10/15(月) - 10/18(木)

広州交易会
新商品力
発掘ツアー

中国貿易のプロがアテンディングします



初めて中国に来られた参加者からの嬉しいお声


2018年7月に深セン市場視察ツアーを開催しました。その時、初めて中国(海外)に来られた参加者様から嬉しいお声を頂きました。

初めての人でも「仲間が楽しい」「観光としても楽しめた」「食事も美味しかった」など生活面でも嬉しいお声が多かったのが印象的です。
2018年7月7〜10日深セン市場視察ツアー参加:がくさん



中国輸入新規参入を決めた参加者様のお声



大手企業を脱サラして独立し、インフラ系のコンサルティングと保険代理店を営むマサルさん。中国輸入を収入のもう1つの柱にしたいと深セン市場視察ツアーへ参加しました。

・初めての仕入れを前提とした視察
・メーカー視察

を体験してのご感想を頂きました。

2018年7月7〜10日深セン市場視察ツアー参加:マサルさん


中国輸入・貿易のプロであるYuhei Satoの市場アテンドの価値について(Yuhei Sato with オシゲ)。中国輸入を0から始めて8ヶ月で月商300万円粗利45%まで上り詰めたおシゲさん。

ちょうど一年前の広州交易会に参加して売上と利益が急激に右肩上がりとなりました。



「アテンディングをする佐藤は現場でどんなことを話しながらアテンディングをしているのか?」販売戦略を合わせなが現場を回れることで実際に売上が加速したおシゲさんとの対談です。

売上を伸ばすための方程式や具体的戦略がためになり、定期的に中国入りをして目標の月商300万円粗利45%を安定してさせることが出来ました。
2017年10月広州交易会・深セン市場視察参加
2018年3月深セン市場・メーカー視察参加
2018年7月深センメーカー視察参加
おシゲさん



皆様のお声を反映して交易会の開催決定!

 
今年も2017年10月15日〜10月19日の間に広州交易会の1期が開催されます。

ちょうど一年前に「おシゲさん」が参加した交易会と同じ時期のものとなりますが、今回は「新商品発掘ツアー」ということで細かい交渉は後回しにして、「ワイワイ・ガヤガヤ」と団体で視察をします。

・交易会に参加してみたい
・物販の最前線で売っているパワーセラーと一緒に回りたい
・他のメンバーとも交流したい
・旅行見たく楽しみたい

など参加する動機は様々OKです!


今年7月に開催された深セン市場視察ツアーの情報を配信した所、
「私も参加したい!」「次回は早めの告知をお願いします!」
というお声を複数頂きまして、この度VBCにおいてもVOP講師陣が全員参加する形でメンバーと交流をしながら、商品発掘が出来るような機会を持つことにしました。

(要確認)
1期の展示商品は、電子消耗品、家電、照明、自転車、バイク、車載用品、農機具、大型機械、工具、加工商品、新エネルギーなどです。



今回はVOP講師陣4人が全員参加します!

中国居住8年の貿易マスター

Victory Group CEO:Yuhei Sato


2011年から中国居住。2012年から独自で無在庫販売を開始。2013年より貿易会社中国法人設立、同年マカオ法人設立、物販コミュニティ兼中国輸入代行VBC(当時GBC)の運営を開始。1年でメンバーは600名に膨れ上がる。

マーケットプレイスに頼らない通販をメインに物販を行い、インターネット・マーケティングにも精通する一方で、VBCメンバー内においてAmazonベストセラー1位を多数輩出。

彼の中国市場アテンドから売上を大きく伸ばしたメンバーは数知れず、まさに中国貿易のプロフェッショナルである。

Amazonベストセラー1位工房

ヒット商品続出工房:モンチ

物販歴8年。家族4人で自由に暮らしながら、奥さんと2人でのんびり月商600万を生む男。

2010年にebayで輸出を始め主にハイブランド商品を扱う。
2013年にVBC(当時:GBC)入会 
2014年 自社オリジナルブランド商品制作開始  
2015年 法人設立

VBCのサポートの元、商品制作し、1つの商品のみで月1400個、月商400万を売り上げ、Amazonベストセラー1位の3冠を達成するパワーセラー。

商品を生み出すための観点が非常に長けており、世に出す商品が必ずと言っていいほどバカ売れし真似されることに嫌気がさしている。

現在は、Amazonに嫌気がさし、ヤフーショップ、楽天、Q10をメインに販売を拡大中でどのマーケットプレイスでもランキング1位を取得し、BtB販売の準備を進めている、正真正銘のプロである。

超エリート・合理的ムダなしIQセラー

IQ北米セラー:羽場間央(はばまおう)

物販歴5年 。たった2つの商品だけで月商300万円を生み出し、創業融資1300万円を獲得。一切のムダをキライ、最短・最速で「経済的自由の道」を突き進む日本最高峰の大学・大学院を卒業、某大手企業を脱サラした超エリートのIQセラー。

2013年7月:VBC(当時GBC)に入会し、物販ビジネスを開始 
2013年8月:日本Amazonでの販売を開始 
2014年3月:アメリカAmazonでの販売を開始 
2015年5月:カナダAmazonでの販売を開始 
2016年10月:10年近く勤務した会社を退職して物販を専業にする
2017年1月:過去最高の月商300万円を記録 
→売上のほとんどは北米Amazonで商品数は2つのみ。

2017年4月~ 
→VBCの上位版であるPBSを活用しOEM商品の販売を開始し、まさにライバル不在のオーシャンブルーの市場で確実に売上を作り、銀行の信用もコツコツと積み重ねる。

2017年5月:法人設立
2018年7月:単品通販の参入準備

どれだけ生き残れるかに注力し脱Amazonを試み中である。

6ヶ月半で月商300万円の知的行動派セラー

上場企業脱サラセラー:目利きのオシゲ

物販歴2年10ヶ月。月商300万円の京都府在住の33歳。趣味は筋トレ。

元一部上場企業の半導体メーカーに勤務。安定した収入を得ていたが仕事が忙しいので自由な時間が無く、家族ともすれ違いが続き、「人生このままでいいのか?」と考えるようになり2017年4月に退職。

サラリーマン時代から副業で「国内で単純転売(せどり)」をしていたため、
2017年5月:物販法人を立ち上げる

国内転売に限界を感じていたところ、
2017年9月:紹介でVBCに加入。
2017年10月:深セン、広州交易会に参加してOEM商品の開始
2018年3月:深セン市場視察に参加してOEM商品追加
2018年7月:深セン市場&メーカー視察して新PJ開始


OEMの実績は販売開始月商で300万、粗利125万。

「リサーチが最重要」という信念により、「入念なリサーチをして、目的を持って現地に行く事が大事」と最低でも年に2、3回は中国現地入りをして新商品の開拓を進める。



以上のVOP講師陣も新商品を視察しに参加が決まっています。VBCメンバー、VOPメンバー共にぜひこの機会を活用して物販の話題で盛り上がりましょう!

スケジュール概要

10/15(月) 初日:広州のホテルにて合流。夕食。
10/16(火) 2日目:広州交易会参加証取得/終日視察。
10/17(水) 3日目:広州交易会終日視察。
10/18(木) 4日目:解散(オプション:深セン視察)
10/19(金) 5日目:オプション深セン視察(解散)
※各自のスケジュールで臨機応変対応
10/17(水) 3日目:広州交易会終日視察。
※募集枠9人(現在3人お申し込み)

参加費用

6,300元

〇含まれるもの
・コンサルティング費用
・アテンド/通訳費用
・運営側のホテル代

〇含まれないもの
・フライト、フェリー代金など現地到着までの交通費
・食事代 (※500元/日程度ご準備下さい)
・ホテル代(※500元/日程度。後日支払い)

◯延泊やオプション
・延泊は別途3,000元/日(ホテル代は別)
・深セン視察別途3,000元/日(ホテル代は別)

※お支払いは、「ペイパル(香港ドル)」または「銀行振込(日本)」となります。

申込み・参加方法

STEP

1

当サイトより申し込みフォームへ移動

本サイトの下にあるお申し込みフォームへ移動してください。

STEP

2

弊社より自動返信メールが届きます

弊社よりメールを送らせていただきます。
そちらの中にお支払い方法や注意事項の記載があります。
お支払完了するとWECHAT/LINEグループへご招待します。

※ホテル代金のお支払い方法もグループチャットでご案内いたします。

STEP

3

注意事項に従ってご参加下さい

合宿当日に近づくと宿泊先ホテルや集合場所、時間、注意事項をご案内致します。それらに従ってご参加下さい。集合場所に来れなかった人は過去ございませんでしたのでご安心してご参加下さい。

STEP

1

当サイトより申し込みフォームへ移動

本サイトの下にあるお申し込みフォームへ移動してください。

よくある質問

Q
最低何人で開催ですか?
A
最低人数は2名、上限は9名で少人数開催です。効果を最大限高めるのが目的です。
Q
友人を誘ってもいいでしょうか?
A
はい。問題ございません。
Q
参加費以外に何にいくらくらい必要ですか?
A
飲食代など人によりますが、前回1次回のみ参加の方は3日間で1000元ほどでした。足らない場合はATMでも引き出すことが出来ますしVBCマネーの利用も可能です。
Q
新商品発掘とのことですが、サンプル購入なども可能でしょうか?
A
はい。問題ございません。ただ、複数名で行動するため細かい交渉は当日は出来ないかと思います。また、交易会の特徴として「メーカーの回答マニュアル」があるため、後日VBCが交渉代行した方が良い条件を引っ張ることが出来ると思います。
Q
9名をオーバーしても参加が可能ですか?
A
マンパワーを理由に9名以下にさせて頂きます。VOP講師陣3人が参加を決めていますので、残り6人となります。
Q
どんな商品カテゴリーが展示会にはありますか?
A
電子消耗品、家電、照明、自転車、バイク、車載用品、農機具、大型機械、工具、加工商品、新エネルギーなどです。
Q
友人を誘ってもいいでしょうか?
A
はい。問題ございません。