見えない矯正を希望する方におすすめの歯科矯正の方法とは?

歯の矯正をしたいと思っても、装置が見えるのが問題だと考える方も少なくありません。あの見た目の悪さがなければ、すぐにでも矯正を始めたいと思っているのではないでしょうか。そのような方に選ばれているのが、見えない矯正方法です。見えない矯正とはどのような装置を使ったやり方なのか紹介します。

見えない矯正が必要な理由

・人の目を気にしたくない

歯の矯正は装置が目立つのがデメリットです。笑ったときに金属の装置が見えてしまうと、恥ずかしいと考える方も少なくありません。とくに見た目を気にする女性の方や、周りの人の目が気になる思春期頃の子どもには、目立たない矯正が重要でしょう。社会人の方でも接客業をしている方は、見えない矯正を求める傾向にあります。

 

・歯を磨きやすくしたい

一般的なワイヤーを使った矯正方法だと、歯磨きが難しくなります。歯科医院でも歯の磨き方を指導してくれますが、通常より歯を磨く時間が長くなってしまうのです。見えない矯正方法なら、ワイヤーを使わない方法もあるため、歯磨きがしづらくなるデメリットがありません。

見えない矯正インビザラインの特徴

・インビザラインとは?

インビザラインとはマウスピースを使った矯正方法のことです。透明なマウスピースを用いているので、装着した場合に目立ちません。インビザラインは米国アライン・テクノロジー社が開発した矯正技術です。一定期間でマウスピースを作り替えて、少しずつ歯を動かしていきます。

 

・インビザラインのメリット

透明のマウスピースを使った矯正のため、目立ちません。ワイヤー矯正で周りの目が気になる方にも人気があります。取り外しも可能な矯正方法で、歯を磨くときに取り外しが可能で、歯を清潔に保ちやすいでしょう。同時にホワイトニングもできる施術方法で、歯の矯正と白くする方法を同時にできます。虫歯の治療も並行してできるので、時間の短縮になりやすいでしょう。

 

・インビザラインのデメリット

1日20時間ほどの装着が必要となるので、計画的に進めていく必要があります。インビザラインは取り外しが可能な装置のため、指定時間を付けないと効果が落ちてしまうので注意しましょう。また、複雑な歯の形を矯正することはできません。重度の状態を矯正したい場合は、ほかの方法を活用しなければなりません。

見えない矯正審美矯正の特徴

・ホワイトワイヤーを使った矯正

マウスピースを使った矯正ができない場合は、ワイヤーとブラケットを用いなければなりません。その場合も目立たない装置を選ぶことが可能です。ワイヤーは白いものを使い、ブラケットは透明のものを活用することで、装置が目立ちません。一般的なワイヤー矯正と同様に多くの症例に対応できます。

 

・ホワイトワイヤーのメリット

ホワイトワイヤーを使った方法は、マウスピース矯正と比べて費用が手ごろです。そのため、費用を抑えたい方に人気があります。ホワイトワイヤーは近くで見ると矯正していることがわかりますが、歯の色と近くなっているので、違和感は少ないでしょう。

 

・ホワイトワイヤーのデメリット

通常のワイヤー矯正度同様の方法なので、歯磨きがしづらくなります。白いワイヤーはコーティングしたもので、色が剥がれて見た目が気になるときは交換が必要です。

見えない矯正の裏側矯正の特徴

・裏側矯正

裏側矯正はワイヤーやブラケットを歯の裏側に付けます。歯の裏側に装置を付ければ、他人から矯正していることを知られる心配がありません。裏側矯正は別名「舌側矯正」や「リンガル矯正」とも呼ばれるものです。

 

・裏側矯正のメリット

裏側矯正は表側矯正と比べて虫歯になりにくいです。歯の裏側は唾液の影響を受けやすい部分で、唾液の殺菌力により虫歯ができにくくなります。そのため、歯の磨きづらさから虫歯になる心配がある方は、裏側矯正がおすすめです。また、裏側矯正は歯を引っ込める力が強いので、出っ歯の方に向いています。装置が歯の裏側にあれば、舌で歯を押す癖もなくなっていくでしょう。

 

・裏側矯正のデメリット

表側矯正と比べて費用が高くなりやすいです。裏側に装置が付いていると、人によっては発音しづらいと感じることがあります。装置が舌に触れるようになるので、しばらくは違和感が出るのが特徴です。表側矯正と裏側矯正は使い分けができます。上下の歯で最適な方法を選べば、デメリットは解消しやすいでしょう。

見えない矯正が選べる歯科選び

・カウセリングが充実している

矯正する人によって希望はさまざまです。目立たない矯正といっても種類があるので、それぞれのメリットやデメリットを説明してくれる歯科を選びましょう。歯並びの悪さによっては使えない装置があるため、その点もしっかり説明してくれる歯科だと安心です。

 

・希望の矯正方法を扱っている

見えない矯正は種類があるので、費用や施術期間、効果などから最適な方法を選びましょう。歯科によっては取り扱いがない装置もあるので、事前に確認してください。


見えない矯正をさらに詳しく見るならこちらから確認できます。


まとめ

矯正を考えていても、装置が目立つのが問題だと考えている方は少なくないようです。従来からある方法だと、何年も金属のワイヤーとブラケットが目立つため、なかなか行動を起こせない方もいます。見えない矯正なら人と会うことが多い方でも、迷わず矯正できるようになるでしょう。