明るい光を求めて歩き回るかわいいヒボたんロボット

ヒボたんはサボテンの仲間でキャンドルサボテンとも呼ばれて
なるべく明るいところ、光がたくさん当たる場所を喜ぶよ

明るいとこへわさわさ動くヒボたん

コンセプト

ヒボたん初期スケッチ

制作風景

足を動かすルーターを基盤に半田付け

細かい半田付け作業

足パーツをレーザー加工機で合板を切り出し制作。

モーターとの接続。

マジックで赤と黒ですごいかっこいい。

ヒボたんが動く仕組み

かわいらしく動く
足の仕組み

テオ・ヤンセンのストランドビーストという機構を参考に、モーターで動いてます。

しっぽのソーラーパワーでフルチャージ

USB太陽光バッテリーを使用しています。

LEDで
光を感知

LEDで光を感知して自分で光の方へ向かって動きます。

テオ・ヤンセンのストランドビーストとは

テオ・ヤンセンはオランダの彫刻家、物理学者。オランダ、デン・ハーグ、スヘフェニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を学ぶ。1990年、風力で動作するストランドビーストの制作を開始。科学を利用した多くの芸術作品を作成している。 ウィキペディア

テオ・ヤンセンのストランドビーストとは

テオ・ヤンセンはオランダの彫刻家、物理学者。オランダ、デン・ハーグ、スヘフェニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を学ぶ。1990年、風力で動作するストランドビーストの制作を開始。科学を利用した多くの芸術作品を作成している。 ウィキペディア

SYSTEM

mbed
  • 温度、湿度、気圧センサー / BMP280 モータードライバー DRM8830 / 明るさセンサー フォトICダイオード S9648

kintone

  • mbedで取得した温度、湿度、気圧の値を登録

筐体

  • MDFをレーザーカットして作成 

APIs & Devices

mbed、kintone