おうちで簡単フィットネス
~オンラインプログラム~
無料相談会


運動不足、シニアで足が弱い、パテラが心配…

うちの子、このままで大丈夫?

わんちゃんの健康を守れるのは飼い主さんだけです

愛犬の元気な体をつくるおうち筋トレ♪
うちの子、このままで大丈夫? 今、この子にできることをしてあげたい!

シニアになって足腰が弱ってきたかも・・・

膝蓋骨脱臼(パテラ)だから筋力をつけてあげないと!

お散歩に行っていないかも⁉ たぶん運動不足だよね?


愛犬の健康維持のために

犬の重心は約70%が前足にかかっています。
前足と後ろ足のバランスが崩れると後ろ足を使わなくなり、筋肉が弱くなって後ろ足は支えるだけになっていきます。そうなると腹筋や背筋が弱って腰が下がり、関節の曲げ伸ばしがしづらくなっていくのです。

予防のためには・・・
★元気に歩けるときから足腰を鍛えてあげること
★前足と後ろ足のバランスを整えてあげること

筋肉が落ちる前から、①全身の筋肉 ②前足と後ろ足のバランス ③体幹 ④後ろ足の筋肉などを鍛えてあげると、体全体のバランスがよくなり、愛犬の健康維持に繋がります。

飼い主さんができるようになる講座

愛犬との生活はずっと長く続くもの・・・

その場限りではなく、飼い主さんができるようになって、ご家庭で継続していただくことが一番です。

そのためには、飼い主さんご自身でできるようになってもらわなくてはいけません。

毎日の生活で愛犬の体をつくる食事と健康を維持しするためのおうちフィットネスの簡単なケアを手に入れれば、ずっと元気で長生きできる愛犬の健康な体がつくれます。

いつまでも元気な姿の愛犬と一緒に歩きたいと思いませんか?

おうちで簡単フィットネス
~オンラインプログラム~

無料相談会

運動で愛犬の健康な体づくりを行うプログラムです。ご希望の方には食事相談も可能です。
全5回3か月コースでオンラインで、期間中はいつでも相談可能なサポート付きです。
愛犬の健康の管理ができるのは飼い主さんだけです!運動はおうちでできることばかり。
飼い主さんができるようになれるプログラムになっています。
プログラムスタートに伴い、モニター生を募集しています。

ドッグフィットネストレーナーであり、人と犬の管理栄養士が愛犬の健康維持をサポート

人の管理栄養士として28年間勤務し、生活習慣病予防のための食事相談、運動指導などをしてきました。
健康な体づくりには、食事と運動は欠かせません。食事で体をつくり、運動で維持していきます。
犬も人と同じで、健康な体をつくり維持していくためには、食事の管理と運動で維持し、それを継続していくことが必要です。
健康を維持していくためには、継続することが必要です。
飼い主さんができるようになり、ご家庭で継続していただくことで、愛犬の健康長生きに繋がる大きな効果が生まれます。

おうちで簡単フィットネス
~オンラインプログラム~

シニア犬の後ろ足、小型犬の脱臼、運動不足など
今のうちに何とかしてあげたい、このままでいいのか心配、筋トレしたいなど
愛犬の健康面が気になる方、ご相談してみませんか?

全5回プログラム(3か月)

カウンセリング、体力測定
バランスボール運動など 
   
※期間中、Zoom相談2回、ライン相談は制限なし

ドッグフィットネス

バランスボールを使った運動と簡単な床運動で、弱くなりやすい後ろ足を中心に体をしっかりつくっていきます。
愛犬の状態に合わせてご家庭で簡単にできる運動をいくつかご提案します。飼い主様が愛犬にトレーニングしすることで、毎日の生活の中で取り入れて継続できるようになります。

サポートも充実

トレーニング進め方などを動画で確認させていただいたり、Zoom、LINEなどでいつでもご相談できるように、期間中は継続的にサポートします。

食事相談も可能

健康な体づくりには食事の管理も大切な要素のひとつです。
ドッグフードの選び方、おやつの与え方など、日々の食事のお悩みがありましたら、ご相談いただけます。

<お客様の声>
 東京都・小太郎ちゃん(ヨークシャーテリア10歳)
「オシッコのときに足をあげてもフラつかなくなりました!」

10歳なので愛犬の健康維持のために参加しました。
元気にしっかり歩ける体力はあるのですが、フィットネステストで体の重心が右に傾いているとわかりました。このままいくと右側に負担がかかり、左を使わなくなると歩行に影響が出ると知り、週に1回トレーニングをしました。

プログラムは週に1回のペースでバランスボールにのって体幹トレーニングをするものでしたが、1か月程続けたら重心の傾きが改善し、バランスよく真っすぐに立てるようになりました。

そして、オシッコのときに足をあげてもフラつかなくなりました!
本当に参加してよかったです。

<トレーナーの声>
東京都・もも(ポメラニアン3歳)
「太ももの筋肉がふっくら鍛えられました」

フィットネス実技実習での観察時に左太もも内側の筋肉が薄く、筋が通っているようになっていました。

実習の宿題で、サイドステップを週に2~3回、1回5~10分程度練習をしていたら改善し、1か月もしないうちにきれいにふっくらしていました。

サイドステップは横歩き(カニ歩き)で太ももの内側の筋肉(内転筋など)に働きかける運動で、太ももの筋肉がしっかりしました。

おうちで簡単フィットネス
~オンラインプログラム~

無料相談会

【参加費】 無料

【内 容】
 ・愛犬の運動、食事などに関するお悩みのご相談
 ・おうちで簡単フィットネス~オンラインプログラム~について

【日 時】 メール等で日時を調整して決定

【実施方法】日時決定後、ZoomのURLをお送りしますので、事前にアプリのダウンロードをお願いします。


中嶋 千晶

一般社団法人アニマルライフパートナーズ協会認定
  IAALPドッグフィットネストレーナー
  IAALPドッグマッサージセラピスト
全日本動物専門教育協会認定 
  犬の管理栄養士マスター
PLAYBOWドッグトレーナーズアカデミー認定 
  ドッグトレーナー

管理栄養士免許

1992年
行政で管理栄養士として就職。
保育園給食、学校給食、保健所で食を通した健康づくりを支援。
2008年からは、生活習慣病予防の食事相談、教室開催などを中心に従事。

2017年 
先代犬のしつけに失敗したこともあり、「飼い主様とわんちゃんの架け橋になりたい」とドッグトレーナーになりたいと思い始める。

2019年
前職の仕事を続けながら養成スクールに通う。
実際に保育園で長時間の実務実習を積み重ね、出張トレーニングをしながら資格を取得。

2020年
28年務めた前職の管理栄養士の仕事を退職。
ドッグトレーナーとして本格的に仕事を開始。
コロナ渦で自粛生活を送っているうちに、ドッグフィットネストレーナーという資格があることを知る。
長年にわたり管理栄養士として人の健康に関わり、疾病予防の仕事をしてきたので、犬も高齢化していることから犬の健康寿命の延伸にも目を向けたいと、ドッグフィットネストレーナーとドッグマッサージセラピストの勉強を同時に始める。
併せて、肥満の犬が多いことから食事からのサポートができるようにと、犬の管理栄養士も取得。

2021年
ドッグフィットネストレーナー、ドッグマッサージセラピストの資格を取得。
食事と運動で「愛犬の健康」もサポートできるトレーナーとして活動。

犬も病気をし、高齢になると足が弱くなったり、介護も必要になってきます。いつまでも元気でいてほしいから、少しでも長く健康な状態で過ごせるように人と同じように「健康寿命」を延ばすことが大事です。そのために、食事と運動を通して、愛犬の元気な身体づくりをサポートします。

無料相談会フォーム

無料相談会は、下記のフォームにご記入ください。
お電話かメールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信