伊豆の城跡を巡る!
後北条氏と戦国時代の終焉を辿る旅

~絶景の富士山を巡る城址公園の魅力に迫る~

豊臣氏の小田原征伐を絶景の富士山を眺めながら追います
伊豆半島には、かつて後北条氏が栄え、数々の城を築城していました。
戦国時代に関東最大級の勢力を持った後北条氏が築きあげた牙城を豊臣秀吉が攻め、ついには難攻不落と言われた小田原城の開城をさせ、戦国時代が終焉して天下統一を成し遂げました。後北条氏の城の殆どが制圧され櫓や天守閣は残っていませんが、石垣や土塁などは今もまだ見ることが出来ます。また、それぞれの天守台からは大きな富士山を眺めることが出来る!そんな城跡を巡り、一時代を築いた武将たちの見た景色を見ながら戦国時代に思いを馳せ、旅をするのにおすすめの周り方と宿をこのページで紹介します。

後北条氏

後北条氏(ごほうじょうし)は、小田原城を拠点とし、北条早雲(伊勢新九郎)を始祖とする一族。伊豆に栄え、その勢力は関東全域を治める関東の最大勢力で戦国時代の終焉まで広くわたっていました。
後北条氏はその勢力を完成させる為、沼田城を手中に収めようとし、豊臣氏の標的になったと言われています。惣無事令(大名同士の戦いを禁ずる)に反したとし、豊臣氏は各方面から後北条氏を攻めます。
その中でも後北条氏の拠点としていた伊豆での戦いは、数々の遺構を残しながら語り継がれています。
本来は、北条氏と言うのが正しいのですが、鎌倉時代の北条氏と混同しないよう、一般的に”後”をつけ
後北条氏と呼ばれています。

北条 早雲(ほうじょう そううん)

関東に一大勢力を築き上げた伝説の武将
北条早雲は戦国時代、関東一帯に一大勢力を築き上げた後北条氏の始祖です。小田原城を領有した際の”城盗り”では、当時の城主大森氏に親しく近づきつつ、夜に牛の角に松明をくくり山を歩かせて「大量の兵が攻めてきた」と大森氏を翻弄し一気に城を奪い取ったと言われています。一方で、民の平穏を大切にしていたことが北条氏の虎の朱印に「祿壽應穩(禄寿応穏)」~民が平和で暮らせるように~と刻まれていたことからわかります。勢力の拠点は、小田原城にあり、北条早雲自体は韮山城(にらやまじょう)に居たと言われています

後北条氏の進退と豊臣氏の進軍を辿る。

  • 韮山城(にらやまじょう)
    北条早雲により領有とされ、北条氏規を城代とした伊豆の拠点
  • 山中城(やまなかじょう)
    3代目当主、北条氏康により築城された日本100名城に数えられる城
  • 足柄城(あしがらじょう)
    北条氏康の子、氏忠を城代とした足柄峠の山城。井伊直政に滅ぼされる
  • 一夜城(いちやじょう)
    豊臣氏が小田原進軍時に築城した城。一夜にして櫓が現れたと言われる
  • 北条早雲(ほうじょうそううん/後北条氏の始祖。戦国時代、関東に大勢力を築く)
    北条氏康(ほうじょううじやす/後北条氏3代目当主。山中城を築城)
    北条氏規(ほうじょううじのり/北条氏康の5男。幼少期は今川氏の人質であった)
    北条氏忠(ほうじょううじただ/北条氏康の6男。養子との見方もある。)
  • 山中城(やまなかじょう)
    3代目当主、北条氏康により築城された日本100名城に数えられる城

韮山城

韮山城は、北条早雲により後北条氏の領有になりました。
その後は後北条氏の伊豆支配の中心地とされていました。1590年、後北条氏3代目当主の5男、氏規(うじのり)が城代でしたが、豊臣勢の小田原征伐が始まります。すると、100日間(資料によっては4か月)あまり籠城をし、戦い続けていましたが他の後北条氏勢の多くの城が落城した事を知ると、最後は豊臣側の徳川家康や黒田官兵衛の交渉を受けて開城しました。また、北条早雲の生前の居城としても知られています。
1601年、廃城となります。

韮山城に出かけてみましょう!

韮山城入口の城池
かつて韮山城の敷地内の池であった城池が今もまだ残っています。かつて北条早雲もこの池を見たのでしょうか。城池には船着き場の跡なども残っています。池をつたって進むと後北条氏の家臣が使用していた江川邸が今も現存しています。
今も残る石垣
天守閣こそ失われているものの、今も石垣や土塁は残っています。そこに何があったか、想像を膨らませながら歩くと江戸時代にタイムスリップしたような気持ちになるかもしれませんね
天守台跡地
天守台跡地は小高い山の上に広がります。他の城と比べても、やはり尾根の上ということもあり手狭な空間に見えます。ここからは韮山の町や田畑が見渡せます。民を思う心が強かったと言われている北条早雲ですから、ここから民の平和を見守っていたのではないでしょうか。
天守台跡地
天守台跡地は小高い山の上に広がります。他の城と比べても、やはり尾根の上ということもあり手狭な空間に見えます。ここからは韮山の町や田畑が見渡せます。民を思う心が強かったと言われている北条早雲ですから、ここから民の平和を見守っていたのではないでしょうか。

韮山城跡から眺める富士山

韮山城跡の天守台からは富士山が大きく眺められます。
桜の咲くころは、桜と富士山の日本らしい景色も見られる隠れた絶景スポットです。韮山城跡入口から天守台までも10分程度で歩ける為、気軽な散策路として訪れることが出来ます。北条早雲や氏規も、この富士山をみていたのでしょうか。

山中城

山中城は、北条3代目当主北条氏康によって築城された現在の三島市に位置する北条氏の拠点でした。小田原城の支城として捉えられ、広大な敷地に構えていましたが1590年の小田原征伐時にはおよそ4時間程度で落城してしまったと言われています。その美しい土塁の数々は今も残っており、市民や観光で訪れた人々の憩いの場所として静かに佇んでいます。

史跡日本100名城!山中城を歩いてみましょう!

日本100名城
山中城は、小田原征伐後ただちに廃城となったので当時の後北条氏の築城方法を学ぶことが出来る貴重な史跡として捉えられています。小田原をまもる西の拠点として重要な役割をしていました。山中城は、小田原城の支城という立ち位置でまさに後北条氏の本拠地でした。
雄大に構える土塁の数々
山中城の土塁群は、当時の遺構を残せる様に芝を張り補強して保管されています。当時、網の目に張り巡らされた土塁に鉄砲隊が構え、戦っていたのではないでしょうか。ここでは豊臣が信頼していた大名一柳直末(ひとつやなぎ なおすえ)が北条側の銃弾に倒れており、豊臣秀吉は、「直末を失った悲しみで、関東を得る喜びも失われてしまった」と嘆き、3日間ほど口をきかなかったといいます。(『一豊公記』)
残る自然の数々
山中城は、史跡として管理されている事もあり自然がそのままに残っています。木々の間を通り抜け、土塁を見ながら歩みを進めると二の丸跡地や本丸跡地がひらけます。山中城も韮山城と同等に天気の良い日には大きく富士山を見ることが出来る、地元の方の憩いの場になっています。
残る自然の数々
山中城は、史跡として管理されている事もあり自然がそのままに残っています。木々の間を通り抜け、土塁を見ながら歩みを進めると二の丸跡地や本丸跡地がひらけます。山中城も韮山城と同等に天気の良い日には大きく富士山を見ることが出来る、地元の方の憩いの場になっています。

山中城から見れる富士山の景色

三島市に位置する山中城からは、とても大きく富士山を見ることが出来ます。その雄大さは、静岡県ならではのもの。とても感動する景色で、この富士山を目当てに山中城を訪れる人も多いそうです。天気の良い日には二の丸や本丸の広場でお弁当を広げてハイキングも出来る、歩きやすく広々とした史跡内は隠れた名所と言えそうです。

足柄城

足柄城は旧東海道の足柄古道に位置する山城。非常に高い位置に存在しているのが特徴です。かつて、この場所は豊臣氏の小田原征伐が起こった際に重要な拠点でした。当時、北条氏康の6男である北条氏忠が守っていましたが山中城の落城の知らせを聞くと氏忠は小田原城に退却してしまいます。すると、井伊直政(虎松)に攻め入られ戦らしい戦も出来ぬまま廃城となります。

足柄城を歩いてみましょう!

東海道の足柄峠に位置する
足柄城は、旧東海道の足柄峠に位置し、当時重要な交通路としてとらえられていました。そのため、かねてから関所が点在し、足柄城跡の入り口にも”足柄の関”として記録が残っています。足柄城が戦国時代においても駿河と相模を分ける重要な拠点であったことがわかります。
本丸への道
足柄城本丸までは、歩いて10分程度です。本丸までの道は森の中を進みます。石垣は殆ど残されていませんが、堀切は未だに残っているものがあるので見つけながら山を登ります。本丸への橋を渡ると広場の様に開けた空間が広がります。
絶景富士ビュースポット
足柄峠は富士山を正面に臨む、絶景の地です。現在では、南京錠をかけれるオブジェや鐘が設置されており、恋人達に人気の場所になっています。あまり知られていない場所だけに人も少なく、思い切り富士山を眺めたり写真撮影するのにおすすめです。
絶景富士ビュースポット
足柄峠は富士山を正面に臨む、絶景の地です。現在では、南京錠をかけれるオブジェや鐘が設置されており、恋人達に人気の場所になっています。あまり知られていない場所だけに人も少なく、思い切り富士山を眺めたり写真撮影するのにおすすめです。

足柄城本丸跡からの富士山

足柄城は、「おんな城主 直虎」で脚光を浴びた井伊直政(虎松)が制圧しました。豊臣氏が足柄まで軍を進めるころには山中城も落ちており、小田原城を取り囲むまで秒読みであったのではないでしょうか。
足柄城があった、本丸跡地からは雄大な富士山を見ることが出来ます。

井伊直政(いい なおまさ)

大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも登場した、井伊の赤備えで有名な武将
井伊直政は徳川家康の優れた家臣として仕えた武将。幼少期は虎松の名前で大河ドラマにも登場しました。容姿端麗ながら、寡黙で自分にも部下にも厳しい性格の持ち主であったそうです。いくつもの戦で戦績を上げています。小田原征伐の際には備えの薄くなった豊臣氏を見て、徳川家康に謀反を提案しますが、家康に今ではないと諭されています。

一夜城

豊臣氏が小田原征伐の最後の砦として築き上げた幻の牙城、一夜城。
小田原城を眼下に捉える石垣山に突如現れた城に後北条氏は驚き、戦意を奪われたと言われています。
実際には一夜にして築城したのではなく、小田原城と逆側から気付かれないように築城を進め、概ね完成をしたところで小田原城側の木を伐採し、突如城が現れたように見せたと言われています。

一夜城を歩いてみましょう!

今も残る井戸曲輪跡
一夜城の井戸曲輪は今もまだ当時の遺構を残しています。水を得ていたといわれる個所には今もまだ少し水が残っています。
井戸跡
かすかに水が残っている井戸跡。ここで兵たちは水を得て来る小田原城攻めに備えていたのでしょう。井戸跡を覆うように大きな曲輪跡が残されています。
曲輪跡の石垣
曲輪跡の石垣は巨大で、階段を下って下から眺めることができるようになっています。一夜城はそのほかにも多くの石垣を今に残していて、当時の状態を土塁や堀切から想像することができます。
曲輪跡の石垣
曲輪跡の石垣は巨大で、階段を下って下から眺めることができるようになっています。一夜城はそのほかにも多くの石垣を今に残していて、当時の状態を土塁や堀切から想像することができます。

石垣城の見どころ

本丸跡地の石垣
本丸があった場所の石垣は今でも大きく残されています。写真は二の丸の位置から撮影しましたが、とても大きく遺構が残っているのがわかります。石垣の積み方も荒々しく、計画的ではあったが急ピッチで築城されたのが伺えます。
小田原城を捉える
本丸跡地からは、小田原城を見ることができます。写真中央の木々の上の位置に小田原城の天守閣を見ることができます。同じように小田原城の北条氏政や氏直にも一夜城が見えていたことでしょう。
鎧塚ファーム
突然ですが、一夜城跡地の駐車場には、パティシェでおなじみの鎧塚シェフのお店があります。地元の野菜や自慢のお菓子を買うことができ、また店内でイタリアンの料理を楽しめるレストランも併設しています。散策の後は立ち寄ってみるのもいかがでしょうか。
鎧塚ファーム
突然ですが、一夜城跡地の駐車場には、パティシェでおなじみの鎧塚シェフのお店があります。地元の野菜や自慢のお菓子を買うことができ、また店内でイタリアンの料理を楽しめるレストランも併設しています。散策の後は立ち寄ってみるのもいかがでしょうか。

小田原城

後北条氏の最後の砦、小田原城

巨大なお堀を歩く
小田原城は小田原駅から徒歩圏内にあり、気軽に出かけて歴史を感じることのできる場所です。当時の勢力を物語るように、城の敷地は今でも大きく、お堀の周りは池になっていて優美な景色を作り出しています。桜の季節にはライトアップが行われ、人気のスポットです。
景勝地のとしての小田原城
小田原城は明治期に天守閣をすべて失っていますが、昭和初期に復元され、今は風光明媚な姿を保っています。平成の大改修も行われ、天守内はモダンな展示で後北条氏の軌跡をたどることができます。桜の季節にはライトアップが行われ、たくさんの方が訪れる場所です。
虎の朱印

「祿壽應穩(禄寿応穏)」の文字の上に虎を据えた印。戦国大名北条氏の権威を象徴する印で、当主の発給する文書に押印されました。初見は永正15年(1518)の氏綱が発給した文書。以後、氏康・氏政・氏直と代々使用されました。(財産)と寿(生命)が応(まさ)に穏やかであるように。人々が平和で暮らすという願いが込められていると言われます。
小田原城に隣接する資料館に模したスタンプを押すことができる場所があります。

 



虎の朱印

「祿壽應穩(禄寿応穏)」の文字の上に虎を据えた印。戦国大名北条氏の権威を象徴する印で、当主の発給する文書に押印されました。初見は永正15年(1518)の氏綱が発給した文書。以後、氏康・氏政・氏直と代々使用されました。(財産)と寿(生命)が応(まさ)に穏やかであるように。人々が平和で暮らすという願いが込められていると言われます。
小田原城に隣接する資料館に模したスタンプを押すことができる場所があります。

 




おすすめのお城のまわり方
~韮山城から小田原城まで豊臣進軍を辿る~

  • ●韮山城
    電車:伊豆箱根鉄道駿豆線で韮山駅から徒歩15分
    車 :伊東駅から車で40分程度(駐車場有)
    ※伊東駅からのアクセスが便利です。
  • ●山中城
    電車:伊豆箱根鉄道駿豆線 三島広小路駅からバス20分
    車:韮山城より伊豆縦貫道を経由30分程度(駐車場有)
    ※韮山城からまわるのがおすすめです。
  • ●伊豆で一泊!富士山や伊東名産の海鮮食材を楽しむ●
    富士山を眺める絶景ホテルや伊東の食事が自慢のホテルは
    下でご紹介します!
  • ●足柄城
    電車:電車・バスをご利用の場合、土曜日、日曜日のみ運行※
    車 :伊東駅から1時間30分程度(駐車場有)
    ※電車・バスを使用する場合は、アクセスに時間がかかるので、余裕を持ったスケジュールで。先に一夜城や小田原城をまわるのがおすすめ。
    最寄りのバス停は足柄万葉公園。
  • ●一夜城
    電車:小田原駅より東海道線で早川駅へ。その後徒歩30~40分程度
    車:足柄城から50分、小田原駅から20分程度(駐車場有)
    ※電車で行く場合、一夜城付近にバスが通っていないので早川駅から徒歩に。歩けない距離ではないですが、少々長い距離ですので事前に確認してからお出かけを!(徒歩30~40分程度かかります)
  • ●小田原城
    電車:小田原駅から徒歩5分程度
    車:一夜城から20分、小田原駅近く(有料駐車場有)
    ※電車・バスでの旅を考えている方は、1泊後、小田原城へ向かうのがおすすめ。
    小田原駅周辺にはカフェやおいしいお食事処も点在していて観光にも最適です。
  • ●山中城
    電車:伊豆箱根鉄道駿豆線 三島広小路駅からバス20分
    車:韮山城より伊豆縦貫道を経由30分程度(駐車場有)
    ※韮山城からまわるのがおすすめです。

城跡巡りに最適な宿をご紹介

富士山を眺める絶景宿/海の幸を堪能する宿

富士山を眺める絶景宿!

ホテルハーヴェスト天城高原

~天城連山と富士山の絶景を眺めるリゾートホテル~
天城東急リゾートのランドマーク
ホテルハーヴェスト天城高原は伊豆冷川に位置するリゾートホテル。天城高原一帯が天城東急リゾートとして整備されており、ホテルは高台に立っています。そのことから美しい富士山や天城連山を眼前に眺めることのできる、まさに天守閣さながらのホテルです。温泉大浴場の窓からは、正面に富士山を見ることが出来き、雄大な景色に酔いしれながら温泉に入ることが出来ます。

ゆったりと広い客室

伊豆スカイラインの入り口に近い冷川にあることから、車での観光に好立地。尚且つ客室は30㎡~という広さでゆったり過ごせます。展望大浴場はもちろん温泉で、朝は雄大な富士山を眼前に、夜はきらめく相模湾を臨めます。食事も地元食材にこだわり、春先には旬の伊勢海老のお造りがおすすめです。絶景と、こだわりの食事と、温泉を楽しめる、旅にかかせない要素を詰め込んだ楽しみ方ができるホテルです。一度泊まると、また来たいと思わせるようなホテルでファンが多いのも特徴。

海の幸を堪能する宿

ホテルハーヴェスト伊東

~伊東の中心地に佇む高品位リゾートホテル~
伊東自慢の食材を堪能し、上質な客室に滞在する
ホテルハーヴェスト伊東は伊東駅からも徒歩10分程度と、伊東の中心地に立地しています。伊東のオレンジビーチまでもアクセスが良く、夏のレジャーにも大変便利です。レストランはハーフブッフェと炭火会席の2つのレストランがあり、食事の楽しい時間を演出します。特に”炭火会席竹のうち”は非常におすすめ!伊東の本格的な炭火会席料亭として人気があり、12名までであれば個室貸切も可能。ゆったりと大きく贅沢なカウンター席や、テーブル席など、店内が広く上質な空間を演出しています。また、ホテル内の温泉大浴場ではもちろん伊東温泉を楽しむことが出来ます。旬の海鮮食材を使用した絶品会席料理に舌鼓を打ち、伊東の温泉に癒される。今回の城跡巡りの旅の拠点としておすすめできるポイントが盛り沢山です。

上品な客室で寛ぐ

ホテルハーヴェスト伊東は、上品な客室が自慢です。ツインルームでも29㎡~と広々とした客室で、ゆったりくつろぐことが出来ます。また、ホテル内にはこだわりのコーヒーが楽しめるラウンジや、伊豆のお土産を多数取り揃えたショップもあり、ホテル内での楽しみ方が多数あるのが特徴です。食事は伊東のホテルならではの海の幸にこだわった炭火会席や、ブッフェメニューに舌鼓を打つことができます。

ホテルのアクセス情報

ホテルハーヴェスト
天城高原
〒410-2507
静岡県伊豆市冷川1524

℡:0557-29-1155
地図
地図

ホテルハーヴェスト
伊東
〒414-0027
静岡県伊東市竹の内1丁目5−14
℡:0557-38-6373
地図
地図