ハイリ―相談室
For Highly Scensitive 
             Child & Person

敏感さんの自分らしさを応援する
加藤尚美HP
HSC(Highly Scensitive Child)とは
ひといちばい敏感な子

HSP(Highly Scensitive Person)とは
とても敏感な人


どちらも5人に1人は存在する、
生まれつきの気質です。

つまり、“大切なあなたらしさ” です。

加藤尚美(ハイリー相談室 室長)
Naomi Kato
市立保育園に保育士として26年間勤務。
在職中から、繊細でいい子で家で発散してしまうお子さんの特性に注目。
当時18歳だった娘を亡くし、不登校の息子に寄り添う事を決意。
在職26年目にして保育士を退職。
息子に寄り添いながらHSC・HSPと出会い、自身と子どもたちがその特性に当てはまることを知る。
HSC・HSPについて学びを深める中で、親と子それぞれの「自己肯定感」の大切さを感じる。
HSC・HSPの皆さんが、本来の自分らしさである敏感さを知ることで自己肯定感を育て、「誰かのため」でなく、「自分のため」に生きられる応援をしたいと、“ハイリ―相談室”を立ち上げる。
名古屋市内を中心に活動中。
※「ハイリー」とは、HSC.HSPの方を親しみやすく呼ぶための、室長独自の代名詞です。

◇HSPカウンセラー心理コーチ
◆認知マインドフルネス心理士

◇「子育てハッピーアドバイス」の著者 明橋大二医師が理念を提唱する
一般社団法人HATの認定資格 認定子育てハッピーアドバイザー取得
 
◆「どんな自分も 受け入れ認めゆるし愛しています」
全受容の言葉のメソッド「まなゆい」アドバンスコース修了

◇~人が「光」輝く存在に還る 内側の世界地図~
KAGAYAKI智子さんの「KAGAYAKI 応用虹コース」修了

★KAGAYAKI智子さんとのコラボライブ①
「敏感になり過ぎて疲れてしまうあなたへ ~HSPのハナシ~ 」
https://www.youtube.com/watch?v=MSxenhY6bDk

★KAGAYAKI智子さんとのコラボライブ②
「敏感になり過ぎて疲れてしまうあなた ~もしかしたらHSPかも⁉~ 」
https://www.youtube.com/watch?v=yKgtgp6ZLqA

★KAGAYAKI智子さんとのコラボライブ③
「敏感すぎる子どもと私 ~生きづらさを解消するには?~ 」
https://www.youtube.com/watch?v=JRNf3TShvc0


もしかして、あなたもハイリ―?
Let'sハイリ―チェック!

※どの特性も個人差があります。参考になさってください。

  • 相手のことを気にして自分を出せない
  • 光・音・臭いなどの刺激にとても敏感
  • 他人の感情や気分に左右されやすい
  • 集団の中にいるととても疲れる
  • 一人になる時間・空間が欲しい
  • 変化に弱く、新しいことをするのが不安
  • うつ病や不安障害と診断されているが、実はあまりしっくりきていない
  • 神経が高ぶって眠れないことがある
  • 長沼睦雄 著 扶桑社「敏感すぎる心がスーッとラクになる本」より引用
  • 光・音・臭いなどの刺激にとても敏感

ハイリ―相談室の活動①
~敏感さをもつ仲間とつながりたい方に~
《座談会・お茶会》


HSCママの座談会
●5人に1人と言われるHSCの子育ては、周囲の理解が得られない!
●でも、我が子の個性を大切にしてあげたい!
●疲れやすく感じやすい子どもへの接し方、みんなどうしてる?

そんなお悩みをお持ちのママたちの仲間づくりの場所です。
1回の参加だけでも、大歓迎です♪

《今までに盛り上がったテーマ》
・発達障害って思われてきたけど、なんか違うと思ってた。
・厳しいタイプの先生と給食の悩み。
・友達との会話の中のちょっとした批判?に疲れてしまう。
・「人より刺激を受けすぎて疲れる」が、なかなか理解してもらえない。
・クリエイティブで名言を連発する。
・適応教室とオルタナティブ教育。
・子どもにHSCのことを話してもいい?


月1回定期開催  参加費:1,000円
HSPのお茶会
“ハイリ―トーク♪”
「私だけ…?」と感じすぎてしまう日々のあれこれを、HSP仲間とシェアしましょう!
「話す」は「放す」。
あなたが胸の内に抱えるモヤモヤを手放してスッキリして、自分らしさにエネルギーを注ぎましょう。

《今までに盛り上がったテーマ》
・いい子でいるのが苦しくなってきた!ホントはふざけたい!
(o^―^o)ニコ♥
・本来の自分のままで活動したい!
・家族から理解してもらえなくて、気持ちがすれ違う。
・HSP+HSSのタイプは、やりたいことが多すぎる?
マルチ・ポテンシャライトのなるほど!
・つい、察して動いてしまう自分に「ステーーイ!」と、待て!をかける!

月1回定期開催  参加費:1,000円

ハイリ―相談室の活動②
~敏感さについて相談したい方に~
《個人相談》


HSC子育て相談
「いじめられているわけでもないのに、学校を嫌がる」
「人がどう思うかなど、ちょっとした事をすごく気にする」
「ゆっくりなので遅れるからとせかすと、パニックになってしまう」
「いろんな刺激に敏感なので配慮して接しているのに、甘やかしていると言われる。」
「外では頑張っている分、家でのかんしゃくがすごくて疲れる」

そんな思いを抱えながらも、子育てを頑張ってみえる親御さん。
あなたのお子さんは、HSCの気質をお持ちかもしれませんね。
周りに理解されづらい子育ての困りごとを、ハイリ―相談室でお話してみませんか?
私も、HSCの親として試行錯誤しながら子どもと関わってきました。
当時はHSCという言葉もなかったので発達障害と言われ、一般的な子育てのアドバイスの中には子どもに合うものがなく、「どうしてあげたらいいんだろう」と、孤独や不安を感じていました。
そんな母親の不安を、子どもは敏感に察して「自分のことでお母さんを困らせないように」と、思っていたようです。
あの時の私たちに、「子どもさんの感覚を大切にしてあげて大丈夫ですよ」と、言ってくれる場所があったらと思います。

「関わっている子どもさんがHSCかもしれない」
「どんな接し方をしたらいいのかわからない」
という指導者、支援者の皆様。
HSCにとって一番の困りごとは「理解のされにくさ」です。
私が保育園で関わってきた子どもさんの中には、今思えばHSCのお子さんが何人もいました。
あの時、HSCの事を知っていれば、給食が食べられなかったあの子や、お家以外で言葉が出なかったあの子に、もっと違う接し方や配慮ができたかもしれない…と、いまだに申し訳なく思います。

しかし、ひといちばい周りの環境からの影響を受けやすいHSCは、
理解されるいい環境からの影響もひといちばい受けています。
指導者、支援者の方のご理解は、HSCの繊細で豊かな感性をいきいきと発揮させてくれます。
是非とも関心を持っていただけたら有難いです。

相談者の方のお話を伺っていて感じるのは、「みんな相手の事を思っている。ただ、うまく伝わっていないだけ。」ということです。
HSCの目線で感じることをお伝えすることで、今までの事が紐解けることもあります。
個人相談では「認定子育てハッピーアドバイザー」として、また、室長の加藤自らの実体験にも基づいて、HSCの子育てや支援のお困りごとをお聞きします。

話すのが苦手な方も大丈夫。
こちらからの質問に答えて頂くだけでも十分です。

理解は解決への第一歩。
まずはハイリ―相談室へご相談ください。
そして、HSCのことを知っていきましょう。
オンラインでの相談もできます。

1万年堂ライフさん
「育てにくさを感じたらーHSCかどうかを知るためのチェックリスト」
https://www.10000nen.com/media/14172/


《お勧めする方》
HSCのご家族
HSCと日ごろ接している、保育士・教師の方 など

相談料:3,000円/2時間
(18歳の3月末日までの方に関する相談の設定です)
HSP相談
「周りに気を使いすぎてしまった挙句抱え込み、さらに批判される」
「悩みやすく疲れやすい自分は、心が弱いのではないか?」
「もっと頑張らなくては!と、頑張ってきたけど朝起きられなくなった」
「いろんなことを学んでみたけど、まだまだ足りない気がする」
「自分が役に立たない人間のような気がして不安」
「親に言われてきた事に縛られていて苦しい」

これは、私自身ががずっと思ってきた事です。
どれもHSPの特徴
「深く処理する。過剰に刺激を受けやすい。感情の反応が強く共感力が高い。些細な刺激を察知する。」
が、もとになっていました。
他人の心に気づき自分よりも優先してしまう傾向、そのために自分を軸に行動できないので常に揺れてしまう。
そして、たくさんの情報を、刺激に耐えながらいつも深く落とし込みながら生きてきた。
今まで本当によくやってきた!

「自分にも思い当たるところがある」
という方は、もしかしたら、HSPの気質をお持ちかもしれませんね。

これらの悩みが、自分の弱さのせいではなく5人に1人が持つ脳のしくみによるものだと知ると、ご自分に対する捉え方が反転します。
まずはHSPの特性を知り、その視点で今までの事を捉えなおしてみませんか?
「あの時、こう感じてとても悲しかったんだ。」
「でも、解ってもらえなかったから、自分のせいだと思うしかなかったんだな」
今まで一生懸命生きてきた自分に寄り添い、吐き出していくうちに、
「本当の私はこう生きていきたい」という願いがきっと見つかります。

誰よりも、自分自身が自分の味方、理解者でいられるように。
一度ハイリ―相談室でお話しませんか?
そして、ご自分のことを知っていきましょう。

「自分の家族や職場の人がHSPかもしれない。接し方を知り理解したい。」
という方のご相談もうかがいます。
オンラインでの相談もできます。


《お勧めする方》
HSPの方、そのご家族や身近な方
ご自身がHSPかも?と感じる方  など


相談料:5,000円/2時間

ハイリ―相談室の活動③
~敏感さについて詳しく知りたい方に~
《セミナーなど》


HSCの
子育て
ハッピーセミナー
明橋大二先生著
「HSCの子育てハッピーアドバイス」の内容を、
分かりやすく、詳しくお伝えします。

内容の一部
◆敏感なお子さんの特徴と理解について
◇苦手な環境と自己肯定感について
◆HSCのの個性を活かす育て方のポイントや必要なサポートについて
◇HSCを育てる保護者への支援について

《お勧めします》
保育園・幼稚園の保護者会
PTAの学習会など


※一般社団法人HAT認定の開催資格を取得しています
※団体での受講をお考えの方は、受講費について一度お問い合わせください。
受講費:1,000円
自分らしさの発見!
知るとラクになる
HSPセミナー
HSPに関する情報や理論を、わかりやすく構成しました。
敏感さは、心の弱さではないことを知るだけでも、生きやすくなります。

内容の一部
◆敏感な気質の仕組み・特徴と役割・可能性について
◇「自分より相手を優先してしまう」ことへの対処法について
◆子どもの頃の心の傷に寄り添ってみましょう
♢「敏感さ」という視点から自分を捉えなおすリフレーミング
◇HSPという自分らしさを活かして生きてみよう!



《お勧めします》
お友達とのお茶会などでもお話しさせて頂きます♪

受講料:2,000円/2時間
ハイリ―タイムズ
発行
HSC、HSPについて、世の中の皆さんに知って欲しい。
理解してほしい。

ハイリ―相談室室長加藤のそんな思いが詰まった、手作りの情報紙。
今なら更に、HSPあるあるをネタにした
「ハイリーかぞえうた」の手作り絵本もプレゼントします!


お話会やセミナーなどで無料配布しています。
ぜひお手に取ってみてください♪

無料


ハイリ―タイムズ
発行
HSC、HSPについて、世の中の皆さんに知って欲しい。
理解してほしい。

ハイリ―相談室室長加藤のそんな思いが詰まった、手作りの情報紙。
今なら更に、HSPあるあるをネタにした
「ハイリーかぞえうた」の手作り絵本もプレゼントします!


お話会やセミナーなどで無料配布しています。
ぜひお手に取ってみてください♪

無料