カードローンの返済が苦しい時に読む

「カードローンの返済が苦しい…」「家族や会社にバレずに解決したい…」「返済のめどが立たない」「債務整理を検討中」当サイトは誰にも知られず内緒で借金の返済を解決する方法を紹介しています。借金問題に特化した全国の弁護士事務所や、安い費用で債務整理する方法などの情報をまとめました。

カードローンの返済ができない時

カードローンで借金をしたのはいいが、お金を返すことが出来なくなってしまった、返したいけど返済目処がなくて、数ヶ月滞納してしまったら、どうすればいいか悩んでしまうと思います。

本来であれば、借金した金融会社などに連絡をして、支払いが出来る日を伝えなくて吐けませんが、数ヶ月も滞納しているとなると、目処すら立てることが困難です!

また返せないので、金融会社などから連絡が来ても、無視して滞納をしている人もいるでしょう。

でも電話に出たとしても、「すぐに払え」と言ったりはしません。


多くの所が、「いつまでにいくら入金することが可能か」など、返済の約束をするだけだと思います。

でも何社からも借金している人だと、同じような電話が何度もくることになるので、お手上げ状態になってしまうでしょう。

でも借金の滞納を続けるのはNG。
下記では、借金を滞納し続けるとどのようになるのか説明しておきます。

POINT
1

催促の電話が来て、いつまでに返済が出来るか確認される

まずは、ほとんどの業者が、支払期限の翌日や、遅くても2~3日には、電話をかけてきます。

業者側は、「支払期限お忘れでしたか?」と初めは丁寧な口調で話してくることが多いですが、最後には「いつまでに入金出来ますか?」と必ず確認されます。
POINT
2

督促状が郵送されてくる

電話で催促をされたけど、そのまま返済しないでいると、督促状が送られてきます。
これは電話を無視していても同じです。

内容は、返済金額と延滞金を指定された日までに返済するようにというような内容になっていると思います。

返済しないでいると、「一括返済しなければなりません」という内容の手紙が届きます。
POINT
3

一部の業者では状況確認や交渉のために自宅に来ることがある

全ての業者ではありませんが、一部の業者まで自宅まで来ることもあります。

居住確認のためや、返済が苦しいという人のために、毎月の返済額の交渉をしたりもします。

自宅までくると聞くと、大声を出されたりするんじゃないかと不安になってしまうかもしれませんが、ヤミ金じゃない限り、玄関先などで大声を出されたりすることはありませんし、「今すぐ返せ」など迫ってくることはありませんので、安心してください。
POINT
4

残債の一括返済を請求される

連絡をしたのにも関わらず、何も反応をしなかったり、未納状態がずっと続くと、借金の残りと滞納金の合わせた金額を、一括返済するように請求されます。

借金を返すことが出来なくて返済できなかったのに、一括返済を請求されても、無理なのは当たり前ですが、業者としては「最後の通告ですよ」というような意味合いで請求しています。

これは最悪な状態になるというイエローカードだと思った方がいいでしょう。
POINT
5

簡易裁判所から内容証明郵便が届く

債務者が簡易裁判所に債務不履行の申し立てをしたことで、内容証明郵便が届きます。

これは、「利用した金融会社があなたを訴えています」というような内容の手紙です。
また裁判所に出廷するようにと日時が指定されて、呼び出されます。

これにしっかり従い出廷すればいいですが、無視したり、和解内容に反して滞納をすると、強制執行され、財産や給料を差し押さえされます。

給料が差し押さえになってしまうと、勤務先にも借金を滞納していることを知られてしまうので、ピンチです!

このように返済しないで滞納を続けてしまうと、ドンドン最悪な事態になってしまうということです。
こんな事態にならないためには、無視したりせずに先方にしっかり連絡を入れるようにしたほうがいいでしょう。

どんな対策をすればいいの?


1

おまとめローン

おまとめローンとは、借金をひとまとめにする方法ですが、その時点で既に滞納してしまっていると、おまとめローンの利用が難しくなってしまいます。

ということは、おまとめローンは、貸付条件が厳しく、利用する人の収入や、借入総額、返済状況などで、利用出来るかできないかが決めるということです。
そのため利用出来ない人も多くいます。

ですが、おまとめローンを利用する人のほとんどが多重債務者が前提だと考えられるので、審査が厳しくなるのは仕方がないことかもしれませんね!

また例え利用出来たとしても、
返済期間が長くなるなどすると、返済総額が逆に増えてしまう可能性も多いようです。

利用を考えるのであれば、返済できない状況になる前の段階で、先手を打つ人だけと考えるといいかもしれません。


債務整理

これは債務者と交渉したり、裁判所に申し立てをして法律で解決する方法です。

借金額が大きく、収入の増加が見込めなかったり、上記のものでも返済が無理な場合に選択する人が多いです。

これは利息を無くしたり、過払い金を請求いたり、総額を減らしながら返済したりなど、いくつかの手続きを選ぶことが出来ます。
このような立場の人が結構多いのが事実です!


債務整理には「任意整理」「個人再生」「民事再生」「自己破産」と種類が分かれていて、自分の借入状況によって選べます。

中でも最も利用される任意整理は、返済額を減額してもらえます。

また任意整理の場合、会社や家族にバレる心配もないので安心です。

ですが、プロに任せるので、費用がかかってしまうので、その点も気になると思います。
ですが、支払方法は分割にしたりも出来るので、気になる人はそのあたりも相談するといいでしょう。


1

おまとめローン

おまとめローンとは、借金をひとまとめにする方法ですが、その時点で既に滞納してしまっていると、おまとめローンの利用が難しくなってしまいます。

ということは、おまとめローンは、貸付条件が厳しく、利用する人の収入や、借入総額、返済状況などで、利用出来るかできないかが決めるということです。
そのため利用出来ない人も多くいます。

ですが、おまとめローンを利用する人のほとんどが多重債務者が前提だと考えられるので、審査が厳しくなるのは仕方がないことかもしれませんね!

また例え利用出来たとしても、
返済期間が長くなるなどすると、返済総額が逆に増えてしまう可能性も多いようです。

利用を考えるのであれば、返済できない状況になる前の段階で、先手を打つ人だけと考えるといいかもしれません。

【最終手段】到底返せる見込みがない場合

借金を返済していたけど、もう返済することが出来なくなった時の最後の手段として考えられるのが自己破産です!

自己破産をすると借金を無くすことが出来ますが、その分デメリットもあるので、手続きをしてから後悔をしてしまう可能性があります。

手続きをしてから後悔をしてしまわないように、自己破産についてあらかじめ知っておいたほうがいいことがあるので、紹介していきます。

自己破産とは?

自己破産とは、借金が返済できなくなった場合の最終手段として裁判所と通じて支払いの義務を免除してもらう手続きのことです。

手続きをするためには、破産の申し込みと借金をゼロにするために免責許可の申し立てをする必要があります。

免責許可はいつも決定されるわけじゃなく、決定しない場合は借金を無くすことが出来ません。

自己破産のメリット

  • 借金を無くすことが出来る

    自己破産の申し立てをして、免責許可が決定されると、借金を無くすことが出来るので、夜逃げや自殺をしなくても大丈夫です!

    借金がなくなったので、返済のことを心配することなく、また新たな気持ちで生活することが出来ます。
  • 強制執行されない

    返済が出来ないと、最悪な場合強制執行されることがありますが、自己破産をすると、強制執行をされずに済みます。

    債権者は破産手続きを通じないと債権回収が出来ませんし、税金を滞納していたとしても、国税局の徴収も出来ません。
  • 財産をいくらか手元に残すことが出来る

    自己破産をしても全ての財産を失う訳じゃないんです!

    自己破産後に生活していくのに最低限の財産が必要なので、少しは手元に残すことが出来ます。

    自己破産と聞くと、住むところも生活費もないと勘違いする人がいますが、そうではないので安心してください。
  • 借金を無くすことが出来る

    自己破産の申し立てをして、免責許可が決定されると、借金を無くすことが出来るので、夜逃げや自殺をしなくても大丈夫です!

    借金がなくなったので、返済のことを心配することなく、また新たな気持ちで生活することが出来ます。

自己破産のデメリット

  • 官報への記録

    国の機関紙の官報に住所や氏名が記録されてしまいます。

    ですが、官報は書店などに販売されていないので、一般の人の目に触れる可能性がほぼありません。

    官報を見て連絡してくる貸金業者(闇金やソフト闇金)も中にはいますが、自己破産をしたら新たな借入は5年間できないので絶対に借りないように!!
  • ネット上に裁判結果記録が記載される

    ネット上に裁判結果記録が掲載されてしまいます。

    裁判記録は、年間で600万件以上が新たに記載されますが、その中に175万件以上の自己破産に関する裁判結果記録が記載されているので、一般の人があなたを特定するのはかなり困難です!
  • 財産の喪失

    自己破産すると財産は無くなってしまいますが、全ての財産が対象じゃなく、高額の財産だけです!
    処分の対象になるのは、99万円以上の現金と時価20万円以上の財産と不動産などなので、家具などの生活に必要な物は処分されません。
  • 居住移転を制限される

    自己破産の手続きが始まると、財産などの調査が始めるので、裁判所の許可がないと、居住地を離れられません。

    そのため、勝手に引っ越ししたり、長期旅行をするのには制限があります。
    ですが、数日間の短期旅行や出張などなら裁判所の許可が無くてもすることが出来ます。
  • 再度の自己破産の制限がある

    原則として一度自己破産しても再度自己破産をすることが出来ます。
    ですが、再度自己破産をするには原則7年間は免責をすることが出来ません。

    また自己破産は、裁判所により借金を免除してもらう制度なので、裁判所から免除を許可してもらえないと、借金を免除してもらえないんです!

    それに2度も自己破産を申請すると、心証が良くないので、不許可事由を厳しく審査される可能性もあります。
  • 職業や資格の制限がある

    自己破産をすると一定の職業や資格の制限があります。

    ちなみに制限を受ける職業や資格は、弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、不動産甘英氏、行政書士、社会保険労務士、警備員、古物商、株式会社や有限会社の取締り役や監査役になる資格など、他にも色々あります。
  • ブラックリストに載る

    自己破産をすると、信用情報機関が作成や運営をする情報をまとめたもの(通称ブラックリスト)に金融事故情報として載ってしまいます。

    この情報は、金融業者であれば共有することが出来るので、新たに借入をすることが出来ません。

    なのでローンなどを組むために、クレジットカードを作ろうとしても、約10年くらいは無理だと思っておいた方がいいでしょう。

    1度ブラックリストに載ってしまうと、自己破産をしたとしてもすぐに消されることはなく、最低3~10年は残ると言われています。
  • 官報への記録

    国の機関紙の官報に住所や氏名が記録されてしまいます。

    ですが、官報は書店などに販売されていないので、一般の人の目に触れる可能性がほぼありません。

    官報を見て連絡してくる貸金業者(闇金やソフト闇金)も中にはいますが、自己破産をしたら新たな借入は5年間できないので絶対に借りないように!!

自己破産をした後の生活について

Q
生活費は?
A
自己破産をすると財産が処分されるので、生活出来ないんじゃないのかと心配になる人が多いと思いますが、先ほども言いましたが、全ての財産を処分されるわけじゃないので、ある程度は手元に残すことが出来るので、生活することは出来ます。
Q
クレジットカードは作れる?
A
自己破産をするとブラックリストに載ってしまうので、新しくクレジットカードを作ることは出来ません。

といっても、もう一生作れないという訳じゃなく、ブラックリストから削除されれば作れるようになります。

一般的には、ブラックリストに載っている最高で約10年は無理だと思っておきましょう。
Q
家や車などの財産はどうなる?
A
自己破産をすると20万円以上の価値がある財産は処分されるのが原則なので、家や車は処分の対象になります。

家を無くしたくない場合は、個人民事再生の手続きを選択してもいいですし、ローンを支払っている車がある場合などで、車が必要な場合は、車をローン会社へ返却して、安い中古車を代替えする方法もあります。
Q
家族への影響は?
A
自己破産をした時に、家族へ何か影響があるのかと不安になってしまうと思いますが、家族への借金の取り立てや強制執行がされることはないので、安心してください。

ですが、例外があり、もしも連帯保証人が家族になっている場合は、借金を返済を求められてしまうので、自己破産をする前に家族に相談することをオススメします。
Q
生活保護を受けることは可能?
A
自己破産したら生活保護が受けられないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません!

生活保護とは、健康な生活を保障するものなので、自己破産をしても生活を立て直すために必要なら、生活保護を受給することが可能です。

ですが、そのためには祭典減の収入がないことと仕事が出来ないことを証明しなくてはいけません!
Q
生活費は?
A
自己破産をすると財産が処分されるので、生活出来ないんじゃないのかと心配になる人が多いと思いますが、先ほども言いましたが、全ての財産を処分されるわけじゃないので、ある程度は手元に残すことが出来るので、生活することは出来ます。
絶対一人で抱え込まないで!
借金問題は一人で抱え込まず、必ず誰かに相談して下さい。
放置しておくと利息が膨れ上がり、大変なことになります。

現在では法テラス制度もあり、費用も抑えられるので一度弁護士に相談することをオススメします。

弁護士は必ず債務整理に特化しているところを選びましょう!ほとんどの弁護士事務所は相談だけなら無料で乗ってくれて、自分に合った返済計画なども詳しく教えてくれます。

一番NGな行動は、借金を返済する為に新たに借入をすることです。
そんなことをしても雪だるま式に借金は増える一方で解決から遠くなってしまうので止めましょう。

闇金やソフト闇金に手を出すのは論外です!


また、自己破産は最終手段なので、避けられるのであればしないのが1番なので、しっかり考えるようにしましょう。