【ハイクラス転職】年収650万→年収1,100万のキャリアアップに役立った転職サイトと転職エージェント

これまで5社への転職で、4回転職エージェントを使ってきました。現在30歳で年収1,100万、業界はIT、役職は部長で営業職です。

年収は1社目340万円(平社員)→2社目650万円(リーダー)→3社目870万円(マネージャー)→4社目1,100万円(部長)と転職の度に役職と年収を上げてきました。今回は、私が年収650万円を超えたタイミングから使い始めたハイクラスに特化し、本当に役立った転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

 

年収650万円→1,100万円の転職でやったこと最も求人の質が高かった転職サイトと転職エージェントビズリーチJACリクルートメントキャリアップ(役職)に繋がった転職エージェントキャリアカーバークライス&カンパニーリクルートエージェントよく使ったハイクラス向け転職サイトAMBINewsPicksミドルの転職転職前に見るべきサイトVORKERS納得度の高い転職をするためにオファーから企業を数値化する年収650万円→1,100万円の転職でやったこと

年収を最大化するポイントは、年収水準の高い他業界の同職種へ転職することです。

転職で職種を変えると未経験扱いとなり年収ダウンに繋がりますが、業界を変えて同じ職種で仕事をする分には、過去のキャリアは評価されます。現職の業界より年収水準の高い他業界に、同職種で転職することが年収アップの近道です。

また、転職市場で評価が高い人の共通点として「論理的思考力があり、構造的に捉えて俯瞰した上で、問題を分析的に特定、仮設を立て、高いコミュニケーション能力でレポートし、組織のマネジメントをして実行する能力」があります。

この能力が高いほど転職市場では価値が高く、年収相場で700万以上のオファーがもらえる可能性が高いです。また、この年収ラインを境に転職サイトや転職エージェントの使い方も変わります。年収700万を超えたあたりからは決してリクナビNEXTなどは使ってはいけません。

ちなみに、現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのかMIIDASで調べることが出来ます。こちらから調べられます。

 

MIIDASでいくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。僕は参考程度に使っています。やってみる価値あり。

最も求人の質が高かった転職サイトと転職エージェント

年収650万を超えたタイミングで使った転職サービスは2つです。いずれも「高年収(1,000万以上)」「役職あり」「非公開」などの案件が豊富で本当に役立ちました。

ビズリーチ

 

評価:★★★★★

【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

<求人例>

 

ビズリーチには常に登録をしており、転職のとき必ず最初に利用しています。こちらから登録して求人が見れます。年収1,000万以上の求人が他の転職サイトに比べて圧倒的に多く、現年収650万以上であれば面談確約のスカウトが届きます。

ヘッドハンターからのDMが多いのがイマイチですが、企業のレベルや求人の質は高いです。以前はマッキンゼー&カンパニーの求人や、三菱商事の求人もありました。外資系から日系大手におけるハイクラス求人が網羅されています。こちらから登録できます。

JACリクルートメント

 

評価:★★★★★

【公式サイト】 http://www.jac-recruitment.jp/

<求人例>

 

JACリクルートメントは外資系かつ役職高めのポジションが多かった転職エージェント。エージェント自体のレベルが高く、書類選考や年収交渉をかなり頑張ってくれます。こちらから登録して使うことができます。

面接前には採用担当と直接やりとりをしている営業マンが、過去の採用傾向や求める人物像などについて、電話で対策をしてくれます。AmazonやDyson、LEGOなどを受けた際にしっかりとフォローしてもらえました。こちらから登録できます。

キャリアップ(役職)に繋がった転職エージェント

ビズリーチとJACリクルートメントに加え、ほかの転職エージェントも利用することで、年収交渉などもやりやすくなります。今回紹介する転職エージェントは、求人の質はもちろん、年収やポジション交渉に特に優れていた転職エージェントに絞りました。

キャリアカーバー

 

評価:★★★★★

【公式サイト】 https://careercarver.jp/

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラスエージェント。通常の転職エージェントと違い、自分でコンサルタントが選べます。コンサルタントの過去の経歴や実績などから転職エージェントを指名することができるので、自分が行きたい業界を得意とするエージェントを選ぶと年収アップがしやすくなります。こちらから登録して利用できます。

リクルートが運営していますが、リクナビNEXTやリクルートエージェントと一線を画している感じがあり、ポジション指定(上位役職案件)などが目立ちました。とても良いサービスだったので、今後の転職でも使いたいと思っています。こちらから登録できます。

クライス&カンパニー

 

評価:★★★★・

【公式サイト】 https://www.kandc.com/

 クライス&カンパニーはどの転職エージェントよりも面談、面接が丁寧でした。求人のラインナップも良く、年収交渉やキャリア相談について他社エージェントより手厚くフォローしてくれました。こちらから登録できます。

求職者の目線で親身になって相談にのってくれるので、キャリアアップを狙った転職において役立ちます。広告代理店や事業会社、外資系コンサルの役職求人や、年収1,000万超えの求人が多くありました(採用ハードルは高そうでした)。自分のキャリアをしっかり考えてくれるので、面談だけでも行く価値あり。こちらから登録できます。

リクルートエージェント

 

評価:★★★★・

【公式サイト】 https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは年収700万以上になると通常の担当は別のハイクラス担当が付きます。通常の担当とは違い、高年収層案件専任のエージェントです。総合的に求人を提案してくれるので、幅広く求人を見たい、初めての転職、2回目の転職などに良いです。こちらから登録して使うことができます。

良かった点は、システムの使い勝手。面接日時の設定、求人検索、応募までの一連の流れが非常に使いやすく、転職活動がスムーズでした。システム的に送られてくるに求人のレコメンド精度が気になりましたが、それ以外は文句なし。こちらから登録して使うことができます。

スポンサーリンク

よく使ったハイクラス向け転職サイト

転職の際に実際に使った転職サイトはAMBI、ミドルの転職、NewsPicksです。基本的には転職エージェントを活用したほうがよいので、ビズリーチで完結しますが、こちらのサイトにしかない求人もあるので、見ておいて損はないです。

AMBI

 

評価:★★★★・

【公式サイト】 https://en-ambi.com/

年収400万円未満の20代は利用できないようになっているのがAMBI。20代のハイクラスに特化している転職サイトです。

AMBIの求人案件は基本的に年収500万以上。AMBIで便利だったのが、応募する前に企業へ内定する可能性を通知してくれる仕組み。興味ある求人へ応募する前に「興味あり」というボタンを押すと、その求人の企業または転職エージェントから合否についての評価をもらえます。自分の市場価値が事前にわかるので便利です。求人のレベルは高めです。

NewsPicks

 

評価:★★★・・

【公式サイト】https://newspicks.com

本来、ニュースアプリがメインのNewsPicksですが、ジョブオファーという機能があります。求人を出している企業の代表や現場社員のインタビューを読んでから応募できるので、理解が深まった状態で応募できます。

僕はリクルートライフスタイルの記事を読んで応募し、実際に内定したこともあります。記事がとても読みやすいので、現在の課題や求められる能力などが詳細にわかります。掲載企業のレベルの高いのでおすすめ。ただし件数は少ないです。

ミドルの転職

 

評価:★★★★・

【公式サイト】 https://mid-tenshoku.com/

30代がメインの転職サイトでスカウトがすごく良いのがミドルの転職。企業側がちゃんと活用しているようで、質の高いスカウトが届きました。求人案件も大手企業が多く、サイトも使いやすいです。転職エージェントとの求人の被りが多いので、求人を探す参考程度に使っていました。もう少し案件がほしいところ。

転職前に見るべきサイト

会社の情報は事前に必ずチェックしておいた方が良いです。僕は転職前に必ずVOKERSをチェックしています。

VORKERS

 

【公式サイト】 https://www.vorkers.com/

個人的には信憑性が高いと思っているVORKERS。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多くあるので参考になります。年収と社風を参考にしてます。

納得度の高い転職をするために

転職活動が大詰めになってきたときに考えるのが「どこの会社に行くのか」です。僕は迷ったら下記の手順で点数をつけて整理しています(内定とオファー金額が出揃った時点で行って下さい)。

オファーから企業を数値化する

①重視する軸を3つ決める

(例)年収、ワークライフバランス、企業名

②上記の軸へ割合をつける

(例)年収:50%、ワークライフバランス:30%、企業名:20%

③①で決めた軸へ自分なりに点数をつける

(例)A社→年収:70点、ワークライフバランス:40点、ステータス:80点

(例)B社→年収:70点、ワークライフバランス:80点、ステータス:70点 

④②と③を掛け合わせ、内定先ごとに合計点を出す

【A社】

・年収:70点×50%=35点

・ワークライフバランス:40点×30%=12点

・ステータス:80点×20%=16点

→合計63点

【B社】

・年収:70点×50%=35点

・ワークライフバランス:80点×30%=24点

・ステータス:70点×20%=14点

→合計73点

合計が80点以上になればかなり高い納得度があるはずです。

違和感があるようであれば、比率や点数を変えて下さい。それでも違和感を感じるなら軸を変えてください。僅差だったりする場合もありますが、少なからず感覚の整理になると思います。

高年収な転職はキャリアにおいて重要な選択となります。いい転職サイトと転職エージェントを使ってしっかり考えた転職をしましょう。