専門店ヘッドセラピスト向けの内容です。

ヘッドマッサージの効果

ヘッドマッサージの効果について解説したページです。ドライヘッドマッサージや美容室のヘッドスパなどの知識、技術、サロン経営、資格スクール情報なども掲載しています。

◆毛乳頭細胞が活性化され発毛・育毛を促進する。

発毛と育毛の違いをご存知でしょうか?簡単に説明すると発毛は髪が生えていない毛穴から新しい毛が生えだすことで育毛は現在生えている毛にコシやハリがでることで毛自体が丈夫に元気になることです。

では、発毛に効くとは、禿げている方の髪が生えるのですか?という質問になると思いますが、それはかなり難しいです。ヘッドスパのように毛穴に詰まった汚れをディープクレンジングで清潔にした後に発毛剤を使って当サロンのような頭皮の血行やリンパ、自律神経を整えるヘッドマッサージを定期的に長期間行えば生えるかもしれません。そうなると、シャンプー設備は要るし美容理容師の免許がないと行えません。かなりハードルが高くなってしまいます。また、CMなどでお馴染みの毛をはやす専門店は昔からあるのでそちらをご案内します。

では、育毛が必要な髪とは、弱々しく細くなっている髪のこと。髪の毛の栄養は血液ですから、頭皮が血行不良になっているといえます。血行を促進して、毛乳頭細胞への血の巡りがよくなれば、血液という栄養届き髪の毛は丈夫になっていきます。

髪の毛にも寿命があり、3年~6年、または、4年~7年とされています。3年くらいで抜け落ちてしまう髪の毛は、頭皮の状態が悪いといえます。そのような、頭皮の状態を改善することで、3年で抜け落ちてしまうような毛を、ヘッドマッサージで頭皮の血流を改善し自律神経系を鼓舞させてホルモンバランスが整うことで5年、6年と延命することができます。

 髪の土壌である頭皮の状態が改善すれば、次に生えてくる髪の毛は、今よりも太くなるはずです。髪の毛は常に同じように見えますが、注意深く髪の毛を観察していると、季節の変わり目や忙しい時などは髪の毛が細くなって頭頂部がペチャンコになっているというのが分かるはずです。髪の毛は、ストレスや頭皮環境によって細くなったり太くなったりするのです。

◆頭皮のむくみ、老廃物を排出するデトックス効果がある。

 お顔や脚のむくみは自分でも気づきやすいですが、頭皮のむくみには気づいていない人がほとんどです。頭皮は髪の毛で覆われているため、膨張率が分からないことも、その一因です。

 美容室や理容室で目の周りのマッサージをしたわけでもないのに、シャンプーをしただけで、目がパッチリした、目が開きやすくなったという経験はありませんか?その人は大体、頭皮がむくんでいるといえます。

シャンプー時に頭にある眼精疲労のツボが刺激されて目がスッキリしますが、目が開きやすくなる・まぶたが軽くなるなどの物理的な問題はむくみかかわっています。

むくみの正体は、余分な水分と老廃物(代謝産物)ですが、頭皮にむくみがたまってくると、重力の関係で、おでこが押し下げられて、まぶたが重たく感じます。美容室や理容室で上手にシャンプーをしてむくみが流れた結果、この押し下げているむくみが改善され、物理的に眼が開きやすくなったと考えられるのです。

 ヘッドマッサージで頭皮のむくみを効果的に除去するためには、押すだけではなく、頭皮を引き締めるテクニックが必要です。水をたっぷり吸ったスポンジをギュ―っと絞るようなイメージです。むくみのひどい人ほど水分をたくさん含んでいますから、絞る時間は長くなってきます。注意点として、強くすると頭皮を痛めるのでやさしい持続圧で行ってください。むくんでいる人、いない人同じような施術をするのではなく、それぞれにあった施術をしていきましょう!

◆頭皮とお顔がリフトアップされ見た目が若返えるアンチエイジング効果がある。

実際にあった話、フェイシャルサロンに5年間通っていたのに、目じりのシワが消えないという方がいました。ところが、当店でヘッドマッサージを並行してやるようになってから目尻のシワが消えたのです。このような方は、頭皮に老廃物が溜まってむくみになっている場合があります。お顔だけをリフトアップで引き締めても効果があがらない典型的なパターンです。

 ヘッドマッサージでは頭のツボを押すだけではなく、頭皮を引き締める施術テクニックがあります。頭皮からお顔までを引き締めることで完全なリフトアップ行えます。

ちなみに、ツボを押すのは、自律神経の働きを整え、身体の内側からきれいにすることが目的です。引き締めるのは、リフトアップやアンチエイジング。単にヘッドマッサージといえど、いろんな役割があるのです。うまく使い分けてお客様が望む結果を提供しましょう!

◆定期的なケアにより、フケ、かゆみ、乾燥肌、あぶら症の予防になる。

これらはヘッドマッサージでもケアできますが、セルフケアのほうが大切です。毎日のシャンプー時に頭皮を揉むようにほぐします。シャンプーは2回行います。まず1回目は、整髪料やホコリがついている髪を洗い流します。そして2回目に頭皮をほぐしながら洗います。実は頭皮を揉みほぐすのは難しくはなく、指の腹で頭皮をとらえて少し動かす程度です。そして、30秒もあれば全体的に行えてしまいます。頭皮を動かせば毛穴がパカパカと開いたり閉じたりするので毛穴の奥の汚れまでがかき出されます。注意点は、指を動かし過ぎて髪の毛が摩擦でジョリジョリいわないこと。摩擦でキューティクルがはがれてしまいます。あくまでも、頭皮が動く範囲で動かしましょう。(ヘッドマッサージやヘッドスパで髪がジョリジョリいうのは最悪です。そのような店には行かないこと!)また、シャンプー剤は洗浄力が強いこともあり5分以上は行わないでください。長く行う場合はヘッドスパ用の商材を使いましょう。詳しくは、公式サイトの動画をご参考ください。

フケの改善には、使っているシャンプーやトリートメントを見直すことが第一です。行きつけの美容室の担当者に聞くのが一番でしょう。かゆみも同様です。まずは、医師か薬剤師に相談しましょう。乾燥肌の人、あぶら症の人にはそれぞれ向いている商品がありますから、それを選んだほうがいいでしょう。ただし、頭皮の皮脂のバランスは、暴飲暴食や寝不足、ストレスが多いなど生活習慣の乱れが自律神経系の乱れとなりホルモンバランスも崩れて悪化させる恐れがあります。特に頭皮やお顔の脂は、ストレスや緊張状態で多く分泌されます。仕事で集中力を要した緊張(ストレス)時は交感神経が高ぶりお顔がテカテカになります。そんなときは頭皮も脂でベトベトです。緊張(ストレス)状態が多いほどあぶら症のオイリー肌になりやすいということです。そこで、ヘッドマッサージは、リラックスを与える副交感神経を優位にすることで緊張(ストレス)をやわらげます。また、自律神経系のツボを刺激してホルモンバランスを改善し頭皮やお顔の皮脂バランスを整えます。ですが、それには、長期的、継続的な施術が必要になります。お店は頻繁に来れるものではありませんから、自宅でのケアもおすすめしています。頭皮やお顔の脂を放っておくと、酸化したり、ホコリや汚れが付着して炎症を起こします。肌荒れ、かゆみなどの原因になるので清潔にしましょう。

◆寝つきが悪い、長く眠れないなどの不眠症の緩和。

 不眠も自律神経のバランスの崩れからくるものです。決して1回のヘッドマッサージで二度と不眠にならないというわけではありませんが、頭ほぐし専門店は不眠症の方にとても喜ばれています。

私が不眠で悩むお客様に接していて感じるのは、悪いサイクルをお持ちの方が多いということ。なかなか眠れない日が続くと、今日の晩は眠れるだろうかと心配になってきます。明日は大事な仕事があるから早く寝ようと思えば思うほど心配になります。心配する心がさらに悪化させてしまうのです。

 そのような方がヘッドマッサージを受けると、施術中は誰もがスヤスヤと眠れます。記憶がないほど「落ちた」とビックリされたり、自分のいびきを聞いたのは何年ぶりだろうという人もいれば、いつもは布団の中で縮こまっているのに施術中は大の字で眠れたことに喜ぶ人もいます。それが何回か続くと、今日の夜は眠れるだろうかという心配はしなくなります。なぜなら、眠れるという成功体験を積んでいるからです。「自分は眠れるんだ」と自然と思い始めたころから薬に頼らなくても過ごせようになります。

 たった1回のヘッドマッサージでも、1日2~3時間しか眠れなかったのに、施術後何日かは5~6時間眠れるようになったと喜んでくれる方もいらっしゃいます。結果はわりと早く出ると思いますが、いったん良いサイクルに入ったとしても、また悪いサイクルへと戻ってしまうケースも少なくありません。そういう方は何度か来ていただいて調整すると同時に自分は不眠症になりやすいタイプだとうことを認識していただき、日常の些細な行動や思考を変えていくようにアドバイスを行いましょう。

リラクゼーションの一環としてのささやかなアドバイスでも、お客様にとっては、信頼しているヘッドセラピストの言葉は大きな影響を与えるのでタイミングを見て効果的に行いましょう。

◆首や肩の凝りが軽減する。

一般的なリラクゼーションサロンでは、ヘッドマッサージは頭皮の部分のみをほぐすことが多いのですが、当サロンの場合は首や肩もほぐします。頭痛の約6割は、肩首の凝りから起こると言われているため当然ながらほぐす必要があるということです。

これから開業を予定している方に知ってほしいのですが、当店が開業当初にいただいたお問合せの多くは、「首や肩もほぐしてもらえますか?」でした。サロン経営が未熟な私は、ホームページのメニュー欄に【頭ほぐし◯○分○○○円】としか記載しておらず、お客様にしてみれば「頭ほぐし専門店だし、頭しか施術をしてもらえないのかな?」と思わせてしまっていたようです。私にすれば、首肩の凝りを解消しないと頭の疲れはとれないのは当然のことなのですが、一般の方にすれば、頭の専門店は頭しか触らないと誤解を招いたいたようです。それに気付いてからは、【頭ほぐし◯○分○○○円・頭全体・首・肩・顔・耳まで行います。】と記載することで不必要なお問合せは減らすことができました。電話やメールでお問い合わせいただいていた方はごくわずかだったようで「首肩を含む頭以外もしっかりやってくれるんだ」とホームページ上で認識していただけるようになってから売上げは、お問合せの数以上にアップするようになりました。あと、もう一つ開業予定者に知っていただきたいのは、ヘッドマッサージで一番リピートしない理由は、「頭はスッキリしたけど首肩がイマイチだった。」です。首肩もしっかりほぐしてリピーターを獲得していきましょう!

◆自律神経が整いホルモンバランスが改善する。

 頭や顔にはツボが70個以上あり、そのほとんどが自律神経を整えるツボです。自律神経とは、内臓や心臓を動かしたり、体温の調節など、人間が生命を保つうえで、欠かせない働きを担っています。

自律神経のバランスが崩れるとは、指令を出している脳(視床下部)の働きが低下した状態で、いわゆる脳疲労です。表れる症状としては、頭痛や不眠、気持ちの落ち込み、めまい、耳鳴り、倦怠感、イライラなど様々です。(図参照)この症状は、更年期障害も同様です。

そもそもツボとは、内臓や器官に不調があると、それに関係する体表に痛みを発するものですが、ヘッドマッサージで頭や顔のツボを押すことで、このような症状を改善に導くことができるのです。

◆血液、神経、リンパ液の流れが促進され細胞が活性化し代謝がよくなる

ヘッドマッサージの第一の作業は、硬くなった筋肉をほぐして頭皮を緩めていくことです。

オーバーワークやストレスで硬くなった頭皮は血液、リンパ液の流れが滞っています。また、硬くなった筋肉は神経を圧迫しているため様々な不調を招きます。ヘッドマッサージは、頭とその周辺の筋肉をもみほぐすことでそれらの流れを改善していきます。

 

頭のてっぺん頭頂部には、筋肉がなく帽状腱膜で覆われています。ただでさえ筋肉がない分、血流が滞りやすいのですが、おでこ、後頭部、側頭部の筋肉が凝り固まると、頭頂部の頭皮が前後左右に引っ張られて頭皮が沈下して、さらに血流が阻害されます。血流が悪くなると髪の栄養不足に陥り薄毛、抜け毛にもつながっていきますのでしっかりほぐして行きましょう。

◆お顔のアンチエイジング効果も

頭と顔は一枚の皮でつながっています。したがって、ヘッドマッサージによって顔も同時に活性化し、美容効果やアンチエイジング効果が期待できます。

数年前から毎月のようにエステティシャンの方が、ヘッドマッサージ講座に参加されるようになりました。顔だけではなく、頭皮から持ち上げることでリフトアップの効果が高くなるからです。受講生のエステティシャンの方に、お客様にヘッドマッサージを試した感想を聞いてみると、「効果が高くなっています」という声をよく聞きます。大手のエステの学校などでは、フェイシャルマッサージの授業のときにヘッドマッサージも必須で教えるようになったと受講生から聞きました。ヘッドマッサージのアンチエイジング効果は誰もが認めているところではないかと思います。

筋肉

おでこの前頭筋は後頭部の後頭筋までつながっています。おでこのシワを改善したい場合はおでこだけではなく頭皮全体から引き上げるようにしましょう。

 

顎の筋肉はコメカミの筋肉と連動して動きます。

顎をかみしめるとコメカミ部分の筋肉が同時に硬くなります。コメカミに凝りがある場合は顎の筋肉も緩めてあげましょう。

◆眼精疲労が解消する 

眼の使いすぎから頭が重くなる人もいます。なぜそうなるのか、セラピストでも整体師でも明快な答えはなかなか出せませんが、簡単に理解できる方法が一つだけあります。

 首の後頭部の襟足の部分、そこにぼんのくぼがありますが、その横の筋肉を中指と薬指ででグッと押さえてください。そして顔は正面を向いて目玉だけ左右に動かしてみると、どうでしょう? 中指と薬指で、目の動きと連動する筋肉の動きを感じ取れるのではないでしょうか。

 実は、姿勢に注意してデスクワークや作業をしていても、眼球を動かしているだけで首根っこの筋肉は動いていて、凝りを誘発します。しかし、残念ながらこの事実をセラピストの人はほとんど知りません。

 以前、眼科のドクターに、眼精疲労の人にどんなアドバイスをしているのかを聞いたところ、とにかく目を休めること、そして後頭部を暖めることなのだそうです。

 首根っこが凝って頭が重たいお客様には、眼精疲労の疲れを取るツボを押すことでより高い効果が期待できます。そういったツボは目の周りにありますし、顔全体の筋肉も動かしたほうがいいでしょう。ですから、頭が疲れたというお客様に眼の周りや顔をほぐさないヘッドセラピストがいたとしたら、それは勉強不足だと言わざるを得ません。

◆シワ、たるみ、くすみ、目の下のクマが改善され顔色が良くなる。(副次的効果)

ヘッドマッサージの専門家である私にシワ・たるみ・くすみを取りたいという美容のご相談がありましたら、まずエステに行ってくださいとお話しします。行くならヘッドマッサージもやっているフェイシャルエステがいいでしょう。フェイシャルエステをして顔をパックしている間に頭皮を引き締めたり、頭をほぐしてから顔を引き締めてさらに頭を引き締めたりなど、ヘッドマッサージを組み合わせることで、効果も上がっているようです。

当サロンでお顔の施術をするのは、頭や目の疲れを柔らけることができるからです。

自律神経を整えるツボは、顔にもたくさんあるので、顔をほぐすことで疲れを解消することもできます。お顔をほぐすので結果的に顔が引き締まって、見た目もよくなりますが、このような効果は、副次的に表れてくるものといえるでしょう。当サロンのヘッドマッサージは頭痛・不眠・眼精疲労・自律神経系を整える施術です。美容効果を前面に謳ってしまうとブレてしまうため、集客はできてもリピート率は下がります。リピート率が下がると、いつまでも新規客を獲得しなければいけません。宣伝をすればコストもかかりますので経営はいつまでたっても楽になりません。現代のサロンは技術・サービスを専門特化してターゲットを絞り込むことが重要です。得意なことに専念して、それを常に磨いていく努力ができるかが今後生き残れるかのポイントでしょう。

ちなみに、当サロンにはお顔をほぐしてほしい男性客が大勢お越しになります。理由は、「他にどこに行けばいいかわからない。」からです。「フェイシャルサロンは違うしなぁ。」と思いながらネット検索しているうちに当サロンのことを知るようです。そして「頭ほぐし専門店は、顔ツボもしっかりやるとホームページに書いてあったので来ました。」とご来店されます。日本人はお顔の筋肉の10~30%しか活用できていないといわれていますが、当サロンのお客様はパソコン作業やデスクワーク、車の運転など一日中、無表情で過ごされている方が多く、顔がガチガチに凝る・夕方になると顔が引きつる・自然な笑顔で笑えないなどのお悩みをお持ちです。お顔の筋肉「顔面筋」は喜怒哀楽の表情をつくるため「表情筋」とも呼ばれます。お顔の筋肉をほぐせば、表情が豊かになり、心まで豊かになるものです。脳科学的にも楽しくなくても笑った方がハッピーになるといいますが、お顔の施術後は皆さま柔らかい表情になります。

◆リラックス効果でストレスが軽減する。

日本国内におけるヘッドマッサージは、リラクゼーションとして行うため、癒しの効果で身体も心もリラックスしていただけるのは間違いありません。ヘッドマッサージは、他の揉みほぐし系マッサージとは異なり、施術中にしっかり寝ていただくことで脳をリラックスさせることを重要視します。眠ってしまうと効果が下がるのではないかと思われている方が大勢いますが、そうではありません。施術中に質の良い睡眠をとっていただくことで脳を休めることができ脳本来の機能が回復します。すると、癒しや精神的なものだけにとどまらず、さまざまな肉体的症状までが解消することは、脳科学の世界では当たり前の事実になっています。当サロンやスクール卒業生においても数多くの事例があります。

 

☆中学生の頃から毎日頭痛薬を飲んでいた看護師さん(20代)は、1回のヘッドマッサージで頭痛薬を1週間手放せるようになりました。

 

☆幼少時代から耳鳴りが止まったことがない男性(20代)は、同じく1回のヘッドマッサージで治ったと喜ばれて、翌週には自分と全く同じ症状の方を連れてお越しになりました。

 

☆薬を飲んでも眼圧が下がらなかった男性(40代)は、ヘッドマッサージを何度か受けた後に病院に行ったところ、眼圧が下がっていたそうです。お医者さんも驚いて「なぜ下がったんですか?」と聞いたそうですが、本人もわからない、やったことと言えばヘッドマッサージを受けたことくらいだと答えたと聞きました。確認のため、当サロンの常連客の眼科医にヘッドマッサージを受けて眼圧が下がることはあるのか、とたずねてみました。その先生によると、まず、眼圧は、眼球の後ろのあたりには液体があって、水圧を調整するように眼圧を調整しているのだそうです。その液体は自分の意志ではコントロールできず、自律神経がコントロールしています。ヘッドマッサージは自律神経を整える作用がありますから、眼圧が下がる可能性もあるのでは?ということでした。

 

☆、ひどい頭痛に悩まされている女性(●●代)は、施術後、好転反応と思われますが帰宅中に頭が割れるほど痛くなり、一時は救急車を呼ぼうかとさえ考えたそうですが、痛みが引いた後は驚くほど頭が軽くなり、以前より楽になったことから、合間を見つけては当サロンにお越しになられています。

 

☆埼玉在住のある看護師さん(40代)は、講座で習ったヘッドマッサージをコツコツとご主人に試したところ、慢性の腰痛が治ったそうです。実は、原因不明の慢性腰痛の約7割は、脳の自律神経の部分に異常があるとが解明されています。ですから、ヘッドマッサージをして脳の機能を高めることで、腰痛が改善するのは、十分あり得る話なのです。

 

☆ヘッドマッサージを習われた介護施設で夜勤をされている方が、睡眠薬を飲んでも聞かなくなった数名のご老人に施術をしたところスヤスヤと眠っていただけるようになりました。

 

他にも例を挙げるときりがないですが、私たちが行うヘッドマッサージは、ごく簡単なものです。どのような症状の方が来られても、ほとんど同じテクニックしか使いません。しかしながら、そのヘッドマッサージによって、自律神経系が整うとさまざまな症状がどんどん改善していきました。これは、わずか2~3日間の講座を受けただけの人でもできます。これがヘッドマッサージの良いところで、簡単なことを正しく、細かく、丁寧にさえ行えば、誰がやってもすぐに結果をだすことができるのです。

ヘッドライフ通信

コラム

頭皮とスーパーフィシャルバックライン(筋膜ライン)

ご存じですか?

額の前頭筋から足の裏の足底筋までが一つに繋がっていることを・・・
それを 「スーパーフィシャルバックライン」 と言います。

リラクゼーション・エステ業界のセラピストさんには是非、知っていただけたらと思います。

リクライニングチェアで頭ほぐしのドライヘッドマッサージをするサロンがありますが、整体院など全身のつながりを意識して施術するサロンはマッサージベッドで施術します。

(リラクゼーションサロンは、頭は頭、足裏は足裏など、部位別に施術することが多いです)

しかしながら、前頭部から頭頂部、後頭部をぐるっと回って 首、肩、背中、腰、お尻、 ハムスト、ふくらはぎ、アキレス腱、足裏まで ずーーーっと「筋膜」が繋がっているため、部分的に施術をするとどうしても施術効果が下がってしまいます。

 「当店はベッドではなく、リクライニングチェアなので背中のマッサージはしていません。」

そう言うと、お客様はがっかりしてしまいますね。

特に背中は筋肉(脊柱起立筋)や背中、肩、首、後頭部にかけての僧帽筋(肩こり筋とも言う)は大きい筋肉なので少しほぐしてあげるだけでも体が楽になります。

また、大きな筋肉を先にほぐすことで頭皮など末端の小さな筋肉はほぐれやすくなります。

頭皮を柔らかくするために「頭皮だけほぐす」のではなく「背中から頭皮までをほぐす」サロンのほうが良いに決まってます。
肩もみを正確に行うのは実は少し難しいですが、そこは反復練習あるのみ!努力で何とでもなります。

背中のマッサージは比較的簡単です。力加減とリズムを重視した簡単な揉みほぐしぐらいは習得しましょう!
多様な施術が出来てこそ、多様な悩み(症状)にお応えできます。

お客様の症状になった「オーダーメイド」をしてほしいんです。
なにより、 頭(頭部)が疲れているお客様で背中が一切、疲れていない方はほぼいません。
精神的な疲れ、例えば鬱病の多くの方が強い肩こりなど肉体的な症状も持っています。
「頭頭ほぐし専門店」で頭(頭皮)しか施術しないって・・・お客様に損をさせていませんか?

背中とお尻(仙骨・骨盤回り)の揉みほぐしは2時間あれば十分学べます。
背中とお尻の揉みほぐし講座
https://www.headlife.org/senakaoshiri/

そして、 肩甲骨は17種類の筋肉をつながっています。 肩甲骨はがしは単品メニューとしても人気です。
肩甲骨はがし講座
https://www.headlife.org/kenkoukotsu/

ふくらはぎには頭痛のツボが存在します。やはり筋膜でつながっているのですね
ふくらはぎ集中講座
https://www.headlife.org/fukurahagi/

これら全ては、スーパーフィシャルバックラインで(筋膜ライン)です。
必ず知っておきましょう!
専門店向けヘッドマッサージのやり方

テクニック

科学的根拠に基づいたヘッドマッサージ

日本全国、海外17か国以上から受講者がある「結果追求型ヘッドマッサージ」です。

セロトニン・オキシトシンとヘッドマッサージ

大学教授にご協力頂きました。「癒しを科学する!」をテーマに施術を行うことで効率よく結果を導きます。

脳内血流促進法(ポンピング法)

最短時間で脳の血流を改善し、脳疲労解消、自律神経調整、認知症予防、脳梗塞の予防を行います。

ロッキング法

仰向けの状態で身体の背面をほぐすテクニック。骨盤が緩めば頭蓋骨も緩みさまざまな効果が期待できます

頭蓋底リリース法

指が届かない頭蓋骨の底の中心部分を緩める手技です。脳脊髄液の流れが良くなることからホルモンバランスが整い更年期障害や体質改善に有効です。

頸椎の牽引

ヘッドマッサージの必殺技!関節のつまりを取り除き、脳の血流を高めることができます。α波2が高まりセロトニン活性が行えます。

未経験OK・男女問わず!短期集中講座

資格スクール

3級 アロマヘッドセラピー講座
シャンプー不要のヘッドマッサージオイルでアロマの成分を頭皮の深部にまで浸透させる施術を学ぶ講座です。エッセンシャルオイルが持つ独自の香りと成分で心身のバランスを整えながら、頭皮を健康な状態へ導くことを目的としています。

選ぶポイント!
☑ アロマが好きな方
☑ 解剖学は必要なくメニュー化したい方
☑ 約40分コースが可能


2級 ヘッドマッサージ講座(基礎コース)
硬い頭皮やむくみのある頭皮を正常に導く癒しのヘッドマッサージです。解剖学やヘッドマッサージ理論の基礎を学びます。サロンメニューとして使える程度のテクニックです。

選ぶポイント!
☑ 解剖学や理論の基礎から学びたい方
☑ ヘッドマッサージの基礎理論を学びたい方
☑ 約40分のコースとして利用可能


1級 ヘッドマッサージ講座(プロコース)
「気持ちいいは最低条件」として整体法を取り入れた結果追求型のヘッドマッサージ講座です。頭痛・不眠・めまい・耳鳴り・眼精疲労・自律神経系・更年期障害などに対応可能!ヘッドマッサージをエビデンスに基づいて理論的に学べる全国でも数少ない講座です。

選ぶポイント!
☑ 専門店レベルの知識、技術を得たい方
☑ 科学的・解剖学的根拠に基づいた施術をしたい方
☑ 全身調整を含む60分コースが可能


S級 小顔ヘッドセラピー講座(小顔頭蓋骨調整)
無理な力での矯正はせず、頭蓋骨・骨盤を整えることでお顔と頭を小さくする上級者向けの小顔・頭蓋骨調整の講座です。エステ、リラクゼーションサロンの技術アップ・売上げアップになります。

選ぶポイント!
☑ 美容メニューを取り入れたい方
☑ 売上アップに興味がある方
☑ 小顔30分+骨盤とヘッドを含め60~90分