単身引越しの料金相場!
費用を抑えるコツご紹介!

単身引越しの料金相場は?
費用を抑えて安くする方法

ひとり暮らしの引越しは、家族での引越しよりも荷物が少ないので割安になります。でも具体的にいくらかかるの? いくらあれば引越しできる? など、疑問はつきませんよね。まずは、ひとり暮らしの一般的な生活費について考えてみましょう。

単身引越しの料金相場は季節で変わる?

■単身者の引越し掛かる費用は?では、次に引越しにかかる費用について見てみましょう。単身引越しの料金の相場は【通常期】と【繁忙期】とあり季節によって変動します。

単身引越しの料金相場は下記の2通りを目安にしましょう。

【荷物量の目安】
・荷物小=軽トラック5~5.5m3 程度
・荷物大=1.5トン、2トンショート、2トントラック約10~11m3 程度

上記でも分かるように引越しの時期によっ引越し料金には変動があります。

ただ、荷物小で50km未満の場合、引越しの集中しにくい通常期(5月~1月)であればおよそ3万6000円、繁忙期(2月~4月)はおよそ4万8000円が相場になりますが、高校、大学進学や就職での引越しは繁忙期を避けるのが難しいのですが、早めに対応できるなら通常期を利用して単身引越しすることをおすすめします。

■距離・荷物の量・時期は自分の場合はどうなる?相場を確認!

引越し費用は時期のほか、表をみていただければ分かるように、移動距離や荷物量によってかわってきます。

そんな時に役立つのが引越し見積もりの比較サイトです。

引越し時期・移動距離・荷物量から、引越し料金を算出できますので、
ぜひ活用して、お得な引越し業者を探してみましょう!

単身引越し【パック】と【プラン】の違い

引越し費用の相場については分かったけど、料金は利用するプランによっても変わるの?プランが色々あってわからないという人に、よくテレビCMでもリーズナブルに引越しできると広告が出ている「単身向けパック」…通常の単身引越しと比べて何が違いどうお得なのかを比較してみましょう。

■引越し「単身向けパック」とは?
引越し業者によってさまざまな名称で提供されていますが、トラックを貸し切って荷物を運搬する通常の引越し方法ではなく、決められた大きさのコンテナボックスに荷物を積み込み、ほかの依頼者の荷物と混載(一緒に載せること)して運ぶのが「単身向けパック」。

日本通運やクロネコヤマトの引越サービス、サカイ引越センターなどで展開されています。

運べる荷物の量は通常と比べると少なくなるので、実家を出て新生活を始める人や、家具付きの物件に引越す人など、現在の住居から持ち出す荷物が少ない人に適しています。

■引越し「単身向けプラン」とは?
通常、引越しは荷物の量をあらかじめ引越し業者に確認してもらい、距離や日程を加味しながら金額を計算して、見積もり金額を出してもらいます。

家族であればトラック複数台を使用して全ての荷物を運ぶため、単身向けパックと比較すると荷物が多い分コストがかかります。そのため、荷物が比較的少ない単身向けパックのほうが安くなっているんですね。単身引越しとはいえ荷物が多かったり、コンテナボックスに積むことができない大きさの家具などがある場合には、通常のプランを利用して引越しをすることになります。

引越し費用を抑えたいなら

引越し費用を安くするポイント

引越し侍なら、一回登録するだけで人気の引越し業者260社以上から見積もりを取ることが可能です。比較をすることで、どの業者が、どんなサービスで、いくらくらい料金がかかるのかが一目瞭然なので、その中で一番安い引っ越し業者に頼むことができます。

少しでも引越し費用を抑えたいと考えているなら、数ある業者を比較し、一番納得できる業者を選びましょう!

引越し一括見積りはこちら