転職サイト比較案内

既卒・第二新卒・フリータ・20代・30代・40代・50代が
転職サイトを利用し正社員を目指すための情報配信サイト

最初に登録するだけのスカウトサービスは転職活動に最適

最近ではインターネットの普及やスマホの普及で
様々な手段で転職活動を行うことが出来るようになってきて、
数多くの人が実践しているといいます。


リクナビやDODAのような求人サイトでは、
求人情報を閲覧するだけでなく、
スカウトサービスも利用できるサイトも多くなってきました。

求人サイトにアクセスして、
必要な項目を入力すれば、
誰でも簡単にスカウト登録をすることが可能です。

必要な情報(あなたのプロフィールや職務経歴書)を入力すると、
人材を探している会社が閲覧してくれて、
興味を持ってくれればオファーが来ます。

スカウトシステムを利用するメリットは、
必要な項目を入力し登録さえすれば、あとは待つばかりなので、
現在の仕事に支障をきたすことなく転職活動を行うことが可能です。

求人サイトの多くは週2回更新されるところが多いですが、
常に新着求人をチェックしなければならないという束縛からも開放され、
意外と見逃していた企業からのお誘いもきたりします。

スカウト用に登録された個人情報は、
企業が求めている人材を探す手がかりとなり、
この人はという人材に対してオファーが届きます。

現在は転職を考えていない場合でも、
同種の業界の会社がどのような人材を求めているかを知ることで、
戦略的にも役に立つ情報を得ることも可能なので登録しておくと良いでしょう。

あなたに合う求人が、
どのようなタイミングでいつ来るかはわからないので、
早めに登録しておくと良いでしょう。

スカウトサービスを利用することで、
効率的に転職活動を行うことが出来ますよ

スカウトサービスを利用して転職するという技

転職先をスムーズに決めるために、
求人サイトのスカウトサービスに登録している方も数多くいます。


ハローワークなどでは企業が求人票を作成して、
求職者は求人票を見て、自分で働きたい企業を選んで
自分で連絡する手法が取られています。

最近は、
求職者が自分のプロフィールを登録しておき、
企業がそのプロフィールを閲覧することで
逆に選んでもらえるという手法も増えてきています。

つまり企業側も、
仕事を探している人をチェックして、
採用したい人を探しているわけです。

スカウトシステムとはそんな企業と求職者のマッチングさせるサービスで、
求職者のほうが自分のプロフィールを充実させ情報を提示していきます。

企業は登録された方の経歴、スキルなどを確認し、
企業側で必要な人材かどうか、
仮に必要だとしたら面接に来てもらえないかどうか打診します。

前提としては、
企業側で必要だと思って面接に来てもらっているわけなので、
スムーズに採用が決定されるということもあります。

入社当初は、
意欲を持って仕事に取り組んだとしても、
場合によっては辞めざるをえないこともよくあります。

経済状態が良くない現在の日本では、
転職はリスクも有りますが、
転職することのメリットも忘れてはいけません。

これまで積み上げてきた
あなたの能力やスキルと的確に評価してくれる企業に転職できるのが
スカウトサービスの良い所なのです。

初めての転職で気を付けたいポイント

転職後に失敗した7つのパターン

こんなはずじゃなかった・・・転職失敗談。
転職を考え始めた人はぜひ見てください。
初めての転職で気を付けたいポイントを紹介します

面接官と話しが盛り上がり、そのまま入社。いざ始めてみると…面接官と一緒に働くわけではありません。もちろん会社に入ると上司になるケースもあります。
面接でいくら話が盛り上がったとしても、面接官で会社が成り立っているわけではないので、入社前に職場の雰囲気や人間関係を事前に把握しておくことも大切になります。社内制度や社風に魅力を感じ入社。

思ってもいない所で福利厚生が充実しています。
最近では昼食無料制度、育児休暇、旅行支援制度、スマホ支給制度など魅力的な社内制度がたくさんあります。
ユニークな社内制度を見つけると実際に取り入れている会社が増えています。魅力的な会社ですが、実際はどうなのか知りたいですよね。実際は入社してみないと分からないものです。

そんな時は転職サイトのエージェントに聞いてみましょう。
ユニークな社内制度を取り入れている背景・裏情報に隠れた事実を発見なんてこともありそうです。収入が不満で成果報酬型のベンチャーへ入社。

仕事でミスして報酬激減成果報酬型のベンチャー企業を選ぶことには魅力がありますが迷うところです。
ベンチャー企業は若手が多いので実力次第では役職に就くことも可能です。役職に就くことで年収は飛躍的にアップすることでしょう。
ただベンチャー企業の中には退職金制度そのものがないところもあります。
やりがいを求めて転職。毎日終電で帰宅「やりがいを求めて転職」と考えている人は多いと思います。ただ「やりがい」というのは能力やスキルを高めるのに必要なものです。

ですから、「毎日同じことをしている仕事」に「やりがい」を感じることはなくなってきてしまうのです。コネを利用して転職したけど、仕事に不満友人の会社や起業した上司に誘われたり、業界によっては起業や独立するケースもあります。
知人からの紹介であれば入社後のイメージを持ちやすいので採用されやすいことでしょう。

しかし知人が転職先での評判が悪く、仕事がやりにくいなどという話はよく聞きます。自分でイメージを持って転職は考えてみましょう転職先の確認ミスで、配属先が思いもよらない所へ求人票だけを見ていると、転職先のイメージばかり膨らみます。

思い込みだけで転職をする人が多いのが現実です。求人票に踊らされるだけでなく、「具体的な仕事内容」「職場の雰囲気・人間関係」に加えて、「給与など処遇面」を事前に把握することが必要です。衝動的に退職したけど、離職期間が長くなる退職してから離職期間が半年を超えると職に就くのが不利になる可能性があります。
人事担当者からすれば「仕事への意思はあるのか」「スキルは?」などネガティブに思われてしまうでしょう。
一概には言えませんが、退職してからの離職期間が半年を超えると不利と言われています。

しかしこれは30代,40代の人の話で20代,30代前半はこれから活躍できる世代です。一般常識にはとらわれない若さと積極性で転職を狙いましょう。
転職エージェントに相談して無料でサービスを受けてみよう

転職のプロフェッショナル、エージェントとパートナーを組みあなたの転職を成功させましょう。
エージェントは依頼を受けた企業から成功報酬を得ることで運営が成り立っている会社です。
あなたは、無料でサービスを受けることができます。

転職サイトの求人票・情報だけで判断をしない企業内部の雰囲気や直近の企業の情報、どんな人材を求めているか、社内制度、有給取得率などを事前にお伝えすることができます履歴書・職務経歴書は一人では行わないあなた自身の知識やスキルを評価するのは他人です。
これまであなたがやってきた実績こそ転職には有力情報です。

やりたいこと・アピールすべきことを整理しましょう。
入社後のミスマッチは格段に減ります。インターネットの口コミや情報だけで判断しない業界・企業について調べたり、自分の知識とスキルの接点を見出すのは時間と手間もかかります。エージェントと相談することでどの業界であなたの知識と能力が活かせるかを客観的にアドバイス面接対策本だけで対策を行わないあなたが応募する企業の面接の前にエージェントが面接の指導に当たります。

エージェントは企業の人事担当者と太いパイプを持っていることが多いので人事担当者がどのような質問をして、どのように答えたらいいかを徹底指導します。

また面接後のフォローもするので次回の面接のときに役に立ちます。
年収交渉は妥協せず、積極的にエージェントとパートナーを組む目的はやはり年収アップです。
あなたが期待する年収プラス好条件が出るようにエージェントは交渉を代行します。
直接は言いづらい内容なので、エージェントに代行してもらい年収アップを狙いましょう

知っておきたい!女性の転職は男性より年齢が更に重視される

女性の転職の場合、採用に関して、男性よりも年齢が重視されることが少なくありません。

様々な職種によって採用のポイントは変わってきますが、
年齢が重視されることは多くの職種で同様のことがいえます。

転職で一番向いているのは20代と言われています。

20代であれば、様々な職種を選択する幅がありますが、
30代になると転職できる仕事の幅もだんだん減ってきます。

特に正社員で働ける口を探そうと思っても
そうそう見つかるわけでもなく、
パートやアルバイトになってしまいます。

20代後半になってくると、
人事担当者からみれば、
結婚や出産、育児などの女性ならではの問題も
重視せざるを得ないのです。

最近は育児休暇を男性に求める声も高いのですが、
現実的には難しそうです。

接客販売業などでは顧客にあったスタッフが要求されるので、
たとえ経験があったとしても採用されにくい場合があります。

年中人手が足りない介護関係の仕事でさえ、
体力を必要とされるケースが多く、
採用時にはやはり年齢を重視する会社がほとんどです。

女性は年齢によって転職活動が難しくなる状況は現実にはあるので、
結婚や出産をしても働き続けられる会社を選ぶことが大切です。

とは言え、
女性ならではの戦力を必要としているかは会社によって様々なので、
事前に調べておくとよいでしょう

短期の仕事を求人サイトて効率よく探す方法

求人サイトを使用することで、
あなたお希望に沿った短期を見つける方法があります。


指定された期間だけ短期で仕事を行い、
働いた分だけの給料をもらっている人は意外と多くいます。

結婚して家庭を持つと、
マイホームのローン、子どもの習い事、塾でどんどんお金が必要になります。

そして、住宅ローンの支払、子どもにかかる学費、
日々の食費や洋服代などにお金を使っていると、
家計がどんどん苦しくなっていきます。

財布が苦しい状態では

子どもは泣き始め、夫婦関係も悪化、さらに増えるのはお酒の量だけです。

子どものためにもっともっとお金を稼がなければならないと思っても、
給料は上がらないし、どうしたものかと悩んでいる方もいると思います。

短期間の仕事短期の仕事をすることで、今までの給与に額にプラスαして、収入をアップさせることも可能です。

元の給料だけでは暮らしにくいという時には、
短期の仕事をして稼ぐというアプローチも可能です。

短期の仕事なら、
やりたい時にやりたい分だけ仕事をすることができるので、
比較的簡単に仕事を開始することも可能です。

短期で雇用する予定する、
年末年始や繁盛期のバイトなど、
短期で仕事をしたい人向けの仕事があります。

求人サイトの中には、登録したその日にあなたの希望の仕事を見つけることも可能です。

短期の仕事なら休日も有効的に活用することも可能なので収入も増えていきますよ。

転職フェアで行われる面接から採用面接に発展する可能性

就職先を見つけたけど、
別の会社に再就職したいと考えている人は、
転職先を見つけようとしている人もいます。

今やっている仕事をやりながら、
次の仕事の転職先を探すとなると、
一定の時間を確保できない中で活動せざるを得ません。

時間の確保転職先を探すにしてもあるまとまった時間を確保するのは難しい

求人票を見て希望の会社を見つけ出し、
アポを取り、面接までの日程を組むには
手間と時間がかかります。

最近では、電話連絡ではなく、
インターネットの申込画面から面接の日取りを決めることも可能になりました。

しかし、
希望の会社に就職するまで
何回も面接に行くのは非常に大変ですし、
時間もかかる上に手間もかかります。

そんな転職先をさがしているあなたのために、
定期的に就職フェアを開催している会社もあります

今年の求人を募集している有名企業が多数集まるフェアでは
短期間で様々な企業担当者と直接、顔を合わせて話をすることが出来ます。

各企業が開催する相談会や、説明会とよく似ていますが、
転職フェアではそのまま採用面接試験にスライドすることも
見受けられます。

また、就職フェアの最中に直接面接はしなくても、
今後の日程を組む上でも重要になりますしね

現実の仕事をこなしつつ、次の会社のための転職活動をすると
企業ごとに連絡を取ったり、内容を検討しなければなりません

転職フェアに参加することで、効率的に
複数の企業の情報を集めつつ
比較検討することができるので
あなたの希望にあった条件の会社を
見つけやすくなるのではないでしょうか?

就職フェアの情報を利用して転職を成功させるコツ

自分で自分自身を分析して、どんな分野で適正があるか確認し、
次の仕事先のある業界について知識を深めることは大事なことです。

知識を深めるため行う情報収集は、
転職フェアなどのイベントでいち早く集めることも可能です。

特に業界の最新情報を得るためには求人誌などの媒体も
上手く活用することも大切なことです。

かつては、新卒者を優先的に採用していた企業でも、
最近では知識や経験がある中途採用者を募集しているところも増えています。

あなたが望む形で就職活動を成功させたい場合には、
どんな業種がどんな人材を求めているのか、事前に調査しておきましょう

就職活動をスムーズに行うためには、
無料の求人サイトなど転職支援サービスを積極的に利用して、
最新の情報をキャッチしましょう。

最近ではインターネットの転職支援サービスも
ツールなども充実しているので、
現在の仕事を続けながらでも就活は可能になっています。

転職を成功した人の話などを聞くことも効果的な手段です。

あなたにとって満足度の高い、
就職活動とはどんなことか、検討しながら、
徐々に行動に移っていくのも良いことです。

就職活動に役立つ情報は、
今や若年層では非常に活発に行われているため、
常日頃から就職フェアなどに自分から積極的に参加して
アドバイスをもらうことは良いことです。

この先、
どのように就職活動を続けていけばよいか判断に迷っている人は、
就職フェアでキャリアカウンセラーに相談してみてはいかがですか。

就職フェアに行くときは複数の履歴書を準備しておこうこの記事の所要時間: 約 1分40秒

就職フェアでは、
企業によって、その場で面接を行う企業もありますので、
履歴書を作成しておき、
その場で提出できる準備をしておくことが大切です。


たまたま乗る気ではなかった企業で、
就職フェアで知ったことで関心を持つ企業もあります。

コンテンツ [ひらく]

複数の履歴書を準備

就職するという数少ないチャンスを勝ち取るためにも、
就職フェアに行く時には複数の履歴書を準備したうえで参加するようすると良いです。

転職活動を支援するためにも、年間に数十回就職フェアは開催されています。

なぜなら、企業にとっても効率が良いからです。

当たり前ですが、就職フェアは人材を募集している会社が参加しています。

と同時に自社の会社説明会や相談会なども同時に開催されています。

業種を限定して、企業や求職者が集まる転職フェアもあり、多数の方が来場されています。

人が集まるところには最新の情報が集まるものです。

したがってあなたにとって有益な情報を速やかに得ることも可能なのです。

これまでは、1人では見つけられなかった企業との出会いが得られることもあります。

広い会場には膨大な数の企業があつまる就職フェアもあります。

就職フェアのメリットは、短い時間で、
様々な企業の採用担当者と直接顔を合わせて会話ができることです

通常の就職活動は、会社ごとに個別にアプローチしなければならず
たいへん時間がかかり、非効率的です。

就職フェアは、企業側から情報を得られるチャンスという形式なので
場合によっては、面接に発展する可能性もあります。

知らない業界の会社事情を収集するために参加した就職フェアで、
気になる会社から面接に発展したというケースもよくあります。

履歴書を何部か用意したうえで就職フェアに行けば
思いもよらないような会社からアプローチを受けても
すかさず対応することが可能になるわけです。