このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
078-981-1089
9:00~12:00 / 16:00~20:00

椎間板ヘルニア専門
荷重線を変える
専門施術!
ヘルニア専門治療器
プロテックⅢ

改善例多数!
現役プロ野球選手来院!

兵庫県神戸市北区にある
「もみの木整骨院」
あなたの未来を改善するお手伝いをします
相談は
無料!

コロナ感染対策について

 兵庫県は緊急事態宣言が解除されました。日々、感染者の減少により、当院も自粛を解く形にはなってまいりましたが、完全終息までは「消毒」と「密を避ける」取り組みを継続して続けてまいります。

  1. すべてのスタッフはマスクを着用いたします。
  2. すべてのベッド・マクラ等はお一人ずつ消毒をいたします。
  3. ご来院の際は発熱が疑われる場合、ご遠慮ください。
  4. 入口に消毒液をご用意いたしております。ご来院の際は必ずご利用ください。
  5. 予約を取る際は「密を避ける」ために余裕を持って予約を取っておりますので、ご希望のご予約日時に添えないことがございます。
 当面の間、以上の取り組みを致しておりますので、皆様には何かとご迷惑をおかけするとは思いますが、よろしくお願い申しあげます。
院長

椎間板ヘルニアの方が抱えてるお悩み
そのお悩み解決します!

改善された方々の声

手術でもダメだったのに、ここの施術で日常生活に支障が出なくなりました

神戸市北区 20代 男性
 昨年の6月に腰椎椎間板ヘルニアになり、手術をしましたがなかなか痛みが引かず悩んでいました。

 インターネットでこちらの整骨院を知り、通院をはじめました。回数を重ねていくごとに良くなっていき、今では日常生活に支障をきたさないくらいまで回復しました。

 これからも通院して、痛める前と同じくらい動けるようになりたいと思っています。これからもよろしくお願いします。


※効果には個人差があります。
VOICE

複雑に絡み合った原因を、いろんな治療法で治してもらいました

神戸市北区 40代 男性
 よくある整形外科でレントゲン、MRI、ブロック注射ときて、よくならず、本屋で腰痛本を立ち読み。あてずっぽで近くのこの“もみの木”に来て、雰囲気や現代の治療をしている感じがしました。

 筋肉からか骨からか、二分して考えられない原因をさぐりながら、いろんな療法で直してもらいまいした。ここで教えてもらった家で1人でできるメンテナンスは腰痛持ちには、とても助かります。


 腰痛も十人十色、合う病院も十人十色。私はたまたますぐ合う所をみつけられました。ありがとうございます。


※効果には個人差があります。
VOICE

お蔭様で仕事を休むことがなくなりました

西宮市山口 30代 女性
 介護職の為、以前から腰痛があり、今年春にヘルニアと診断されて始めは整形外科に通院していました。

 一時的に痛みが収まっても、重い物を持つとまた痛みが出てしまい、完治を願ってこちらに通院させてもらいました。


 お陰様で仕事を休むことなく過ごせています。


※効果には個人差があります。
VOICE

1日2回薬を飲んでいたのが今や全く飲まずに生活しています

三田市けやき台 30代 女性
 他院で椎間板ヘルニアと診断され、左足全体がしびれて長時間立つ事が出来ず、日々の家事をこなすのが苦痛で足の痛みと精神的苦痛と弱っていた時に、インターネットで調べて、通院し始めました。

 1日2回痛み止めを飲んでいた日があったのに、今では全く飲む事もなく、家事もスムーズに行う事が出来るように。先生に、色々な日々の生活の注意的も教えて頂き、とても良かったです。

 無理なく治療出来て良かったです。有難うございました。

※効果には個人差があります。
VOICE

手術でもダメだったのに、ここの施術で日常生活に支障が出なくなりました

神戸市北区 20代 男性
 昨年の6月に腰椎椎間板ヘルニアになり、手術をしましたがなかなか痛みが引かず悩んでいました。

 インターネットでこちらの整骨院を知り、通院をはじめました。回数を重ねていくごとに良くなっていき、今では日常生活に支障をきたさないくらいまで回復しました。

 これからも通院して、痛める前と同じくらい動けるようになりたいと思っています。これからもよろしくお願いします。


※効果には個人差があります。
VOICE

椎間板ヘルニア、、、
このようなことで
お困りではないですか?

ヘルニアと診断されたけれど、手術は勧められなかった
ヘルニアなのに湿布と薬だけでどうにもならない
痛みがきつく、しびれていて生活が困難
手術をしたのに良くならない
整体や矯正、鍼、病院のリハビリを試したが効果がない
手術以外の方法で治したい
マッサージをしているが効果がない
手術をしたのに良くならない
辛い症状を抱えている方へ

当院の選ばれる理由

理由

1

根本的な原因にアプローチするから

 なぜヘルニアになったのか? その答えは腰椎の理想的な荷重線がズレていたからです。そのズレを戻すことこそが根本療法と言えます。

理由

2

ヘルニア専門の治療器があるから

元ソフトバンクホークスの小久保選手のヘルニアがプロテックⅢで解消したことは有名です。TV放送でご本人が「この治療器ですっかり治った」と公言されていました。また、現役プロ野球選手が当院のプロテックⅢ治療を求めて来院されました。

 地域で当院しかないプロテックⅢで改善している方が多くいらっしゃいます。

※野球選手や有名人等の「本当の来院」では、肖像権の問題がありますので実名は控えさせております。

理由

3

他院で治らない方のための施術だから

 患者さんの声を見ていただければ分かりますが、みなさん病院、整骨院、整体院、鍼灸院など、どこへ行っても改善しなくて困っていらっしゃった方がいらしています。

理由

4

治療法が豊富に揃っているから

 唯一無二の完璧な治療法はありません。というのも、それぞれの治療法には得意・不得意があり、また人によって適応が違ったり、同じ人でもステージにより治療法を変えなければならないことがあるからです。

 徒手療法から物療、運動療法、鍼灸まで幅広くカバーしてみなさまを改善へ導きます。

理由

1

根本的な原因にアプローチするから

 なぜヘルニアになったのか? その答えは腰椎の理想的な荷重線がズレていたからです。そのズレを戻すことこそが根本療法と言えます。
当院の改善の理由

荷重線矯正法

椎間板にかかる負担を荷重線から変えるので良くなるのです

椎間板がつぶれていますよ、、、
レントゲンやMRIを見た医師はこう説明してくれます。

なぜつぶれたのですか?
相当な重さをかけたのでしょうか?
なぜ自分の体重だけでつぶれてしまうのですか?

すべての原因は荷重線にあるのです。

つぶれた椎間板を取り除くのではありません。

椎間板をつぶしたのは椎間板にかかる負担です。

真の原因である負担を改善するのです。

ヘルニア専門施術開発者

柔道整復師・鍼灸師・整体師

水根健一

 14年前に痛みの改善を目的とした「もみの木整骨院」を開業。それまでの留学経験を駆使し、海外の最新治療を取り入れて、痛みで苦しむ方々の助けとなるべく治療法を研究。その甲斐あって、病院で見放された方や、保険が効かないような高額な手術をしても治らなかった重症者を次々に改善する方法を開発した。
写真は「膝の痛みに勝つ!」講演会

主な研究分野

  • 理学療法系:マッケンジー法(椎間板への運動療法)、AKA、関節モビライゼーション
  • 整体系:カイロプラクティック(ART、ディバーシファイド、アクティベーター、COX、Thompson、SOT)、オステオパシー(MET、HVLA、内臓マニピュレーション)、日本古式伝統整体、筋膜リリース
  • 西洋医学的考察系:機能神経学、精神医学
  • 物理療法:高電圧治療、超音波治療、プロテック治療
  • 東洋医学・中医学的考察:陰陽、五行、五臓六腑、経絡、鍼灸、吸角など
  • 基礎医学系:上海中医薬大解剖実習留学
  • 西洋医学的考察系:機能神経学、精神医学

著書

産後ケアセラピスト
プロ養成講座
みなさんが抱く

よくある質問集

FAQ

Q手術が必要と言われたのですが、それでも治りますか?
A 手術が必要かどうかは医師の判断で決まります。しかし、、、

 医師が「手術が必要」と言ったからといって、絶対に手術が必要ではないケースもあります。

 実際、当院にいらして「手術と言われた」という方が完治した例はたくさんあります。ですが、手術が必要な緊急なケースもありますので、分からなければ下のフォームでメールでの相談をしてください。
Q何回ほど通えば治りますか?
A この質問はよくされますが、、、

 その方の重症度と生活様式で決まります。ですので、あいまいな回数はここでは言えませんので、ぜひ実際に当院へいらしてご相談ください。

 一口にヘルニアと診断されても、その重症度、神経症状の有無、治療への反応の個人差、セルフケアがしっかり続くかどうか、ということも関係します。

 ですので、無責任にも〇〇回で改善!や、1回で劇的改善!というようなことは言えません。むしろ、1回などで改善するはずもありませんので、1回で症状を消してくれという方はモルヒネ様薬を使うことをお勧めします。

 当院はそのようなその場限りの改善ではなく、ずっと健康な腰を手に入れたいという方のための治療院です。
Q治療はどのようなことをするのですか?
A 荷重線を変える施術になります。

 椎間板にかかりすぎる負担を減らすような荷重線にするため、プロテックⅢ(椎間板への直接刺激ができる治療器)、その他の物療機器、手技(ボキボキしない)、鍼灸で改善へと導きます。
Qどうしてその治療法で良くなるのですか?
A はい、これは自信を持ってご説明します。

 荷重線を変えなければ本当の意味でよくなりません。

 そもそも椎間板がつぶれてぺしゃんこになったり、とび出して(ヘルニア)になったりするのには理由があります。それは椎間板に荷重がかかり過ぎているのです。これはあなたの体重が重いからでも、重い荷物を持ったからでもありません。


 背骨が柱だからといって、上半身すべての重みが椎間板に載っている訳ではないのです。ですが、悪くなっている方は椎間板で体重を支えてしまっているのです。


 この体重がかかる荷重ラインを少し変えてあげるだけで、椎間板だけにかかる負担を減らすことができるのです。


 ヘルニアになる原因はこの荷重負担です。ですから、根本から治すには荷重負担を減らすことが一番なのです。
Q病院の治療とはどう違うのですか?
A 対症療法と根本療法の違いです。

 病院での治療は対症療法です。とび出したヘルニア(軟骨の突出部分)を手術で取り除くのが主な治療です。これは病気の結果に対して行うことです。緊急性の高い場合はこれもやむを得ません。

 他方、当院の治療は根本治療です。上の質問で述べたように、荷重線の狂いが椎間板をぺしゃんこにしているので、その荷重線を変えるということは根本的な治療となります。
Q症状は治療だけでよくなるのですか?
A もちろんセルフケアもお願いします。

 そもそもなぜヘルニアになってしまったのかを考えると、姿勢や体の使い方が悪かったせいでヘルニアになってしまったのです。

 根本的に治すには姿勢や腰椎の支え方を変えないといけませんので、セルフケアも必ず行っていただいて、筋肉の再教育を行います。
Q何回ほど通えば治りますか?
A この質問はよくされますが、、、

 その方の重症度と生活様式で決まります。ですので、あいまいな回数はここでは言えませんので、ぜひ実際に当院へいらしてご相談ください。

 一口にヘルニアと診断されても、その重症度、神経症状の有無、治療への反応の個人差、セルフケアがしっかり続くかどうか、ということも関係します。

 ですので、無責任にも〇〇回で改善!や、1回で劇的改善!というようなことは言えません。むしろ、1回などで改善するはずもありませんので、1回で症状を消してくれという方はモルヒネ様薬を使うことをお勧めします。

 当院はそのようなその場限りの改善ではなく、ずっと健康な腰を手に入れたいという方のための治療院です。
ご来院のあなたに

当院からの
お願い

予約制

 当院は予約制にしており、患者様のお時間とヘルニア治療時間の確保を最優先にしております。ですので、ご来院の際は必ずご連絡くださいますよう、お願いします。

資料をお持ちください

 当院の方針で「ヘルニアの方を治療するためのきちんとした見立て」を心がけております。そのため、お手元に検査や処方に関する資料(レントゲン、CT、MRI、血液検査、お薬手帳、ドック結果等)がございましたら、お手数ですがお持ちいただけたら治療を行うのに助かります。
 もしお手元になくても、こちらで独自の検査を行いますのでご安心ください。

ご予約はお電話で

 当院は最初のお電話で簡単なヘルニアに関する問診をさせていただくので、ネットでの予約システムは導入できません。

 最初のお電話であなたのヘルニアの状態を把握し、その上で問診や治療の時間を割り出して、時間枠を確保します。

 当院では「本当の意味でのオーダーメイド医療」を行うため、初診時の滞在時間が30分ほどで済む方から、2時間以上かかる方までさまざまです。

 また、当院の治療にマッチしない場合は別の医療機関をご紹介することもあります。わざわざ来ていただくという二度手間を防ぎます。

 当院の性質上、飲食店やマッサージ店のようにインターネットで一律予約をお受けできません。どうかご理解の上、お手数ですがお電話でご予約ください。

ご予約はお電話で

 当院は最初のお電話で簡単なヘルニアに関する問診をさせていただくので、ネットでの予約システムは導入できません。

 最初のお電話であなたのヘルニアの状態を把握し、その上で問診や治療の時間を割り出して、時間枠を確保します。

 当院では「本当の意味でのオーダーメイド医療」を行うため、初診時の滞在時間が30分ほどで済む方から、2時間以上かかる方までさまざまです。

 また、当院の治療にマッチしない場合は別の医療機関をご紹介することもあります。わざわざ来ていただくという二度手間を防ぎます。

 当院の性質上、飲食店やマッサージ店のようにインターネットで一律予約をお受けできません。どうかご理解の上、お手数ですがお電話でご予約ください。

施術料金

初診料 2,000円(税別)
施術料 4,000円(税別)
備考 初回は初診料と施術費を合わせて6,000円(税別)となります。これらにはすべての施術をカバーしております。当院ではこの料金内でできることすべて行いますので、オプション追加でどんどん料金が増えることはありません。ご安心ください。
備考 初回は初診料と施術費を合わせて6,000円(税別)となります。これらにはすべての施術をカバーしております。当院ではこの料金内でできることすべて行いますので、オプション追加でどんどん料金が増えることはありません。ご安心ください。
無料相談はこちら
納得してからご来院ください!
まずあなたのお悩みに当院がお手伝いできるのか、またあなたが抱く疑問などを解消して、納得してからお越しください。そのための無料メール相談です。お気軽にご相談ください。

アクセス

院名 もみの木鍼灸整骨院・治療院
代表 水根健一
住所 兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12
電話 078-981-1089
住所 兵庫県神戸市北区藤原台北町6-7-12

無料相談お申込みフォーム

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

腰部ヘルニアについて
知識バンク

Q腰椎椎間板ヘルニアに罹患する性差、年齢に特徴はありますか?
A 男女比で2~3:1です。年齢は20代~40代が中心です。
 男性が多いのは股関節の向きの関係上、腰椎が後弯しやすいのが男性、前弯しやすいのが女性であるからだと思われます。また、年齢的に40代までに多いのは、椎間板の柔軟性により、椎間板がヘルニアになりつぶれやすいのがこの年代だと言えます。
Q腰椎椎間板ヘルニアの発生に及ぼす環境因子はありますか?
A さまざまな環境要因が報告されています。
 男性では重労働者のほうが、ホワイトカラーに比べて多いと言われています。また、職業運転手や機械・金属労働者のほうがホワイトカラーよりも3倍発生のリスクが高い、女性では主婦が最もリスクが低いという報告があります。
Q腰椎椎間板ヘルニアになりやすいスポーツはありますか?
A さまざまなスポーツ間で比較調査が行われましたが、有意な差はみられませんでした。
 野球やゴルフ、ラケットスポーツなどの主なスポーツ間での差を比較した結果、有意差は確認できませんでした。
Q突出した部分(ヘルニア)は自然になくなると聞いたのですが本当ですか?
A すべてが消失するわけではありませんが、保存療法での追跡調査では退縮しているケースも多々あります。
 保存療法が有効であったケースではかなりの数でヘルニアのサイズが小さくなっています。小さなヘルニアよりも大きなヘルニアのほうが退縮率が大きいです。
 また、髄核が脱出したヘルニアのほうが、椎間板が膨隆しただけのヘルニアより吸収され消失されやすいです。
 あと、年齢も関係して、40代までなら退縮、消失がしやすいようです。
Q腰椎椎間板ヘルニアは自然に消えていくと言いますが、どれくらいの期間で消えていくのでしょうか?
A 平均で200日前後で消退するという報告があります。
 研究ではヘルニアが退縮していく様を記録する期間がさまざまで、一定した分析ができにくくなっています。しかし、2~3か月でかなり小さくなる例も少なからずある、というのが結論です。
Q腰椎椎間板ヘルニアの大きさは症状の強さに一致しますか?
A 相関関係はある程度ありますが、ヘルニアが大きいからといって必ずしも症状が強いわけではありません。
 研究によれば、CT検査によるヘルニアの面積比にしたがって症状の強さ、SLRの陽性率が大きくなるとされています。しかし、必ずしもそれらが一致するとは限りません。
Q腰椎椎間板ヘルニアには遺伝は関係ありますか?
A いろんな要因があるうちの一つとして遺伝的要因が挙げられていますが、まだまだ研究が足りなく信頼性に欠けます。

 若い罹患者において、家族的集積性があるとされています。また、遺伝子の研究によると、関係性が指摘されています。しかし、後天的な要因も無視できません。
Q腰椎椎間板ヘルニアの画像診断以外で有用な検査はありますか?
A Straight Leg Raising陽性が椎間板ヘルニアに有用な所見であると言われています。

 Straight Leg Raising(以下SLR)は椎間板ヘルニアに対して、敏感度Sensitivity0.85、特異度Specificity0.52という研究があります。また、Crossed SLRでは敏感度Sensitivity0.30、特異度Specificity0.84でした。

 つまり、SLRとCrossed SLRが両方陽性であれば敏感度と特異度の両者が0.8を超えるため、有用な検査だと言えます。
Qレントゲンを撮って「ヘルニア」と言われました。さらにMRI検査が必要だとも言われたのですが、レントゲンでは分からないのですか?
A 単純レントゲン撮影で腰椎椎間板ヘルニアの描出は不可能です。

 軟骨の変形を描出するのにはMRIが必要です。ではなぜ単純レントゲン撮影で「ヘルニア」と言われたかと言いますと、おそらくは椎体間の狭小化により、「ヘルニアの可能性がある」という意味だったのでしょう。

 現在のところ、研究では椎体間が狭くなっているからといって、ヘルニアがあるということにはなっていません。

 ただ、神経根症状を出すのはヘルニアだけではなく、腫瘍などの骨破壊性病変や脊椎変形なども可能性があるので、鑑別診断をするために単純X線撮影は有用です。
Q腰椎椎間板ヘルニアに脊髄造影検査は必要ですか?
A 脊髄造影は必ずしも必要ではありません。MRIやCTで間に合う場合があります。

 以前は脊髄造影は腰椎椎間板ヘルニアの診断に用いられた検査でしたが、近年はMRIやCTのほうが被爆のリスクが少ないのであまり使われません。
Q腰椎椎間板ヘルニアにカイロプラクティックのようなボキボキする施術は有効でしょうか?
A カイロプラクティックを含む脊椎に対する手技をSpinal Manipulationと総称されています。現在では、このSpinal Manipulationが有効であるという科学的根拠がしっかりした研究がありません。

 腰椎椎間板ヘルニアに対してspinal manipulationは歴史上、長く行われてきました。研究や発表はその分多種多様です。

 日本では、整形外科的治療(PTが行うリハビリテーション等)、東洋医学的治療(鍼灸など)、民間治療的治療(いわゆる整体)に立った、あるいはアメリカのカイロプラクティックを真似たspinal manipulation(日本では正式な資格がないため「真似た」となっている)が行われています。

 それぞれが独自の理論を展開して、その結果を報告しています。これらの治療が腰椎椎間板ヘルニアに対する保存的治療の1つとして認知し治療体系に組み込むに値するかどうかは十分に検討されていません。

 ここまでは整形外科学のガイドラインです。ところが、当院でもありますように「改善」をしている方はたくさんいらっしゃるのです。十分な根拠を提出できていないからということで、この「改善」を否定することは、医療の発展の未来を否定することにつながりはしないかと思われます。

 当院では、できる限りのエビデンスが証明できる施術法、または理論的に依拠した方法で治療を行っております。
Q腰椎椎間板ヘルニアで痛み止めの薬が処方されまいた。飲んで治るのですか?
A 非副腎皮質ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)の有効性は報告があります。

 NSAIDsの有効性は筋弛緩剤との併用において、腰痛症一般と腰椎椎間板ヘルニアで有効性があると報告があります。しかし、NSAIDs単独での有効性についての十分に研究した報告はありません。

 さらに、抗炎症薬は炎症での発痛物質をブロックする薬なのです。炎症=ヘルニアではありませんので、ヘルニアが治るわけではありません。
Q腰椎椎間板ヘルニアに牽引療法がよく行われていますが、有効なのでしょうか?
A はっきりした研究がなされていないので、なんとも言えないのが現状です。

 牽引療法を単独で腰椎椎間板ヘルニアの症例に行った研究がなく、単独の牽引療法がヘルニアによる腰痛、下肢症状に有効であるかどうかは分からないのが現状です。
Q腰椎椎間板ヘルニアで緊急手術が必要な場合はどんなときですか?
A 重度の馬尾症候群では緊急に手術が必要です。

 馬尾障害が発生した腰椎椎間板ヘルニアの予後は不良とされ、時間的要素が重要だと考えられます。

 排尿障害、直腸障害の予後不良因子の1つには、手術までの時間が重要になります。急性発症から手術までの時間が48時間以内と以後では膀胱直腸障害、下肢感覚障害、運動障害の回復に有意差がみられたとの報告があります。
Q腰椎椎間板ヘルニアと診断されて、手術に至る人の割合は?
A 一定期間以上、保存的治療を行ったが効果がなかった症例のうち手術にいたる割合は約20%~50%です。

 ただ、この数字は「全ヘルニア」の2割から5割ではないので誤解しないでください。保存的療法が無効であった人のうち、重症度が高く耐えがたい症状で手術に至った方の例です。

 保存的療法(手術以外の治療法)で治癒した方の正確な数が把握できないので、この研究で報告されている数字には開きがあります。

 この数字を多いとみるか、少ないとみるかは別にして、やはり最初は保存的療法を選択するのが現在の治療戦略です。この時、ちょっとありきたりなリハビリやマッサージ、電気などを受けて治らないと考えないでください。

 腰椎椎間板ヘルニアを改善させるには、効果的な治療を受けるのが大切です。
Q腰椎椎間板ヘルニアにおいて、手術をするのと、手術をせずにリハビリや運動療法などで治療するのとどちらが後々の状態がいいのでしょうか?
A 差はありません。

 手術をしない治療と手術を比較すると,臨床症状に関しては手術的治療のほうが長期的にも良好ですが、10年後にはなくなってきます。

 また、数週間疼痛が続いた例を調べた結果、手術をしない群と早期に手術した群とを比較すると、長期的には差がなかったとあります。
Q腰椎椎間板ヘルニアの手術後、再発率はどれくらいですか?
A ヘルニア摘出術後の再手術率は5年後で4〜15%です。

 また、同一椎間での再手術例を再発ヘルニアとすると、再発率は術後1年で約1%,5年で約5%です。

 ただし、気を付けなくてはいけないことは、腰椎椎間板ヘルニア摘出手術は「根治的な治療法ではない」ので、再発の可能性が常にあります。再発ヘルニアの頻度や再手術にいたる頻度を考慮に入れて、手術を受けることをお勧めします。
Q腰椎椎間板ヘルニアに罹患する性差、年齢に特徴はありますか?
A 男女比で2~3:1です。年齢は20代~40代が中心です。
 男性が多いのは股関節の向きの関係上、腰椎が後弯しやすいのが男性、前弯しやすいのが女性であるからだと思われます。また、年齢的に40代までに多いのは、椎間板の柔軟性により、椎間板がヘルニアになりつぶれやすいのがこの年代だと言えます。