おい!本当は効果ない!?
「ヒートケア60低温ドライヤー」の口コミと
他社商品との違いを徹底解説!!

最近テレビや雑誌で話題になっている低温ドライヤー。

髪の毛に悩みがある方は、一度は検討したことがあるのではないでしょうか。

とはいえ実際にどれくらいの効果があるのか、またどのメーカーの物が良いのかわからなくて困っている方が多いのも事実です。


この記事では、今テレビなどで注目されている「ヒートケア60低温ドライヤー」の特徴・強み・弱みと、他社商品とどのように違いがあるのか、詳しく解説していきます!

ドライヤーの選び方から、髪のダメージを防ぐ方法まで解説しているので、ヘアケア用のドライヤーで迷っている方は、ぜひチェックして見てくださいね!

ヒートケア60低温ドライヤーってどんな商品?

ではヒートケア60低温ドライヤーはどのような商品なのか。
詳しく見ていきましょう。

仕組み

まずはヒートケア60低温ドライヤーは、どのような特徴があるのか、一般的なドライヤーとの違いについて見ていきましょう。

一般的なドライヤーの半分の熱量!ダメージを受けないから、痛まない

ヒートケア60低温ドライヤーの最も評判が良い点は、60℃という低温の温風で髪を乾かす点にあります。

通常のドライヤーは、中心温度が120℃と非常に高く、髪の毛自体が急激に熱されてしまいます。

確かに急速に髪は乾きますが、キューティクルが開いた状態のお風呂上がりに、一気に高温を当ててしまうと、髪内部の水分まで一気に飛ばしてしまい、ダメージの原因になります。

一般的なドライヤーの場合

一般的なドライヤーは中心温度が120℃と非常に高く、髪表面(キューティクル)だけでなく、内部の細胞までダメージを与えてしまいます。

髪の毛は90%以上がタンパク質でできています。
タンパク質は熱に弱く、加熱することで形が変わってしまいます。(お肉を役と変形し、硬くなることをイメージするとよいでしょうか)

変形したタンパク質は形が戻ることはないので、高温のドライヤーを当てるたびに髪は痛んでいきます。

ヒートケア60低温ドライヤーの場合

ヒートケア60低温ドライヤーは、中心温度が一般的なドライヤーの半分の60℃です。

また、熱風が均等に分散される作りになっているため、乾かす際のムラがなく、効率的に髪を乾かすことができます。

通常のドライヤーと比べると1回乾かすごとのダメージが少ないため、回数を重ねる(毎日使う)ごとに、髪の痛みの違いが出てきます。

ヒートケア60低温ドライヤーは、なぜ低温なの?

ヒートケア60低温ドライヤーがなぜ、一般のドライヤーの半分の温度で乾かせるのでしょうか。

その理由は、最も高温になる部分に、特殊セラミックを設置し、熱を吸収・均等に拡散する仕組みだからです。

一般のドライヤーは熱風を直接当てているのに対し、ヒートケア60低温ドライヤーは 熱風と髪の毛の間に「熱を吸収するクッション」を置いて乾かしているわけですね。

直接熱を当てていないので、低ダメージで髪を乾かすことができるというわけなんです。

なぜ髪はダメージを受ける?

なぜ低温ドライヤーが髪を綺麗に保つために役立つのか、その理由をしっかりと理解するために、「髪はなぜダメージを受けてしまうのか」その原因をみていきましょう。

髪が熱に弱いのは、タンパク質でできているから

髪の毛はそのほとんどがタンパク質でできており、熱の影響を非常に強く受けてしまいます。

タンパク質は高温になると「タンパク変性」という変化が起き、性質が変わります。
変性が起きるとタンパク質は硬くなってしまうため、徐々にゴワゴワ・バサバサした「うるおいのない」髪の毛に変化していきます。

髪の毛は一度ダメージを受けると再生できない

髪の毛が変性により硬くなると、カラー、パーマ、スタイリングが上手くできなくなります。


また、髪の毛は皮膚などと違い、細胞の再生能力がありません。
一度ダメージを受けると、生え変わるまでは2度と戻ることはないんです。

つまり、高音のドライヤーで「毎日髪を熱する」のは、再生不能のダメージを毎日与え続けているということになります。

髪が濡れた状態で熱するのは最悪の行為

濡れた状態で高熱をあてると、毛髪内で水蒸気爆発が起き、中の水分が全て消えてしまいます。

水分が消えてカラカラになった状態でさらに熱すると、タンパク質変性が急速に進み、髪の毛がパサつき、枝毛などの原因となります。

乾燥による摩擦で、さらにダメージが深くなる

水蒸気爆発による、急激な乾燥が起きると、髪の毛のなかはカラカラに乾いてしまいます。

その状態でドライヤーを当て続けると、髪の毛同士が擦れ合い、摩擦が発生します。

摩擦がおきると、髪の毛の大敵である静電気が発生し、キューティクル(髪の表面)が剥がれ、木津つきやすい状態になります。

この状態になると乾かした終えた後にも、髪の摩擦で常にダメージを受けやすい状態になります。

ヒートケア60低温ドライヤーは
こんな悩みを解決できる

しっかり乾かせる!
でもダメージを最小限にするギリギリの温度

ヒートケア60低温ドライヤーは、髪を乾かす時間を伸ばすことなく、なおかつダメージを最小限に抑える「60℃」という温度に設定されています。

「しっかり乾いているけれど、しっとりしている」という理想の状態を、美容のプロ(美容師さんなど)じゃない一般の方でも簡単に作れるように設計された商品です。

温度が低くても、乾かす時間は短い!

一般のドライヤーの半分の温度で乾かす、ヒートケア60低温ドライヤー。

使ったことがない方は「乾かすのにメチャクチャ時間がかかるんじゃないの?」という疑問を持つ方も多いかと思います。

ですが、実は乾かす時間が非常に早いのもこのドライヤーの魅力の一つです。


理由は、セラミックによって均等に熱を分散するから。

一般のドライヤーは中心部の風だけが温度が高く、周囲の風は低いという「熱のムラ」があります。
このせいで「ドライヤーを振りながら」乾かさないといけないのですが、実はこれは最も効率が悪い乾かし方何です。


ヒートケア60低温ドライヤーは、熱風の温度が均一なので、ドライヤーを振らないで使うことができます。
一箇所に風を当てているトータル時間が長くなるので、一般のドライヤーと変わらないスピードで髪を乾かすことができるんです。

低温ドライヤーは、内部の水分を残しつつ髪を乾かせる

ヒートケア60低温ドライヤーでは、一般のドライヤーの半分の温度で髪を乾かしていきます。

料理でいうと、強火で一気に焼くのではなく、弱火で少しづつ熱を通すイメージです。

表面が焦げ付いてキューティクルを剥がすことなく、表面と内部の水分を均等に飛ばしていくことで、髪へのダメージを最小限に抑えていきます。

ヘアモデル用!

だから有名雑誌でも話題!

さまざまな有名メーカーが発売しているドライヤーがありますが、ヒートケア60低温ドライヤーは、その中でも非常に多くの有名女性誌に掲載されていることで人気になっています。


もともとはヘアモデルたちのケア用として作製されていた低温ドライヤーなので、一般販売された現在でもかなり話題性が高くなっています。

実際に下記のような人気女性雑誌に掲載されていて、人気になっています。

2018年はテレビでの紹介も急増!

もともとは女性誌での紹介が多かったヒートケア60低温ドライヤーですが、2018年に入り口コミが広がり、テレビで紹介されることも非常に多くなっています。


実際に、下記のような番組で紹介され、ネット検索も急増しています。
最近流行りの低温ドライヤーの中でも、非常に話題性が高く、人気の商品となっています。

CMではなく、情報番組で紹介されるのは一定の評判がないと、起きない現象です。

複数の人気番組で取り上げられており、今後もメディアでの注目度が高くなることが予想されますね。

話題・特徴はわかったけど…
実際に使っている人はどう感じているの?

一般的なドライヤーとの違いや、メディアで取り上げられていることはわかりましたが、正直なところ「実際に使っている人がどのように感じているのか」その口コミを見てみないと、買うのは怖いですよね。

次にネット上や、実際のユーザーによるリアルな口コミをみてみましょう。

それをみた上で、あなたが使ってみるかどうか判断することをお勧めします。

実際のユーザーへのアンケート解答

ではまずは、実際にヒートケア60低温ドライヤーを購入した方を対象に行なったアンケートの結果をみてみましょう。

実際のユーザーの意見なので、非常にリアルな内容となっています。


ネット上の口コミや評判ではなく、実際に使っている方のアンケートなので、信頼度は非常に高いですね。


多くのユーザーさんが髪のダメージや、使用感について高いレビューをしていることがわかります。

ツイッター上の口コミ

次にツイッター上での評判・口コミを見てみましょう。

こちらも一般の方のツイートなので信頼性は高い情報でしょう。
ヒートケア60低温ドライヤーは、ツイッター上の口コミでも評判が良く、満足しているユーザーが多いのが特徴です。

料金面は多少高いという印象を持っている方もいらっしゃいますが、その効果や使用感、パサつきがなくなる感じは、かなり高い評価を受けていると言えるでしょう。

他社の低温ドライヤーと比較してみよう!

最近はさまざまな低温ドライヤーが発売されているので、他社製品と比較して、どれを選べば良いか迷っている方も多いかと思います。

次に他社の人気商品と、ヒートケア60低温ドライヤーの違いを見ながら、どの商品を選べば良いか判断していきましょう。

低温ドライヤー
人気3商品比較

パナソニック
ナノケア
【料金】
楽天:14480円
アマゾン:13950円

【特徴】
スカルプモードで60℃に設定できる。
ナノイーによるマイナスイオン効果
ダイソン ヘアドライヤー Dyson Supersonic HD01 ULF IIF
【料金】
楽天:45900円
アマゾン:45100円

【特徴】
デジタルモーターで超パワフル
コンパクトなデザイン
ヒートケア60
低温ドライヤー
【料金】
楽天:なし
アマゾン:なし
公式サイト:21384円(アンケート解答割引適用)

【特徴】
最初から低温で乾かすように設計されている
60℃の低温をセラミックで均等に送風できる

ヒートケア60
低温ドライヤー
【料金】
楽天:なし
アマゾン:なし
公式サイト:21384円(アンケート解答割引適用)

【特徴】
最初から低温で乾かすように設計されている
60℃の低温をセラミックで均等に送風できる

コスパ・品質の両面で見ると
ヒートケア60低温ドライヤーがおすすめ!

低温ドライヤーは上記の3商品が人気ですが、最もおすすめなのはやはり「ヒートケア60低温ドライヤー」でしょう。

パナソニックのナノケアは最も低コストで評判が良いですが、通常は高温モードで使用するように設計されています。
低温モード(60℃)でも使用ができますが、涼風モードと通常モードの中間で「熱源の電熱線の温度を調節して」低温を出しているにすぎません。

なので、温度のムラががあり、実際には一定の60℃をキープできているわけではないので、クオリティーとしては少し見劣りする印象です。

ダイソンも人気ですが、単純にコストが高すぎるため、よほど余裕がある方出ないと購入しづらいでしょう。


トータルのバランスで見ると、最初から「低温ドライヤー」として設計されているヒートケア60が最もコスパが良いと言えます。

また、唯一「セラミック」による「均一な温度の風」が出せる点でも、他社より優れていると言えるでしょう。

とりあえず試してみればOK!
30日間は「全額返金保証」!!

ドライヤーに限らず、家電製品などはいくらネットで情報を調べても、買って見るまでは不安ですよね。

ヒートケア60低温ドライヤーは、他社商品と違って「30日間全額返金保証」がついているので、非常に評判が良いです。

ネットで何かを購入するときは、いくら口コミの良い商品でもあなたの要望に合わないこともありますよね。

そんな時に返金保証がついているかどうかは、非常に大切になってきます。


もし満足できなかったとしても、金銭的な負担はゼロなので安心して利用できます。

使えばその効果が一発でわかるので、まずは一度試してみることをお勧めします!

もうすぐ終了!
【1万台限定】
10,000円割引キャンペーン

2018年に入り、一気にメディアへの露出と、知名度、口コミでの評判が増えてきた「ヒートケア60低温ドライヤー」。

競合メーカーが多いドライヤー業界の中で、低温ドライヤーの人気の地位を確立すべく、現在は販売促進 期間となっています。

具体的には1万台限定の10000円割引キャンペーンを実施中で、口コミで話題になっています。

【キャンペーン特別価格】
24800円14800円

残りわずか!
キャンペーン終了前に入手しておくことをお勧めします!

最近のテレビ露出で、ヒートケア60低温ドライヤーの販売台数は激増しています。

また、返金保証があることで安心して購入できること、さらに今なら1万円割引で手に入れられることで、急速に購入が進んでいる段階です。


他社製品は返金保証がないので気軽に試せませんが、ヒートケア60低温ドライヤーは、もしダメでも金銭的負担はゼロ。

さらに今は1万円割引なので、まずキャンペーンが終了する前に申し込んでお試しして見ることをお勧めします!
限定の1万台まであとわずか!
返金保証もあるので安心して利用できます!

使い方

ヒートケア60低温ドライヤーの効果的な使い方を、随時アップロードしていきます!

組み合わせの良いヘアケア用品などについても触れていきますので、お楽しみに!