心臓ヨガ®️

プラクティショナー・オンライン・プログラム 第0期
いつでも見放題の【動画】と【オンライン対話】で、
仲間たちと繋がりながら『心臓ヨガ®』を学び、自分で実践できるようになる!
ハートとともに今を生きる「ハート・ファースト」な人生のための2ヶ月間。

心臓を感じる毎日が、自分と向き合える毎日になる。

『心臓ヨガ®プラクティショナー・オンライン・プログラム (通称:POP)』は、
心臓ヨガ®の基礎〜実践までをオンラインで
仲間とともに学べる、新しいプログラムです。

ハートと深くつながり、より ”私らしく” 生きる実践として、
心臓ヨガ®️を日常に取り入れられるようになりませんか?

講師・ファシリテーターからのメッセージ動画

このプログラムに参加をすると・・・

  • 1. 自分との向き合い方を身につけられる。

  • 2. 自分の感情に氣付きやすくなり、素直に生きられる。

  • 3. 身体と心への感度が高まり、より健康に意識が持てる。

  • 4. 自分が好きになって、なりたい自分が分かる。

  • 5. ポジティブな感情を高めることができ、楽に生きられる。

  • 6. 普段の人間関係や周りの環境を受け入れられるようになる。

  • 2. 自分の感情に氣付きやすくなり、素直に生きられる。

『無料体験説明会』のおしらせ

1月30日(水) 20:00~21:00(夜)
1月31日(木) 10:00~11:00(朝)
2月 1日(金) 14:00~15:00(昼)
2月 1日(金) 20:00~21:00(夜)
2月 2日(土) 10:00~11:00(朝)
2月 3日(日) 16:00~17:00(夕)

皆さんに質問です。

自分をどのくらい大切にできていますか?
今の自分の、心と身体の状態を感じられていますか?
素の自分で、人と対話できていますか?
・"人と繋がっている"という感覚を持てていますか?
自分を癒す時間を持てていますか?

便利だけど、生きづらい現代の社会


・情報過多で選択肢の多い現代、周りの声に振り回されてしまいやすい。


・ストレスが多すぎるのに、ストレスを感じていることに、自分で気づけていない。

・皆がストレスを抱え、不安や緊張を感じている。


・人と人との人間関係が希薄になっているなか、自分との関係も希薄になっている。

こんなこと、感じていませんか?

こんな人に参加してほしい

  • 深くリラックスして、心身を整える習慣を生活の中に取り入れたい
  • 自分の感情と在り方に氣づき、人生を心から愉しみたい
  • 日常を大切にしながら、自分のやりたいことを見つけたい
  •  "自分のためだけの時間" を大切にしたい
  • 感覚を共有できる場が欲しい
  • 「今」を大切にしたい
  • 自分でストレスを解消できるようになりたい
  • 自分に合うヨガに出会いたい
  • 心臓ヨガ®がなぜか気になる
  • オンラインで対話しながら、心臓ヨガ®️を学んでみたい
  • 自分の感情と在り方に氣づき、人生を心から愉しみたい

心臓ヨガ®︎プラクティショナーの声

山崎友豊さん
 理学療法士、青年海外協力隊隊員
理学療法士として新卒で4年間病院で勤務し、勉強会に参加したり学会に参加するなど自分なりに精一杯担当患者様のために努力してきました。 しかし、忙しい日々の中で、本当に担当した患者様を幸せに出来ているのか、そもそも自分自身が幸せになれているのかなどの疑問を持つ様になり、ストレスも溜まる事が増えてきました。
 
ストレス解消として、ヨガは興味あったのですが、スピリチュアルな要素が多いと思っていた為、積極的に学ぶ事はしませんでした。 しかし、ポジティブヘルスを学び、心臓ヨガと出会い、実際に受講してみると、 
・科学的な根拠に基づいてる知見が多い
・表面上でなく、伝統的なヨガを元に身体や精神に対して本質からの改善を図る事ができる。 と感じ、もっと学びたいと思いました。
 
心臓ヨガはいつでもどこでもできる為、不安な場面や人とのコミュニケーションでストレスを感じた時などに心を落ち着かせる方法として、とても役立っています。 眠れない日もベッドの中で行う事で落ち着いて眠る事が出来たりしています。
藤森さやかさん
会社員/コールセンター勤務
身の回りで、遺伝的に心臓・循環器系疾患の不安のある人がいたので、日々の生活で予防につながる取組みがあるなら、学びたいと思ったので、講座を受講しました。
心臓は「あって当たり前、動いていて当たり前」と思っていたので、「いたわる」ということの大切さに気付かされました。

瞑想を行うことにより、精神的に平静を感じることが増えました。辛い時や不安な時など、ハートフィーリングの要領で胸に手を当て心臓の鼓動を感じることで、今ここに自分を取り戻すことが、習慣になりました。 目を閉じて行うアーサナでは、自分の呼吸や体の状態など、より深く感じることができるようになった実感があります。

今までは、ちょっとした風邪の引き始めなど、忙しさにかまけて放置して、結局病院のお世話になることも多々ありましたが、心臓ヨガを取り入れてからは、自分の体の少しの変調に気付くことができるようになりました。大事になる前に、体をいたわる行動を選択することができるようになり、体と上手に付き合えている気がしています。

心臓をいたわりたい人、日々を健やかに生きたい人、日常的に不安や辛さを感じている人にオススメです。

その他にもお声をいただいています


♡心臓=ハート ハート(こころ)の2つの意味がある。ヨガは思っていたよりもやさしくて、誰でもできる。ヨガにはエビデンスがある。


♡ヨガは「幸せに生きるための実践哲学」という言葉が印象に残った。「治すというより、よりよく生きる為にできることをやる」という表現がとてもしっくりきて、全ての人に伝えられるものだと思った。言葉の選び方について、ポジティブに表現する事が大事で効果的だとわかった。


♡1つ1つはとてもシンプルで簡単なことですが、全てが意味を持ち、高い効果が得られるのだと痛感。日常生活の中でも活かせることがたくさんありました。


♡瞑想、内面への意識、未病や潜病の時点での不具合を改善するという意味で予防のリハビリテーションにヨガが役立つ事を実感できました。


♡呼吸法やポーズをとることで血流改善、血管の柔軟性向上し、病気の人も、病気でない人も健康な人も実践することができる。日常生活でも簡単に取り入れられるものでした。


♡突然死についての内容が一番印象に残りました。このようなことにならない為にも慢性的なストレスを貯めないように、心臓ヨガをまずは自分自身で実践して行こうと思います。


♡ストレスが全て悪いわけではなく、パワーになるという事。考え方、捉え方次第で身体にとって良い方向にも働く事。


♡”心臓ヨガは運動ではない”ということが印象に残りました。アーサナ、呼吸法などリラックス目的で周りの人ともおこなってみたいです。


♡ゆっくり動く事でより感覚がはっきりして身体の内側の変化を感じやすいと思いました。スピード重視の現代、ゆっくり、スローに動くことで頭の中も休まると思うので、ヨガのレッスン、日常生活に取り入れていきたいと思います。


♡「心臓ヨガ」は心臓を持っているすべての人が対象であるということが一番印象に残り、考え方が今までと変わったところです。提供できる場が広がり、より多くの人に伝えていきたいと思った。

心臓ヨガ®︎をお伝えすることを通して実現したいのは、
 
「すべての人が、1秒でも長く"私らしく"生きられる社会」


  
『心臓ヨガ®︎』は、
開発者・秋山綾子の経験をきっかけに誕生しました。

その経験とは、
お兄さんが突然の心肺停止により他界したこと(享年23)。

なくなる4ヶ月前には人間ドックも受け、
病気もせず健康だったはずなのに、
夜寝たまま朝起きてこなかったという最期を迎えてしまった。

心臓が止まって、生命が尽きてしまったら
この人生で達成したいことやビジョンは実現することができません。
 
人という存在の生きるエネルギーを身体中に送り続けている
心臓をいたわることに特化した『心臓ヨガ®︎』は、
ひとりひとりの持つ可能性を開花させることに寄り添います。

『心臓ヨガ®︎』は、世界をより輝かせる。そう、確信しています。
 
 

心臓ヨガ®︎とは?

心臓ヨガ®︎は、古くて新しいヨガ

・4000年以上の歴史がある「伝統的ヨガ」
・科学技術の進歩と共に100年前から解明が進んできた「心臓医科学」
・ここ数十年で注目度を増し発展を遂げている「ポジティブヘルス」

心臓ヨガ®︎は、これらの時を越えた3つの智慧をベースとする、
『心臓にフォーカスし、自分自身と向き合うヨガ』です。

「ヨガ」と聞くと、
どんなイメージを思い浮かべますか?

多くの人が、全身のストレッチのようなポーズ(「アーサナ」と言います)を思い浮かべるのではないでしょうか。
そこから、ヨガは身体に良い体操やストレッチ、筋トレのようなものというイメージがあるかもしれません。しかし、アーサナ(ポーズ)は、ヨガのごく一部分です。
 
ヨガとは、「幸せに生きるための実践
哲学」です。 

伝統的ヨガは、瞑想によって自分自身と向き合い、心の働きを整えることが目的です。「アーサナや呼吸は瞑想のための準備であり、瞑想は日常での実践と幸せな生き方のためのものであり、それら全てがヨガ」と考えます。
 
心臓ヨガ®︎では、この伝統的ヨガをベースに、心臓を入り口に、自分自身と向き合います。

心臓ヨガ®︎に生きる伝統の智慧と、最新の科学。

心臓ヨガ®︎には、伝統的ヨガの古来からの智慧と、最新の科学の知見が、幾重にも生かされています。

現代社会では、ストレスや生活習慣の問題になっています。つまり、日々の生き方と選択が、健康にとって重要になっているのです。

伝統的ヨガは、4000年もの長い間「いのちをいかに輝かせるか」という目的を持って、継承されてきました。その智慧の結晶が、「幸せに生きるための実践哲学」として示されています。近年になって、伝統的ヨガの効果の科学的な証拠が、心臓医科学ポジティブヘルスの観点から積み重ねられてきています。

このオンラインプログラムの中では、心臓ヨガ®︎がつなげる伝統的ヨガ、心臓医科学、ポジティブヘルスの関係についてもじっくり学ぶことができます。

例えば、どんなことをするの?

心臓に感謝を届ける「ハート磨き」

心臓は、全身の37兆個とも言われる細胞に血液を送っています。その循環が私たちのいのちを支えています。心臓は、 "いのちの中心" です。

それだけでなく、「心(こころ)の臓器」と書く通り、古来より様々な文化で、心や魂の座とされてきました。
英語のheart(ハート)は、「心臓」と「心、感情」という二つの意味を合わせ持っています。
心臓は「心と身体の中心」でもあるのです。

心臓は、私たちがお母さんのお腹の中にいるときから、この世を去る最後の瞬間まで、ずっと、ともに人生を歩んでくれるパートナーです。

そんな心臓を感じ感謝を届けるハートフィーリング、通称「ハート磨き」は、心臓ヨガ®️でもっとも大切にしているワーク。
いつでも、どこでも、だれでもできるヨガです。
 
 

 
心臓ヨガ®プラクティショナー・オンライン・プログラム(POP)は
心臓ヨガ®を2ヶ月間かけてオンラインで学びます。
 

オンラインだからこそ、いつでも誰とでもつながり、
あなたがいるその場所がどこでも、学びの場になる。
オンライン・コミュニティ・ラーニング

心臓ヨガ®︎プラクティショナー・オンライン・プログラムでは、
オンライン反転授業 によるアクティブ・ラーニング、
インターネット会議システムZoom によるリアルタイムの対話、
Facebookグループ による自由な交流の場によって、
1人1人が心臓ヨガ®︎から学んだことだけでなく、
共に学ぶ仲間たちとのつながりと、
それぞれの体験から生まれる集合知から学びます。

※ここでいう反転授業とは、従来の授業形態を「反転」させたもので、先に、動画を用いて予習の形で受講します。その後、対話の場でワークの共有や内容に関わる対話を行います。

オンライン・コミュニティ・ラーニングという学びのスタイルは、
あなたを、実際に生活の中で心臓ヨガ®︎の智慧とともに生きる実践者、
心臓ヨガ®︎プラクティショナーにします。

ZOOM?オンライン?「ご安心ください」

オンライン会議システムZoomは、URLをクリックするだけで簡単にご参加いただけます。
詳しくは、こちらのファイルをご覧ください↓
「はじめてオンラインZOOMを使う方へのご案内」

接続に不安な方は、事前にファシリテーターとつないで、Zoomの使い方を確認していただける「Zoom 接続テスト」がございます。「Zoom 接続テスト」をご希望される方は、本プログラム申込みフォームにてお申し出ください。
また、プログラム中も、オンラインのコミュニケーション・ツールの使い方は、丁寧にフォローさせていただきますので、ご安心ください。

参加者のみなさんは、いろいろな状況で対話会やレッスンに参加することと思います。
Zoomでは、
「耳だけ参加(対話やレッスンを聞くのみの場合)」、
「チャットのみの参加(聞きながら、チャット機能でやりとりする場合)」
「ビデオオフ参加(発言はできるが、ビデオは写したくない場合)」
など、参加者のみなさんの状況に合わせて、参加の仕方を選ぶことができますので、みなさんんの心地よい形でご参加ください。

どんな内容?


  • Phase 1 心臓(ハート)に意識を向ける
  • (1)心臓に意識を向けるために
       ・  心臓について知る(心臓の実体と役割、心身相関)
       ・「心臓に意識を向ける」を体感する:ハート・フィーリング

    (2)自分の内側の感度を高める伝統的ヨガ
       ・ 心得、ふるまい
       ・ ポーズ(アーサナ)
       ・ 呼吸法(プラーナヤーマ)
       ・ 瞑想(ダーラナ&ディヤーナ)
     
  • Phase 2 心臓(ハート)をより深くありのままに感じる
  • (1)心臓(ハート)をありのまま感じられる       
       ・ 心臓のつくりとはたらき
       ・ 心臓と感情とストレス

    (2) “今の自分” を受け容れる
       ・ライフサークル
       ・ 心理的柔軟性(レジリエンス)

    (3)心臓-ヨガ-ポジティブヘルスの繋がりとそのエビデンス

  • Phase 3 「今」を大切に、 "私らしい" 選択ができる
  •   ・ 心臓ヨガ®︎ ベーシックプログラム

  • Phase 4 一日一日を大切に、 "私らしく" 生きる
  •   ・ 心臓(ハート)と繋がり、自分の可能性を最大限に活かす
      ・ 私との繋がり:ハート・フィーリングを深める
      ・ 社会との繋がり:ハート・シャイニング・メディテーション


どうやって学ぶの?

それぞれのPhaseを2週間かけて、①動画②グループレッスン③対話によって、オンラインのコミュニティで仲間たちとつながりながら、学びます。

Facebookグループで、講師・ファシリテーター・一緒に学ぶ仲間たちと24時間つながっているから、いつでも質問や交流ができます。

仲間とともに時間や場所にとらわれない環境で学ぶ。いつでも、どこからでもネットにつなげば、そこが学びの場になります。
動画で「自分らしく」学ぶ

心臓ヨガ®︎を学ぶスタイルも、ヨガの実践。
それぞれの自分のペースで、自分らしく学ぶことが、もっとも深く心地よく学ぶことができます。自分自身とつながり、自分自身の感覚を大切に、快適な場所と時間で学ぶ「学習者中心の学び」は、ヨガ的な学びのスタイルなのです。

グループレッスンで「体感・共有」とともに学ぶ

「インターネット会議システムZoom」を使って、グループレッスンを行ないます。Zoomは、URLのリンクをクリックするだけ簡単に参加でき、実施にその場を共有しているかのように、同じ場を共有できます。
また、「Facebookグループ」では、日々の実践を共にする仲間たちと、いつでも・どこからでも・誰とでもコミュニケーションを可能にします。

オンライン対話で「つながり」から学び合う

インターネット会議システムZoomで集まり対話会をひらき、Facebookグループを使ったコミュニケーションによって、いつでも・どこからでも学びの場につながることができます。
参加者、ファシリテーター、講師がともに作る学びの場で、それぞれの体験や学びをシェアしあうことで、コンテンツからだけでなく、一人一人の学びや経験からも学び合います。そうすることで、お互いの学びが何倍にも広がり、深まります。これが「オンライン・コミュニティでの学び」です。
①〜③の学びのサイクルで、
心臓ヨガ®︎と生活が結びつき、実践が深まります。

私たちが何をしていようとも、この瞬間も私たちの心臓は動き続けています。いつでも、どの瞬間も、一瞬たりとも途絶えることのない、いのちの営みにフォーカスしてみることで、いのちから学び・学びあい・幸せに生きる実践することができるのです。
24時間を学びの場に変える「オンライン・コミュニティ・ラーニング」というスタイルは、心臓ヨガ®︎を学ぶ方法として最適です。

グループレッスンで「体感・共有」とともに学ぶ

「インターネット会議システムZoom」を使って、グループレッスンを行ないます。Zoomは、URLのリンクをクリックするだけ簡単に参加でき、実施にその場を共有しているかのように、同じ場を共有できます。
また、「Facebookグループ」では、日々の実践を共にする仲間たちと、いつでも・どこからでも・誰とでもコミュニケーションを可能にします。

参加者同士の交流の場を自由に開くことができます

プログラム期間中に開催される、グループレッスンと対話会の他に、もっと話したい!もっと学びたい!という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、こちらから「Zoomルーム」をお貸しいたします。参加者のみなさんが自由に和気あいあいと、対話会や練習会、お茶会など、なんでも開くことができます!

対話会や練習会の回数は、参加者のみなさんの開きたいだけ増やすことができますので、心臓ヨガ®️の学びが、どんどん広がり深めることができます。

いつから始まるの?

2/4 (月)と、2/7(木)に開催されるオリエンテーションからスタートします!

その後、毎週月曜日の20:30〜22:00・毎週木曜日の午前10:00〜11:30に、グループレッスンと対話会が開かれます。

どちらか一方に参加していただくことも、2回とも参加していただくこともできます。

スケジュール

プログラム スタート!

オリエンテーション①   2/4 (月) 20:30〜22:00
オリエンテーション②   2/7 (木) 10:00〜11:30am

Phase1

心臓(ハート)に意識を向ける

動画コンテンツオープン 2/8 (金)

グループレッスン①   2/11 (月) 20:30〜22:00
グループレッスン②   2/14 (木) 10:00〜11:30am

対話会①        2/18 (月) 20:30〜22:00
対話会②        2/21 (木) 10:00〜11:30am

Phase2

心臓(ハート)をより深くありのままに感じる

動画コンテンツオープン 2/22 (金)

グループレッスン①   2/25 (月) 20:30〜22:00
グループレッスン②   2/28 (木) 10:00〜11:30am

対話会①        3/4   (月) 20:30〜22:00
対話会②        3/7   (木) 10:00〜11:30am

Phase3

「今」を大切に、 "私らしい" 選択ができる

動画コンテンツオープン 3/8 (金)

グループレッスン①   3/11 (月) 20:30〜22:00
グループレッスン②   3/14 (木) 10:00〜11:30am

対話会①        3/18 (月) 20:30〜22:00
対話会②        3/21 (木) 10:00〜11:30am

Phase4

一日一日を大切に、 "私らしく" 生きる

動画コンテンツオープン 3/22 (金)

グループレッスン①   3/25 (月) 20:30〜22:00
グループレッスン②   3/28 (木) 10:00〜11:30am

対話会①        4/1   (月) 20:30〜22:00
対話会②        4/4   (木) 10:00〜11:30am

プログラム 修了!

全体の振り返り対話会    4/8   (月)  20:30〜22:00

Phase2

心臓(ハート)をより深くありのままに感じる

動画コンテンツオープン 2/22 (金)

グループレッスン①   2/25 (月) 20:30〜22:00
グループレッスン②   2/28 (木) 10:00〜11:30am

対話会①        3/4   (月) 20:30〜22:00
対話会②        3/7   (木) 10:00〜11:30am

参加したいけど、日程が合わない・・・という方も、
ご安心ください。

対話会やグループレッスンの様子は、録画して、グループ内でシェアします。
開催されているその日時に対話会やグループレッスンに参加できなくても、後からその録画を見て学ぶことができます。
 
また、Facebookグループで、動画を見ての氣づきや質問をやりとりすることで、参加者同士のつながりから学び合うことができます。

さらに、予定された日程以外でも、zoomを使って、参加者同士で対話会や練習会を開くことが可能です。おしゃべりやお茶会、なんでも自由に集まって楽しんでいただければ、嬉しいです。

オンライン・コミュニティ・ラーニングは、このように様々なかたちの参加方法を可能にしてくれるので、自分のペースで学ぶことができます。

「私らしい」ペースでの学びが、心臓ヨガ®️️️の学びを最大限に広く深くしてくれる。
その体験を、一緒に愉しみましょう!

ファシリテーター・講師 紹介

小林 正幸

ファシリテーター
心臓ヨガ®︎ インストラクター

東京都出身。大学・大学院で生物学と物理学を専攻。「生きているとは、どういうことか」「生命や心とは何か」、科学をベースに、哲学・心理学など学問分野をまたいで研究。身体と心は、ひとつの生命プロセスの2つの現れであると考えるようになる。また、身心のつながりを体得するためにボディワークに取り組む。
2017年11月に心臓ヨガ®︎と出会い、ハートとつながり、ハートから世界につながる体験に感動して、涙。心臓ヨガ®︎を学び始める。心臓ヨガ®︎を通して、身体の中を流れる内なる自然と世界のあらゆる存在とが共鳴する生命の体験を届けたい。

吉田 にしき
ファシリテーター
心臓ヨガ®︎トレーナー

岐阜県出身。心理トレーナーとして、お仕事をさせていただいていますが、心臓ヨガ®︎を学び、心臓が感情や記憶、自立神経にも結びつきが深いことを改めて知りました。
心と体に働きかける心臓ヨガ®︎は私が今までやってきたことにも大きく影響を与えました。
自分と向き合える。そして自分そのものともいえる「心臓」を通してより健康に、より豊かな人生を送っていただけるように、そのお手伝いをしたいと思っています。
秋山 綾子

講師
心臓ヨガ®︎ 開発・主宰者

福島県出身。一般社団法人日本ポジティブヘルス協会代表理事、医科学修士、心臓リハビリテーション指導士、ポジティブ心理学ファシリテーター。
兄の突然死をきっかけに、循環器分野を専門とすることを決め、大学院では「心臓血管機能とヨガ」について研究。理学療法士として、2016年まで北里大学病院に勤務し、心臓病の患者さんへもヨガを指導。
日本人唯一のCardiac Yoga®︎認定教師であり、世界でもっとも古くからヨガを科学的に検証しているカイバリャダーマ・ヨーガ研究所でも継続的に研修を受ける。
"何かあってからよりも、何もないうちから、出来ることを" という想いを胸に、ポジティブヘルス的視点から『心臓ヨガ®︎』を中心に活動。

吉田 にしき
ファシリテーター
心臓ヨガ®︎トレーナー

岐阜県出身。心理トレーナーとして、お仕事をさせていただいていますが、心臓ヨガ®︎を学び、心臓が感情や記憶、自立神経にも結びつきが深いことを改めて知りました。
心と体に働きかける心臓ヨガ®︎は私が今までやってきたことにも大きく影響を与えました。
自分と向き合える。そして自分そのものともいえる「心臓」を通してより健康に、より豊かな人生を送っていただけるように、そのお手伝いをしたいと思っています。

参加費について

心臓ヨガ®POP第0期の受講費は、30,000円+ドネーションです。

30,000円という価格は、ほぼ実費です。

自分の好きな時間に動画を見て、何度でも学ぶことができ、
2ヶ月間の定期的な対話やレッスン、ファシリテーターによるフォローなど、
リアルの講座よりも充実しているのでは?と感じる方もいるかもしれません。

ちなみに、リアル講座で同等の講座を受講しようと思うと、2倍近くかかります。

今回はオンラインで開催する講座としては初めてで、とても思い入れのある最初の期です。
参加者の皆さんの声を聞きながら、一緒にプログラムを創っていきたいと考えています。

第0期は、プログラムで学びつつ、
「一緒に創っていきたい」と感じてくださる方に参加していただけたらと思い、
今回限りの特別価格にいたしました。
※完成したプログラムで参加したい方は次回、第1期以降でお申し込みください。
 第1期は夏頃の開催を予定しています。(価格は未定ですが、同価格にはなりません)


また、「ドネーション制」について。
このプログラムに参加し、2ヶ月間を過ごしてみて感じた価値を、
ドネーションの金額にしてください。

それは、満足度かもしれません。
または、一緒に創ったプログラムを応援する気持ちかもしれません。


改めて、受講費は以下のとおりです。
30,000円(税込):事前入金
ドネーション:講座修了後にアンケートにお答えいただき金額を決定ください。

分割払いも可能ですので、ご相談ください。

よくあるご質問

  • Q
    オンライン講座に参加したことがなくて不安なのですが・・・
    A
    動画は、お送りするリンクをクリックするだけで、簡単に視聴できます。
    また、オンライン対話会やグループレッスンに参加する際も、同様にリンクをクリックするだけです。
    詳しくは、こちらのファイルをご覧ください↓
    「はじめてオンラインZOOMを使う方へのご案内」

    また、事前に実際にzoomを使っての接続テストも予定しています。
    体験説明会でもご質問にお答えしますので、どうぞご参加ください。
  • Q
    参加費は分割払いもできますか?
    A
    はい、可能です。
    お申し込みフォームにてご相談ください。
  • Q
    ヨガの経験はありませんが、参加できますか?
    A
    はい、大丈夫です。
    心臓ヨガ®︎は、学び始める段階でヨガ経験のない方が多くいらっしゃいます。からだの柔らかさや筋力・体力に関わらず、学び実践していただける内容ですので、ご安心ください。
  • Q
    普通のヨガとはどう違いますか?
    A
    一番の特徴は、【心臓】にフォーカスすることです。
    また、"普通のヨガ"のイメージにもよりますが、いわゆるポーズがメインではありません。
    加えて、<座学・対話・実技>という流れで、学びと実践を深めていくことも、心臓ヨガ®︎の特徴の一つです。
  • Q
    すべての日程に参加できません。受講できませんか?
    A
    すべての日程が合わなくてもご受講いただけます。
    講座の内容は事前に動画URLをお送りするので、いつでも見ることができます。対話やグループレッスンについてはすべて録画をします。
    日程のご都合が合わない場合には、後日に録画を見て、他の方の話を聞きながら理解を深めたり、グループレッスンの動画を見ながらご自身で実施することができます。質問がある場合でもfacebookページなどに質問をしていただいたり、他の参加者と復習会のような会を開いていただくこともできます。
  • Q
    血圧が高く、不整脈があるのですが大丈夫ですか?
    A
    現在治療中の方で、血圧や不整脈がコントロールできていない場合にはご参加いただけない可能性があります。一度、ご相談ください。
    まず、心臓ヨガ®︎においては、運動の要素はそれほど多くありません。また、リラックスや心身のバランスを整えるものが中心なので、運動強度も低く設定しています。そのため、基本的な日常生活(歩く、階段の上り下り)ができていれば大丈夫です。
    服薬でコントロールされている方も運動制限がなければご参加いただけますが、心配な方は主治医にご相談いただき、運営スタッフへお声掛けください。
  • Q
    ヨガで心臓病(不整脈、心房細動、狭心症)が治ると聞きました。心臓ヨガ®︎で治りますか?
    A
    心臓ヨガ®︎は、病気を治療することを目的としたプログラムではありません。
    しかし、心臓を意識的に感じたり、心身のバランスが整ったことで、病気への不安が軽減したり、前向きに心臓病と付き合えるようになった方はいらっしゃいます。
    目的に合わせてご参加いただけたら幸いです。
  • Q
    このプログラムを修了したら、心臓ヨガ®︎を教えられますか?
    A

    『心臓ヨガ®プラクティショナー・オンライン・プログラム(POP)』は、ご自身の実践のための内容です。まずは、自分の体験として「心臓ヨガ®︎」を味わってみてください。
    「心臓ヨガ®︎」を教えられるようになるには、『心臓ヨガ®インストラクター養成講座』を受講し、学びを深めていただく必要があります。
    今回のPOPへの参加で、インストラクター養成講座の受講資格を得ることが可能です。

    ※なお、はじめから指導者資格を目指したい!という方向けに、基礎から応用までまとめて学べる『心臓ヨガ®トレーナー養成コース』もご用意しています。別途、お問い合わせください。(後日HPに掲載予定)。

  • Q
    参加費は分割払いもできますか?
    A
    はい、可能です。
    お申し込みフォームにてご相談ください。