ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~
【ストーリーな女たち】




ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~
まんが王国で無料試し読みできます。

無料試し読みはこちら

⇩   ⇩   ⇩
【ひめゆりの歌】で検索すると出ます♬


ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~が、
めちゃ熱い!




大人気漫画である「ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~」




太平洋戦争末期の沖縄を舞台とした戦時中の

ストーリーですが・・、




戦争のリアルがかなり忠実に描かれていて

10代の未成年の学生でさえも戦力として

戦場に駆り出されてしまう悲惨さ・・




そして、争いの渦中にいることによって

精神的に余裕がなくなると人間はどういう

行動をとるのかがしっかりと描かれています。




正直、目を覆いたくなるようなシーンとか

グロテスクな描写もたくさんありましたが・・




読めば読むほど先が知りたくなっていき、

私は購入して最後まで読みました。





まんが王国だと、1巻500円ですが

私が購入した時はボーナスポイントが100pt

ついてきたので100円引きでお得に購入できました☆彡

漫画名 ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~
作者 安武わたる
配信 まんが王国
巻数 1巻まで配信
価格 1巻500円
配信 まんが王国
あらすじ

子のため、夫のため、地獄を生きた女たちの戦争史。



「ひめゆりの歌が聞こえる」尽忠報国を掲げる軍国少女。
非国民と罵られる対照的な少女に出会い、彼女は……。


「敦化事件」口減らし同然で夫のもとに嫁いだ美和子。
夫とともに満州へ渡るが……。


「兵隊女房」<特殊看護婦>に応募した小枝子だったが、
その仕事の内容は軍人相手の娼婦、つまり「兵隊女房」だった。


「子供のためなら―「ヨイトマケの唄」より」娘のためなら
身売りも厭わない母。しかし娘は「パンパンの子」といじめられ続け……。


配信 まんが王国

ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ ネタバレ




「わたしたちはひめゆり学徒看護隊と

して、お国のために尽くします・・・!」




 

 昭和20年の太平洋戦争末期。

 

  

「さよなら学校・・・」

 

 

主人公の天願十美子は、

沖縄の女学校の校舎を眺めながら

決意を固めていた。

 

 

「お国のために尽くします・・・!」

 

 

 

十美子たち、沖縄県の学生は

 

 

男子は

「鉄血勤皇隊」

 

女子は

「学徒看護隊」

 

 

として、

10代の未成年にも関わらず

戦場へ駆り出されていった。

 

 

 

彼女たちの日常は戦争だ。

 

 

 

学徒看護隊として研修を終えた

十美子が、これから目にする現場は

言葉にならないほど惨く悲惨なものだった。

 

 

 

まず、現場に入った十美子が

驚いたのが・・、




独特の臭気

 

 

そこは・・、

 

汗・血・膿だらけ。

 

 

そして・・・、

 

入浴もままならない何百人もの体臭が

独特の臭気を放っていた・・。

 

 

 

さらに、

患者の状態も想像を絶していた。

 

 

 

「余が余がアメリカに

鉄槌をくだしてやるぅ」

 

 

 

死闘のショックで精神的に
おかしくなった患者。

 

 

 

「この患者に食事介助を。

のどの奥までさじ入れてね。」

 

 

 

下アゴがなく、

舌がベロンと突き出た状態で、

ハエがたかっている患者。

 

 

 

「看護婦さあん、包帯を・・」

 

 

 

負傷した傷口の上を数十匹の蛆が

グチャグチャと這っている患者。

 

 

 

さらに・・・

 

 

 

「いいだろなあ!

俺たちゃ沖縄のために命はってるんだ!」

 

 

 

十美子をレイプしようとする患者。

 

 

お国のために、

たくさんの沖縄人がもがき苦しんでる・・・!

 

 

 

しかし・・・

 

お国が沖縄に下した決断は、

とても冷淡で残酷なものだったのです・・・!


無料試し読みはこちら

⇩   ⇩   ⇩
【ひめゆりの歌】で検索すると出ます♬