寝たきり、うつ
パニック症、統合失調症
になる⾝体は
「全て⾷事が原因です」

相談無料

こんなお悩みありませんか?

  • 親が寝たきりで困っている
  • 1⼈で⽼後を迎えてとても不安
  • いつまで元気に働けるか
    わからない

  • 病気になった時に
    医療費って払えるのだろうか
  • 死ぬまで⾃分で歩いて
    ⽣きていきたい
  • 美味しいご飯を死ぬまで⾷べたい
  • 病気を改善したい
  • いつまで元気に働けるか
    わからない

そのお悩み解決します!

\ 食事が全てです /

まだ俺は若い︕
私は⼤丈夫︕
と思われている⽅々へ

いつか⽼いが来るとは
到底想像ができないと思いますが

今からその準備をしようと思いませんか︖

実は私⾃⾝の考えが変わった
出来事がありました

【身内が20年間うつ病で苦しんだのです】
身内が突如うつ病を発症しました

藁(わら)をもすがる気持ちで
あらゆる病院に出向きましたが

結局はクスリを処方されるだけ
それでも

「クスリで治る」

と信じて有名な先生の元に
診察を受け続けましたが

根本的な症状の改善に至りませんでした

クスリが多い時は

1日に48~50錠

を毎日飲む身内を見ていて足元もおぼつかず

フラフラな状態を見ていて
「もう治らないだろう」と諦めかけていました


「何がおかしいのだろう??」

専門的な知識も全くなく
独学で必死に何かないかを探し求め始めました

身内が健康になるために私に何が出来るのか?

それこそあてのない旅が始まり、
ある本と出会いました

【千葉忠夫先生との出会い】

「世界一幸せなデンマークの暮らし方」

を出版されている先生で
千葉先生と言う方がお見えになります

その著作の中で

「デンマークはクスリを使わない国」

としてご紹介されていて
とても心を惹かれました

「きっと私の答えがあるに違いない」

と思い、先生がデンマークで学校を
開校していると知り
私は3か月のデンマーク留学を決意しました

デンマークに出向いて
千葉先生に身内の状態を相談し
先生のお知り合いで知っている

「ドクター」をご紹介して頂きました

その時に2時間の講演をお聞きしたとき、
こういう内容だったのを今でも覚えています


「90%は食事と運動で社会復帰している」
「残りの10%は降圧剤を使う」
「それでもダメな時は脳に電気を通す」


というものでした

うつや精神疾患(統合失調症・パニック障害)
更年期障害さえも回復していくのです

私の中で
「これだ!!!」と閃き、

「90%の人が食事で社会復帰できる」

という講演内容を日本に戻ってから

「食事で治る」という情報を探し始めました

【一進一退の時期】

日本に戻ってから

「うつ消しご飯」

という藤川徳美さんが書かれた本を見出し
身内に施したのですが

一進一退を繰り返し、なかなか
改善したというところはまで行きません

また自分自身も更年期障害と
身内の看病からうつ状態になり

このままでは生活ができないと
姉に同居してもらいながら
何とか働いていました

その中でスムージー
がんの進行を抑えるというお話を聞いて
自分で試したところ、
自分の体調がどんどん良くなりました

「やっぱり食事で人の身体は変わるんだ」

と確信を持てたのですが
身内自身はそれを取り組むだけの気力もなく
時間だけが過ぎ去っていきました

【答えを見つける】

さらに調べていくと

ドクタージョーンズ氏に行きついて

私が求めていた

「食事によって人は変わる」

を提唱されている方と
出会うことが出来ました


先生が提唱していた食事術を
2021年3月からが学校に入学し学び

すぐに身内に施したところ
みるみる改善してきて、

今まで全く身動きが取れなかった身内が
週5日も働けるようになるまで
劇的に変化しました

健康になるためには

食事と運動とポジティブな考え方が大事
なのです!


【千葉先生から学んだ事がつながった】

千葉先生と出会い

「食事の改善」によって人は良くなる

というのを自分自身と身内の状態から
しっかりと確認することが出来ました


私が何を学んだのか?
その一端をご紹介します

⾷事の変化が起こったから
病気は⽣まれた

⼈間がご飯を⾷べるようになったのは
ここ最近1万年くらいです

399万年は狩猟を主⾷していました
全てを変えるのはなかなか難しいですが

⼈間が本来⾷べるものに戻すことで
あらゆる変化が⾒えるようになりました

こういう視点から⾒ると
⾷事の内容によって⼈の⾝体は作られている
と結論付けざるを得ません

野⽣動物に病気が発症しないのに
⼈間はあらゆる病気を発症する

この事実を知った時に
改めて⾷事とは何かを考えるようになりました

【寝たきりになる⾝体】も
全て⾷事が原因です

2020年 65歳以上の⾼齢者⼈数は
3,617万⼈になります

総⼈⼝の28.7%
もうすぐ30%に到達していきます

その流れは⽌まらずに
さらに⾼齢者の⼈数は増えていきます

さらには平均寿命も延びていきますが
健康寿命はそれに伴って
⼤きくなっているわけではありません
男性で9年
⼥性で12年

この世を去るまでに
病気になるリスクをはらみながら
⼈⽣を終えていく可能性が⾼いわけです

また、年を取ればとるだけ
⾝動きが取れなくなっていきます

こちらのデータをご覧下さい

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
⽇本と海外と⽐較すると
⽇本の⽅が明らかに
寝た切りになっている⽅が多いのです

【野生動物に病気は存在しない】

少しだけイメージしてください

野生動物に病気って存在すると思いますか?

確かに少数はあり得るかもしれませんが
基本的に命を失うのは
天敵と言われる動物に襲われる時です

そこから考えて

人間だけが病気になっていることに、
あなたは気づきますでしょうか?


人間の方が食事というものが進化して
本来ならもっと健康になっていいはずなのに

野生動物と比較すると明らかに
病気の発症率が高いと言わざるを得ません


この原因がもし食事の内容だったら
あなたは信じる事はできるでしょうか?

【身内のうつ病も改善しました】

食事の内容を見直して
人間本来の食事に切り替えていく事で
20年間患っていた

「うつ病」の症状が
少しずつ改善していきました


どんな大病院に出向いても
まったく効果が無かったのに

たった食事を変えただけで
劇的に変化する

この経験が
人の身体は食べ物から出来ている
という結論に至りました

この経験をお話しします

まずはお話しませんか?

私が辿り着いた道や考え方は
きっと誰かの役に立つと思っています

・食事で何が変わるの?
・どんなことを取り組むといいの?
・誰にでも効果があるの?

いろんなことお話いたします!

「誰かに聞いてほしい」
と思っていましたら聞き役になります

お話しをして楽になってくださいね


「遠方でもいいのかしら」
という不安も問題ありません

構わずに連絡して下さい

自己紹介

熊谷 あけみ
はじめまして、熊谷あけみと申します

家政士を始め、介護福祉士、調理師
メンタルセラピストなど
人の
お世話することに長年携わってきました


実は身内でパニック障害を発症し
その看病と自分自身も更年期障害に
悩まされて
とても辛い時期があります

何故そうなったのかの理由や
答えを探すために本を読みあさり

ある本と出会ったおかげで
2017年にデンマークに出向き
食の大切さを学ぶ機会がありました

帰国後も
食の改善によって身体が変化する」
ことを調べて続けて
やっと

「自分が手に入れたかったもの」
に出会いました


学んだ事を自分の身内に施し
劇的に改善して「食のすばらしさ」を
体感しました


薬に頼らずに
食事と運動だけで人は良くなる


この重要性を伝えていきながら
健康で生きられることを
皆さんにお知らせしていきたいと思います
資格と経験
  • 介護福祉士
  • 調理師
  • メンタルセラピスト
  • アメリカ最先端の予防医学ヘルスコーチ
  • 家政士
  • 現在、家政婦としても活動中
  • メンタルセラピスト

熊谷あけみと話す
無料「LINE相談会」の流れ

STEP 1
申し込む
下記お申込みフォームを
入力いただき

送信をお願いします

折り返しご連絡いたします
STEP 2
日程の確定
日程の調整をいたします

「LINE通話」または
「対面(リアル)」で行います
ご選択くださいませ
STEP 3
無料アドバイス
「LINE通話の場合」
お時間になりましたら
入電いたします

「対面の場合」
東京都内のカフェで承りますので
現地集合でお願いします
STEP 3
無料アドバイス
「LINE通話の場合」
お時間になりましたら
入電いたします

「対面の場合」
東京都内のカフェで承りますので
現地集合でお願いします

無料「LINE相談会」
お申込みフォーム

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

熊谷あけみのLINEアカウント

下記コードを読み取っていただき
直接ご連絡いただいても大丈夫です

「熊谷あけみ」につながります
https://line.me/ti/p/A3wxdmjKe0#~


クリックして繋いでください

最後に

【寝たきりの人でさえ改善する事実】

この経験を元に
ある方の依頼を受けて
寝たきり老人の方の食事のお世話しながら
サポートした時の事です

粘り強く食事を変えて
コツコツ取り組んだ結果
半年後には自力で起き上がれるまでになりました

先ほどのデータでもご覧頂いたように
諸外国から見ると
とんでもなく寝た切り老人が多いのが日本です

これからもっと増えていくのは明白であり
根本的な治療もない状態では

コロナのようにどんどん病院の病床を増やして
医療費が増えていくだけです
日本を元気にするなら

「食事」を変えていく
たったこれだけの事ですが
それが一番大切だと
今の私なら言い切れます

あなたは健康のまま人生を終えたいですか?
それとも身動きが取れなくなって人生を終えたいですか?

後者を選ぶ人はまずいないでしょう
だからこそ、今から準備をしてほしいです

「食事が自分の未来を作る」

たったこれだけのことですが
ある意味、それが全てです

まずはあなたのことを私に教えてください
そこから一緒に考えたいと思います


【人によって症状は様々です】


色んな方をお世話していると
本当に人によって千差万別です


症状が重い人もいれば軽い人もいます


その人それぞれに食事内容も変わっていきます

そのためにまずはお話を
しっかりお聞きする事が一番大事なのです

決まり切ったメニューではなくて

あなただけのメニューを作り上げるためにも
しっかりとお話を聞かせて下さい

ご連絡をおまちしています!

ヘルスコーチ
熊谷あけみ

お電話、メールでも承ります

名前 熊谷(くまがい)あけみ
住所 〒187-0034
東京都小平市栄町
「東大和市」駅近く
電話 090-7253-4828

受付:朝8時~20時
平日は仕事に入っていることも多く
夕方以降の折り返しとなります

留守番メッセージへお願いします
メール  k.akemi5050@docomo.ne.jp

24時間対応
折り返しご連絡いたします
LINE通話の場合 ご指定のお時間になりましたら
入電いたします
対面の場合 東京都内のカフェで行います

ご指定の場所がありましたら
お申し込み時に伝達くださいませ
メール  k.akemi5050@docomo.ne.jp

24時間対応
折り返しご連絡いたします