別の仕事からでも大丈夫

ホームヘルパーは仕事をしながらでも目指せます!
社会人からでも転職できるホームヘルパー
ホームヘルパーは、その名の通り自宅で暮らす要介護者のために、日常生活のサポートを行なうのが仕事です。そのため、高齢者とのコミュニケーションや人の世話をするのが好きな方、人のために役立つ仕事に就きたいと思っている方に向いていて、既に社会人の方の転職先として選ばれています。ホームヘルパーは介護訪問員とも呼ばれていて、介護保険法によって要介護や要支援認定を受けた方を対象に、ケアマネージャーが作成したケアプランをもとに、要介護者本人およびその家族と相談のうえ決められた介護サービスを提供することになります。ホームヘルパーとして活躍するには、ホームヘルパーの認定制度廃止に伴って設けられた介護職員初任者研修を修了しなくてはなりません。介護職員初任者研修は、原則16歳以上の方が受講でき、民間のスクールであれば最短で約1ヶ月ほどで修了できます。働きながらでも修了できるよう、受講のうちの一部を通信教育で受講できる民間のスクールもあるので、ホームヘルパーへの転職を考えている方も3ヶ月から4ヶ月ほどで修了できるのがポイントです。ホームヘルパーとして働きながら、次のステップの介護職員実務者研修も受講でき、さらに実務経験を3年以上積めば、介護業界唯一の国家資格である介護福祉士も目指せます。介護福祉士資格を取得すれば、高度な介護知識と技術を持つ介護のプロとして認められ、より幅の広い分野での活躍が期待できるでしょう。ホームヘルパーの仕事内容や働き方の詳細はこちらを参考にどうぞ>>>ホームヘルパーになりたい!