訴状が
届いたら
民事訴訟で
訴えられたら
裁判所から
「訴状」

書留郵便(特別送達)で
配達されてきます。

訴状を受け取った
あなたのことは
訴状には
「被告」
と書かれているでしょう。

訴訟の前に
交渉が無かったのであれば、
突然の訴訟提起に
驚かれているかもしれません。

交渉が決裂して
訴えられることを
予想できていても、
初めて訴えられた方は
不安なお気持ちでしょう。

刑事訴訟で訴えられた人を
「被告人」
と言います。
民事の「被告」も
どちらも
単に「訴えられた人」
という意味でしかありませんので、
「被告」になったことを
気に病む必要はありません。

裁判所から届いた封筒には、
訴状の他に、
証拠
(甲第1号証などと書かれた書類)

呼出状
などの書類が入っているはずです。

ときどき、これらの書類を
紛失したり、
書類のホッチキスを外したり、
書き込みをしたり
する人がいます。
こういうことはしない方が良いです。

書類はできるだけいじらずに、
送られてきた書類はそのまま持って
弁護士に相談しに行きましょう。



裁判所から送られてきた書類の他に、
お手元に紛争に関係する書類があれば、
弁護士への相談のときに持って行くと
相談しやすいでしょう。


弁護士の相談の後に
委任契約に進む場合がありますので、
個人の場合は「認め印」を持っていくと、
その後の手続がスムーズです。

知っている弁護士や、
顧問弁護士のいる場合は、
その弁護士に連絡を取って
相談すれば良いです。

どの弁護士に相談すれば良いか
分からなければ、
自宅や職場に近い場所の
弁護士を検索して
探せば良いです。



弁護士の探し方のご参考に↓
「弁護士の『探し方』」



不倫の慰謝料請求については、
次のサイトもご参照ください。
弁護士がすぐに見つからない、
相談に行く時間がない、
というような事情で、
裁判所の呼出状に書かれた
第1回口頭弁論期日まで
時間がないという方は、
とりあえず、答弁書を出しましょう。

答弁書は、
裁判所から届いた書類の中に
書式例があります。
その書式例を利用して
作成しても良いです。


弁護士に相談するつもりで、
とりあえず答弁書を出す場合は、
「原告の請求を棄却する。
訴訟費用は原告の負担とする。」
ということを答弁書に記載し、
「請求の原因に対する
認否・反論は、
弁護士に依頼して
提出する予定である。」
ということを記載して、
自分で反論することは
控えておきましょう。


上記のように記載した答弁書を
第1回口頭弁論期日までに
裁判所に提出しておけば、
期日に欠席して争わないものと
扱われることはないでしょう。

争う旨の答弁書を
裁判所に出しておかないと、
訴状の内容を争わないものと扱われて、
そのまま敗訴してしまう可能性が
高いです。
(訴状の記載自体がおかしい場合は
答弁書を出さずに欠席でも
敗訴しないこともあり得ますが、
そんなことはめったにありません。)

答弁書の出し方などが
分からなければ、
呼出状に記載された
担当書記官に電話して、
問い合わせれば(たぶん)教えてくれます。

移送の申立てや、
却下を判決を求める答弁で
後から言えなくなるものもありえますので、
答弁書を自分で出す前に
弁護士に依頼した方が良いです。

答弁書の記載例

弁護士林朋寛の使用している定型的な答弁書の例(雛形)です。
事案に応じて、加筆修正して使用しています。

(コピペして使用して不利益を被っても、
当然ながら責任は負いかねます。)

令和元年(ワ)第●●●号 ●●●●請求事件

原告 株式会社●●●●

被告 ●●●●

答弁書

令和元年●月●日

札幌地方裁判所 民事第●部 ●係 御中

〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所(送達場所)
被告訴訟代理人 弁護士  林  朋 寛 
電話011-600-2701 FAX011-206-0284

 

第1 請求の趣旨に対する答弁

 1 原告の請求を棄却する。

 2 訴訟費用は原告の負担とする。

 との裁判を求める。

 

第2 請求の原因に対する認否

   追って準備書面で提出する。

 

第3 上申事項

   初回口頭弁論期日(令和元年●月●日午後●時●●分)は、欠席しますので、答弁書の擬制陳述とされたい。

   訴訟委任状は、別途提出します。

以 上

弁護士に相談する場合

弁護士の相談料は、
有料の場合は、
30分5000円(税別)
が多いです。

しかし、
相談料無料の場合も
少なくないので、
相談料の有無を確認して、
相談の予約をすれば良いです。


当事務所の初回相談

当事務所の初回の相談料は、
コンテンツ関連、
中小企業・個人事業のビジネスに関する紛争、
行政・税務の問題、
不倫の慰謝料請求を受けた場合、
については無料としています。

これら以外の問題で
民事訴訟の被告
となった場合については、
お問い合わせフォームからのご予約で
初回無料といたします。
(30分から1時間程度)

弁護士費用は、
それぞれの弁護士ごとに違います。
どの弁護士も、
見積りは出してくれるはずですので、
遠慮なく費用の見積りを
聞いて下さい。


弁護士費用は、
【着手金と報酬金】と【タイムチャージ】
のパターンが多いです。

「着手金」は、
事件の依頼を受けて受任するときに
発生する弁護士費用です。
「着手金」は
途中で依頼をキャンセルしたり、
敗訴しても
原則として戻ってきません。

「報酬金」は
「成功報酬」と言ったりもします。
事件が終了して、
生じた成果に応じて生じる
報酬です。

「タイムチャージ」は、
依頼した案件にかかった時間数に応じて
生じる弁護士費用です。


弁護士会の旧基準で、
【着手金・報酬金】の
場合ですと、
たとえば、
請求額300万円の事件の
着手金は24万円(税別)
確保した経済的利益が300万円なら、
報酬金48万円(税別)
です。


当事務所の弁護士費用

被告事件の弁護士費用は、
原則として、
【月額手数料】で
承ります。

着手金・報酬金ではなくて
月額定額の費用をいただく方式です。 

 なお、民事訴訟は、
半年で終わるものもあれば
2年近くかかるものもあります。
当事務所としては
速やかな解決を目指します。
(手数料の合計の上限は、
請求額の20〜35%が
目安です。)


月額費用額は、
訴訟の請求額に応じて
以下のとおりとします。
(税別)

*請求額500万円まで*
月額5万円

*請求額1000万円まで*
事業関係の事件:月額10万円
  その他:月額7万円

*請求額2000万円まで*
事業関係の事件:月額15万円
  その他:月額10万円

*請求額4000万円まで*
月額20万円

不動産の場合は
原則として時価が基準になります。
算定困難な場合は、
原則として1000万円とします。

日割りはいたしません。


事案により、
【着手金・報酬金】での弁護士費用を
提案することがあります。


弁護士費用のおおまかな見積りだけでも
お問い合わせください。

弁護士 林 朋寛
(べんごし はやし ともひろ)

民事訴訟の「被告」になるということは、
個人の方では一生に一度あるかどうか、
という出来事です。
企業の場合は、
対応を間違えば、
今後の事業展開の大きな支障になる危険が
あります。
「被告」となった個人・企業の
将来を守るために、
知識と経験を尽くして対応いたします。

〒060-0003
札幌市中央区北三条西7丁目1-1
SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
https://www.sapporobengoshi.com

【略歴】
昭和50年(1975年)北海道江別市生まれ
北海道札幌南高校卒業
大阪大学法学部卒業
京都大学大学院法学研究科修士課程修了
平成17年(2005年)弁護士登録

お問い合わせ

当事務所へのお問い合わせは
以下のフォームをご利用ください。

ご相談のご希望の方は、
「お問い合わせ内容」に
ご来所可能な日時など候補をご記入いただけると
ご予約がスムーズです。

ご入力いただいた情報は、
ご相談・ご依頼の案件についての処理や
当事務所からの連絡にのみ
利用いたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信