特定の職種の商業者同士が自分達の技術の漏洩を防いだり、利権を守るために結成する職能・商業組合的な秘密結社も歴史的に多い。メンバーは主義、職業、趣味、嗜好などなんらかの要素を共通して有する。また、秘密の主義、信仰などを有している場合もある。結社への入会に際しては、一定の厳しい制限が設けられていることが多い。
<出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)>


===============================    
    
   
今回の秘密結社は、以下の要素が強いのです。
   
   
①活動するメンバーの利益の保護
→まずは自ら学び実践することで、メンバーが徹底的に潤う

②想いの共有
→動画を活用することで、世の中を変え、役に立つ模範的な存在になる
 
③厳しい入会制限
→メンバーを、「学び、実践、マーケティングし、日々成長することを約束できる人」に限定

  
世の中を変えるスタートアップメンバーにふさわしい人が
全国にはたくさんいます。
  
そのようなリーダーが持っている
強い想いや理念をもって、行動することで、
一気に勢力図を変えてしまおう・・・。
 
秘密結社という言葉には、
そんな意味も込められています。

こんな方に、参加してほしいです!

あなた、是非、参加してください!!

  • 動画について、しっかり学びたい人
  • 志高く、熱い仲間が欲しい人
  • 動画を活用したビジネスがしたい人
  • ビジネスYouTuberやライブ配信に興味がある人
  • 何か習い事をはじめたいと思っていた人
  • 動画を使って、人の役に立ちたい人
  • これから動画をはじめようとしている人
  • 過去に動画で挫折した経験がある人
  • 動画のビジネスチャンスに気付いてしまった人
  • 一生モノの動画のスキルを身につけたい人
  • 動画について、楽しく学びたい人
  • 動画の勉強で、ペースメーカーが欲しい人
  • 過去に学んだ動画のスクールが合わなかった人
  • 時間と距離の制約で、今まで学べなかった人
  • 最高の費用対効果で動画を学びたい人
  • 「秘密結社」の言葉にゾクゾクした人
  • 今年、人生大逆転したい人
  • とにかく大内と何かしたい人
  • 動画を使って、人の役に立ちたい人

逆に、こんな人はNGです

こんな人は、入っても時間とお金のムダです。

  • 動画も見ない、呼びかけにも答えない、でもできないのはコンテンツが悪い、●●さんが悪いと、すべてを人のせいにして何もやらない人
  • 今、自分に動画は全く必要ないのだが、周りが動画動画言っているので、とりあえず動画の知識だけを手に入れておいて、5年後ぐらいになったらやろうと考えている人
  • 動画について、知らないことも学ぶことも、何一つないと思っている人
  • 一緒に助け合ったり、情報を共有する仲間なんて要らないと本気で思っている人
  • 参加費を払うと、今晩の食事もできない位、お金に困っている人
  • 自分の成功も、仲間の成功も望まない人
  • 自分の成功も、仲間の成功も望まない人

気になる参加費用は・・・

私が、この塾をはじめるまでにかけた費用は、総額で3500万円を超えます。

  
また、費用だけではなく、経験に裏付けられたノウハウがたくさんあります。

  
実際にテレビ局に勤めて、報道記者として取材を続け、夜討ち朝駆けをし、危険を犯しながらも特ダネ・スクープをとり、自らカメラを担いで上った雪山では凍傷になりかけながらも遭難者救助の瞬間をカメラに収めてきました。
   
テレビ番組のプロデュースを行い、今もテレ玉では、番組MCとして活きたノウハウを学んでいます。
 
そして、今も高額の動画塾に通ったり、YouTube活用の知識などを学んで、使える情報と使えない情報を取捨選択しています。

  
いわば、それらの投資(お金・時間・想い)の詰まった講座を提供したい。
そのノウハウを、自分が幸せになりたい人、さらには自分の幸せの一部を仲間にお裾分けしたい、という人に受講して欲しいと考えています。
  
   
ですので、そのようなことを踏まえて、金額を設定させていただきました。
  
   

月額 39,800円(税別)

  
  
正直、これでも、安いと思います。
1年学んだとしても、税込で50万円程度です。
  

     
なぜ安いと言えるのか。
それは、実際に動画代行をしている会社のメニュー表を見てみれば分かると思います。

動画制作代行の内容と金額一覧

金額目安 動画の長さと制作内容
A社(3-10万円)

6秒~60秒以内 撮影なし 簡易台本 BGM(著作権フリー素材)CG・アニメーション(簡易)
パターン素材、演出と提供した素材の組み合わせで、映像・動画を制作。

B社(10-30万円) 5分以内 撮影地1ヶ所(映像を使用せず、画像や写真のみで作成することも可能。演出に合わせてタイトル、テロップ、画像、BGM(著作権フリー)などを挿入。撮影・編集後の修正は1回のみ。打ち合わせから1ヶ月程度で完成。ナレーションはオプション。
C社(30-50万円) 5分程度 演出ディレクター1名(シナリオ作成含む)撮影ディレクター、カメラマン、音声スタッフ 3名体制
撮影1日(都内近郊)編集・録音計2日 (編集1日、修正編集+ナレーション録音1日)BGM・SEあり。
D社(250-1000万円)

尺の長さは問わず TVCM、ウェブ広告全般、タクシー広告、社外ブランディング制作だけにとどまらず全体戦略から策定。専属プランナーがマーケティング上流の戦略設計から入り、課題整理から企画提案までを実施
具体的には、圧倒的なアテンションを獲得するための15秒Web広告、オリジナルソングを作り、インパクトの強いイメージ動画制作など。

C社(30-50万円) 5分程度 演出ディレクター1名(シナリオ作成含む)撮影ディレクター、カメラマン、音声スタッフ 3名体制
撮影1日(都内近郊)編集・録音計2日 (編集1日、修正編集+ナレーション録音1日)BGM・SEあり。
動画制作は、そのクオリティと労力によって、金額は決まります。
   
さすがに1件1000万円の仕事を受注するのは、マーケティングの知識なども必要になるので、容易ではないかもしれません。
  
しかし、この秘密結社で習得できるノウハウを学べば、1本50万円程度の動画は制作できるようになります。
  
言い換えれば、年間で1本の動画を代行すれば、この秘密結社の費用は実質無料、ということになります。
  
逆に、例えその知識を自分のためだけに使ったとしても、50万円レベルの動画を月に2本、制作できれば、毎月100万円、年間で1,200万円の外注費を浮かせることができます。毎年、クオリティの高い営業・宣伝活動をしながら、1000万円以上の経費を削減することができるのです。
  
   
ただ、もし、どうしてもその費用を使いたいのであれば、あなたのクオリティ高い動画を宣伝するために、ビジネスにつなげるために、広告費として使ってください。
 
広告をかけながら、リストを取得し、商品やサービスをすることで、恒久的な収入を得ることができるのです。

とはいえ、あなたが本気なら、
私にも本気でがんばります。

何を頑張るのか・・・。それは、コンテンツを充実させること、秘密結社のメンバーのために、サポートするお手伝いをすること、そして、金額です。
   
本気で学んでいただけるのであれば、
もっと参加しやすい金額で、
みなさんに入っていただけるようにしたいと思います。
 
  
秘密結社Trend Shooterへの参加費用は

今回、入会された方に限り、12,000円引きで、


月額 27,800円(税別)


とさせていただきます。
  

これで、消費税を含めて、年間15万円ほど安くいたしました。
   
   

でも、コロナウィルスになんて、負けちゃいけない!!

だから特別です。

今なら、先行価格と同じ 

月額24,800円(税別)

でお申込いただけます。

いや、待ってください。

私もたくさんの月額課金型のオンラインサロンなどをプロデュースしたり、運営しているのですが、月額課金の商品のメリットとデメリットがあります。
   
一番のメリットは、初期費用が安く加入できて、気軽に参加できること。
デメリットは、しっかり学ぶ前に簡単に退会できる事です。
  
  
簡単に退会できるのがデメリットというのは、主催者のエゴなのでは、と思われるかもしれません。しかし、そうではありません。動画の反応自体もそうなのですが、いてい期間継続することで、いきなりグンと成果が現れることがあります。あと1か月、1日続けていれば成果が出ていたのに、そこまで我慢できなくてやめてしまい、うまく行かなかった・・・。そんな人をたくさん見てきました。
  
  
実は、動画の勉強でうまく行かない人の95パーセントがそうです。せっかく頑張っていたのに、あとちょっとだったのに、というパターンです。
  
   
今回の秘密結社は、毎月、新しいノウハウを提供していきます。それぞれの状況に合わせたアドバイスもしてきます。ですので、正直ベースで言えば、1年間はお付き合いいただきたいと考えています。1年間やってみて、さらに2年目以降も秘密結社のメンバーとして活動するかどうか、決めていただきたいのです。それだけ私も、この秘密結社に賭けています。
  
  
そのかわり、私もここまで読んでいただいたみなさんにだけ、特別なことをしたいと思います。
  
   
秘密結社に年払で参加していただく方、に関しましては、

  
  
年間参加費 248,000円(税別)



とさせていただきます。こちらは、月払よりも、2か月分、おトクです。

さらに、先着特典をつけます!!

申し訳ありません。
定員に達したため、
締め切りました!!

【門外不出の非売品】
先着15名限定!
 
  
私が実際に
  
4504万1400円
 
を売り上げた

魔法のセールス・テンプレート
をプレゼント


私が、独立してからセミナーセールスをする際に、必ず使っているテンプレート。毎回ブラッシュアップしていっています。
  
世界で活躍するセミナープロデューサーや年商100億単位のビジネスプロデューサー、ビジネスコーチなどに1回150万円~300万円の受講費を払って教えてもらったスキルです。
  
昨年のビジネス塾募集の際には、このテンプレートを使って、何と、「参加者の申込率100%」という、ありえない結果を出すことができました。
  
これをしっかり作りこんで、準備と練習をすれば、これまでのセミナー開催の有無や経験を問わず、リアルのセミナーでも、Webセミナーでも、あなたの高額商品をセールスすることができます。
  
  
実際に、私もセミナー経験ナシの状態から、このテンプレートを使って、4500万円以上を売り上げることができた、破壊力満点のツールです。
  
  
実際に今、あなたが売りたい商品やサービスがあれば、それを売るために使ってください。
  
もし、まだそれがみつからなければ、是非、秘密結社で動画を学んだあと、動画制作代行やプロデュース営業のために使ってください。
  
  
このテンプレートを手に入れるだけで、今回の年間参加費以上の価値がありますし、すぐに元が取れます(ちなみに、このテンプレートの内容を教えるだけで、今も180万円のプログラムが販売されています)。
  
  
  
非常に効果があることと、私も他に敵を増やしたくないので、この特典は、先着15名限りにさせてください。どうしても手に入れたい方は、今すぐお申込ください。

  
   
※魔法のセールステンプレートは、PDFファイル(70ページ)で、3月上旬までにお申込の際にいただいたメールアドレス宛にお送りいたします。

おさらいします

1年間、毎日タピオカドリンク1杯程度の投資をすれば、
手に入るものは、何か。
  
  
おさらいしてみます。
  
ひとつめは、動画に関するストーリーのつくり方、撮影のしかた、編集の方法など、5G時代の到来に伴う動画ノウハウです。しかも、それらは、Facebook Liveや、YouTube、Tiktokといった、単なる1つのSNSツールにとどまらない、普遍的なものであり、一度学んでブラッシュアップしていけば、この先ずっと使える「一生モノのスキル」です。それを自身のために活用するもよし、誰かをプロデュースしたり、引き立たせるために活用するもよし、というものです。


もうひとつは、秘密結社として活動する仲間、言い換えれば支えあい励ましあうことのできる絆です。
  
  
動画は一見華やかで、活用すればすぐに影響が出るもの認識されがちです。失敗する人の特徴は、あとちょっと続ければ成果が出るのにあきらめてしまったり、身内や仲間ウケする動画に終始してしまったり、SNSの仕様変更になったときに、対応できなかったり、というものがベスト3です。実は、これらはすべて、仲間がいれば失敗しなくて済んだことなのです。一緒に励ましあい、アドバイスとエールを送りあい、気付いたことは教えあう。動画を学ぶのに、コミュニティが効果的なのは、そういった部分もあります。
  
  
また、あくまで、「秘密結社」と私が名付けたのは、動画が世界を変える力をもっていること、そして、動画にとどまらず、メンバー全員で暗躍したい、世界を変えたい、という強い想いがあります。
  
  
ノウハウと仲間、あなたには、両方を手に入れる権利もチャンスも得られるのです。

先んずれば人を制す・・・
志のある仲間が集まれば、
地方は、日本は、かわる。
あなたが、その先頭を走るのです。

これは、私が以前、今のオンラインサロンブームより前にスタートさせたオンラインサロンの募集のときに使ったキャッチコピーです。
 
物事には「先行者利益」と呼ばれるものがあります。
人より先に取り組んだ人が、オイシイ思いをする、ということです。
   
まさしく、この動画に関するビジネスもそうです。
   
  
これから、さらに動画マーケティングやら、YouTubeやら、そういったノウハウを提供する人が増えていくでしょう。
  
   
しかし、もし、あなたが本気でやりたいのなら、
1日も早く手を上げることをオススメします。
  
  
1歩でも早くスタートした人が有利です。
今、どこに立っているのか、それよりも、
今、動き出すか、そのほうが重要です。
   
   
今のレベルに関係なく、サポートしますので、
安心してついてきてください。
   
  
また、東京にいようが、地方いようが、関係ありません。
むしろ、地方のほうがライバルは少ないのですから、好都合です。
  
  
秘密結社は、時間も距離も超えることができます。
それだけの結びつきがあるのです。
私には、それだけの自信と責任があります。
   
   
あなたは、メンバーに入って活躍すること。
それだけを考えて、思い切って飛び込んできてください。
  
   
あなたの参加をお待ちしています。
   
  
あなたがメンバーに入ってくれれば、
これほど心強いことはありません。

◆私は、秘密結社Trend Shooterに入会します。◆

以下の入会フォームにご入力ください。詳細はいただいた連絡先に2日以内にお送りいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
申し込む

入会前に、よくある質問をまとめました

よくある質問

  • Q
    初心者ですが、大丈夫ですか?
    A
    大丈夫です!これからスタートしていただく方も、イチから学んでいただけるようなコンテンツになっています。
  • Q
    機械オンチですが、大丈夫ですか?
    A
    スマホが使えれば、大丈夫です!メンバーでフォローしあえるような環境もつくっていきます。
  • Q
    毎日、毎月どれぐらい勉強すれば、動画スキルは身につきますか?
    A
    個人差によりますが、最低限、毎月1回の勉強会の動画を視聴する時間と、それをアウトプットする時間を確保してください。勉強会は、懇親会とあわせて2時間、アウトプットは、最低、実際に勉強会の倍の時間4時間、と考えると、最低毎月6時間程度は何とか時間を作って欲しいと思います。そのほかにも、毎週、短い動画をアップしていきますが、これは1本3分から5分程度のものなので、移動時間など、スキマ時間を活用して、視聴してください。動画に接する時間が長ければ長いほど、習熟スピードははやいです。楽しみながらやってみてください。
  • Q
    費用は一括のほうがおトクなのは分かるのですが、一気に引き落としがかかるのは、厳しいです・・・。
    A
    記載にあるとおり、一括払いのほうが、おトクになっています。できれば一括払いでの支払いをお願いしたいですが、もし、それが難しい場合は、まずは一括払いをして、ご自身でクレジットカード会社に連絡をして、分割払い・リボ払いに変更していただくなどの方法があります※分割の条件等、詳細は、お使いのクレジットカード会社にご確認ください。
  • Q
    高額な機材等をそろえる必要はありますか?
    A
    プロデュースしたり、企業CMや映画のようなものをつくる場合は、パソコンやカメラ、編集ソフトなど、高額な機材を購入する必要があるかもしれません。スタジオも準備する必要が出てくることもあります。ただ、スタートの段階では、動画の撮影できるスマートフォンと三脚があれば大丈夫です。もし、こだわるとすれば、音をクリアにするためのマイクぐらいでしょうか。これも用途によりますが、最初は数千円のもので大丈夫です。
    レベルアップしたとき、やりたいことが明確になったとき、楽しみながら少しずつ追加していってください。
  • Q
    秘密結社Trend Shooterは、いつからスタートしますか?
    A
    本スタートは、2020年4月1日からになります。
  • Q
    月払はクレジットカードのみですか?銀行振込は受け付けていませんか?
    A
    分割払は、クレジットカード払のみになります。銀行振込は受け付けておりませんので、ご注意ください。
  • Q
    年払の場合、2年目以降の参加費はどうなりますか?
    A
    今回の特別価格でお申込いただいた場合は、2年目以降も同じ特別価格で継続できます。
  • Q
    年払で途中退会した場合、返金はしていただけますか?
    A
    大変申し訳ありませんが、途中退会の場合の返金は受け付けておりません。最初から途中退会を考える場合は、月額会員での加入をご検討ください。尚、10か月以上継続される場合は、年払いのほうがおトクになっています。
  • Q
    他の動画塾との違いは何ですか?
    A
    一般的な動画塾は、ひとつのSNSツールを使ってその効果的な活用法を教えるところがほとんどです。この秘密結社では、動画の基本的性質をおさえながら、普遍的に使える動画スキルを学んでいきます。

    また、単に動画スキルだけでなく、ストーリー構築のシナリオ作りや、メディアミックスなども学んでいきます。

    顔出しNGの方や、ビジネス経験の乏しい方、逆に本気のプロフェッショナルを目指したい方など、それぞれのスキルにあわせて、情報を提供していきますので、各自の環境で成長を感じ、成果を出していただくことが可能です。
  • Q
    機械オンチですが、大丈夫ですか?
    A
    スマホが使えれば、大丈夫です!メンバーでフォローしあえるような環境もつくっていきます。
ほかにも質問がある場合は、以下のメールアドレスに詳しく知りたい内容を書いて、お送りください。
私が直接、回答いたします。

ご入会・ご質問はこちら

↓↓秘密結社の入会は下のボタンから↓↓
ご不明な点がある方は、きちんとご理解・ご納得いただいた上で、仲間に入っていただければと思います。どんな些細なことでも結構です。メールにて受付いたしますので、是非、記載のアドレスにご質問ください。(メールにはお名前、ご連絡先を忘れずに記載してください。記載がない場合は、回答できない場合がございます。質問に関しての回答は2日以内にお送りいたします。)