2018年11月23日(金・祝)

飛驒市文化交流センター
スピリットガーデンホール





Outline



 
飛驒市小さなまちづくり応援事業
映画で「ひだ」を元気にしよう!プロジェクト

『ひだまち映画祭』~はじめの一歩~

映画館のないこのまちで、
映画の力を使って地域が元気になるようなイベントを!

2018年11月23日(祝・金)10:00〜20:30

入場料 〈終日出入り自由〉
:当日 大人:800円 高校生以下:500円
:前売   大人:500円 高校生以下:300円
          (未就学児無料)
             

岐阜県飛驒市古川町若宮2丁目1-63
 飛驒市文化交流センター 
  スピリットガーデンホール

Program

Ticket

チケット販売場所

当日: 大人¥800 高校生以下¥500

前売:   大人¥500   高校生以下¥300

(未就学児無料)

取り扱い店 

飛驒市神岡町 茶屋~maru~ 小林書店 あすなろ カワデン
飛驒市古川町 いたばし生花店 壱之町珈琲 あん 自転車専門店ナガクラ




下のボタンからもご購入いただけます。

前売りチケット

Access

飛驒市文化交流センター 
〒509-4221 
岐阜県飛驒市古川町若宮2丁目1-63

公共交通機関をご利用の場合:JR高山本線・飛驒古川駅より跨線橋を渡り徒歩1分
お車をご利用の場合:東海北陸自動車道清見ICより卯の花街道を通り約30分


Free Shuttle Bus 

無料シャトルバス

無料のシャトルバスが出ます。
運行状況により遅延が発生することがありますのであらかじめご了承ください。


Join Creater
(Oeder of the Japanese syllabary)

藍河 兼一

(あいかわ けんいち)
石川県金沢市出身

2007年「アディクトの優劣感」でデヴュー
現在、フリーの映画監督、撮影監督
著書「映像演出の教科書」(玄光社)
月刊ビデオサロン誌にて「極!ト書き一行のカット割り」連載中

【著書】
2011年「映像演出の教科書」(玄光社)

泉原 昭人

(いずはら あきひと)
1964年 岐阜県飛驒市古川町出身

2005年より短編アニメーションを制作
2010年「赤い森の歌」がベルリン国際映画祭に招待上映
2012年「Li.Li.Ta.Al」
2016年「Vita Lakamaya」がベルリン国際映画祭でノミネート

熊崎 加奈子

(くまざき かなこ)
岐阜県下呂市出身

地元が大好きな下呂市の高校三年生(撮影当時)
カメラとイラストが趣味
「飛騨小坂まちおこし映画」のロゴのデザインも担当

「夢駈ける坂」で初めて映画に携わる

清水 雅人

(しみず まさと)
1969年愛知県豊田市出身

30歳の時にパソコンを購入したことをきかっけに映画製作を開始
2007年4月より近隣の映画製作団体を統合してM.I.F.を設立
自主制作映画を上映する
『小坂本町一丁目映画祭』を主催
愛知県豊田市を舞台に映画を撮り続け
『公務員探偵ホーリー』シリーズ
『箱』など全国の映画賞で受賞多数

下向 拓生

(しもむかい たくみ)
愛知県生まれ 福井育ち

工学系大学院卒後、会社勤めをしながら映画制作を行う

2015年製作「N.O.A.」は複数の映画祭で受賞

サイエンスフィクションを得意とする

外山 文治

(そとやま ぶんじ)
1980年生まれ、福岡県出身

老老介護の厳しい現実を見つめた短篇映画『此の岸のこと』が海外の映画祭で上映され「モナコ国際映画祭2011」で短編部門・最優秀作品賞をはじめ5冠を達成

長編映画監督デビューを飾った映画『燦燦ーさんさんー』は全国35館にて上映「モントリオール世界映画祭2014」より正式招待
(C) Bunji Sotoyama Official Site.

西谷 龍二

(にしたに りゅうじ)
1976年生まれ 岐阜県飛驒市神岡町出身

鮮魚店に就職後、映画制作を志し上京
ニューシネマワークショップ卒業後、自主映画を製作している
2004年制作 「モートラ物産音楽隊」で
第1回いわきぼうけん映画祭グランプリ
国際アマチュア映像祭FISH EYE2010グランプリ
第7回フィルムラバーズフェスタ2006大賞
2007年ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル 準グランプリ
第4回成城大学映画研究部主催映画祭TAKE∞入選 など、多数の受賞歴あり

藤井 亮子

(ふじい りょうこ)
岐阜県飛驒市神岡町

大学卒業後、名古屋での会社勤めを経て、東北で結婚生活をスタートさせる。
主婦・一男二女の母。

2016年ラブストーリークリエータースクール主催第1回最優秀脚本賞受賞。
受賞作『ココ、カラ』を脚本・監督で映像化。

2017年『ここ、から (英題 grave and milk)』が、第70回カンヌ国際映画祭短編部門エントリー。

吉木 敏博

(よしき としひろ)
岐阜県飛驒市神岡町

高校卒業後、岐阜県警に就職するも脱走を企て上京、役者を目指す。

パ!っとせず帰郷。

実家の鉄工所に勤めながら自主映画を撮り続けている、
ちょっとかわったオジさん。。

Time Schedule
(舞台挨拶あり)

        

10:00~
オープニング
10:15~
「わさび」  外山文治
11:00~
「夢駈ける坂」  熊崎加奈子
11:50~
「スタジオマンゴスチン」 泉原昭人
12:25~
休 憩
13:10~ 「モートラ物産音楽隊」 西谷龍二
13:55~ 「ひなたつむ」 吉木敏博
14:45~ 高校生ワークショップ
15:10~ 休 憩
15:40~ 「ここ、から」 藤井亮子
16:10~ 「公務員探偵ホーリー3」 清水雅人
17:05~
「MEGALOMANIA PHANTASY WORKS+AI」 藍河兼一
17:55~
休 憩
18:05~
「studiotoshi」 吉木敏博
18:50~
「センターライン」 下向拓生
20:10~
エンディング 吉木敏博
20:30
終 了
10:15~
「わさび」  外山文治

Movies
(上映順)

わさび

監督/脚本:外山 文治

ヒューマンドラマ/30分/2016

芳根京子が主演を務める飛騨を舞台にした短編映画。

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵。
離婚した母・房子や周囲の大人達は、葵の決断に戸惑い反対するが、彼女の人生を本気で背負おうとはしなかった。
そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。
葵は庄吉に野球の勝負を求めるが・・・

主人公の葵役を芳根が務めるほか、富田靖子、下條アトムらが脇を固める。







わさび 予告編

夢駈ける坂


監 督:熊崎 加奈子 
助監督:古田 晴菜

ヒューマンドラマ/38分/2017

飛騨小坂には、御嶽山をはじめとした四季折々の美しい自然や全国的にも珍しい炭酸泉の温泉、御嶽山の噴火による溶岩大地によってできた多くの滝など、たくさんの魅力にあふれています。
しかし、高速道路が無いことに加え、周りには下呂温泉や飛騨高山、白川郷といった全国的に名の知れた観光地、また映画「君の名は」で有名となったの飛騨市など全国的に注目されている地域に埋もれてしまっています。
このため、全国から注目してもらえるように、そしてまちを盛り上げるために『飛騨小坂まちおこし映画』を作成しました。
飛騨小坂の魅力を、カメラが趣味のアリサが、休日に飛騨小坂の祖父母や従姉妹のナナと飛騨小坂を巡るという、ごく普通の休日を描きます。
撮影は飛騨小坂が最も輝く春。はなももが咲き乱れる頃。 
 はなももを始め、飛騨小坂駅、普通の街中、壮大な自然、巌立、滝、御嶽山、そして温泉など飛騨小坂の良いところを盛りだくさんに撮影しました。

スタジオマンゴスチン Short Films

監督/作画:泉原 昭人

『赤い森の歌』 5分30秒/2008
森の占い師ニニとナナの歌声に、森は深く色づき、新たな生命が芽吹く準備を始めます。


『リリタアル』 7分40秒/2011
「詩」はやがて、血肉のそぎおとされた骨、あるいは鉱物のように結晶化され、儀式「リリタアル」において埋葬されます。


『ウィータ・ラカーマヤ』 7分30秒/2015
彼らの静かな呼吸を聞きなさい。 それは「ウィータ・ラカーマヤ」と呼ばれた無垢なる世界の音である…。

スタジオマンゴスチン 予告編

モートラ物産音楽隊

監督/脚本:西谷 龍二


喜劇/30分/2004

モータートラックで野菜の移動販売をする音楽隊。

ある日太鼓担当の六ちゃんがバチをなくして大慌て。

指揮者には怒られ、ほかのメンバーからは笑われる始末。

バチを探しにもと来た道を戻るが、途中目的が脱線してしまう・・・

果たして六ちゃんは演奏時間までにバチを見つけ、戻ることができるのだろうか・・・


モートラ物産音楽隊 予告編

ひなたつむ

監督:吉木 敏博 
脚本:藤井 亮子


ハートフルコメディ/37分/2017

表裏を返しながら進む物語。

えてして、表裏は、陰日向とも言われます。

でも、この物語には影がなく、すべてが日向。

日向のようなあたたかさで人々の想いを紡いでいく物語。

ひなたつむ 予告編

ここ、から
~Grave and Milk~

監督/脚本:藤井 亮子

ヒューマンドラマ/14分/2017

ノリコは2年前に結婚し初めての子供を授かったばかり。

手探り状態ながら、目の前の赤ん坊を育てることに気を張る毎日。

ある日、ずっと行方不明だった実父の失踪宣告が認められたと聞いたノリコは、久しぶりに故郷の地を踏むことに・・・







公務員探偵ホーリー3
~でも主役はStar☆Tだけどね~

監督/脚本:清水 雅人


ミュージカルコメディ/42分/2014

あの男が帰ってきてしまった・・・。

前作から早11年、まさかパート3はないだろうと安心していた自分がバカだった・・・。

でも、どうも主役はご当地アイドルらしい。

ホーリーは出てこない?

姫は? 殺し屋チャンは?

様々な憶測が飛ぶ中作られたナンセンスミュージカルコメディ。

公務員探偵ホーリー3 予告編

MEGALOMANIA PHANTASY WORKS+AI 
Short Films

監督/脚本: 藍河 兼一


『戦士は櫻の樹の下で~樹海の精霊篇~』
  小さな戦争映画/14分/2011
     何者かに追われる少女戦士が、敵として出会った友人の死体に遭遇して…。     

『buxtukosya(ブッコシャ)』
       ドラマ/2分/2016
     ブッコシャ?「物故者」亡くなった同窓生。 

『小説少女2~無題の空~』
       ドラマ/10分/2010
     スランプの画学生が、視覚障害者の女性をモデルに絵を描こうとするが…。

『静かの海のバニー』 
       ダークファンタジー/9分/2009 
    挫折した女優の卵は、満月の夜に自殺を図る。 

戦士は櫻の樹の下で 予告編

studio toshi  Short Films

監督/脚本:吉木 敏博


『約束の海』 ストーリードラマ/ 4分40秒/2012
誰にだって忘れられない「約束」がある


『駆除ネガイマス』 超短編ドラマ/ 2分20秒/2018
駆除・・害になるものを追い払い、また殺して取り除くこと


『お願い。誰か』 ストーリードラマ/ 21分/2007
素直に思ったことを言えない不器用な大人と子供の物語

お願い。誰か 予告編

センターライン

監督/脚本:下向 拓生

SFサスペンス/67分/2018

自動運転が発達した安全な時代[平成39年]に、

自動運転車が交通事故を起こした。

逮捕された自動運転AIは、自らを”MACO2”と名乗り、こう供述する。

「ワタシはわざと事故を起こしました。」と。




センターライン 予告編

高校生の手で映画を作ろう!

同時開催イベント

前夜祭@本町防災公園

神岡町の本町防災公園で野外スクリーンを設置して前夜祭上映会を行います。
(雨天の場合は「茶屋~maru~」にて開催)

■日時 2018年11月22日(木)19:30~

■場所 本町防災公園 
      岐阜県飛驒市神岡町船津961-1    

入場無料・持ち込み自由(防災公園の場合)

持ち物:好きな食べ物・飲み物・防寒着(防災公園の場合)

「ケアニン」上映会

今年8月に岐阜県飛驒市主催で行われた「ケアニン」上映会を観て感動した職員から、この映画は職員やその家族・ボランティア・学生の皆さん、そして地域の方にぜひ観ていただきたいですっ!!
という強い要望があり、このたび「ケアニン」たんぽぽ苑自主上映会を開催することにいたしました!

■日時      平成30年11月23日(金・祝)
     1回目)10:00-11:45
     2回目)19:00-20:45

■場所  神岡町公民館ホール  
               岐阜県飛驒市神岡町東町378

    各回一般先着100名様、無料です。

詳しくは、たんぽぽ苑ホームページをご覧ください。

たんぽぽ苑ホームページ

ひだの美味しいものを食べよう

映画祭会場の屋外特設ブースに飛騨の美味しいもの集めました。
営業時間 11:00~16:00

長八ホルモン

ホルモンみそ焼きそば

ビストロ
シェ・ボア

飛騨牛カレー パニーニ  焼き菓子
ホットワイン  ワイン(赤・白)
コーヒー

飛騨牛
コロッケ本舗

ひだコロッケ

ポン菓子本舗

ポン菓子 焼き芋 わたがし

麺の清水屋

定番の飛騨中華そば

ドリンク各種

お茶・ジュースなど

  • Facebook
  • instagram
  • twitter
  • e-mail

ひだまち映画祭~はじめの一歩~

Hidamachi Chinema ~Take the First Step in Faith~


飛驒市小さなまちづくり応援事業
"映画で「ひだ」を元気にしよう!" プロジェクト

Organizer  studiotoshi+R   since2017

Suporter 飛驒市    飛驒市教育委員会
      飛驒市観光協会   ひだプラす
      飛驒市ロケおもてなし隊

お問い合わせ