大野元一郎薬局
TEL. 0120-093-503 
〒500-8456 岐阜県岐阜市加納大黒町6-17


辛い腰や膝の痛み。しびれ。

    脊椎管狭窄症、
           ヘルニア。
   ぎっくり腰。
          ばね指。
               ご相談下さい。

この痛みさえなければ・・。

膝が痛くて
・正座ができない    ・曲げ伸ばしができない
・一歩目がつらい ・歩いていると急にガクンとする
・ゴキゴキという音がする・階段を降りるとき痛い
・膝に水がたまる
腰が痛くて
・朝すぐに起きれない ・夜ベッドで横になると痛む
・顔が洗えない    ・靴下が履きづらい
・つまづきやすい ・歩いていると足がだんだん痛くなる
・痛みが走る   ・太ももの後ろやふくらはぎまで痛い
・脊椎館狭窄症、ヘルニア、腰椎スベリ症と診断された

本当に漢方が効くの?

膝・腰の痛みつらいですね。
急に膝が痛くなった、ギックリ腰になった。
こういった症状や腫れたり熱を持っているなら急性期です。
比較的治りやすいです。
しかし痛みが続いて慢性化するとなかなか治りにくくなります。
グルコサミン、コンドロイチン、サメ軟骨などのサプリメントや鎮痛消炎剤、ヒアルロン酸の注射、針灸などいろいろ試しても効果がない、最初はよくても効果が持続しないという方にお勧めするのが「漢方」です。
漢方はいつまでも続く慢性化した痛みの「原因」を取り除くことができます。

そもそも中医学ではこうした膝や腰の痛みを「不通則通」という考えで説明しています。
不通則通とはすなわち「通じざればすなわち痛む」 という意味です。
具体的には経絡という通路が何らかの「原因」で塞がれるために起こると考えています。
こうした経絡の流れを止める「原因」は中医学用語で言えば「寒」「湿」「風」「お血」「腎虚」などがありそれぞれが複雑に絡み合っています。
これらは中医学用語なので抽象的でわかりにくいでしょうが、それぞれの原因によって起きる痛みにはそれぞれの特徴がありそれを見るとなんとなくイメージが湧いてくると思います。
・寒・・冷えです。この痛みは冷えると強くなり温めると和らぎます。痛む箇所は決まっていて屈伸しにくくなります。
・湿・・湿気です。雨が降る前や梅雨時など湿度が高いと痛みが強くなります。むくんだり関節が腫れて痛んだり、重だるい痛みです。
・風・・風という邪気、風邪も同じジャンルです。痛む箇所が動きます。
・お血・・打撲や捻挫などが発端で血流の悪い場所ができている。痛む場所がいつも同じで刺すように痛み、夜間に痛みが強くなる傾向があります。
・腎虚・・老化。足腰がだるく疲れると痛みが強くなります。さすったり揉んだりすると楽になります。骨粗鬆症や骨の変形を伴うことが多い。

この他に痛みがあまり長期間になると気・血というエネルギーが不足してきます。動いたり歩いたりした後に痛み筋肉の引きつりやしびれが起きます。
多くの場合、個々の原因に分かれているのではなく複数の原因が重なっています。
漢方薬はどれとどれの原因があるのかを分析して、それにあった処方を選定します。

当店では"全ての原因に対応できる一品"をまずお勧めしています。
膝、腰、さらに頸椎にも対応します。
今までお勧めしてきてほとんどの方が効果を実感されます。

注:特に痛みが強いなどこちらが判断した場合のみ、他の製品の併用をお勧めすることがございます。

大野元一郎薬局

岐阜県岐阜市加納大黒町6-17

tel:0120-093-503 
mail:haruhiko-o@syd.odn.ne.jp 
営業時間:9:00~18:00  
定休日:日祝

許可番号:第117号
発行年月日:平成30年6月13日
有効期間 :平成30年7月1日~平成36年6月30日迄
許可証発行自治体名:岐阜県
薬局の管理者:大野晴彦(薬剤師) 薬剤師番号:第193482号