プログラマーの転職
未経験の文系がプログラマー、エンジニアになる方法

プログラマーになるのに年齢は関係ありません。また文系の人でもプログラマーになるのは無理ではありません。

プログラマーというのは誰でもなることができます。何かプログラミングを自分でして、プログラムを完成させればプログラマーです。

しかしいざプログラミングを仕事としようとしたときに、そこに年齢の壁が無いといえばウソになります。

やはり未経験でプログラマーに転職しようとした際は、若い人が有利になります。特に20代前半であれば、今の求人数であればどこかの企業でプログラマーとして転職が可能と思います。

20代前半でも30代でも、基本的にプログラマーに転職するには以下の2つのことを実施することになります。

①プログラミングの勉強をする

②求人サイト、転職エージェントを利用して、求人に応募する

プログラミングを勉強するのも、求人に応募するのも若いほうが何かと有利になりますが、やる気さえあれば年齢が多少いっていたとしても必ずプログラマーになれます。

プログラミングの勉強、転職活動がうまく進まない場合もあるかもしれませんが、いつか必ず結果が出ると思ってがんばって下さい。

IT業界で働く人はほとんどの場合がまずプログラマーとして働きます。

年齢によってプログラマーへに転職できる難易度が変わってくるのは事実で、若い人程プログラマーとして採用されやすいです。

タンザニアの子どもたちに安全な水を届ける
ペラウォータープロジェクト
IT業界の仕事は家を建てるのに似ている

IT業界で働いてけっこうな年月が過ぎましたが、IT業界の仕事は家作りに似ていると思います。

通常家作りの流れは、家を建てる人(お客さん)の要望を営業さんの人またはときには建築士さんが聞いて、建築士さんが家の設計を行い、職人さんが家を建てると思います。非常におおざっばですが、大体こんな流れと思います。

IT業界でシステムを作る場合の流れも同じです。ただ各工程でIT的な呼び方はあります。次でシステム作成の各工程を説明したいと思います。


要件定義

お客さん(システムを作りたい人)の要望を吸い取り、システムの概要を決めます。実はシステム作りで一番大切なフェーズです。

この要件定義をおざなりでやってしまうと、いざシステムが完成して納品したときに、お客さんから全然要望と違ったものができている!とクレームになります。

そうならないようにこの工程でシステムにどんな機能が必要か、何をしたいかということをお客さんと一緒になって決めていきます。

本当はこの要件定義の前にも営業、提案という工程があったりしますが、あまりプログラマー、エンジニアが関わらない部分となります。


設計

お客さんの要望がまとまったら、今後はその要望を満たすためにシステムの設計を行います。この工程も重要です。

設計がうまくいかないと製造(プログラム)工程に入ったときに、いろいろ辻褄が合わない部分が出てきたり、不整合が出てきたりします。

たまにプログラミングをしていて、これ一体どう実現するんだ?というようなことがありますが、そうならないようにしっかりと設計を行います。

普通この工程を担当するのがシステムエンジニアと呼ばれる人です。家作りにおける建築士的な位置づけになります。


製造

設計が完了したら、いよいよ製造です。ここはプログラマーの担当です。設計工程で作成された設計書を元にプログラミングを行っていきます。ここは家作りでいうと職人さんがまさに家を建てるところです。

もちろん製造工程も重要です。プログラマーの腕次第でシステムの品質が左右されますし、難易度の高い技術、プログラミングではそもそもスキルの低いプログラマーだと製造、実装自体ができないからです。

腕の良いプログラマー、スキルの高いプログラマーは、腕の良い職人さん同様、IT業界で重宝されています。


試験

製造が完了したら、試験です。試験工程も重要です。ここでバグ出しを行わなければ、いざ納品した後にバグが発覚して、大きな問題になったりするからです。

どんなにすごいシステムエンジニアが設計を行い、どんなにすごいプログラマーが実装を行ってもバグというもの必ず発生します。今まで試験工程でバグがなかったシステムは見たことがありません。

試験工程を終了し、品質を担保した上で初めて納品ができるのです。

見事プログラマーに転職できたとしても、それで終わりではありません。そこからプログラマーとして経験を積んでいき、ステップアップしていかなければいけません。

IT業界ではいろいろなステップアップ方法があるのも魅力的です。プログラミングを極めスーパープログラマーになるのもいいですし、システム全体を見渡すシステムエンジニアになっても良いです。