このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
大丈夫。ひとりで抱え込まないで!
子育ての「目標」と「戦略」があれば
そのお悩み、マルっと解決できちゃいます!



とにかく「早くしなさい!」としか
言っていなかった以前の私。


「早く起きなさい!」
「早くごはん食べなさい!」
「早く帰るよ!」
「早く寝なさい!」

早くごはんを食べさせて
仕事に行かなければ

早くごはんを食べさせて
寝かさなければ・・・

早く早く・・・
それしか言ってなかったかも。

正直、その時の私がに
「笑っていた時」があったかどうか
私にも分かりません。
自信がありません。

とにかく時間を気にして
出来ない・時間がかかる子どもに
イライラして 毎日辛かった。

とっても可愛い幼少期だったはずなのに、
そんな記憶しかないって・・・ 

悲しすぎますよね(涙)

でもね、
子育ての「目標」と「戦略」を持つことで

私の気持ちは大きく変わり、
子どもも大きく変わりました!


こんな方におすすめ

子どもの行動が遅くて
イライラしてしまう

とにかく朝の支度が遅くて 「早く」の連発で朝から疲れる。
「宿題」などの「やるべきこと」を後回しにする。
他の子が出来ていることが、うちの子には時間がかかるみたい。

子どもの言動にイラッ!

子どもに話かけても 生返事しか返ってこえってこなくて、 カチンとくる。
すぐにキレるから、 こっちもイライラしちゃう。

「やる気」のない
我が子の将来が心配

うちの子って、何に対しても興味がないみたいで、このままやる気がでないのか・・・将来が心配。
家でも保育園でも、ゴロゴロ寝ながら遊びが多いよう、元気がないのかな。

「やる気」のない
我が子の将来が心配

うちの子って、何に対しても興味がないみたいで、このままやる気がでないのか・・・将来が心配。
家でも保育園でも、ゴロゴロ寝ながら遊びが多いよう、元気がないのかな。

子育ての「目標」と「戦略」

我が家は決して上流階級ではないし 
一流の大学を卒業したわけでも 
一流企業に勤めたわけでもない。 
ごく普通の中流家庭。 

だから、
子どもにも高望みはしません。 

余計なプレッシャーを与えたくないですしね。 

だけど、
36歳と40歳という 
高齢出産で2人の子どもを産んだ私は 
子ども達が成人する頃には 
ヨボヨボかもしれません(笑)。 

半分は冗談ですが、 
半分は本気です。 

子どもが大人になって困っていても 
助けてあげられないかもしれない。 

もしかしたら 
この世にいないかもしれません。 

だから、
子ども達には 「自分の力で、未来を切り開く力」を 持って欲しい。 
と思うようになりました。 

「未来を切り開く」・・・

そのためには「自分で考えること」が必要です。 

「自分で考える力」を育てる。
私の「子育て」における「目標」になりました。

知っていますか?

人間性に関わる部分の4割が遺伝によることを。

でもね、
6割は「生活環境」から作ることが出来るんです!

人間性に関わる
生活環境とは

それはズバリ
「食事」と「コミュニケーション」
なんです!

この2つがものすごく大事!

だからね、賢い子に育てたければ、
まず「食事」と「コミュニケーション」を大切にするのが
第一なんです!


「食卓」を賢く使おう!

家事・育児・お仕事に・・・

忙しいお母さんにとって
「食事」と「コミュニケーション」が同時に出来る時間って、限られています。

そこでオススメしたいのが
「食卓時間」を賢く使うことなんです!

「子どもの考える力」
どうやって育てる?

「子どもの考える力が育つ食卓活用講座」~食事編~

ハイブリッド食学で
脳のコンディションを整えよう

お母さんは、いつも子ども優先で
子どものことを考えていますよね。
「食事」だって とても大切に考えていらっしゃいるはず。

でも、実際は


バランス良く食べているつもりでも
実は栄養がほとんどない食品を食べていた!



身体にいいと思って毎日与えていた物が
実は脳のコンディションを乱していた!



食事には気をつけていて
「まごはやさしい」も意識していたけど
実は脳のコンディションを乱す
「ニセモノ食品」を選んでいた!


そんなお母さんが、
多くいらっしゃいます。

そうならないためには、
何を気を付けたらいいのかというと、


ズバリ

「食材の選び方」
「食品のバランス」

この2つが メチャクチャ大事になります。

手間ひまかけてご飯を作れ とはいいません。

いつも使っている食材のバランスを変え、
きちんと選ぶこと。

それだけで、
脳を守り、育て、
子どもの才能を伸ばす食事へと変わるんです。

好き嫌いがある子やお菓子大好きな子は、
味覚が変わり
好き嫌いやお菓子が減り
穏やかで 子ども本来の素直な子になっていく。

つい子ども優先で、
自分を後回しにしちゃうお母さんも
きちんと栄養をとることで、
肌艶も良くなり、 イライラも減っていきますよ。


昔ながらの古き良き「食養学」と
最新の栄養学を合わせた
「ハイブリッド食学」で
子どもの脳コンディションを整えてあげましょう^^。

4時間×3回 (計12時間)
1ヶ月に1回(3ヶ月間) 動画受講アリ

「子どもの考える力が育つ食卓活用講座」
~コミュニケーション編~

子どもの脳をピカピカの高速道路に!

「考えて行動する」ためには
脳に働いてもらわないといけない
大事なことがあるんです。

それは
①情報のインプットを高める
②脳のネットワークを広げる
この2つです。

「情報のインプット」とは、
「視覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」「聴覚」の
5感による刺激のこと。

特に6歳までの間に、
これら5感から得られた情報は
脳にインプットされ、
成長した時に アイデア・ひらめき、
コミュニケーションなどの
「引き出し」になっていく為、
いろんな体験をさせてあげて
より多くインプットさせてあげた方が良いのです。

また、脳は場所によって働きが異なり
○考える場所
○身体を動かす場所
○見た情報を処理する場所
○伝える場所 など、
それぞれ違う働きをしています。

だから、
それぞれの場所をつなげてあげないと
行動に移すことが出来ないのです。

つまり、
凸凹砂利道で歩きにくく、
ゴールまで1時間かかっていた道が

きれいなアスファルトで舗装されて
おまけに高速道路になっちゃって
ゴールまで10分で着いちゃう道に大変身!

そんなイメージ。

脳の情報伝達が
めちゃくちゃスピーディーになるってことなんです!!

「子どもの才能開花食卓活用講座」
コミュニケーション編では

まず「考える力」を育て、
そして次に実際に 「身体を動かす」「口に出す」などの
「行動力」・「コミュニケーション力」へ
つなげてあげる。

考えたことを しっかり「行動に移す」という
アウトプット出来る。

それが「食卓活用講座コミュニケーション編」の
目指すところです。

3時間×3回 (計9時間)
1ヶ月に1回(3ヶ月間)
動画受講アリ

6月末までの
特別キャンペーン

「食事編」「コミュニケーション編」のセット割が
とてもお得です!

なんと

 ¥45,000(税込)引き!
キャンペーン期間:2021年6月末日

IFCA国際食学協会認定
食学アドバイザー1day資格取得講座

1日かけて食学の基礎をしっかり学ぶ

食学アドバイザー1DAY資格取得講座で学んだ
「食」についての基礎知識は、

子どもにどんな物を食べさせたらいいか
どんな物を食べさせたら安全か・・・

「栄養の基礎知識」だけでなく、

「安全な食品の選び方」や
「知らないと怖い食の現実」など

子どもや家族の健康を預かる
お母さんにとって

すぐに役立つ内容です。

1日学んで試験に合格すれば
国際食学協会から修了証が発行され、
食学アドバイザーとして活動も出来るようになります。

オンラインレッスンのメリット

ご自宅にいながら
レッスンを
受けられます!

●小さなお子さんがいても大丈夫。
●通学の時間が不要
●パソコン・スマホ・タブレットのいづれかがネットワークにつながる環境であれば受講できる。
(Wi-Fi接続で通信費不要)

参加者様の声

「食事は大事だよな~」とは思っていましたが、
朝はとにかく時間がなく、
面倒だったりして、とりあえず何かを出す。という感じでした。でも、この講座を受けてみると、「なぜ食事が大切なのか」「食事が身体やココロにどんな影響を与えるのか」がとてもよく分り、「食事って気を付けないといけないな」ととても腹落ちしました。
同時に、「どうしたらいいのか」もしっかりと教えていただけるので、「食事」や「栄養」の知識ゼロの私でしたが、
すぐに実践できて助かりました。

(小5女の子のママ H.T.さん)
これを食べるよいいよ!とかにとどまらず、研究結果などの資料など、エビデンスもしっかりしていて、
単なる知識に留まらず、信頼度が高いと思いました。
子どもだけでなく、母である私もしっかりと栄養を摂ることの大切さを再確認致しました。
講師の島さんは、44歳にもかかわらず、はつらつとした印象を受け、食生活を整えていったらこんな感じになれるのかな?とプラスの期待を大きく感じました。
(小2男の子、年中女の子のママ I.H.さん)
これを食べるよいいよ!とかにとどまらず、研究結果などの資料など、エビデンスもしっかりしていて、
単なる知識に留まらず、信頼度が高いと思いました。
子どもだけでなく、母である私もしっかりと栄養を摂ることの大切さを再確認致しました。
講師の島さんは、44歳にもかかわらず、はつらつとした印象を受け、食生活を整えていったらこんな感じになれるのかな?とプラスの期待を大きく感じました。
(小2男の子、年中女の子のママ I.H.さん)

講師プロフィール

はじめまして。島ひろみです。

つねに元気いっぱいの私。 
実年齢よもりも上に見られたことは
1度もありません(笑)! 

そんな私ですが、 
1度だけ「鬱」を体験したことがあります。 

鬱と言っても、
とても軽くはあったのですが。 

それは、1人目の出産後。 
ほんの2ヶ月間くらいのことでしたが、 

その時は可愛いはずの我が子の育児に 
100%の楽しさを感じていませんでした(涙)。 

その後、その「産後鬱」は、  
「栄養不足」から起こっていたことを知りました。 

それを知った私は  
「あぁ、あの時私はおかしかった訳じゃなかった」
  「あぁ、自分が悪いわけじゃなかった」  と、
とても安心しました。 

もし、
私と同じように思っているお母さんに  
私は言ってあげたいんです。 

/ 大丈夫だよ。 
あなたは何もおかしくないし、悪くない。 
ただ、ちょっと栄養が偏ってるかもしれないから、 
食事を見直してみたらいいんだよ。 
だから安心してね。
\ 

と。 
ちなみに今ではすっかり元気。 
44歳、元気に2人の子どもを子育て中です^^! 

******************

【実績】

福井県出身 
8歳♂️4歳♀️の2児の母 
大妻女子大学在学中には 
所属していた部活動にて4年次に
全国学生競技ダンス部副理事を務める。  

大学卒業後、
人材派遣会社の営業として 
5年間で約1200名の方の面接を行い、 
約30社の企業様との橋渡しをする。  

その後は、かねてより興味のあった美容業界へ。  
30年の歴史を持つ老舗ドクターズコスメの
スキンケア化粧品企画開発部にて、
新商品の企画を担当。 
企画開発室長として、
約100名の美容部員の前で新商品説明を行ったり、
九州・岡山の販売協力会社へ
商品説明・スキンケア研修などを行うが、
出産と同時に退職。  

1人目を出産後、 
軽い産後ブルーを体験。  

産後仕事復帰は、未経験で整体師に。 
以来3000名を超える方の身体と心をほぐしてきた。  

整体師として働くと同時に、 
一生に一度のかけがえのない人生の成功をサポートするFiNCの
フィンクルーとして、
1日3食60日間の食事指導を2年間で60人担当。
健康的なダイエットに貢献。  

さらに、専門的な栄養の知識を得るため 
運命的に、栄養で身体の60兆個の細胞を元気にする
「オーソレモキュラー栄養療法」に出会い、
オーソレモキュラーニュートリションエキスパートの資格を取得。 

そこで、自身の産後ブルーや頭痛は
「食事」に原因があったことを知る。 

現在は、整体師として働く傍ら、 
子どもに「未来を生き抜く力」を育ててあげたいとの想いから、

脳に最高の栄養を与える「食事」と「会話」を学ぶ 
子どもの才能開花アカデミーを主宰。 

昨年開催した
「子どもの自立脳が勝手に育つ簡単朝ごはんセミナー」では 
1回の募集で30名のお申し込みをいただき、
増席6名分もたった10分で満席に。 

おうちきっず部冬祭りでは、
1回の講座で29組58名の親子が参加。  

参加者様からは 「研究熱心で、知識が豊富な方」
「参加者のみなさんの悩みに親身によりそう人柄が伝わってきて、
悩んだら相談したい」 など、好評を得ている。 

その他
国際食学協会 食学アドバイザー1day資格取得講座講師 
メディカルアロマインストラクター