シルキーカバーオイルブロック 苦情

シルキーカバーオイルブロックの苦情について

シルキーカバーオイルブロックの苦情とは


シミと毛穴の開きなどをしっかりカバーすることで大ヒットのシルキーカバーオイルブロックですが、


大手検索エンジンでシルキーカバーオイルブロックを検索すると「シルキーカバーオイルブロック苦情」という予測ワードが出てきます。


しかしシルキーカバーオイルブロックは、口コミでかなりの高評価。


口コミが多いので、ネガティブなレビューもちょくちょく見かけます。


それが苦情という形で検索されています。


ネット上にある苦情を調べてみました。


シルキーカバーオイルブロック購入はこちら


シルキーカバーオイルブロック苦情の例


【皮脂が出やすい箇所はメイクが乱れるという苦情】


シルキーカバーオイルブロックは気になる顔のテカリや毛穴の開き、シミなどを綺麗に隠します。


長いあいだサラサラの状態をキープできる化粧下地ですが、人によっては朝のメイクを持続するのには限界があります。


Tゾーンなどの皮脂が出やすい場所は、化粧を直す必要も出てきてしまいます。


これを改良したい場合、メイクの際に100%ミネラルファンデーションを使用するといいでしょう。


【UVカット成分が入っていないという苦情】


今までにBBクリームやCCクリームといった化粧下地を使用したことがある方は多いと思いますが、


そういった商品には化粧下地の機能とともに、UV対策の機能も兼ね備えているのほとんどです。


しかし、シルキーカバーオイルブロックにはそのようなUV対策の成分が入っていないようなので、


日焼け止めを塗ってから使用するか、UVカット成分が豊富なファンデーションを使用するかしなければなりません。


【極度な凸凹肌は隠しきれないという苦情】


毛穴の開きや肌表面の凸凹をカバーするシルキーカバーオイルブロックですが、


肌の状態によっては隠しきれません。


凸凹が激しいクレーター肌のようにかなりな毛穴の開きは隠せません。


昨今、クレーター肌はレーザー治療などで軽減することが可能なので、ある程度を肌の状態を綺麗にする方が良いですです。


【リキッドファンデーションとの相性が悪いという苦情】


シルキーカバーオイルブロックは、顔のテカリは抑えるものの質感が少しオイリーなので、


油分が多いリキッドファンデーションとの組み合わせには適していません。


BBクリームともあまり相性が良くないので、リキッド系のファンデーションは使用しない方が良いです。


一方、パウダータイプのファンデーションとの相性は優れています。


パウダーファンデーションの方が肌への負荷も少ないし、


メイクも直しやすいので、現在リキッド系を使用している方はこれを機に変更してみるといいです。


【使い方が難しいという苦情】


ふつうの化粧下地は、量を増やすことで隠したい場所を隠すことができるますが、


シルキーカバーオイルブロックは、使用量を増やしてしまうとオイリーになってしまったり、メイクが乱れやすくなります。


使用量は適切にした方がベターです。


シルキーカバーオイルブロック購入はこちら


シルキーカバーオイルブロックの苦情まとめ


これはどのコスメにおいても言えることですが、


シルキーカバーオイルブロックにも、苦情のようなネガティブな口コミは存在します。


200万個を超える販売実績があるので、肌に合わない人がいるのも当たり前です。


肌質や状況にも個人差があるので、まずは自分の肌に合うかを試してみることをおすすめします。


シルキーカバーオイルブロックを公式サイトから注文すれば、30日間全額返金保証制度が付いているので、


実際に使ってみて自分の肌に合うかどうかが心配な方でも安心です。


大手ECサイトやオークションサイトなどでシルキーカバーオイルブロックが売っている場合もあります。


しかし品質管理について不安もありますし、返金保証も使えないので、公式サイトからの購入の方が安全でお得です。

購入するのであれば公式サイトからの購入がオススメです。


シルキーカバーオイルブロック公式はこちら⇩