死をOPENに話す「月とうさぎ」会

死に向かって今を生きる私たちが

偶然つながって、
お茶を飲みながら、

気さくに「生きる」を話すイベント

参加申込みはtukitousagitalk@gmail.comまで
またはfacebook「月とうさぎ」イベントページから

毎日を大切に生きろ!というけれど… 
それって具体的にどうしたらいいかわからない。

毎日変わりがない日々を、なんとなく過ごしているように感じるなら…

もしかしたら「死」というものを意識せず
日々を過ごしてきたから、かもしれません。

“穢れ” や、”恐ろしいもの”とされる「死」。
本当にそうなのでしょうか?

「死」を考えることから、「生」を浮き彫りにする。

今をどう生きるか?
どう生きれるのか?

を自身で考え、具体的に今生きる貴方が大切にしているものを探すキッカケになれば、と思います。

死をOPENに話す「月とうさぎ」実行委員会


今野 友紀

これまでいろいろなテーマでお話会を開催。新たに「死」をテーマにしたお話会に共感。参加者それぞれのエピソードをお聞きすると皆同じところを通ってきているな、と思い、生きる希望につながるお話会の実行を決める。

梅岡 有紀

2015年からヨーロッパでデスカフェと呼ばれる活動を岡山で有志と開催スタート。これまで200名近いご参加を頂きました。2018年より新たに「月とうさぎ」会 実行委員会を結成しました。

次回ご案内

第5回は

「月とうさぎ」会 スピンオフ

Back to the Star 七夕 和紙短冊に願いをとおす 

✴︎日時✴︎ 
2018/6/30(土) 14:30 - 17:30

✴︎場所✴︎
岡山 総社  アトリエKsカフェ
〒719-1132  岡山県総社市三輪1002-1
http://ks-art-cafe.business.site/

✴︎参加費✴︎ 
¥3,000 
(別途ワンオーダーお願いいたします。)

※当日 お支払いください。

✴︎内容✴︎ 

「死」を考えることから、「生」を浮き彫りにする。

今をどう生きるか?
どう生きれるのか?

を自身で考え、

具体的に今生きる貴方が
大切にしているものを探すキッカケになれば、と
対話中心で話す会を主催しています「月とうさぎ」

今回は特別はスピンオフ会!

みなさんと 七夕を迎える前に 感覚を解放させて
おもいきり遊ぶ会を開きます!

手を動かして 自分の内なる宇宙と繋がる。

・瞑想
・オリジナル和紙短冊づくり
・死を前にOPENに「願い」を綴る
・天の川を渡る時の合言葉"Hoshi名"を名づける
・笹アレンジ


心を和に、そこに居合わせたみんなで。


✴︎定員✴︎
最大10名様

✴︎持ちもの✴︎
短冊づくりのための白トレーや容器をお持ちください。
サイズ:縦 20~25cm x 横 10~15cm 以上
若干数ご用意します。


✴︎キャンセルポリシー✴︎
参加を決めた方で、やむを得ない事情で参加できない場合は
事前連絡、および後日でも連絡いただけたら何よりです。
良識ある範囲で、よろしくお願い致します。
何も連絡なくキャンセルされた方は
次回以降のイベント参加をお断りさせていただくことがあります。

✴︎お申込み方法✴︎
facebookイベントページの”参加ボタン”を押してください。
折り返し、スタッフからメッセージを致します。
※ イベントページに、コメントもしてくださると確実で助かります!

またはtukitousagitalk@gmail.comヘメールください。

✴︎残念ながら参加できないが、興味がある方✴︎
定期的な開催を予定しています。
今回は来れないが興味がある!という方は ぜひFacebookイベントページの
”興味あり”ボタンを押してください。
次回以降にお誘いいたします。

https://www.facebook.com/tukitousagi/

車でお越しになれます。

これまでの様子

第1回
2018/1/24
10~12時
会場:岡山県総社市
NPO法人吉備野工房ちみち

死を見つめることで今ある生を浮き彫りにする。出会った人の話を聴き合うことで自分に問う。認める。

第2回
2018/2/16
19~21時
会場:岡山県総社市
NPO法人吉備野工房ちみち

高野山真言宗佛教寺 宮地ご住職が自身の死生観を話してくださいました。
それからスタートしたグループトークでは
素直に自然なはなしの数々。
”秘密の箱” 開きました。

第3回
2018/3/30
13~16時
会場:岡山県井原市
 長谷山
曹洞宗 法泉寺様

井原市在住の金川ちよ子さんとの共同開催により、

井原市 長谷山 曹洞宗 法泉寺様で
二部構成により開催。

一部は、ご住職による座禅指導、体験。
北条早雲ゆかりのお寺の歴史語り。

二部が死をOPENに話す「月とうさぎ」会。
檀家の皆様とご一緒に、30代から最高年齢92歳までそれぞれの死や生きる。今回もまたお話し盛り上がりました。

第4回
2018/4/26
19~21時
会場:岡山県総社市
K'sカフェ

死を前に怖いと感じることは何か、なぜか
そんな話を初対面で深く話していく。
それは、一番必要としている希望の話につながっていきました。

実施風景いろいろ

発言は平等に。否定や割り込み一切なし。

スタッフも楽しんでます。

井原の金川ちよ子さん。
むかし語りはじめ
あたたかなもてなしの数々
ありがとうございます。

お茶も大事なエッセンス

総社市K'sカフェ
杉本オーナーの
ご理解と心づくしの
ご協力による開催です。

生きている!
生きててよかった!

K'sカフェさん
外から受付風景

なんでこういうことやってるのか
話してます。

準備の打合せ遅くまでやったあととか
当日終了後すべておわったあととか空はいつでも包み込んでくれますね。

お話しのみならず今後も
いろいろなお楽しみと企画していく予定です。

法泉寺様終了後、
ご住職や奥様が
見送りくださったとき。

2018/4/26
こーちゃんとこの日のすべてを終えて解散したのはあと1時間ほどで日付がかわるような時間。
お月様が挨拶してくれました。