世界のPRP療法が90日であなたを変える!

理念
安心・最新・ワクワクの医療で人を幸せにする。

CONCEPT

市谷八幡クリニックは東京都心市ヶ谷駅から徒歩3分の立地に整形外科・内科クリニックとして2004年にオープンしました。その後、美容皮膚科を標榜科目に加えより充実した診療体制を整え、約5万人の患者さんの治療にあたってまいりました。2016年、古賀昭義院長の専門分野である再生医療PRP療法がお顔の若返り、毛髪再生について厚生局の認定を受けました。お顔の加齢変化、薄毛でお悩みの方にぜひ当院のPRP療法をご利用ください。

お顔の若返り=PRP療法

キャンペーンのご案内

モニター写真

古賀医師の専門は再生医療です。

毛髪に対するPRP療法とは?

PRP療法とは、血液にある血小板を含んだ血漿であるPRP

(自己多血小板血漿:Platelet Rich Plasma )を注入して、

身体の細胞、組織、器官などのもともとの形や機能を取り戻す再生

医療です。PRP療法は、スポーツ選手のダメージ治療や歯科のインプ

ラントを行う際の補助療法、美容外科での皮膚のアンチエイジングな

どの領域を中心に活用が広まってきており、近年、薄毛治療にもPRP

療法を適応した報告があります。PRP療法で使われる血小板は、さま

ざまな成長因子が入っています。薄毛治療におけるPRP療法は、頭皮

の発毛する機能を活性化させる効果があります。PRP療法はこの頭皮

の状態を血小板内に含まれる成長因子で改善し、毛周期のサイクルを

調整し、自身が持つ発毛力を発揮させて、薄毛を改善することができ

ます。

PRP療法はご自身の血液を使用するため、HARG療法と同様にアレル

ギーや副作用もなく、女性も安心して受けられる薄毛治療です。

PRP療法は、厚生労働省に対する再生医療提供施設としての届出が

受理されている医療機関でのみ提供が可能です。当院では、関係法令

を遵守し従来のHARG療法による頭皮の再生プロセスにPRP療法を導

入し、HARG療法とPRP療法の相乗効果で、頭皮の再生力をさらに強

化した治療として、高い安全性の確保のもとにご提供しております。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

発毛サプリメント+2%ミノキシジル外用剤={hatumo}です。


モニター募集中です。

モニター写真

67歳女性PRP毛髪注射後3ヶ月

70代女性 hatumo使用後3ヶ月

院長おすすめのサプリメント
SUBSTANCE H2
水素カプセルサプリメント

なぜ医療用水素カプセルの飲むとダイエットがすすむのか?

 

#ダイエット #水素カプセル #市谷八幡クリニック 再生医療ユニット「REJOICE」

 

先月から、臨床水素研究会に入会させていただき、水素の勉強をしています。入門編ということで、まず医療用水素カプセル「SUBSTANCE H2」を服用しています。不思議なのですが、同じ運動量、食事量でも体重が減っています。何故でしょうか?

 

◆概要

水素分子は化学式H2の水素ガスです。2007年日本医科大学 太田成男先生らは、H2が細胞中のヒドロキシルラジカル(-OH)やペルオシキナイトライト(ONOO-)などの酸化力が強い活性酸素種と活性窒素種を消去すること、水素が酸化ストレスに対して細胞防御機能を有することを示しました。それ以来、水素の抗炎症作用、抗アポトーシス(細胞死)作用、抗アレルギー作用などの多くの機能があることや、エネルギー代謝を活性化することが明らかになりました。

 

◆ 酸化ストレスとは?

好気性生物では、酸化的リン酸化によるエネルギー代謝の副産物として、日常的に体内で活性酸素種(ROS)が生成されます。さらに、喫煙、大気汚染、紫外線や放射線への暴露、激しい運動、身体的あるいは心理的ストレスなどにより、過剰なROSが産生されます。ROSが過剰に産生され内因性の抗酸化能力が低減すると、酸化によって有害な作用が発生し、その結果酸化ストレスとなります。炎症、心筋梗塞、脳梗塞や臓器移植時ならびに手術の止血時の虚血再環流などさまざまな状況から急性の酸化ストレスが生じます。慢性の酸化ストレスは、発ガンや糖尿病、動脈硬化、慢性炎症性疾患、さらには多数の神経変成疾患などのさまざまな病的状態や老化に関与することが多数の論文でしめされています。

 

◆ 水素水は飲んでいますがどうなんでしょう?

外来で水素水を飲んでいますがどうですか?という質問を受けます。室温大気温では、H2は最大0.8mM(1.6mg/L)まで、水に溶け、pHを変化させません。この0.8mMの水素が生体内にどのような影響を及ぼすかですが、それは水素水を飲んでどのくらいの量の水素が組織に取り込まれるかになりますよね。水素を飽和させた水素水をマウスに飲ませると、血液中に数μMレベルで水素が検出されます。成人被験者では、呼気中の水素含有量を測定したところ、水素水を摂取すると呼気中の水素含有量が迅速に上昇し、摂取から10分後に最高レベルに達し、その後60分以内にベースラインレベルに低下しました。引用した水素のおよそ40%が体内で消費されるので、摂取した水素の少なくともその一部が-OHなどの酸素ラジカルで捕捉されたことを示唆しています。つまり、より高い濃度の水素水をたくさん、持続的に投与すれば活性酸素をやっつけてくれるというイメージです。

 

◆ なぜ水素がダイエットに有効か?

水素水を引用すると、エネルギー代謝が活性化されます。脂肪肝の改善、グルコースレベルの低下、トリグリセリドレベルの低下がマウスで証明されています。また、動脈硬化モデルマウスに水素水を持続的に飲ませると動脈硬化が抑制されました。また、激しい運動中の血中乳酸レベルの上昇が抑制され、同時に筋疲労の軽減も示唆されています。また、抗炎症作用により関節リウマチの改善にも効果があることが認められています。

 

◆ どうしたら高濃度の水素を持続的に体内組織にとりこめるか?

この問題を解決したのが、いま僕が服用している臨床水素研究会の製品「SUBSTANCE H2」です。1カプセルに68ccの水素ガスを含み、このガスが時間をかけて(24時間*)身体に供給されます。また「SUBSTANCE H2」はその発生量が多いため「腸溶カプセル化(胃で発生させず、腸に届いてから水素が発生する)」してあることも特徴です。68ccの水素ガスは「飽和水素水(1.5ppm)約2L分」に相当します。よって「SUBSTANCE H2」を1カプセル摂取するということは「飽和水素水(1.5ppm)を24時間かけて2L飲む」ということになります。

 

水素カプセルは酸性状態で発生スピードが上昇するため、胃での溶解は胃酸による急速な水素ガスの発生となります。 「SUBSTANCE H2」は水素ガスの発生量が多い(68cc)ため、胃酸による急速発生は「胃内ガス(ゲップ)」となって排泄されてしまうため、効率が良くありません。そのためカプセルを「腸溶」することによって、胃酸への接触を避け、消化液(アルカリ水溶液)によってゆっくりと水素ガスを発生させるように作ってあります。(*供給量は最初の6時間と後の6時間では半分以下に落ちます)

 

 

 

≪摂取方法≫

 

・基本摂取量は「1日1カプセル」です。

・たっぷりのお水(200cc以上)で摂取してください。(カプセルは水と反応することで水素が発生するように作られています)

・治療目的に応じて用量を増減いたします。医師の指示に従ってください。

≪副作用等≫

 

水素は「ガス」ですので、ゲップや放屁(おなら)が増えることがありますが、徐々に慣れていきます。ガスが体内に吸収されるようになると減少していきます。

もしご興味がございましたら、FBでメッセージください。価格は10,800円(税込み、送料が別途660円かかります。)

STAFF

古賀 昭義
1996年 日本大学医学部卒 医学博士
日本整形外科学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
PRP療法認定医療機関
厚生労働省指導医
理念「抗加齢医療にコミット」
当院は患者さまのプライバシーに配慮し完全予約制となっております