ロート製薬オリジナルの飲む日焼け止め【ヘリオホワイト】

紫外線って浴びないほうがいいってわかってるけど日焼け止めを塗るのって面倒。

そんな時に飲むだけで体内で紫外線をブロックする働きをしてくれるのだったら魔法のようですね。


本当に効果があるのか気になりますがもっと心配なのが副作用です。


効果があるものほど副作用があるって言うじゃないですか。

さっそくヘリオホワイトの副作用について徹底検証してみました。

ヘリオホワイトの副作用を暴露

ヘリオホワイトに副作用があるのか徹底的に調べてみたら副作用の心配は基本的になし、ということ。
安心して飲むことができますね。

副作用は基本的にない。その理由を先にいうとヘリオホワイトは【美容補助食品】だから。


ヘリオホワイトは医薬品や医薬部外品じゃない美容補助食品です。食品には医薬品や医薬部外品に認定されてる成分は配合できません。

医薬品や医薬部外品に認定されている成分は厚生労働省が調査して効能や効果を認めてるもの。

ということはヘリオホワイトには紫外線を浴びることで発生するメラニンに対する効能効果が認定されてないってこと?

また基本的に副作用はないけど植物のシダが原料なのでシダアレルギーがある場合は反応が出るかもしれません。


副作用を調べてて意外な事実が分かっちゃいましたね。

さっそくヘリオホワイトの公式サイトで効能や効果についてチェックしてみました。

ヘリオホワイトの効果や効能

ロート製薬の公式サイトでヘリオホワイトを確認してみるとやっぱり【美容補助食品】になってました。

シダ類のダイオウウラボシという植物から抽出されたファーンブロックが1粒に240ミリグラム入ってると表記されてるだけでした。

紫外線やメラニンに対する効能効果については一切書いてありません。

食品だから効能について表記できないのですね。


このことを知らずに飲んだから安心、と日焼け止めを塗らないで外へ出てたらヤバイことになりそう。


ヘリオホワイトに限らず、ホワイピュア、インナーパラソルなど、今ある飲む日焼け止めのほとんどが美容補助食品で医薬品ではありません。


医薬品として認定されてる飲む日焼け止めを探してみました。

医薬品の飲む日焼け止めを探してみた

simiホワイトというサプリメントが医薬品として認められてることが分かりました。


医薬品として認可されてる理由は、L-システインという厚生労働省に認められた成分が入ってるから。


さらにsimi(シーミー)ホワイトのL-システインは紫外線によるメラニンの生成を抑制しながらすでにできたシミを無色へ導く働きもしてくれます。

simi(シーミー)ホワイトで紫外線対策とシミケアが一つでできるんです。


外からと内側からシミケアができますね。

厚生労働省という厳しい機関から認められてるのって頼れる感じ。

しかもsimiホワイトはドクターズコスメで有名なビーグレンから発売中。

simiホワイトがタイミングよく初回60%OFFのキャンペーン中。

さらに定期便にすると肌の漂白剤と評判のハイドロキノンクリームがもらえます。

縛りや継続の約束がない定期便だから気軽にお試し気分で購入できますよ。

simiホワイトとヘリオホワイトの成分を比較

simiホワイトとヘリオホワイト成分を比較してみました。

simi(シーミー)ホワイトにはl-システイン240mgの他に下記のたくさんの成分が入っています。


アスコルビン酸(ビタミンC1000mg)リボフラビン (ビタミンB2 6mg)ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)*12mg、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)*50mg 添加物として、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、クロスカルメロースナ トリウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴールなど


ヘリオホワイトにはファーンブロックの他にハトムギエキス、ビタミンB6、ビタミンB2が含まれてるので肌あれ対策になるでしょう。



ヘリオホワイトの日焼け止め成分【ファーンブロック】は世界的に有名ですが日本の厚生労働省に効能効果を認められてません。



ファーンブロックとは

抗酸化作用と抗炎症作用を持っていますので、紫外線を浴びたときに発生する活性酸素を抑制することは期待できるようです。

でもメラニン色素に対しての働きはないでしょう。


ということはシミや色素沈着ができる可能性が・・・・・・


医薬品ではない飲む日焼け止めでは紫外線に対するブロック作用も塗る日焼け止めの代わりにはならない、という専門家もいます。

実際、日本の厚生労働省に似た機関と言われるアメリカのFDAから飲む日焼け止めを塗る日焼け止めの代用にしないように、という注意喚起がありました。

FDAで紫外線ブロックの効能が認可されてるのは【塗る日焼け止め】のみ。

飲む日焼け止め単独に頼ってはいけないようですね。

ヘリオホワイトを飲みながら塗る日焼け止めもちゃんと塗っておきましょう。

simiホワイトに含まれているL-システインにはどんな働きがあるのかチェックしてみました。

L-システインの働きをチェック

L-システインはかみの毛、皮膚、爪などに存在するアミノ酸の仲間。

大豆や小麦などの食品から摂取することもできますが充分な量を食事から摂取することは難しいと言われます。

下記が主な働きです。

・ターンオーバーを促す
・抗酸化作用
・エネルギー産生サポート
・ビタミンCと一緒になるとメラニン抑制
・二日酔いの予防

紫外線を浴びることで発生する活性酸素を抑制する働きがあります。遅くなったり衰えた肌の生まれ変わりを正常に導き、すでにできたシミの原因と言われるメラニンを外へ排出するサポートもしてくれます。

ビタミンCと一緒になると黒色化したメラニン色素を無色化する働きも。

システインは紫外線対策だけでなくすでにできている美白ケアのダブルの働きをしてくれます。

simiホワイトにはL-システインだけでなく現代の食生活やストレス社会で不足しやすいビタミンB類と抗酸化作用があるビタミンEも入ってるのでヘルスケアにも最適。

ダブルケアができるSIMIホワイトのお値段はヘリオホワイトと同じくらい。

値段が変わらないならダブルケアができて医薬品の方が良いのではないでしょうか。

L-システイン配合の飲む日焼け止め

L-システインを配合したサプリはsimiホワイトだけではありません。

セシュレルのインナーホワイトにもシステインが配合されています。

しかもタイミング良く半額キャンペーン中。

1か月分のサプリと美白クリームがついて半額で購入できます。

以前もキャンペーンをやってたのですが、スゴイ人気で在庫がなくなってしまいしばらく購入できませんでした。

今回もすぐに在庫切れになってしまうかも。

⇒セシュレル シミケアセット半額キャンペーンをチェック


セシュレル インナーホワイト全成分
アスコルビン酸、L-システイン、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)