肌に優しい化粧品の効果を高める方法

肌荒れを防ぐには、肌に刺激の少ない、肌に優しい化粧品を選ぶことが必要です。しかし、いくら肌に優しい化粧品を使っても、誤った方法で使っていたり、スキンケアの方法が間違っていたりすれば、肌荒れを防いだり、改善したりすることはできません。肌に優しい化粧品の効果を高めるためのスキンケアの方法や注意点について見ていきましょう。

正しいクレンジング・洗顔方法で顔を洗う

美しい肌づくりの基本はクレンジングと洗顔です。メイク汚れや皮脂汚れなど肌に付着したさまざまな汚れをそのままにしておくと、肌へのダメージとなります。その日に肌に付いた汚れはその日のうちにしっかり落としましょう。

クレンジングにおける注意点

クレンジングは主にメイク汚れを落とすことが目的です。ファンデーションなどはお湯で洗っただけでは落ちないのでクレンジングでしっかり落とすことが大事です。しかし、洗浄力の高いクレンジングは肌への刺激なり肌の乾燥を招きやすいものです。肌に優しいクレンジングを選ぶようにしましょう。

マスカラや口紅など、ポイントメイクは専用のリムーバーで落とします。クレンジング料で一緒に落そうとしてもマスカラなどがまつ毛に残ってしまいます。また、マスカラに含まれる繊維などで肌をこすることになり、肌を傷つけてしまうこともあります。

洗顔における注意点

洗顔料もクレンジング剤と同様、洗浄力の強いものは肌荒れの原因になるので注意が必要です。クレンジングもそうですが、洗う際には決して肌をこすらないことが基本です。洗顔料は泡立てネットを使い、キメの細かい泡を作って、泡でマッサージをするように洗います。

熱いお湯やシャワーで洗い流すと肌の乾燥やシワにつながるので、ぬるめのお湯ですすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

適量を使う

肌に必要な成分がしっかり入った化粧品は、たくさんの量を使った方が効果があるのでは?と思いがちですがそうではありません。肌が栄養を一度に吸収できる量は決まっています。適量を使った方がムダになりません。特に油分の多い化粧品を過剰につけすぎると、肌荒れを引き起こすこともあるので、適量を守るようにしましょう。

化粧品のパッケージなどに適量は書いてありますが、肌質や肌の状態によって適量は異なることがあります。適量を目安にして肌の乾燥がなくなる、肌がみずみずしくなる、といった状態を見つけていくといいでしょう。

肌質や肌トラブルに合った化粧品を使う

普通肌、脂性肌、乾燥肌、敏感肌など肌質は個人によって違います。化粧品はそれぞれの肌質に合ったものを使うようにしたいものです。ただし、季節の変わり目や疲れているときなどは一時的に肌が乾燥しやすくなったり、ベタつきやすくなったりすることもあるので、肌の状態をチェックし、そのときに合わせたケアをすることが必要です。

肌に優しい化粧品を使っているのに、肌が荒れてしまう、効果が感じられないという場合は、肌に合っていないことも考えられます。自分が思っているよりも肌が敏感になっていることもあれば、インナードライになっていることも。インナードライとは肌の表面は皮脂が過剰に分泌されベタついているのに、肌の内側は乾燥している状態のことです。

またTゾーンはベタつくのに他の部分は乾燥しているミックス肌などもあります。それぞれに適した化粧品を選ぶことが大切です。

睡眠不足をしない

スキンケアをきちんとしていても、肌に優しい化粧品を使っていても、生活習慣が乱れていては肌はキレイになりません。特に注意したいのが睡眠不足です。肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されません。睡眠不足をしていると、肌のターンオーバーが乱れやすくなり、肌荒れしやすくなります。

肌の生まれ変わりは毎日行われるものなので、休日に寝だめをしても成長ホルモンがたくさん分泌されるわけではありません。毎日、きちんと睡眠を取ることが必要です。

また、ダイエットで食事制限などをしていると肌荒れしやすくなります。肌を作るための栄養素が不足するからです。カロリーを気にして野菜を摂るのは肌にもいいことですが、生野菜ばかり食べていると血行を悪くしてしまいます。血行が悪くなると肌に必要な栄養素が行き届かなくなり肌荒れを引き起こす原因となります。健康な肌づくりをするなら、栄養バランスを考えた食事をすると同時に、体を冷やさないようにしましょう。

まとめ

肌に優しい化粧品は肌へのダメージを防ぎ、肌荒れの予防が期待できます。その効果をより高めるためにも、普段のスキンケアにも注意することが大切です。正しいクレンジングや洗顔方法でメイクや皮脂汚れをしっかり落とすこと、化粧品は適量を使うようにするなど、正しい用量・用法で使用しましょう。美しい肌づくりのためには、規則正しい生活をすることも重要です。睡眠不足をせず、無理な食事制限などをしないようにして、健康的な生活をすることが、肌に優しい化粧品の効果を高めるために必要なことです。